goo

BLOOD+ #37


■■招待
ハヴィアの誕生会に向けて、ケーキ作りに買い出しにと騒がしいグレイの家。カイは買い出しの途中、小夜を見つける。モニークは小夜を誕生会に誘う。


コベントガーデンでの戦いの翌日からディーヴァの公演は次々中止。
ネイサンのオペラ企画が…本人はさらに腕によりをかけちゃうわ♪ときっと前向きなんだろうな~。
てかデヴィッドーーーΣ(゜Д゜)!?
白衣の次はエプロン。有り得ない組み合わせが今、夢の共演!!
エプロンよりもボールと泡立て器の方が似合わないな。ホイップ係デヴィッド。
ジュリアと連絡は?とルイスのナイス指摘も完全スルー。
前回のラブフラグはしばらく持ち越しなのか…。フラグクラッシャーだしな。

「小夜さんのこと…考えてる?」
「ああ 何してんのかなって」


ちょっっっ!
いきなりモニークの直球。無難なヒットを返すカイ。
モニーク、カイは諦めるしかないよ。
何しろ小夜のことで頭がいっぱいだし、小夜をクリアしても謝花組が控えてるんだ(笑)

てか街中に普通にいる小夜…。簡単に出会えちゃうんだなぁ。
前回の怪我の心配をするカイに「すぐに治るから平気」と言いその場を去ろうとする小夜。
が、モニークがレッツチャレンジ!!!
背後霊ハジに怯えながらも、果敢にパーティー勧誘。
成功。
小夜は女子供に弱いのか?
カイにはあんななのにね(笑)



■■カール暴走
カールは未完成のコープスコーズを無断で持ち出し、1人小夜の元へ向かう。
連絡を受けたアンシェルは、残酷にもソロモンにカールの始末を命令する。


前回、稀にみる臆病さで見事 人質役を演じきったヴァン・アルジャーノ氏。
予告通りに施設の引っ越しを進めてましたが、またも悪夢が。
~遡ること1年と数ヶ月前、ベトナム実験農場。
実験体の子供たちを無断に使用され、ほぼ全滅の被害を被ったのです~
そしてまた今、彼がヴァンの元に姿を現した――!!
「さあ パーティーの時間だよ ふっ」
再び研究成果をカールに盗まれるヴァン。
アンシェルにチクるしかないのが悲しいところ。

連絡を受けたアンシェルとソロモン。
「カールにとって小夜は敵でもあり ある意味生き甲斐でもある」
カールの身勝手な行動をどこか理解しているようなソロモン。
「なおの事 奴に小夜は殺せまい」
アンシェルはこの事を理解しているからこそ、小夜の件はジェイムズを抜擢した。
「ではどうします?カールを救出しますか」
ソロ王子がカールを救いに小夜と対決?そんな萌え展開…来いっ!!
「語る必要はあるまい」
「また僕なのですね」
「ドイツではいい仕事をしてくれた」
「兄さんは本当に残酷な人だ・・・・」

え…?
エ━━(゜Д゜;)━━━ッ!?
兄さんはカールをバッサリ切り捨てましたよ。
ドイツでの仕事って事は…まだ登場していない三男マルティンは小夜じゃなくてソロモンが殺したって事??
………アンシェル黒すぎだよ。



■■誕生会
誕生会に遅れて到着した小夜は、プレゼントを渡し終わると帰ろうとするが、みんなに止められパーティーに参加する。
しかし、そこにはカールが迫りつつあった。


岡村の音痴な歌…に即座にツッコミを入れる真央。
漫才だ。
てか岡村って真央が絡んであげなきゃ何となく浮いてるよね(笑)
他にコンビになれる相手が居ないというかさ。
小夜の行動に逐一カイ微笑み。見守る者になってますよ、カイさん。萌え。
プレゼントを渡すときの小夜、可愛い!何あの笑顔!!!!

クイズ★あのプレゼントは一体どこから?!
①ハジがストリートチェロで稼いでいる生活費で買った
②瞬間移動で万引き
③ハジの手作り

たぶん手作りだな。プレゼントを受け取る様子をジッと見てたし。
ハジ、半日で仕上げるとは健気。
そして家事万能マン。←コレが公式設定だからウケる。

真央と小夜のサシでの話が聞いてみたかった!
カイと真央はちょくちょく会ってそうだけど、真央にとって小夜はあの置き去りされた日以来だもんな~。
説教というか半脅しというか・・・そんな感じになりそう(笑)

ジョージがケーキを作った時の思い出話をするカイと小夜。
リクは…名前くらいでないのかよ。
ってか今はリクのことは禁句だったりするのかな。ディーヴァがあれだから。
てっきり幸せそうな回想映像が入ると思ったけどナシだよ。

「あの頃は夢のような時間だった でももう…」
「俺たち何のために戦ってんのかって」
カイはナハビたちの笑顔を見るたび、かつて自分達もそんな顔をしていたことを思い出していた。
何のために戦っているのか・・・幸せだった″笑っていた時″に帰るため…?
「もう戻れないのか?」
「私は…翼手だから…」

カイはそれでも小夜の手を取ってくれるよ!
ツンしてるな!デレてくれ!!

