TOMO's Art Office Philosophy

作曲家・平山智の哲学 / Tomo Hirayama, a composer's philosophy

パガニーニのヴァイオリンソナタ第12番より「アンダンテ」~チューバ2重奏の為/平山智

2023年08月11日 | 音楽
パガニーニのヴァイオリンソナタ第12番より「アンダンテ」~チューバ2重奏の為/平山智 AndantefromPaganini's Violin Sonata No.12 for Tuba Duo


パガニーニのヴァイオリン・ソナタ第12番より「アンダンテ」をアレンジ。
哀愁と優しさに溢れた名旋律を2本のチューバで歌いあげます。

2023/7 /2ユーフォニアム&チューバデュオ「BELL」の第ニ回演奏会にて
流合由美、佐藤和彦(新日本フィル首席奏者)により初演。

楽譜
https://www.creema.jp/item/16135454/detail

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

La Tuba di Paganini~テューバ2重奏の為のパガニーニ /arr.平山智 "La Tuba di Paganini" for Tuba Duo / Tomo Hirayama

2023年08月08日 | 音楽
La Tuba di Paganini~テューバ2重奏の為のパガニーニ /arr.平山智 "La Tuba di Paganini" for Tuba Duo / Tomo Hirayama


パガニーニの「ラ・カンパネルラ」と「カプリース」をアレンジ。
バイオリンの、バイオリンによる、バイオリンの為のメロディーを、敢えてチューバ2本の重低音でチャレンジ。
1番、2番とも高度なテクニックが要求されます。

2023/7 /2ユーフォニアム&チューバデュオ「BELL」の第ニ回演奏会にて
流合由美、佐藤和彦(新日本フィル首席奏者)により初演。

楽譜
https://www.creema.jp/item/16034056/detail

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Vivre Voice feat.Tomo Hirayama 「チョウ・ムシンロン」 “Atheism and Butterfly”

2023年06月24日 | 音楽


「チョウ・ムシンロン」
“Atheism and Butterfly”

ストロングハスキー・Vivre Voiceとアルティメット系作曲家・Tomo Hirayamaが無節操な時代を歌い飛ばす「チョウ・ムシンロン」降誕!

歌 / Vivre Voice
Vocal by Vivre Voice
https://coconala.com/users/3299132

作詞作曲プロデュース / 平山智
Music & Lyrics by Tomo Hirayama
https://tomosartoffice.sakura.ne.jp/index.html

動画 / ゆめおばけ
Movie by yumeobake
https://twitter.com/aq_yx0226

<Lyric>
ニーチェは言った「神は死んだ」
己を頼りに生きてゆくのか
SNSには底のない
承認欲求のはきだめ

コスパにタイパ スぺパ ぺこぱ
「時を戻そう」 戻せない!
効率上げて押し込まれる
無限のくそタスク

銭(ゼニ)が足りない
暇(イトマ)少ない
この世すべからく資本主義

ひらひら ひらひら 陽だまりのなか
ひらひら ひらひら ただ羽ばたいて
ひらひら ひらひら 花びらのように
時の流れに身をまかせ

万物流転 諸行無常
いつになっても 学ばない
くりかえすのは 愚行非行
そりゃ仏も見放すわ

先はみえない
保険きかない
七転び八起き 傷だらけ

ひらひら ひらひら そよ風のように
ひらひら ひらひら 能天気に
ひらひら ひらひら 追いもせず待ちもせず
時の成るのは気まぐれか

ニーチェは言った「神は死んだ」
所詮 超人にゃなれない
あきらめじゃない 取捨選択
自愛の精神で

至極急がない
強く求めない
まだまだ続く どこまで続く その先にきっと花が咲く

ひらひら ひらひら 花びらのように
ひらひら ひらひら しずこころなく
ひらひら ひらひら きままに自由に
己(おの)が心に従いて

ひらひら ひらひら 花びらのように
ひらひら ひらひら ただ羽ばたいて
ひらひら ひらひら きままに自由に
己(おのれ)の至誠を貫いて

#チョウムシンロン #平山智 #tomohirayama #vivrevoice #ゆめおばけ #yumeobake

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新作「La Tuba di Paganini~チューバ2重奏の為のパガニーニ」初演予定

