へたのヨコ釣り北海道日誌

北海道は石狩に滞在し投げ釣り・ワーム釣り等下手の横好き的hojoの趣味ブログ!

小樽海上保安部より注意喚起&釣り人への港開放への動き

2019年05月08日 | フィッシングセーフティー

GWも終わってしまって10連休もしてしまったらもう仕事行きたくね~~なんて思ってしまいますね^^;

 

俺は4日間ほどお休みを貰いまして釣りも楽しみましたが、普段食生活制限している分、休日はリミッターカットしてお食事を楽しんでおりましてあっという間に2キロ太りましたわ(笑)

んで今日に至るまで運動と食生活で二キロ落としまして無事万歳!!

んで明日休みだからまた飲むぞ喰うぞみたいな(笑)

 

ってな事で小樽海上保安部よりGW中の釣り人への事故報告が届きまして注意喚起をしてほしいと!!

以下メール転写。

 


ゴールデンウィーク期間中の釣り人の事故につきまして、小樽海上保安部の管轄区域である石狩市から島牧村までの間において、以下のとおり2件発生しておりますので、お知らせいたします。

【事故概要1】
平成31年4月26日、2~3日前に岩内港に釣りに出かけた60代男性の家族から、未だに同男性が帰宅していない旨の情報がありました。
海保のほか、警察及び消防にて捜索しましたが、岩内港東外防波堤基部に先端に釣具が放置されている状況を認めたものの、現在までに行方不明の男性は発見に至っておりません。

【事故概要2】
平成31年4月28日0時30分ころ、小樽港南防波堤から港外側に釣り人が海中転落し、転落者は防波堤外壁に捕まっている旨の情報が、転落場所付近にいる釣り人からありました。
転落者は、同日0時45分ころ消防署員により救助され、転落時両手に擦過傷を負ったほかに外傷はありませんでしたが、救助当時の体温34.5度でした。
海中転落者は20代男性で、自身の解けた靴紐を足で踏んだことにより海中転落したとのことです。(救命胴衣未着用)

各位におかれましては引き続き、釣り愛好者へ対して事故防止の呼びかけをお願いいたします。

 

行方不明の方、いち早く発見されることをお祈りいたします。

まだまだ水温も冷たく、海中転落するだけで低体温となる危険性があるんですね。

お互い気よ付けましょうね・・・・。

 

 

 

もう一つが釣り人への港解放への動き。

 

日本釣振興会の幹部様方が、国交省、港湾関係者交え港開放への働きを見せてくれております。

そんな意見交換会の議事録が届きまして拝見していたのですが、ここでその議事録を丸写ししたら怒られるかもなので端折って書かせて頂きますが。

皆様も知っている近年フェンスが設置され立入禁止になったA級ポイント。

ここの開放に向けての議題がなされていたご様子!

私が見る限りではかなり前向きな感じで話が進んでいるように見えます。

ただやはり懸念されるのが、海中への転落による事故。ゴミ問題。

これが一切クリア出来ないとやっぱ難しいでしょうね。

その一つの港だけの問題ではなく

北海道全体で一丸とならねば国交省様から良くは思われないでしょうね。

 

我々釣り人が出来る事は難しそうに見えて実に簡単な事!

ライフジャケットの着用!

ゴミ等は持ち帰る!!

 

ご安全に気持ちよく!!


小樽海保より注意喚起~GWの釣りご安全に!!

2019年04月26日 | フィッシングセーフティー

いやぁ~~GW10連休がとうとう明日から始まりますわね!!

