輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

KRISTINA TRAIN /SPILT MILK

2009年09月19日 | Jazz
発売日:10月20日(国内盤来年1月)

規格番号:EMI-5015682

視聴:http://www.myspace.com/kristinatrain

ヒット要素&度数:ブルーノートが強力バックアップ!

内容:
「ノラ・ジョーンズ、プリシラ・アーンに続き、ブルー・ノートが送り出す
大型新人シンガー・ソング・ライター、デビュー!」

●「クリスティーナは本物のクラシックとなる声を持っている。歌に込めら
れた感情を忠実に表現しながら、いともたやすく歌う」-ジミー・ホガース
(プロデューサー/コリーヌ・ベイリー・レイ、ジェームス・プラント)

●女性シンガー・ソングライターの系譜にあらたな『名盤』の誕生!! 
ポジティヴな声のエネルギー。包むような温かさ。聴き手の人生と寄り添う
ように、いつまでも力をくれる音楽・・・。

●クリスティーナ・トレイン:ニュー・ヨーク生まれ、ジョージア州サバ
ンナ育ち。幼少期にはバレエのレッスンを受け、クラシック音楽やオペラ
とともに、ジャズやブルースを聴いた。さらに母にすすめられヴァイオリ
ンを弾き始めたトレインだったが、間もなく歌手としての才能に目覚める。
南部のソウルやゴスペルに囲まれて育ち、教会や学校の合唱団でゴスペル
を歌った。
その後10代の頃に、母親がしまいこんでいた、ジョニ・ミッチェル、
ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリン
など、60年代や70年代のレコードの山を発見し聴くようになる。
19歳の頃には、地元ですでにプロとして歌うようになる。
南部を拠点にしていたプロデューサーがトレインをみつけ、ニュー・ヨーク
のブルー・ノートに売り込む段取りをつけてくれた。レーベルの首脳陣は
育成契約を申し出たが、母親から大学にゆくことを勧められ、その意見に
従う。
ジョージア州アセンズにある大学に進学したが、一方でバンドに入って
音楽活動も続け、勉強よりも練習とライヴ活動に明け暮れる日々を送った。
やっと音楽活動に専念できる状況になったとき、ブルー・ノートは彼女を
待ってくれていた。 
音楽的に影響を受けた人物として、トレインはアレサ・フランクリンを
挙げている。「アレサが歌うものを聴くと、何でも必ずうっとりしてし
まいます。」他にはスタックス・レコードのスター、元レイレッツのメ
イブル・ジョンや、ボブ・ディランお気に入りのカレン・ダルトンなど、
ブルース/R&Bのカルト的人物を挙げている。