2023年04月15日 | 音楽
来る7月2日、新大久保スペースDoにて新作「La Tuba di Paganini~チューバ2重奏の為のパガニーニ」が新日本フィル首席チューバ奏者・佐藤和彦さんとスーパーチューバラバーのハッケちゃんにより初演されます。

どっからどうみてもバイオリンの、バイオリンによる、バイオリンの為のメロディーを、
敢えてチューバ2本の重低音で駆け巡るアメイジングすぎる作品です(笑)
我ながらよく書けたものだな、、、。

常識をぶち破るハッケちゃんのご依頼と佐藤さんの超絶妙技に感謝。楽しみです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生け贄、バッハ、マタイ受難曲

2023年04月08日 | TOMO's Art Office
生け贄はスケープゴートです。古代、あらゆる文明で生け贄の儀式が行われていました。その宗教的意味はまちまちですが、実用面での意義は一つ。神官のスケープゴートです。例えば神官が戦勝祈願に失敗したら、「ヤギの数が足りなかった」とか、「娘が処女ではなかった」とか難癖つけて責任逃れをするわけです。

不思議なことにこの風習は現代まで続いています。引責辞任とか、退職勧奨とか呼び方は変わっていますけど、要は権力者の保身の道具です。

僕は生け贄になるのも、神官になるのもゴメンで、可能ならこの不毛な風習をこの世から消し去りたい。でも、2000年以上続く人間の浅はかな思考を変えるのは難儀ですね。鋼の心を持つ同志が周りにいることが唯一の救いです。有り難し!

さて、本日はバッハ・コレギウム・ジャパンの「マタイ受難曲」を聴きに東京オペラシティへ。

「史上最大の生け贄の物語」を題材にした同曲は、音楽史上、最高傑作の一つであることは疑いようがない。
ルーマニアの哲学者シオランがバッハを「神の製造機」と評したのも無理なからぬことです。

鈴木雅明さんの解釈は以前より彫りが深くなり、ドラマ性を増していた。
あと、ソプラノの松井亜希さんは素晴らしいな。
日本のソリストは不自然に芝居がかった人が多いのだけど、彼女はちゃんと歌の中にドラマがあった。

僕も現代の讃美歌を書けるようにならないといけないな。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021 Western Horn Festivalにて「Parallel Universe for Solo Horn」が取り上げられました

2023年01月21日 | TOMO's Art Office
Jena Gardner, the Assistant Professor of Horn at Western Illinois University and soloist, plays "Parallel Universe for Solo Horn".
It's very tough work to play all movs, but her performance is so good.

西イリノイ大学ホルン助教授のJena Gardnerが2021 Western Horn Festivalにて「Parallel Universe for Solo Horn」を演奏。
全楽章の演奏はなかなかタフなのですが、良い演奏になっています。

楽譜
https://www.creema.jp/item/5808283/detail

Tomo Hirayama, Parallel Universe for Solo Horn (Jena Gardner, horn)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年1月20日(金)「“Lockin’ TKTN” for clarinet, bass clarinet, piano」日本初演

2022年12月25日 | 音楽
2023年1月20日(金)19:00@トーキョーコンサーツラボ
「“Lockin’ TKTN” for clarinet, bass clarinet, piano」が日本初演されます。

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの名曲「Uptown Funk」にインスパイアされた同曲を
最も信頼するクラリネット奏者トーマス・ピアシー、岩瀬龍太(Bass Clarinet)、棚橋由美(ピアノ)のトリオでお送りします。
ようやく実現した日本「有観客」初演。よいお正月を!

◇演奏会サイト
Tokyo to New York 東京とNY "Moments In This Time" Benefit Concert for Covid-19 Musicians Relief​

◇2020年録音動画
https://www.youtube.com/watch?v=CX8yf1nscrw&ab_channel=thomaspiercy

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

柄谷行人さん、「哲学のノーベル賞」バーグルエン賞受賞

2022年12月10日 | 哲学的考察
柄谷行人さんは東西の哲学・思想を踏破し、「独自の理論体系を築くに至った稀有な日本人」なので筆舌に尽くしがたい嬉しさです。
私が知る限り日本でこの領域に達した哲学者は片手で数えるほどしかおられません。

柄谷さんの著作を読まれたことのない方は是非一読をお薦めします。特に「探求Ⅰ・Ⅱ」は西田幾多郎の「善の研究」にも匹敵する名著です。

初心者→「倫理21」(平凡社ライブラリー)