まぁ俺はそんなに休みがある筈も無く巷の半分以下の連休でございます(T_T)

子供達も巣立ってしまった事なので奥さんとノンビリとドライブしてくるつもりでございます。

釣りはどうでしょ?!なんか明日とかメッチャ天気悪いみたいだし雪降るみたいな予報だし・・・

雪降るとか寒いとか、そんな状況で楽しめるアクティビティーと言えばやっぱ「温泉だべさ!」

屈斜路湖の和琴温泉に浸かってからの車泊を楽しむ予定^^

んでメインイベントは釣りではなく、「潮干狩り」

能取湖での潮干狩り一度体験したくてね!超楽しみである。

あ?せっかくだから屈斜路湖でルアー振ってみようかな~多分釣れないと思うけど(笑)

 

皆様もGW楽しまれる事でしょう~

特に釣り場、港は大混雑かなぁ!!

ご家族で、お子様連れも沢山いらっしゃるかと思いますが是非是非釣りの際はライフジャケットの着用を願いまーす!

(あとゴミ散らかすなぁ~割り込みするなぁ~ケンカするなぁ~ウ〇コすんなぁ~)

 

小樽海上保安庁より事故発生の連絡が来まして注意喚起させて頂きます。

 

1月~3月

本年1月から現在までのところ小樽海上保安部の管轄区域である石狩市から島牧村までの
間においての釣り人に関するものとして

【1】

平成31年2月24日 幌武意漁港の岸壁において誤って足を滑らせて海中転落し、消波ブロックを伝って自力で陸に揚がって助かった事故(岸壁はブラックアイス状態)

【2】

平成31年3月04日 石狩湾港の岸壁において車両の移動を支持され事故者が車両を移動中、運転操作を誤り車両が海中転落し死亡した事故(ブレーキとアクセルを踏み間違ったと思料される)

 

4月

釣り人の事故につきまして、小樽海上保安部の管轄区域である石狩市から島牧村までの間において、残念ながら今年度1件目が発生しましたので、お知らせいたします。

【事故概要】
平成31年4月22日 盃漁港(カブト地区)の防波堤外側の消波ブロック上に、釣竿と帽子を残し男性1名が行方不明となりました。
海保潜水士が同ブロック海底で男性を発見し、死亡が確認されました。
男性は、何らかの原因により海中転落し死亡したものと思われます。



中々悲しい事故が続きましたね・・・・。

(お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします)

釣り場での転落だけではなく、交通事故等にも十分注意

(あとスピード違反も!!あちこちで取り締まりやってそうだね^^;)

皆様安全釣行でよいGWをお過ごしください!!

 


フローティングベスト ライフジャケット 救命胴衣 (戯言)

2019年04月05日 | フィッシングセーフティー

皆様!

釣りの際は

フローティングベスト! ライフジャケット! 救命胴衣!

着用お願いします!

 

以上

 

 

・・・・うん!フィッシングセーフティーとしての更新記事、終了っ!!

 

てまぁこんな事は皆さま百も承知の事と思いますので、俺もこうして文面にするのがちょいと烏滸がましいやらお恥ずかしいやら^^;

 

 

ってな事でライフジャケットに関する自分の思い出話を少々。

 

お暇つぶしにでもなればと思います<m(__)m>

 

俺が本格的に釣りにのめり込んだのは石狩市に引っ越してきた12年位前なんだけど、更にその2~3年前、まだ札幌に住んでいた頃からちょこっと投げ釣りやサビキ釣りやらはしていたのね。

石狩や厚田とか行ってたけど、まぁ釣れんわ釣れんわたまに釣れてもウグイのみ(苦笑)

そんな時に沖提などに渡る「渡船」がある事を知り行って見たくなったのね。

船に乗るにはライフジャケットが必要!

早速釣具店に行き1980円か2980円かの店頭で一番安い真っ赤なライフジャケットを購入したのね!

んで釣具店から貰った遊漁船の名刺を見て船長に電話すると

「沖提渡し?やってるよ。え?!一人?!一人なら燃料代にもなんねぇべやぁ~」

って断られたの(>_<)(苦笑)

 

せっかく購入したライフジャケットが無駄に・・・するには勿体ない!

