犬養分な日々 withにゃんこ

犬と猫をこよなく愛するアメリカ帰りのヘナチョコ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピコリの目の事

2017-03-16 12:07:43 | 犬の病気・治療

ピコリの右目が「角膜変性症」だと分かってから、一日数回の点眼と軟膏で

様子を見ていましたが、角膜の劣化が止まらず、本人(犬)も、いつも

目をシパシパさせ、食欲もどんどん減っていきました。


寝てばかりいました・・。


角膜に穴が空いている部分があり、そこの穴の修復を図るべく

(瞬膜)フラップ手術を受けました。

一泊して、帰って来ました。


ピコリの血清から作った「点眼液」を一日に数度。

まだまだ食欲がないので、鳥のササミを買ってみたり、ブロッコリー(大好物)を

茹でてみたり。

ササミは食べますが、他のは「ぺ!」とします・・・(TT)

血液検査の結果も、よくありませんでした。ALPが四桁台・・・。

他、肝臓の値があまりよくありません。

「大きな爆弾を抱えてると思ってね」と言われました。




10日から2週間で抜糸します。その結果によってまた治療方針を決めるそうです。


先のことを考えると、不安だらけになるので、「今」を大切に、私が

考えられる「ピコリにとっての最善の事」をしてあげようと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンボールと猫 | トップ | 季節の変わり目だからかな? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

犬の病気・治療」カテゴリの最新記事