佐賀県議会議員 井上ゆうすけのブログ

こんにちわ!日本共産党の佐賀県議会議員の井上ゆうすけです。
議会活動や日常の活動をみなさんにお知らせしていきます。

唐津くんち49万人の人出

2018-11-06 09:53:38 | 日記
晴天のもとで行われた唐津くんち。少し遅れましたが写真をあげておきます。



2日の宵山からはじまった唐津くんちには、県内外から49万人の方が来られたそうです。



今年は、お世話になっている事務所や知り合いの方のお宅へ訪問しましたが時間が足らず、行きたいところ全てには行くことができませんでした。

来年の2019年は、一番曳山「赤獅子」が1819年に制作されて200年を迎えます。

コメント

第18回佐賀県赤旗まつり

2018-10-28 22:38:44 | 日記
今日は、「第18回佐賀県赤旗まつり」が佐賀市で開かれました。



私は地域の運動会があったため、少し遅れての参加でしたが藤野保史衆議院議員の記念講演やさまざまなステージイベントで盛り上がりました。

写真は、今日の朝に有明海で取れた「コノシロ」。東京にいけば、お寿司のネタで「コハダ」と呼ばれています。なんと、赤旗まつり特別価格の一袋300円でした。



来年の統一地方選挙から参院選の勝利目指して頑張ります!

コメント

第69回厳木町体育レクリエーション大会

2018-10-28 22:35:56 | 日記
第69回唐津市厳木町体育レクリエーション大会が開かれ、来賓として参加しました。



今回は3年ぶりの体育大会で、天候の良い中で開かれました。

唐津市では合併して10年をこえても各市町で体育祭が開かれています。

志佐元市議と挨拶回りをして会場を後にしました。
コメント

子育てしたいと思える佐賀県を

2018-10-25 16:13:46 | 日記
今日は、「くらしを守る共同行動実行委員会」で県民の要求に基づく要請行動(今回は放課後児童クラブや子育てさて支援について)を県に対して行いました。



県からは課長をはじめ担当の職員さんに出席いただきありがとうございました。

佐賀県内の放課後児童クラブは259施設ありますが、登録者数は10909人、待機児童は264人となっています。

子どもたちが安心して、放課後の生活を送れるように支援員の不足解消のための給料アップなどの取り組みや、人不足を規制を緩くすることで補おうとする動きは「質を低下させ、待機児童解消の方策としては論外であること」との問題認識の共有ができました。



佐賀県は「子育てし大県」と言っていますが、子育て世代が心からそう思えるような県となるようにみなさんの声も伺いながら頑張りたいと思います。

県庁のロビーでは、「私たちの地球」を守る絵画展ということで、子どもたちが描いた地球を守ることをテーマとした絵画が展示してありました。



コメント

原発から再生可能エネルギーに転換を/原子力安全・防災等特別委員会で視察

2018-10-11 09:51:06 | 日記
玄海原発特別委員会で青森県六ケ所村にある日本原燃(株)六ヶ所再処理工場の「再処理工場の稼働計画」と電源開発(株)大間原子力建設所の「原子力発電所の建設計画および安全対策」について視察に行きました。





大間原子力建設所については、以前の申請から改めて平成26年12月に規制委員会へ申請を行い4年が経ちますが未だに合格は出されていません。
平成30年度の認可を目指し、平成38年の稼働を目指しているとお話がありました。

国のエネルギー基本計画では、2030年の原子力の割合を20〜22%としています。
大間原子力発電所は、この達成のためには重要な施設と位置付けられているそうです。

2011年の3.11福島第一原子力発電所の事故が起こり、原発は私たち人類と共存できないことは多くの方々に認識されています。

六ケ所村の再処理工場施設も過去22回の完成延長が行われ、未だに完成しておらず、中間貯蔵を30年から50年した後の最終処分についても場所が決まらない状況です。



六ケ所村の住民からも、「本当に約束したように、中間貯蔵の期間が守られるのか」と不安と疑問の声が上がっています。

技術が確立していない原発から再生可能エネルギーへの転換が求められます。

いま、飛行機の出発を待つ三沢基地ですが民間空港であると同時に、米軍、と航空自衛隊が使用する軍民共用の空港となっています。戦闘機の轟音によって、周辺の民家は全て移転し、更地になってしまったそうです。



コメント