佐賀県議会議員 井上ゆうすけのブログ

こんにちわ!日本共産党の佐賀県議会議員の井上ゆうすけです。
議会活動や日常の活動をみなさんにお知らせしていきます。

唐津市立小中学校にエアコン設置を!署名4,106筆を提出

2020-07-23 14:27:00 | 日記





22日、「唐津エアコン設置を求める会」は全市立小中学校にエアコン設置を求める署名4,106筆を峰達郎唐津市長に提出しました。

わずか10日ほどの活動でしたが、20日の集約会議では3千筆に迫りました。その後も署名はどんどん集まり、提出時には4千を超えるまでになりました。この運動の急速な広がりはこれまでにない画期的なことです。

「35人学級運動で協力してくれた人にも声をかけたら応えてくれた」「30枚預けた署名が150枚になって返ってきた」など、要求の正当性とエアコン設置を後回しにする峰市政への怒りが急速に広がり「子どもたちの命と健康を守るためにエアコンの設置を」との世論を市民運動が作り出しています。

ご協力いただいた、みなさんに改めて感謝申し上げます。
コメント

第16回唐津市民の会総会

2020-07-13 13:07:00 | 日記







11日(土)は、唐津市民の会(地域革新懇)の第16回総会に出席し、来賓として社民党の伊藤一之市議と挨拶をしました。

その後は生活相談で相知まで。

今日は、朝から「新幹線問題等特別委員会」で武雄市、嬉野市、長崎県庁とかなりハードな視察です。
コメント

原子力災害時の避難/「感染リスク」「被ばくリスク」双方へ早期の対応を

2020-06-24 15:04:00 | 日記
今日の佐賀県議会は常任委員会の開催日です。







私の所属する総務常任委員会では、

●ごみ焼却処理施設「クリーンヒル天山」(多久市)
●有明海機動警ら隊「しらぬひ」(小城市)

に現地視察で伺いました。

明日は、審議となっていて私は4番目に質問に立ちます。

質問項目は

1、コロナ禍における学生の支援について
2、特別定額給付金について
3、原子力災害時の避難について

です。

コロナ禍のもとで、早期に「感染リスク」への対応と「被ばくリスク」、双方のリスクへの備えをやらなければなりません。
コメント

子どもたちの命と健康を守るため「すべての学校へエアコン設置を」/唐津市長へ要請

2020-06-23 14:00:00 | 日記




6月22日、唐津市民の会(藤瀬憲一代表)と新日本婦人の会唐津支部(片山裕子代表)は峰達郎唐津市長に対して「夏休み前にすべての学校にエアコン設置を求める要請書」を提出し、早急な対応を求めました。

 唐津市教育委員会は、コロナウイルスの影響による学校休業の遅れを取り戻そうと、夏休みを短縮し、授業時間を確保する計画です。近年は異常気象で熱中症による死亡事故が起こるなど、県内でも唐津市以外ではすべての自治体で設置が完了しています。

小学校8割エアコン未設置


 唐津市内の小中学校のエアコン設置は小学校で8割(33校中27校)が未設置で、他の県内自治体(唐津市以外設置済)と大きな差があります。暑さ対策に「クールネック」で対応を行うとしていますが「子どもたちの命と健康は守れるのか」と保護者などから疑問の声が湧き上がっています。

 さらに、統廃合が検討されている学校は「個別で検討」とされていますが実質、置き去りの状況です。

 県立学校では、未設置の学校に対して予備費を使い、レンタルしてでもエアコンを設置しようとしています。


 「子どもたちの命と健康を守る」その立場で早急な対応を求めます。

コメント

昨年、油被害の大町町で田植えはじまる。

2020-06-19 12:34:00 | 日記
今日は県議会一般質問の3日目。



昼のニュースを見ていたら、昨年の佐賀豪雨災害で油の流出被害を受けた田畑の全てで農業ができるようになったと報じられていました。

あの時は、まさに収穫間際の大雨と油の被害。

農家のみなさんの話も直接伺って、町・県・国へと要望を繰り返し行ってきました。

事業者も同じことを繰り返さぬよう対策を取り、取り組みをすすめています。

今年こそ、良い形で収穫を迎えて欲しいものです。
コメント