外で家明かりを見つめるカールに惚れました。
名前はまだなのに声は覚えてもらえたのね、カール。



■■狂おしいほど愛しい人
コープスコーズを率いてグレイの家を襲撃したカール。
小夜と共に死のうとしたカールだったが、その鮮血がそそぎ込まれて結晶化する。
初めて明かされるカールの悲しき過去。
ソロモンはディーヴァの居場所を小夜に教えてその場を後にする。


向かい合う二人小夜とカール。
「久しぶりだね小夜 今宵君に会えたことを幸せに思うよ」
「あのときの君は美しかった 僕にとっての女神!
「今宵僕と踊ろう 僕は狂いそして君も狂う さぁ始めようか!僕と君に相応しいパーティーを

変態キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!
パーティーって…誕生会をぶち壊しといて…まったくカールらしい(笑)
遠くにいる小夜の姿に愛しそうに指でなぞるカール…変態ステキ。

小夜との戦いを邪魔されないためにコープスコーズを放つカール。
コープスVSチェロケース
そして「お待たせぇ!」とルルゥ登場――――――!!!!
モーゼス・カルマンの参戦!!!!
カイはイグナイダー炸裂、デヴィッドは命中率の高いショット。
何この仲間大集合・・・・。
いよいよBLOOD+もここまで来たのかーと思ってみたり。
何よりモーゼス・カルマン・ハジの3人並びに燃えた!
家の中ではルイスと先頭に立って扉を守る岡村の姿が…岡村もついにここまで…ジーン。


ガレッジに激突した小夜。
「嬉しいよ小夜 ここは僕と君の2人きり 殺し合うこの瞬間だけは 君も僕も相手のことだけ考えている」
「さあ僕のことだけ考えて 僕を殺すことだけを!」
「愛しい僕の小夜が今 目の前にいる…」



小夜に執着するカール。
カールの悲しき過去が明かされる。

遠い昔。
アンシェル・ディーヴァに連れられ、初めてディーヴァに会うカール。
カールの血分けに同意するディーヴァ。
「良いわ 血をあげる でもその前に…貴方 美味しそう」
ディーヴァに恐怖し後ずさったカールの背後から、吸血するディーヴァ。
「怖がらないで 君は選ばれたんだ」
微笑むソロモン。

カールは望まずしてシュヴァリエになった。
グレゴリー理論=ディーヴァの血は全てを変える、を実証するために。
モンゴロイドが適正だと考えられ、素材がアジア方面から入らなかった時代。
カールのシュヴァリエ化から、デルタ計画は始まった。
「シュヴァリエとしての知性を備えた実験材料が欲しかっただけのことだ」

カールは実験体。
切り刻まれ、接合を繰り返す…アンシェルにとってはただの実験体にすぎなかった。


カールぅぅぅぅぅぅゥゥ(´;ω;`)グスン
アンシェル、許すまじ…。

そしてカールは、ディーヴァに愛を求めた。
「この身体に流れるディーヴァの血だけがシュヴァリエとしての絆の全てだった ディーヴァの愛が向けられることこそが私の望みだった」
「与えられるはずの無いものをだ」とアンシェルは笑った。
そしてカール自身もいつしかそれに気づいた。
「私を分かってくれるのは僕の小夜 君だけなんだ もう君だけしか居ないんだ!
そのためだけにカールはベトナムで足を失った後、「実験体としてなら生かしておこう」というアンシェルの申し出を受けた。

カールぅぅぅぅぅぅゥゥ(´;ω;`)グスン
「ディーヴァの血が絆の全て」だなんて悲しいよぅ。
小夜に血が滴って、カールの頬へ涙の様に伝った。
(;´Д⊂)ヒックヒック
悲しそうで寂しそうな…笑顔。

そしてカイの銃弾がカールに弾け飛ぶ!!!!
ちょっっっ!
空気を読めよ、カイ!!良いシーンだったのに!!!
「またお前かぁぁ」
ちょっっっ!!
カイのこと覚えてたのか、カール!!