中級者→「哲学の起源」(岩波現代文庫)

上級者→「探求Ⅰ・Ⅱ」(講談社学術文庫)

ちなみに「哲学の起源」は入門書ではありません。ソクラテスの思想背景を歴史学、社会学、地政学的に分析し、
既成のソクラテス像を刷新した野心作です。欧州の学会でも大きな波紋を呼びました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【楽譜】ヘラクレイトス断章~ピアノとトイピアノの為の

2022年11月25日 | 音楽
若干25才にして現代音楽音楽演奏コンクール「競楽X」、朝日現代音楽賞など数々の音楽賞を受賞し、世界的に活躍する新進気鋭のピアニスト・佐藤祐介。
「佐藤祐介 ピアノリサイタル2021~委嘱作品の夕べ~」の委嘱作品となった平山智の「ヘラクレイトス断章~ピアノとトイピアノの為の」のスコア。一人の奏者がピアノとトイピアノを交互に、時に同時に演奏する。

【楽譜】ヘラクレイトス断章~ピアノとトイピアノの為の

<楽章>
1・序奏
2・私は自分自身を探求した
3・第一間奏
4・万物は流転する
5・第二間奏
6・太陽は日々に新しい

<プログラムノート >
ヘラクレイトスは紀元前500年頃、ペルシア統治下のギリシャ人都市エフェソス(小アジア)出身の哲学者。本人による著作物は一切残っていない。我々は後世の哲学書に見られる引用からその断片を知るのみである。「同じ川に二度入ることはできない」、「万物から一が、一から万物が生ずる」など東洋的な思想との共通点も見られ、魅力的な謎に満ちた人物である。
作品は6つの楽章からなる小組曲。第1、3、5楽章はトイピアノで、第2、4、6楽章はピアノまたはピアノとトイピアノで演奏される。 
「反対するものが協調する、そして異なる(音)から最も美しいハルモニエ(音調)が生じ、万物は争いによって生まれる」(ヘラクレイトス)
この作品はパンデミックで失われたハルモニエを取り戻さんとする、ささやかな抵抗である。
written by Tomo Hirayama 平山智

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【楽譜】Faceless People No.2&No.3

2022年11月15日 | 音楽
若干25才にして現代音楽音楽演奏コンクール「競楽X」、朝日現代音楽賞など数々の音楽賞を受賞し、世界的に活躍する新進気鋭のピアニスト・佐藤祐介。
「佐藤祐介デビュー15周年記念ピアノリサイタル」の委嘱作品となった平山智の「Faceless People No.2」「Faceless People No.3 ~Before the Epilogue」のピアノスコアセット。「Faceless People(No.1)」の続編となる2曲は1番から連続して演奏することも、それぞれ独立して演奏することも可能。

【楽譜】Faceless People No.2&No.3 for Yusuke Satoh - Piano Socre

<プログラムノート >
均一で客観的な時間、匿名性に基づく関係と、純粋な個別性に対する無関心。哲学者G・ジンメルが洞察した「大都市の精神生活」が本作を貫く背骨である。
5年前、佐藤祐介の「Faceless People(No.1)」初演を聴いた時に、既に「No.2」の構想は出来ていた。このピアニストなら自分の表現したいものをぶつけられると直感した。「No.3」はコロナ禍中に書き上げた。音楽家がコロナ禍で奪われた豊かな「響き」。殺伐たる世界に、大切な何かが強く響くことを願う。
written by Tomo Hirayama 平山智

アナログメトロノームとピアノという身近な道具を武器に「現代」を鋭く切り取った同作品。多くのピアニストの方々の挑戦を期待しております。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

The Moon From Tokyo To New York (feat. 岩瀬 龍太 & 川村 恵里佳) 期間限定リリース

2022年10月19日 | 音楽
ジャズやポップスの要素もとりいれたモダンなクラリネットデュオを新進気鋭のクラリネット奏者、岩瀬龍太と川村恵里佳(Pf)のコンビで録音。

米国のクラリネット奏者、トーマス・ピアシーが主宰する若手作曲家発掘プロジェクト「Tokyo to New York 2014」に選出され、東京とニューヨークで初演された「The Moon From Tokyo To New York」(クラリネットとピアノの為のデュオ)

