トム爺の 「 非悠悠不自適」

「日々是好日」とは行かなくても、少しでも楽しく・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お知らせ

2013年10月24日 20時36分47秒 | Weblog

こんにちは。わたくしトム爺の娘でございます。

父は10月22日未明に脳梗塞にて旅立ちました。

本当に急なことで、葬儀を終えた今もまだ信じられない

思いでございます。

昭和一ケタ生まれにもかかわらず、PCに拒否反応を

示すどころか、四苦八苦しながらではありましたが、

自分のブログを持って・・・我が父ながら、いつも

感心しておりました。

更新頻度も低く、つたないブログではございましたが、

お付き合い頂きました皆さま、ほんとうにありがとうございました。

 

 

ジャンル:
その他
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 秋の高山祭 | トップ | 月命日 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ショックです (ビン子)
2013-10-25 07:28:46
訃報にただびっくりしています
ご冥福をお祈りいたします
急でしたね、家族の方には悲しみが多いですね
奥様もお体大事にして頑張って下さい

いろいろ思い出すことが多いです(合掌)
ショックです。 (rakuyou)
2013-10-25 08:26:31
本当に信じられない出来事に驚いています。
ご冥福をお祈りいたします。
奥様、ご家族の皆様、お身体お大事にお過ごし下さい。

いつも、楽しいお写真をお届けいただき、楽しませていただきました。(合掌)
信じられません。 (kikyou)
2013-10-25 09:29:26
訃報の知らせがとても信じられません。

素敵な写真のカレンダーありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

   ” 合掌 ”
Unknown (はなこ)
2013-10-25 10:17:25
急なことで 驚いています
高山祭りも楽しまれて・・・写真きれいでした。
長患いもなく 羨ましいことです
ご家族には心残りもあることでしょうが
私も見習いたい旅立ちでした ありがとうございました
 
ご冥福をお祈りします
Unknown (イルカ)
2013-10-25 17:25:05
訃報の記事を読んでただただビックリしています。
トム爺さんは写真もですが文章も短いけど的確に書かれていて感心していましたよ。

高山祭りの写真もすごくよく、感心していました。
まだ短いお付き合いでしたけど残念でなりません。

ご冥福をお祈りします。

天国でも写真を撮られることでしょう~
こんばんはです。^±^ノ (てくっぺ)
2013-10-25 19:54:16
あら、びっくりしました。x±x
突然のことで、娘様も驚いたことでしょう。
今はただ。トム爺さんのご冥福をお祈り申し上げます。v±v
そうでしたか。
トム爺さんは昭和一桁でいらっしゃったのですね。
とてもお考えがお若いのでむしろご年齢に驚きました。
ちなみにうちの父母も一緒の、昭和一桁です。
父は他界しましたが、母は元気でいます。
自分よりも体力があるんですよ。^±^;
ご愁傷様でした。
ご冥福をお祈りします (夢追い夢子)
2013-10-26 00:20:38
トムさんを偲び涙しております
今月2日国府のあじかでばったりお会いしました
「本当にお久しぶりですがお元気ですか」とお聞きしましたら
「夫婦共にあまり調子が良くない」と仰いました
いろいろお話ししましたのに・・・
悲しいです
ネットで知り合い数回お目にかかりいろんな事を沢山教えて頂きました
毎月綺麗なカレンダーも送って頂き冷蔵庫のドアに貼って利用させていただいておりました
苦しみのない浄土でゆっくり休んでいただきたいです
奥様のお体も心配しております
ご夫婦で可愛がってくださいましたことに深く深く感謝し心よりお礼申し上げます
ご冥福をお祈りします
合掌
残念です (小肥り)
2013-10-26 12:17:35
そうですか。信じたくないけど、残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
皆様ありがとうございます。 (娘。)
2013-10-26 19:09:28
棺に本物のカメラは入れられないので、
ペーパークラフトのカメラを持たせて
あげようよ…と、私の旦那様が思いつき、
大急ぎで作成して、棺に入れました。

これであちらの世界でも、いっぱい
撮影出来るかな♪…と思っています。
Unknown (ine)
2013-10-26 21:32:18
今日ブログ見て ただただ びっくり!!

わたしは 最近で 日が浅かったんですが

トム爺さん わたしの ブログまで 優しい心の

籠った コメントをいただき すばらしい 写真を

見るのを 楽しみにさせてもらっていたのに とても

残念です。

ご冥福を おいのり いたします (合掌)

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事