①出会いは実験農場:小夜の暴走を止めた嫌な奴
②2度目は赤い盾本部:兄弟になりかけて焦る。小夜に投げつけた
③1年ぶりの再会:また邪魔された


翼手化したものの、カイには軽症だけで外へ飛び出すカール。
もう本当に小夜しか相手にしたくないのかも。

小夜に手を差し伸べるカール。そして背後から小夜を押さえ込んで動きを封じ…。
「小夜 このまま君の首筋を喰い破り 血を飲み干せば 君は死に…僕も死ぬ

「さあ逝こう 小夜!望まれぬもの同士 二人だけの世界へ


。・゜・(ノД`)・゜・。
カールの孤独、切ないよぅ。
小夜にも自分と同じものを感じたからこそ、深く執着して。
そして孤独から解放されたかったんだ、一緒に。
今までの異常なまでの執着ぶりが、今思えば全て切なくなってくるよぅ。

ディーヴァの愛を得られず、そして兄弟との絆もディーヴァを解したものだけだった。
人間に戻りたくとも、もう戻ることは叶わぬ呪われた血。
小夜なら自分の孤独を分かってくれるかもしれない。
自分と同じ闇を抱えている小夜なら…。
「私を分かってくれるのは僕の小夜 君だけなんだ もう君だけしか居ないんだ!」
例え敵であろうと、狂おしいまでに小夜を求めた。

しかし小夜に届いたのは、カイの声。

「私は…死ねない 私には守らなきゃいけない人たちがいるのに!」

自分の身体ごとカールを貫いた小夜。
この敵の倒し方って、実はディーヴァでやるんじゃないかと思っていたんだよなー。
自分の身体ごとグサッてやって、お互いの血が混ざり合い…みたいな。

カールも小夜の言葉を聴いた瞬間、手の力が緩んでたよね。
ソロモンが斬る意味なかったんじゃ…。いや、ソロモンなりの気遣いかな。
カールと一緒に膝を突く小夜が何とも言えず…。

「カール 可哀相な カール…」
ホントだよぅ。・゜・(ノД`)・゜・。カァールゥゥ!!!
ソロモンのこの言葉には色んな意味が詰まってるんだよね。ウゥ。

腹に刺さったままの刀を慌てて抜こうとする小夜の手を、ソッと押さえるソロモン。
「無茶をする」
下手をすると内臓が傷つくと小夜の頬をなで、一気に刀を引き抜くソロモン。

えっと…。
毎回 串刺しなハジの立場は…(笑)
ソロモンだって串刺しされてたしな。シフもお決まりとなっていた時期もありました。
フェミニンなソロモン、素敵。

崩れ散ったカールの結晶の欠片を拾うソロモン。
「僕はカールに憧れていました 純粋なまでに自分の思い通りに行動する彼の姿に…」
「しかしそれは僕の誤解だったんですね 彼はただ孤独だったのですね」


小夜が仲間を守るために自ら孤立を選んだ事に気づかなかったカール。
カールの孤独は、真実から目を逸らさせていた。
「彼を見ていた 僕が居たことにも…」
砕け散り、わずかに手の隙間に残ったカールの破片を強く握り締めるソロモン。
ソロモンの瞳に、月夜の光が反射する。

卑怯だ。このタイミングでソロモンの語りは要らないよぅ!
涙が余計に(´;ω;`)ブワッ

ソロモンは孤独がそうさせているとは知らずに、カールの自由奔放さに憧れた。
カールはソロモンが自分に憧れを抱いているとは知るはずもなく、孤独に侵されていた。
ソロモンはカールの始末を命令されてようやく、カールへの憧れに気づいたのかな、
結晶化直前、カールはもしかしたら初めてソロモンの絆に気づいたのかも。
涙が止まりません。・゜・(ノД`)ヽ(;Д; )皆で泣こう

「僕もまた 孤独なのでしょう」
ソロモンはディーヴァの情報を残し、消えていった。
ソロモンの孤独。
ドイツで起きた何かに、カールの始末。
アンシェルに従えば従うほど、それは深くなっていく。
もう、裏切っちゃえよ!!!!
今までソロ小夜展開で裏切ることを祈っていたけど、カールの為に!みたいな展開でも良いや。
シュヴァリエ同士の絆を開花してくれ!
っていうか、ソロモンぐらいしかカールを回想してくれる人はいなさそうなんだ(涙)
小夜が少しでもカールの悲しみを感じ取ってくれてたらそれで幸せかも。

てか強風シーン、さり気にハジが小夜にタッチ。
セリフもシーンも少なかったのに さり気ない所で さすがです、ハジ。
しかし今回もこれで終わりじゃなかった!
カールにもソロモンにも、そしてハジにもおいしい所は持ってかせない男がここに!

