菅野臣太朗の携帯メール日記

次作は、6月27日(日)~7月4日(日)「WORLD」@中野ゼロホール

【今後の予定2021】

2021年08月31日 | Weblog
その1



6月公演 企画調整中。


その2
「覗きたい女は覗かれたい男に覗かれる」女性version


「覗きたい男は覗かれたい女に覗かれる」男性version



脚本:菅野臣太朗
演出:加藤真紀子・船戸慎士
日程:2021日6月22日(火)~27日(日)
会場:ウエストエンドスタジオ

その3
「WORLD ~Change The Sky~」

脚本・演出:菅野臣太朗
日時:2021年6月27日(日)~7月4日(日)
会場:東京・なかのZERO 大ホール


その4
プロダクションaisが贈るエンターテインメント・プロジェクト。
第4回公演決定!
「角を圧し折られた闘牛は、勇猛果敢に高嗤う」


公演延期

脚本・演出 菅野臣太朗
会場:シアターグリーンBOX in BOX THEATER
コメント

四十六ノ二百八十六日目

2021年06月04日 | Weblog
6月4日(金)☂️




晴れの日も。
雨の日もある。

それの。
繰り返し。

降り注いだ雨で。
草木は芽生え。
照らした陽の光で。
草木は生い茂る。

それの。
繰り返し。

山の水は。
川へと流れ。
土を潤し。
農作物が作られる。

それの。
繰り返し。

やがて。
海へ流れ。
生きものたちを育て。
水は再び。
雲となって。
天へ昇っていく。

それの。
繰り返し。

降り注ぐ雨に。
今日も感謝。
お稲荷様。

宇迦之御魂神様に。
今日も感謝。


さ。
明日も。
生きよ。
笑いながら。
天を見上げて。
コメント

四十六ノ二百八十五日目

2021年06月03日 | Weblog
6月3日(木)☀☁




「WORLD」
稽古日。

今日も。
淡々とシーン創り。

イメージして。
でも。
それに縛られず。
稽古場で。
生まれた瞬間を。
ありのまま。
体感したことを。
一番大事に。
紡ぎあげていく。

今日も。
いい稽古が出来た。


稽古前に。
逢いたかった神様に。

深川神明宮。

ご祭神。
天照大御神。


深川の地を初めて開いた。
深川八郎右衛門が創建した。
深川発祥の神社。

先人の息吹を感じ。
感謝して。
己に出来る事は何か。
問いただす。

反躬自問。

また一歩。
ゆっくり先へ。


さ。
明日も。
生きよ。
笑いながら。
染み込ませ。
コメント

四十六ノ二百八十四日目

2021年06月02日 | Weblog
6月2日(水)☀☁




OFF日。

行きたかった場所へ。
すっと行ってきた。

今年に入って。
近い将来の。
引っ越し候補地に。
時間があれば出向いている。

今日も。
候補地に。

新幹線に乗って。
街の様子や。
人の流れや。
自然に触れてきた。

やっぱり。
行かなきゃ分からないもんで。
体感することの大切さを。
改めて実感した。

こんな風景で。

こんな空気感。


素敵。

秩序の無い。
自然が。
とてつもなく居心地良い。

人は。
自然から生まれ。
自然へ帰る。

そんな自然の摂理に従いたい。

さ。
明日も
生きよ。
笑いながら。
大らかに。
コメント

四十六ノ二百八十三日目

2021年06月01日 | Weblog
6月1日(火)☀☁




6月初日。

ずっと。
心のどこか。
いや。
身体のどこかで。
感じていた違和感。

それを。
どうしても取りたくて。

いつもより早く家を出た。

その違和感は。
稽古場がある場所。
というか土地だったので。
その土地の神社を調べた。

すると。
その土地には。
神社が一切ない。
更に調べてみると。
その土地は。
戦後すぐに埋め立てられた土地だった。

違和感の理由が。
納得出来た。

そして。
その土地及び。
その地域に祀ってある。
神様にご挨拶してきた。

お守りも頂き。
稽古場の。
自分の席に置いた。

その途端。
抱いていた違和感が。
すっと無くなった。

稽古も順調。
相変わらず。
淡々と。
創り上げてる。


夕陽が。
泣けるくらい綺麗だった。


さ。
明日も。
生きよ。
笑いながら。
感謝して。
コメント