映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

野火

2015年09月09日 20時53分40秒 | 映画 な行
評価:★★★☆【3,5点】



人として、その一線を越えるかとどまるのか。

遠景の山々とハイスピードカメラにより変形し流れる雲に
まるで上空から見下ろす女神がそこにいるかのよう。



日本軍の敗北が決定的なレイテ島。
結核を患った田村一等兵は野戦病院行きを命じられ、
部隊から追い出される。
しかし病院でも追い返され、舞い戻った部隊でも入隊を拒否される。
行き場を失い、激しい空腹に苦しみながら
果てしない原野を彷徨い始めた田村だったが…。
<allcinema>



終戦末期のレイテ島で起こっていた日本兵の真実とは
戦時下における敵軍との戦いというより
もはや、病気や飢餓による苦痛を和らげるためだけに
ジャングルを彷徨う一人の兵士を追い続ける。

そして、その先には人として越えてはならない一線が待っていた。

今回、この映画の制作にあたって資金が集まらないということで
自主映画の体形をとって作られたと聞く。
しかし、低予算映画といえど中身はかなり強烈で
莫大な火薬量でど派手な演出をする他のエンタメ映画よりも
はるかに心を揺さぶるのである。

手持ちハンディカム効果で、まるで自分がその場にいるかのよう。
ケモノ道のような片隅に転がる腐乱死体には臭いまで含め
グロ映像に全く手抜きなしの監督の感性には大いに拍手。

フィリピンの山々の自然の景観が美しいだけに
緑の下で行われていた狂気が尚更心に衝撃を与える。


【今週のツッコミ】
・塚本監督作品特集と題し地元日劇では『ヴィタール』『鉄男』
 『鉄男Ⅱ』とスクリーン2で3本立てが上映中。
 観たいけど、さすがに3本は腰痛もちとしては辛いところ^^;

・本作、ブログ仲間の“とらねこさん”がご出演されていて
 そのシーン、カオスの中で咲く一輪の花のように力強くそれでいて
 透き通るような美声には思わず吸い込まれそうになりました(笑)
 転がる肉から「私を、私を食べてもいいわよ…」Σ(゜Д゜ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

・グロ描写は下手なB級ホラー顔負けの徹底した力の入れよう。
 敵の機銃で吹っ飛んだ片腕、後頭部から流れ出た脳ミソ
 腹部から垂れ下がる内臓と特殊メイクはまさにA級だった。

・教会のアクシデントに至るまでの張りつめたサスペンスと
 横たわる女性の迫真の演技に座布団一枚!
 
・開映開始から気になっていたのは音響部分。
 高感度マイクを敢えて使用したかは知らないが
 不必要と思えるような音まで再生されていて、若干ではあるが
 この部分がノイジーな感じがしたものだが、これは意図的か。

・冒頭の行って帰っての繰り返しに思わずコントかよ!だった^^
---------------------------------------------------------------
監督:塚本晋也
脚本:塚本晋也
音楽:

出演:塚本晋也/リリー・フランキー/中村達也/森優作/中村優子


『野火』




『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« ディアボリカル | トップ | ピクセル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
餓死・病死 (とらねこ)
2015-09-10 17:07:30
見てくださってありがとうございました。
自分が携わったからというばかりでなく、今こそ見て欲しい映画でした。

そして初めて知ったのですが、第二次大戦での日本兵の半分が餓死を含む病死。フィリピン等過酷な地域ではその9割が餓死・病死だったなんて。
これって戦争による死、というイメージとはだいぶ違うものなんですよね。

カオスに咲く一輪の花とはなんと美化してくださるのか
あの不気味な花に被さる誘惑の声…
良かったら今度、見てくださったお礼に、録音ボイスを届けまっせ
なんちゃって
とらねこさんへ (ituka)
2015-09-10 22:52:10
昔、NHKスペシャルで終戦末期に日本兵の多数が病死や餓死だったということを放送してて
その時の静止画像がモノクロとはいえかなり強烈な印象でした。
もはや、国に完全に見捨てられた彼らのことは忘れてはならない事実ですね。
観てよかったと思いましたよ。
ちなみに、とらねこさんが映画にどのような形でかかわったのかノルウェーさんの記事で知ったのです。