「小夜!行くのか?」
カイ滑り込み━━━━( ´∀`)━━━━!!
「ディーヴァを倒さなきゃ」
「これはお前1人の戦いじゃない 俺たちの戦いなんだ 俺…お前を守りたい!」
「……っ………… ばかっ」


ハゲ萌え。



■■総評
3期OPの歌詞がカールに重なったよ。
あの日僕の心は音も無く崩れ去った
最初のディーヴァに噛み付かれた所がこんな感じ。

分かり合う日を止めどなく探した
ディーヴァや兄弟に愛や絆を求めていたカールだよ!

失うためだけに今を生きてく もう駄目だと 一人孤独を抱いても
カールぅぅぅ(´;ω;`)ブワッ

教えてくれた 心に生き続ける人
これがカールにはいなかったんだなぁ。
ソロモンがこれに成り得る存在だったかもしれないのに。

でも、あの日僕の心は音も無く崩れ去ったって言うのはソロモンにとっての37話かもしれない。
もしくは過去ドイツとか。


やっぱりあの可哀相な子な過去がキツかったなー。
予告で死ぬことは覚悟してたし、カールは本望だったろうから まだ救いはあるんだけど。
てか私、最後まで変態っぷりを見せ付けて笑いながら結晶化!とかを予想してたのに。
だから余計 キツかった。・゜・(ノД`)・゜・。

イレーヌは死はシフ・カイ・小夜の心に残った。
リク・ジョージの死もカイ・小夜の中に残ってる。

カールの死も、ソロモンの心に突き刺さってほしいな。
ディーヴァがカールの死に涙or怒る…っていう展開があったらディーヴァを見直すかも。
てか、小夜にも深くぶっ刺さってて欲しいよぅ。


これから怒涛の展開になるっぽいなー。
ジェイムズ危ないのかなー。



■■今後の展開を大胆妄想
ソロモンは小夜側に 影からサポート?
 アンシェルへの不信感。カールの死がソロモンの行動に影響するといいな。
②シフは仲間に。
 カイと絡め~絡め~!!!
③カイは小夜の希望
 小夜に希望の光を照らすのは、カイであって欲しいです。
 守りたい人達を救えなかったカイですから、唯一でいいので、小夜を救って欲しい!
④ディーヴァの子供
 子供、いなそうだな。なんだったんだ アレは。
 リクに擬態で終わりなのか・・・?


■■次回
クリスチーナ島突入っぽいね。
カイってば戦闘服だよ!何あれ!!!!
コープスコーズもゾロゾロ。モーゼスも戦闘!
ジェイムズ・ネイサン・アンシェルの3人は映ったけど、ソロモンは?
ソロモン、帰還せず。なんてドキワク展開だったらどうしよう。
小夜と戦う翼手化ジェイムズ。
なんだか死亡フラグ?
最近は予告で死亡フラグを立てるのが流行っているようです。
リクの姿でディーヴァは何を思うのか。
私はカールのことしか考えられません。



この世に敵と呼べるものがあるとするならば それは小夜…貴様とそれに組する者達
愛するディーヴァに仇なす者達を我が力を持って排除する
我々翼手の世界が広がることを何人たりとも止められはしないのだ



次回 『決戦の島』



我が命 ディーヴァのために


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« カラクリオデ... BLOOD+ DVD第... »
 
コメント
 
 
 
hira-rinkoさまこんばんは! (しのぶん)
2006-06-27 22:35:45
>白衣の次はエプロン。有り得ない組み合わせが今、夢の共演!!



コスデヴィッドのシリーズ続きますね~。

おかげで、妄想スイッチが入ってしまいキモいデヴィルイ劇場を書きなぐってしまいました・・・(痛)



>ちょっっっ!

>いきなりモニークの直球。無難なヒットを返すカイ。



結構この前からモニークは何気なく追及が厳しいデス。



>たぶん手作りだな。プレゼントを受け取る様子をジッと見てたし。



なるほど!私は無難に①かと思いました(笑)



>変態キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!

最後のカールの大活躍、堪能させていただきました。

しかし、シュバリエになったいきさつや、ソロモンのカールへの思いというのは意外ですたね。

結構可哀想な人間だったんですね・・・でもやっぱり君は面白かったよ、カール・・。



来週はジェイムスが危なそうですね・・。



それでは長文失礼しました。
 
 
 
 (ひらりんこ/管理人)
2006-06-29 21:22:34
来週はカイがコスプレするっぽいですね。

DVD7巻の座談会で「キャラにコスプレさせたかった」とか言ってたんで今後も期待大です(笑)

カールみたいな面白キャラはもう出てこないと思うと残念ですね(>_<;)

来週はジェイムズですねー。

彼は果たして彼はキャラを掘り下げられるのでしょうかね…。

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。