早速港での釣りで着ていくと

おぉ。。なんかベテランぽっく見えてる気がする!!」

ライフジャケット一つで身が引き締まる思いをした記憶が蘇った(笑)

 

△その赤いライフジャケットを着た画像

何よりも感じたのは「暖かけぇ~~!」

背中に当たるウレタンがなんとも暖かいく心地好くて

おまけに寝そべったらちょっとしたマット代わりになってくれる。

勿論ポケット収納やらと救命胴衣と言う本来の役割よりも釣行にはかかせないフィッシングツールになってたの。

 

んでロックフィッシュにハマりかけるとワームやらリグやらの収納ポッケに良いの無いかなぁ~と新調した。

あとビジュアル的にカッコいいやつが欲しいなぁ~と・・・・・

 

 あれ?!買った当初は「これカッコいい!!」って思ってたんだけど・・・・

改めて見るとそうでも無い(苦笑)

 

ってかスキーウエア着て釣りしてたしな(笑

ほんと自分のブログを読み返すのって嫌・・・恥ずかしくて恥ずかしくて・・・・

 

んでどっかの釣具屋さんで見て「おぉぉ!!これだ!!」と即バイトしたのがmazumeのゲームベスト!!

 

 

 

多分俺の記憶ではゲームベストを最初に発売したのってmazumeさんだったような気がする?!(根拠は無い)

 

大収納のポケットからツールをぶら下げるD菅から背中ポケット。

何よりビジュアルが最高にかっこよかった!!

あまり着こなせてない^^;

でも本当に機能的だしカッコよかった!

リグやシンカーをパンパンにポッケに入れてたのでもし落水したら浮かんでいるのかどうか実は心配だった^^;

 

 

んであちらこちらのメーカーさんからゲームベストが出始めて、はやりDAIWAさんのも欲しいなぁ~と思い購入した真っ白のゲームベスト!

 

 

中々「白」って無いよね!

汚れが目立つの判っていたがあえて珍しい色を購入した!!

 

 

かなり着込んだ気がする。

藪を漕いからの激磯に行く事も多くなりやはり白から「灰色~黄色~所々血のシミ」が付き(笑)

頻繁に洗濯しつづけたらDAIWAのロゴがはがれててしまって(苦笑)

 

そんな時にNAの取材が入り、この汚いベストでは少し恥ずかしいなと

また新しいDAIWAのゲームベストを慎重しておめかしした次第!

 

 

このライフジャケットは今にも至っておりますが、そろそろくたびれてきた・・・

新しいの欲しい・・・・でもお金無い(T_T)

 

これ、倅が小学校時代に「釣りクラブ」を発足。

とーちゃん張り切ってライフジャケットを寄贈させて頂きました。

(ってか殆ど奥さんの力ではあるが・・笑)

 

あ?!日本釣振興会も貸出出来るライフジャケット有りますので遠慮なくご相談頂けたら!!

 

 

一応奥さん様に膨張式だって持ってるんだぞ!

 

あ?!

あああああああああ?!

サクラマーク?!

 

 

http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html

 

 思い出してよかった!

ご存知の通り船舶に乗るにはサクラマーク付きのライフジャケットが必要なの

色々とタイプによっての安全基準も違うので上記リンクをご確認。

まぁ「Aタイプ」を持っていれば問題ないって事ですが、俺も買わねばならんのよね!!

・・・・船釣りは年に1~2度くらいなのに^^;

しかもゲームベストタイプにはサクラマーク付きは今の所無いのね・・・・(T_T)

なので船に乗る時だけの為にサクラマーク付きの膨張式を買わねば・・・・できれば二つ・・・3万~4万かぁ・・ちゃり~ん^^;

今月~来月中には買っておきます<m(__)m>

 


フィッシングセーフティー 釣りへの安全啓発活動

2019年03月23日 | フィッシングセーフティー

私、フィッシングセーフリーダーとのお役を頂く事になりまして。

 

 

え~~~まずはこのフィッシングセーフリーダーと言うのはなんぞや?!

大雑把に言うと釣り人への安全を呼びかける活動!

