広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

数は力です。

2012年10月28日 15時02分26秒 | 明日のすまいを考える
 川崎市高津区溝口で大工をしている今井紀好です。
 久しぶりの投稿で申し訳ありません。

 以前もお伝えしましたが、
私は、川崎北部建職連合組合という建設業に従事する者が加入する組合に入っています。
 色々な行事・運動がありますが、
本日は、年に1回行われる住宅デーでした。
 多摩区堰にある建職会館で行います。
 目的は、組合事務所周辺の住民の皆さんに、
奉仕活動を通して、建設職人の集団である北部建職の存在をアピールする事です。

 無料の住宅相談・工作教室・包丁研ぎ・模擬店。

     
 上の写真は、住宅相談と、模擬店の様子です。

 本日は雨でしたので、耐震モデルハウスの組み立てができなくて残念でした。
 本来であれば、近くの工業高校の生徒と共に立て方を行います。

     
 この写真は、包丁研ぎですが、
人数がいるので、100本近い包丁をあっという間に研いでしまいます。

 準備も大変ですが、大勢いれば、少しの力でも、
大きなことができる事を改めて感じた住宅デーでした。


コメント