gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

蓮やら苔のこと

2014年05月25日 20時42分51秒 | 園芸
ずーっと引きずっている蓮のこと、レンコンの事かも?

今年で3年目になるのに昨年も去年も咲かなかった、やはり食用レンコンは無理だとあきらめ、花蓮を購入。 4月上旬

早速 届いた蓮を梱包から







こうやって送ってくるんですね。 ビニールポットに水を張ってありました。 ヤマトさん良くひっくり返さんかった事。

では植え替え」 あ~気持ちわる。



もう新しい芽が出ています。




やはりレンコンが、出来ている。



このレンコンは後日 画廊の近所のカフェ兼画廊のママにご進呈しました。 夜桜の宴会で美味しく頂いたと報告がありました。

味はいいんですけどね、花咲かん。

花蓮植え替えて4月の下旬です。



現在の様子、なかなか調子よさそう、花蓮のレンコンはかなり貧弱なものでしたので今年は無理かもと思っています。




一方 種から頂いた蓮(丹波産)これも植え替えて3年目に突入。4月上旬




現在の様子です。未だかってなかったような大きな葉っぱを出して来ています。 やっぱりレンコンだけかな。




蓮はこれぐらいで 最近ネットで苔テラリウムというのを見つけました、お客様の所にもスゴイのがありましたが、

これはカンタンに作れるのでは、苔庭を作るよりはカンタンでしょ。

ラン屋さんの山で苔 採取。



家の庭に生えてる鞍馬苔(シダ類ですけど)



中村彰宏さんのミニチュアハウスをのせて見て、なんかイギリスの田園風景みたい。 ゴルフ場でいうならセントアンドリュースでしょうか?



もう1個 旗を付けてみました。 



北向きの窓に 置いてみました。



時間もかからずカンタンでしたが、まだまだ テラリウムと言うのにはほど遠いですね。 ただ瓶に苔入れただけ。

外国のサイトにおばさん二人で作ってる苔テラリウムがあったので、ご紹介しときます。

Twigさん







コメント (2)

画廊歳時記

2014年05月25日 19時18分40秒 | 日記
やっとブログ日記にたどり着きました。

奈良美智さんの ミックスメディアを紹介。 

「森ガール」
 
 ED 200 
 大きさ 29.5 x 18.5 x 15.0 cm

 ミックスメディアってかいてありますが、触ったところ木彫の感じがします。

かわいらしい、森の妖精のような。 「森ガール」の名前の由来が Wikipediaに紹介されていました。 奈良さんの作品と何か関係あるんでしょうか? 

イメージは合っていますね。

山ガールとは根本的に違うみたい、奈良さんらしい取り上げ方なんでは、なんて奈良ファンの一人として感心しております。 結構はまっていた。

でもお客様のところへお嫁入り。







駒井哲郎

「樹」

1971年 13,8×8,4 cm ED 60 エッチング sold out







「庭の一隅」

1958年 12,4×10,9 cm  ED 50 エングレーヴィング・エッチング・雁皮刷 第35回春陽展 sold out





以前にも入手したんですが、写真撮影忘れていてご紹介出来なかった作家。 
木田安彦

木版画 「三十三間堂」 sold out

ひさしぶりに入手したんで名前 忘れていた。 とても良い作家だと思うんですが、年鑑類には出てこないですね? もと広告代理店勤務から木版画作家になった人です。





コメント

柴田香代子 版画特集

2014年05月24日 20時35分47秒 | 柴田香代子ショップ

柴田香代子先生の版画特集です。
窓辺を背景にした彼女の絵は、光と透明感にあふれ常に心地よいそよ風が吹いているようです。絵の中にあるアンティークな小物や 一見アンバランスに見える構成も彼女の卓越したテクニックによって現代的な感覚を表出させている。

プロフィール
1948年 札幌市生まれ
1971年 東京芸術大学日本画科卒業
1976年 個展(スルガ台画廊)
1977・78年 春季創画展 出品
1980年 個展(みゆき画廊)
1984~86年 版画グループ展(銀座)
1989・93・95年 個展(八番館画廊)
1997・98・99年 個展(銀座)









額サンプル
 在庫のみ

 多少有り

お問い合わせ



柴田先生 近況=函館市にある「はこだてロマンチック・ビュー」にて函館風景の展覧会をされました。

コメント

八番館画廊

http://www.hachibankan.com