(っと自分で思っております)

 

このお役目を頂いたきっかけからお話ししますと。

私、日本釣振興会の会員でございまして、また昨年から役員を仰せつかりまして

先日この日本釣振興会の事務局から

「小樽海上保安庁よりフィッシングセーフティーリーダー推薦して欲しい」と打診が入ったご様子で、その旨日釣振会員に一斉メールが来まして。

 

俺も一応そのメールの内容と添付されたPDFファイルをざっくりと斜め読みしましたが

「まぁこれは俺が出来る役目ではないな・・・・」と返信もせずにそのまま放っておいたのですが(苦笑)

 

数日後事務局の方から「魚鬼さんには内諾得ています。もう一人hojoさんお願いできませんか?」

 

っとメールが入りまして・・・

そりゃ魚鬼さんは判る!北海道の顔、業界人でございますもん。

 

おりゃぁ単なる一釣り人・・・

事務局曰く発信力ある方は他にhojoさんしか思い浮かびませんと持ち上げる^^;

ブログ、SNS、あと紙面もちょっとだけしておりますが、どう考えても影響力があるとは思えないの^^;

実はメールのお返事がしばらく出来ないままでおりました・・・・・

 

・・・・・が、しばらく放って返信すらしていない自分、これはむちゃんこ失礼に当たるのではっ!?

あたくし、猛省いたしまして、今更「NO」とは言えないであろうと自分で自分を追い詰めてしまった感じになりました^^;

 

 

そう腹をくくれば、案外気が楽にるもんだ。

日本釣振興会に会員になって年間会費とられ、尚且つ無償でイベント駆り出され

(あ?!無償ではない・・・昼食弁当支給されます・・笑)

そんな事を思いかいせば、オレって結構「ボランティア精神ある方なんだな!」と気がつかせてくれました(笑)

 

 

そんな経緯でフィッシングセーフティーリーダーをお請けする事にいたしまして

いざ講習等で小樽海上保安庁に向かうと、これまたビシッとされたお偉い様達がいらっしゃり、また新聞記者まで^^;

物々しい雰囲気と言えば大変失礼になりますが、何分初めて海上保安庁庁舎に入り保安官の皆様と直接お話ししたもので大変ビビっておりました^^;

 

また「交付式」とちょいとした式典が行われ、小さな認定書は大きな重みを感じた次第。

「今ならまだ引き返せる?」「もう引き返せない?」という葛藤した思いも本番になって正直あった(苦笑)

 

交付式の一コマ(へたヨコはモザイクブログ・・お許しください)

 

知る人ぞ知る北海道フィッシングマスター魚鬼和魚さんが第一号!
(・・僕二号^^;)

スーツ着てってよかった^^; (釣りの恰好した方が良いのか迷ってた・・笑)

 

こりゃヤバい・・・更に重圧が・・・

 

 

はい、と言う事でこの認定書を常に持ち歩いての釣行する事になりました。

 

 

安全を呼びかける役割をさせてもらう事になりましたが、まぁ俺ときたら知っての通り

結構デンジャラスな釣り場に行ってるし、最近は怖くなってあまり乗ってないけど、テトラからの釣りも結構してたし^^;

どの口で「安全呼びかけるんだ!」と皆様からも自分自身からもツッコミが入るのですが^^;

 

その辺も見つめなおす必要があるなぁと個人的には思っております。

 

海上保安庁で講習を受けた際、ちょっと気になるデーターがありました。

 

円グラフを見た中では

「釣り人の転落死亡事故は磯場よりも圧倒的に漁港の方が多い」

 

これは港よりも磯場で釣りする人の方が圧倒的に少ないからという見解もできますが

海水に転落時、港の場合は這い上がる為の梯子などが近くにある事が考えにくい為。

磯場の場合は色んな形状した岩等から掴みどころが無数にある為這い上がりやすい。

また磯場に行く釣り人は安全意識も高い為ライフジャケット着用率が高い。

 

などと考えられますね。

 

 

海上保安庁の方々も口をそろえて仰ってました

なによりも「ライフジャケットの着用!」

 

さてここで個人的に疑問に思った事。

 

港は基本立入禁止の筈なのですが、なぜ黙認(黙認という言葉が合っているかどうか不安ですが)されているのか?!

