山びこの会

金子みすゞさんの詩に触れているとなんだか心がやさしくなります。 そしてあったかくなります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俳句

2009-02-18 20:44:46 | Weblog
入学の子に見えてゐて遠き母    福永耕二

ひかり降るごとく雨来て山桜    茨木和生

満月に目をみひらいて花こぶし   飯田龍太

さまざまの事おもひ出す桜かな   芭蕉

梅一輪一りんほどのあたたかさ   嵐雪

山路来て何やらゆかし菫草     芭蕉

青空にきず一つなし玉の春     一茶

老いて尚なつかしき名の母子草   高浜虚子

谺して山ほととぎすほしいまま   杉田久女

ふだん着でふだんの心桃の花    細見綾子

雪とけて村一ぱいの子ども哉    一茶

春蘭や雨をふくみて薄みどり    杉田久女

菫程な小さき人に生まれたし    夏目漱石
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

1月27日 火曜日

2009-01-27 10:20:19 | Weblog
今日の花  キンカン(ミカン科)  思い出

思い出は不意に輝きキンカンのたわわなる木を見上げていたり  鳥海昭子

今日の一句
教会と枯木ペン画のごときかな   森田 峠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月26日 ミスミソウ

2009-01-26 14:33:48 | Weblog
雪割草かがむや兄も妹も  山田みつえ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月29日 カトレア

2008-12-29 08:48:09 | Weblog
冬至の日の日の出の時間は6:46  30日は6:50
冬至の日の日の入りは16:32   30日は16:38
このようにみますと太陽が出ている時間が2分間長くなったことが分かります。
私は以前、冬至が一番日の出が遅く、日の入りが一番早い日と思っていました。
それが未だに頭の中にこびりついています。 実際に日の出は更に遅くなっているし、日の入りは16:29が一番のピークで既に9分間も日の入りが遅くなっていました。 地球の傾きや周回の軌道は微妙なんですね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-12-11 16:58:04 | Weblog

   だれのもいわずにおきましょう。
   朝のお庭のすみっこで、
   お花がほろりとないたこと。
   もしも噂がひろまって
   蜂のお耳にはいったら、
   わるいことでもしたように、
   蜜をかえしに行くでしょう。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-11-13 10:06:17 | Weblog
こだまでしょうか


遊ぼって言うと
遊ぼって言う

ばかって言うと
ばかって言う

もう遊ばないって言うと
遊ばないって言う

そうして後で寂しくなって

ごめんねって言うと
ごめんねって言う

こだまでしょうか
いいえ  誰でも
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-10-30 09:10:02 | Weblog
田舎の町と飛行機

飛行機お空に見えたので
町中表に出てきたよ
菓子屋のみせにも誰も居ず
床屋の鏡もからっぽで
みんなそろって口あけて
春のお空を見ていたよ
群れて小鳥の飛ぶように
ビラがお空を舞ってたよ
うちの庭にはちらちらと
桜になって散ってたよ
飛行機お空を過ぎたので
町中ポカンとしていたよ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-10-27 08:51:51 | Weblog
王子山

公園になるので植えられた
桜はみんな枯れたけど
切られた雑木の切り株にゃ
みんな芽が出た芽がのびた
木の間に光る銀の海
わたしの町はその中に
竜宮みたいに浮かんでる
銀の瓦と石垣と
夢のようにも霞んでる
王子山から町見れば
わたしは町が好きになる
干しかの匂いもここにはこない
若い芽立ちの臭するばかり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-10-25 07:51:35 | Weblog
花のたましい

   散ったお花のたましいは、
   み仏さまの花ぞのに、
   ひとつ残らず生まれるの。

   だって、お花はやさしくて、
   おてんとさまが呼ぶときに、
   ぱっとひらいて、ほほえんで、
   蝶々にあまい蜜をやり、
   人にゃ匂いをみなくれて、

   風がおいでとよぶときに、
   やはりすなおについてゆき、

   なきがらさえも、ままごとの
   御飯になってくれるから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすゞ

2008-10-20 07:19:39 | Weblog


   こッつん こッつん
   ぶたれる土は
   よいはたけになって
   よい麦生むよ。

   朝からばんまで
   ふまれる土は
   よいみちになって
   車を通すよ。

   ぶたれぬ土は
   ふまれぬ土は
   いらない土か。

   いえいえそれは
   名のない草の
   おやどをするよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加