gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

画廊歳時記 八番館画廊

2012年11月04日 17時34分44秒 | 日記
★画廊歳時記
  
以前 ご紹介したデュフィの花の絵を額装しました。

この絵は1950年にパリのムルロー工房で刷られたものだそうで。 サインは右下に版上サインです。時代がかっていて
当時のパリを偲ばせるムード満点 額の大きさは約83×72cmです。超お買い得品。

最近扱った作品から、ご紹介

安井曾太郎 「みかん」パステル 30,6×35,6cm 1930年代 

  

梅原龍三郎 「柿 梨」 水彩 2号 題字 梅原龍三郎 共板付



2点とも無事 お客様のコレクションへ。

前田昌良 「終わりのない旅」 立体



国立国際美術館でエル・グレコ展 開催中 ベルニサージュでの一コマ



16世紀の画家がこのようにモダンな絵を描いているなんて信じられないぐらいスゴイです。
是非にも見に行かれる事をおすすめします。 現代の作家も凄く影響されている事とおもいます。


何となく 金子国義さんや船越桂さんのような?間違っていたらすみません。

先日 名古屋に出張のおりに時間があったのでメナード美術館へ。
ちょうど船越 桂さんの展覧会が開催されていて 楽しかったですよ。 昔30代ころに初めて木彫の作品を見て新しい時代を
感じた事がありました、当初からコレクターさんや若い画商さんたちの間で評判になっていました。



月の降る森

ミュージアムショップに所蔵品の熊谷守一の塗り絵があったので買ってしまった。


八番館画廊のご近所 中之島公会堂の夜景です。 この公会堂の地下のレストランのオムライスが有名だと言うので食べに行きましたが、夜はないそうで(あたりまえか) ランチで1日200食限定だそうです。 お料理は普通だと思うのですが、雰囲気はばっちりですよ。パリに良く買い付けに行った頃を思い出します。 女性には受けるでしょうね。



さて、庭の蓮も葉っぱ枯れてしまい、とうとう今年は花が咲きませんでした。たぶん花蓮ではなく食用蓮だったんでしょうね。
でも頂いた園芸高校の先生 曰く絶対に咲くそうです。来年もう一度チャレンジです。 苗をあげたお客様のところも咲かなった
そうで、でも皆さん葉っぱをお料理のトレイに使ったり、お盆の飾り付けに使ったりと 楽しまれたご様子。
春には植え替えをしないといけないので、レンコンが出来てる事を楽しみにしようと思います。


ちなみに、こちらは種から育った分 まだ葉っぱがいくらか残っています。 これもレンコン出来てるんでしょうか?
来年は株分けして、大きくしてみようと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中村彰宏 新作 水彩画展

2012年11月03日 17時28分18秒 | 日記
朝晩 ぐっと冷えて参りました。紅葉も見頃の季節かなと思いますが、寒いのは苦手です。

さて11月は、毎年 恒例となってしまった 「中村彰宏 新作 水彩画展」の開催です。

期日 11月18日(日)~11月26日(月) 火曜日 休廊 、 時間 平日 午前10:00~午後7:00

日曜・祝日 午前12:00~午後6:00までです。 場所 八番館画廊

今回は小品の作品が多くなりました。 また、以前の作品で12ヶ月を毎月の季節を織り込んだ作品を作られていましたが、

今回この作品が、三井住友信託銀行のカレンダーに採用されました。 4月の絵です。



展覧会中にお見せできればよいのですが?

今回の作品



「三十四丁目の奇跡」 37,6×55,8cm 絵の解説は展覧会でお聞きください。


「天使の遊ぶ庭」 23,3×34,9cm


「森への誘い」 26,4×18,8cm


「ピカデリーサーカス」 26,4×18,8cm


「Happy sun project」 23,0×13,8cm


「ジョルネ・ア・パリ」 23,0×13,8cm


[秋色のニューヨーク」 23,0×13,8cm

「空から届く思い」 23,0×13,8cm
クリックで拡大します。

「パリの公園」 15,3×9,3cm 

「金色のうさぎ」 15,3×9,3cm

「月と鯨」 15,3×9,3cm

「午後のコペンハーゲン」 15,3×9,3cm

「十月の鯨」 15,3×9,3cm

「春の丘」 15,3×9,3cm

「対の時間」 15,3×9,3cm

「田園の灯台」 15,3×9,3cm

「灯台のある家」 15,3×9,3cm

「林檎の選択」 15,3×9,3cm

まだこの他にもたくさん出ますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八番館画廊

http://www.hachibankan.com