 

先日も石狩湾新港東埠頭で落水死亡事故が発生しました(ご冥福をお祈りいたします)

ニュースでもやっておりました。レポーターは釣り人に「なんで立入禁止なのに釣りをしているのですか?」と問いただしておりましたね。

俺はこの場所も「完全釣り禁止」になるのだろうなぁと思っていました・・・。

あぁ~~~サビキが面白いのに、シャコも釣れるのに・・マメイカだって・・

 

しかーしっ!

現状は普通に以前と変わらず釣りが出来る状態になっています!(ビックリ!)

 

豊富で美味しい魚が生息するこの北海道

やはり港で完全に立入禁止、釣り禁止にしてしまうのは非常に酷な事だと行政も感じてくれている事とお察しできますね。

 

港で全く釣りが出来なければ、北海道の釣具屋さんも軒並みに倒産してしまうし、季節ごとその土地に来る釣り客が落としていくお金も回らなくなる。

大げさに言うと観光資源が無くなってしまうとも考えられる(ちょいと極論だな?!)

 

なので我々釣り人はこの「建前的な立入禁止」を大いに活用させて頂いているってことなんですねが、それでも我が日本の考えは

「人命より重い物は無い」

これ以上釣り人の死者が耐えなければ完全たる立入禁止になる事もなんら不自然ではない!

 

っと俺も感じております。

 

俺の今後のフィッシングセーフティーリーダーとしての活動は

主にWEBや紙面で今回の様に釣り人へ安全の啓発をさせて頂く事でございますが、

俺が思うに釣りの情報をWEBで活用している方々はとっくに安全意識は高いと感じております。

どちらかというと、WEBを活用していない、と言うかPCやスマホを触りたくないシニア世代のライフジャケット未着用が目立っているように個人的には感じております。

 

やはり一番大事なのはそいった港の人気釣り場で「声をかける」事が大事なんじゃないのかなと思います・・・・・が、一番これが難しい事でございましてね^^;

 

「何だてめぇ偉そうにこのやろ~~」なんて言われかねない^^;

 

ハイ、俺自身極度の平和主義なもんでそういった事を避けてきた人生でございますので、偉そうに上から目線で安全啓発をしていくつもりはなんらありませぬ!!

 

ただ、人懐っこい性格しておりまして、普段も良く「釣れてますかぁ~!?」ってな感じでお声を掛けさせてもらってます。

その延長で「ご安全に!」と一言添えさせて頂く感じから始めたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします<m(__)m>

 

すっかりと話が長くなってしまった・・・・読者が飽きる^^;

普段言う事も書く事も考え事も無いこんな事案を書く事に脇汗滝汗ヤバいヤバい^^;

 

 

今後もこのブログ内でちらほらと安全啓発させて頂く事にもなりますが、「ウザっ!」っと思われないように読者様の目を引く釣行ブログにしていきたいと思いますので!

 

釣りの安全、土壌が素晴らしすぎる北海道の港で釣り末永く楽しむためには

是非是非皆様のご協力が不可欠でございます!

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m><m(__)m><m(__)m>

 

 


カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

プロフィール

プロフィール画像
性別
男性
都道府県
北海道
自己紹介
ワームで狙う根魚!春の投げ!秋のサビキ!冬のワカサギと一年通じ四季折々の魚を追い求めております。【mail】hojo1121jp★yahoo.co.jp【★を@に】

バナー

バナー

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 3,226 PV DOWN!
訪問者 1,530 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 16,919,742 PV 
訪問者 6,136,692 IP 
ランキングランキング
日別 183 DOWN!
週別 179 DOWN!

札幌レンタリース

札幌レンタリース
札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。中長期のレンタカーなら断然格安です

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0