1年間の期間限定で配信いたします。お気軽にお聴きください。

↓↓↓↓↓↓↓






楽譜
https://www.creema.jp/item/418488/detail

Sheet Music Plus
https://www.sheetmusicplus.com/title/the-moon-from-tokyo-to-new-york-for-clarinet-and-piano-digital-sheet-music/20965296

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

J.S.Bach 管弦楽組曲第3番より「アリア」~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の~CD「陽炎の夏」short PV

2022年09月25日 | 音楽
J.S.Bach 管弦楽組曲第3番より「アリア」~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の
CD「陽炎の夏」short PV
"Air" from Orchestral Suite No.3 / J.S.Bach

演奏:フィディアス・トリオ(岩瀬龍太 Cl、松岡麻衣子 Vn、川村恵里佳 Pf)
編曲:平山智

performed by Phidias Trio (Ryuta Iwase Cl, Maiko Matsuoka Vn, Erika Kawamura Piano)
composed by Tomo Hirayama

「G線上のアリア」の名でも知られるバッハの名曲を、バイオリン、クラリネット、ピアノのシンプルで暖かみある三重奏に。プロアマ問わず、コンサートピース、アンサンブル練習にお薦め。

楽譜
https://www.creema.jp/item/14458159/detail

CD Shop
https://taoshop.thebase.in/items/62890455

Phidias Trio
https://phidias-trio.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【楽譜】管弦楽組曲第3番より「アリア」~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の

2022年08月14日 | 音楽
J.S.バッハ/管弦楽組曲第3番より「アリア」~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の。
「G線上のアリア」(バイオリンソロ)の名前でも知られる同曲。
バイオリン、クラリネット、ピアノの為の三重奏編曲作品。総譜+パート譜(Clarinet in B♭)のセットです。

2021/10/22(金)文化庁ARTS for the Future支援事業「平山智作曲個展~Heat Haze~with Phidias Trio」にてPhidias Trio (フィディアス・トリオ)により初演。CD「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」にも収録されています。

初心者から上級者まで、コンサート、練習など幅広く楽しんでいただけます。

【楽譜】管弦楽組曲第3番より「アリア」~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の


CD「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」short PV


<フィディアス・トリオ>
https://phidias-trio.com/

<平山智オフィシャルサイト>
https://tomosartoffice.sakura.ne.jp/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【楽譜】バイオリン、クラリネット、ピアノの為の組曲「陽炎の夏」

2022年08月13日 | 音楽
バイオリン、クラリネット、ピアノの為の組曲「陽炎の夏」のスコアとパート譜(各楽器)のセット。



フィディアス・トリオ委嘱作品。2021年に文化庁ARTS for the Future支援事業「平山智作曲個展~Heat Haze~with Phidias Trio」にて世界初演。作曲家・平山智とフィディアス・トリオのコラボレーションアルバム「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」に収録。

2020年、2021年の夏はまるで陽炎(かげろう)のような夏だった。夏休み、家族旅行、海、山、花火、祭り。当たり前の夏が蜃気楼のように失われ、記憶に靄がかかったような不快な感覚だけが残った。ただ、未曾有のパンデミックも私の想像力を奪うことはできなかったらしい。この曲は抗いがたい現実に対する創造力のささやかなる抵抗である。

全4楽章からなる組曲。弦楽器、管楽器、鍵盤楽器による最小単位のアンサンブルの練習曲、コンサートピースとして。

1楽章:初夏
2楽章:雲の峰
3楽章:祭り
4楽章:夕涼み

CD「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」short PV


<フィディアス・トリオ>
https://phidias-trio.com/

<平山智オフィシャルサイト>
https://tomosartoffice.sakura.ne.jp/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CD「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」short PV

2022年08月07日 | TOMO's Art Office


CD「陽炎の夏~PHIDIAS TRIO meets Tomo Hirayama」short PV
演奏:フィディアス・トリオ (岩瀬龍太 Cl、松岡麻衣子 Vn、川村恵里佳 Pf)
作曲:平山智

"PHANTASMAGORIC SUMMER 2020" short PV
performed by Phidias Trio (Ryuta Iwase Cl, Maiko Matsuoka Vn, Erika Kawamura Piano)
composed by Tomo Hirayama

CD Shop
https://taoshop.thebase.in/items/62890455

Phidias Trio
https://phidias-trio.com/

Tomo Hirayama official
https://tomosartoffice.sakura.ne.jp/index.html

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする