gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

アトリエ訪問

2018年10月19日 16時53分00秒 | 旅行

先週 ひさびさの東京出張。

この春は 交換会(業者のみのオークション)の会場から一歩も出られず、どこも寄らずに帰阪。

今回はぜひとも坪内先生のアトリエに訪問する事に。

途中 銀座の旧知の画廊さんを何軒か訪問、みんな年をとっても現役で頑張ってる。

銀座1丁目で地下鉄をおりたら明治屋銀座ビルの地下のショーケースに おもちゃの北原コレクションが並んでいた。

銀座から新橋まで散策 ずいぶん様子が変わっている。 銀座シックスも取りあえず拝見

ここからは 坪内好子先生宅へ 三田のご実家へは何度もお伺いしてますが、鎌倉は初めて。

北鎌倉駅 写真撮り忘れたので拝借しました。

  

やたら長いホーム 改札までえんえんと歩いてしまった。 なんとしなびた駅なんでしょう。 いい雰囲気 昔の浜寺公園駅って感じですかね。

駅前まで先生に車で迎えに来てもらいました。 

北鎌倉の山の上。 アトリエ正面 右側が玄関 ご主人がオーナーシェフされているレストラン入り口

から入らせて頂きました。 レスラン ラ・ペクニコヴァ(食べログで探してくさいね) ちょうどランチタイム。

お料理を見てしまったら、写真をとるのを忘れてしまって、デザートとメインだけになってしまって。

ババロア(パンナコッタかな)にジンジャーのドライフルーツと無花果 ごちそうさまでした。

レストランの奥から アトリエへ

次回の展覧会が差し迫っているとの事 作業をされていましたが、おかまいなく

ずんずんと奥へ、

懐かしい作品が、

大きなプリンターです。 だんだん使い込んで来たアトリエになって来てる。

三田では地下室の暗いところでガンバっていらっしゃったけど、ここだと良い作品ができるでしょう。

この12月の八番館画廊での個展に出される新作を拝見、

原板を撮影して良いとの事

「蝙蝠かるた」3版 

「蝙蝠ノシンゾ」4版 

蝙蝠って どうも幸運を呼ぶらしい、 昔の本に 当て字で「幸盛り」「幸守り」

と言うのがあります。 蝙蝠が家にいると幸運をよぶらしい。

 

八番館画廊 坪内好子展 2018年12月 開催

コメント

画廊歳時記

2015年03月21日 20時01分25秒 | 旅行
ブログに書こうと思っていながら中々 出来なかった 日記です。

去年の事 今頃 書いて全然 新鮮さがないと 怒られそうですが。

金沢21世紀美術館へ行って来ました。 かの有名なレアンドロ・エルリッヒ のプールが見たくて。





美術館からプールの底へ行く地下道 先の明るいところが底です。 なんか先の光が期待を膨らましますね。





ちゃんと 美術館へ行って 撮影して来た物ですよ。 最初の1枚は 拝借しましたが。

でも、あんまり時間がなかったので これしか記憶に残ってない。 プール見たから満足です。


それと、本来の目的だった石川県西田幾多郎記念哲学館。





これ哲学館本体ではありません。仕事熱心なあまり 本体 撮影するの忘れていた。 
コメント

陶芸家 杉浦 眞邸

2014年03月24日 19時59分31秒 | 旅行
ごぶさたしています。 更新速度がやたら遅くてすみません。

昨日、今日とめっきり春らしくなってきましね。 なんて言って今回は去年の秋に言って来た杉浦先生の

アトリエ訪問です。画廊の顧問の先生ご夫妻と、ミホミュージアム回りでお伺いしたのですが、 

カメラのバッテリーが途中で切れてしまって、IPhoneで撮影したので うまく写ってない。 なさけない。

アトリエ全体図 ほんとは自動車道から畑道に入ってくると段々になっている田んぼの遠くにこの家が見えて

中々ステキです。 私たちはズルして裏から入って来ましたが。




アトリエの前庭



玄関を入るとギャラリーになっています。








美術館帰りなんでお疲れの様子の顧問の先生 本命はこのアトリエなのに。



杉浦先生の奥様




小さめの作品 




お手製の巾着袋付きです。 中身は小さな蓋物













裏山で取って来た山帰来など これは今、私の家の玄関にリースになっている。




作業場の様子 勝手に写してしまった。 真ん中の赤絵のカップは今 私のモーニングカップになっている。

凄い大きいけどカフェオレにバゲットをにつけるにはちょうどいいかな。




日本画の加山又造先生もお買い上げの大皿 大壷、の未完成品。



と言うことで、今回は写真が悪くてすみません。 我が家にも杉浦先生の焼き物であふれかえっている状態。 もう20年は

使っているけど飽きもこないし、重宝しています。 案外店屋物を買って来ても 杉浦さんの器に盛ると美味しく見えます。

また、機会があれば展覧会もしたいです。
コメント

八番館画廊

http://www.hachibankan.com