>録音ボイス

お!そんな貴重なものを届けてくれるの?(笑)
あの美声が手元に~、ありがたく頂戴いたします!^^

コメントを投稿

映画 な行」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

野火  監督/塚本 晋也 (西京極 紫の館)
【出演】  塚本 晋也  リリー・フランキー  中村 達也  森 優作 【ストーリー】 日本軍の敗戦が濃厚になってきた、第二次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。一等兵の田村は、結核を発症したために部隊を追われて野戦病院へと送られる。だが、病院は無数の負傷兵を...
野火 (映画好きパパの鑑賞日記)
 これは凄まじい戦争映画です。英雄でも何でもない、末端の兵士が生存本能で地獄から生還する話ですが、この作品を見ると他の日本の戦争映画はきれい事だらけに見えてなりません。資金が集まらず自主制作に近かったそうですが、こうした作品がある限り、邦画の未来は明る...
野火(2015)~極限の果てに変容した世界 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Fires on the Plain。大岡昇平原作。塚本晋也監督・主演、リリー・フランキー、中村達也、森優作、山本浩司、中村優子。1959年に市川崑監督によって映画化されている。 ...
『野火(塚本版)』をユーロスペース2で観て、あっさり感想ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★これはこれで大した物に違いない】 結論から言うと、私は市川崑版の方が好きだ。 市川版は、物事の筋書きをはっきり書いていて物語として分かりやすい。 ...
野火 (映画的・絵画的・音楽的)
 『野火』を渋谷のユーロスペースで見ました。 (1)『鉄男』の塚本晋也監督の作品ということで、映画館に足を運びました。  本作(注1)の冒頭では、小屋の中で分隊長(山本浩司)が田村一等兵(塚本晋也)を、「バカヤロー、食糧も集められない肺病病みを飼っておく余...
「野火 Fires on the Plain」、大岡昇平の野火の映画化 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 塚本晋也好き ☆☆☆☆ 1959年に市川昆が映画化している。当時は白黒、人肉食のシーンは避けた。 それから50年、風化しつつある戦争体験を、描きたいと願ってきた塚本晋也。その独特の映像美で、描き切った傑作。 そのスプラッター描写と、...
『野火』 (こねたみっくす)
大地は美しい。しかし戦争をする人間は汚らわしい。そんな人間の血で大地を汚すのか。 これは崇高なる反戦映画だ。そして最初から最後まで一片の澱みもなく「塚本晋也」でもある ...
「野火」戦後70年☆1つだけ観るなら必ずこれ!! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
戦後70年。 世界中で意欲的に反戦映画が作られている今年だからこそ、1つは必ず戦争ものを、そしてその1つに選ぶならこの映画を観て欲しい。 いや、観るべきである。
野火・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
緑の海の流離譚。 昭和の文豪・大岡昇平が、自らの戦争体験をもとに著した小説「野火」を、異才・塚本晋也監督が20年の構想を経て自主制作体制で映像化した本作は、驚くほどの熱量を持つ大変な力作である。 舞台となるのは、太平洋戦争末期のフィリピン戦線。 監督自...
野火 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。 日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧....
夏の約束~『野火』 (真紅のthinkingdays)
 第二次大戦末期、フィリピン・レイテ島。肺病を患った田村一等兵(塚本晋也) は、野戦病院からも所属部隊からも拒絶され、空腹と疲労に朦朧となりながら 大地を彷徨う。  誰もが 「観たい映画」 を観るものだろう。しかし誰もが 「観るべき映画」 と いう...
「野火」 (Mr.Bation)
「見逃した映画特集2015」 「野火」 日本軍の敗戦が濃厚になってきた、第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。一等兵の田村は、結核を発症したために部隊を追われて野戦病院へと送られてしまう。だが、病院は無数の負傷兵を抱えている上に食料も足りない状況で、そ....