季節の中

季節を感じるお話とフォト~ゆたりと流れる日時計の時

若葉のブナ林~歩く

2018年05月14日 | 山でみた花

 

ぶなの林

陽を透す若葉

ぶなの新緑

2018/05/12 善六ノタワ~畦ケ丸山間(神奈川県西丹沢)のブナ林

見上げると若葉を透した柔らかな陽のシャワー

キリンの模様な

樹木の表層

ちょっと触ってみたくなる

ほほを寄せてみたくなる

ブナ ブナ科 落葉高木 丹沢では標高600~800m以上で多い。上記善六ノタワ~畦ケ丸山間は1000-1200mほど。樹皮は灰白色、黒灰色。模様は地衣類。葉は、側脈凹部で終端。


この記事をはてなブックマークに追加

ワチガイソウ

2018年05月02日 | 山でみた花

見落としそうな

小さな花

可憐

白い5枚の花びら 

十本の雄蕊と茶褐色の大きな葯 が目立ちます

丹沢 犬越路 ぶな林の落葉の間に  2018年4月29日

◆ワチガイソウ(輪違草)ナデシコ科ワチガイソウ属

[花期]

4月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁、林内
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州,、中国、ロシア

この記事をはてなブックマークに追加

スプリングエフェメラルなキクザキイチゲ

2018年05月02日 | 山でみた花

 

登山道の足元に

丹精な顔立ち

スプリングエフェメラル(spring ephemreral 春のはかない植物)な一瞬の出会い

ふと出会うと

じっと見入ってしまいます

青と白 なぜか二色(ふたいろ)

  丹沢犬越路尾根2018年4月29日

丹沢犬越路尾根2018年4月29日

キクザキイチゲ(菊咲一華:キンポウゲ科イチリンソウ属  花びらがが菊のような形で咲き、1本の茎に1輪をつける早春の花 別名:キクザキイチリンソウ  似た花:アズマイチゲ(葉の切れ込みがない)


この記事をはてなブックマークに追加

コイワザクラ(小岩桜)

2018年04月30日 | 山でみた花

小岩桜と漢字で綴ると

なんとなく そうかなと思う

岩場で咲く桜 サクラソウ科の花

この子の咲く岩場は 丹沢の犬越路と謂われる尾根道

尾根だから風が吹き抜ける 岩場だから生育に必要な栄養も少ないだろう

だけど 厳しい環境ほど エッと驚かされることが多い

                 2018年4月29日 丹沢 犬越路尾根 岩場の苔の中からひょこりと生えた小岩桜

短い春の一コマ 

一年に一度の一瞬の出合

今年も会えたね

と思う

◆コイワザクラ(小岩桜):サクラソウ科サクラソウ属 日本固有種  

◆犬越路尾根 檜洞丸(標高1601m)と大室山(1558m)の鞍部に犬越路(1060m)があり、檜洞丸山頂から犬越路までが岩場の続く尾根道。この尾根道に豆桜、小岩桜、キクザイチゲ、シロヤシオ、アカヤシオが春を彩る一方、尾根道は、武田信玄が、小田原攻めに犬を先導させ攻め入ったことに由来。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ときをさかのぼる

2018年04月15日 | 山でみた花

ときを さかのぼる

へいちは さくらが 

例年より はやくさき 

はやく おえ 

新緑の季節

わずか千メートルを のぼると

そこは 桜が まんかい

                                                  丹沢 雨山峠(957m)2018年4月12日
       まめざくら:やまのさくらは 土がこえていないので花も 木も 小さい 花数も少なめだが、ここの豆桜は大きく花数も多く
 
くだってくると
かぜにゆれる このさくらに であう
ここで
きもちのよいかぜに ふかれ
のんびり ときを すごす
 
もういちどの はる
 

この記事をはてなブックマークに追加

冬山~凛として

2018年03月04日 | 遠くの散歩

冬の山

凛として

全ての葉を落とし

青空を見る

枝越しに

夏には見えなかった山々を見る

2018/2 丹沢鍋割山山頂付近から蛭ケ岳、丹沢山、塔ノ岳の丹沢主脈


この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな秋の一日~檜洞丸

2017年11月11日 | 遠くの散歩


この記事をはてなブックマークに追加

チングルマの夏

2017年09月02日 | 山でみた花

チングルマの花 

 

2017/08/21  白馬大池

チングルマの花後は 綿毛


この記事をはてなブックマークに追加

尾瀬2017年6月

2017年06月10日 | 山でみた花

昨年は、2度、尾瀬に 行きました

七月の山開きの日に、至仏山から尾瀬ヶ原の池塘の全容をみた

その向こうには、燧ケ岳が見えた。

6月になり そういえば 「夏の思い出」のみずばしょうを みていないと

急に 思い立ち 翌日の夜行の高速バスに乗る

朝5時過ぎに 尾瀬ヶ原への山道を 歩む

尾瀬ヶ原は 朝靄が立ち込めている

 youtubeへ https://www.youtube.com/watch?v=YqIPxZuVZJY

夏が来れば 思い出す

遥かな尾瀬 遠い空

     2017年6月6日 午前9時 尾瀬 下の大堀川の水芭蕉群生地 背後には 例年より残雪の多い至仏山

水芭蕉の花が さいている

夢見て咲いている 水のほとり

山道の木道わきに

水中花のみずばしょうも

 

みずばしょう(水芭蕉)【学名】Lysichiton camtschatcense Lysichiton【科属】サトイモ科ミズバショウ属【花期】6月上旬【原生地】【園芸分類】多年草【備考】


この記事をはてなブックマークに追加

ガクウツギ

2017年06月02日 | 山でみた花

 

 

 

]


この記事をはてなブックマークに追加