ふんばろう宮城プロジェクト

東日本大震災から発足した「ふんばろう東日本支援プロジェクト」公認団体として2013年4月から活動する復興支援プロジェクト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南三陸町の幼児施設へ真実さんからのXmasプレゼントをお届け

2017-12-22 11:12:08 | 活動報告
 「復興も一歩ずつ着実に進み、故郷の形が見え始めています」。
 南三陸町立保育所の先生方から送ってもらったメッセージカードの文字をなぞりながら、これまでの月日を思い返します。

 東日本大震災から6年9カ月。
 何がよくて、何が不十分だったのかを考えながら、今年のふんばろう宮城プロジェクトの活動を総括しています。来年も私たちにできること、私たちにしかできないことを愚直に取り組んでいきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 *
 ぽかぽか陽気に包まれ、被災沿岸部は海と空の青さが際立った今月18日、熊谷真実さんが震災直後から続けている「子どもたちへのXmasプレゼント」を届けに、南三陸町立保育所とあさひ幼稚園へうかがいました。今年はスケジュールが合わず真実さんの訪問は叶いませんでした、サンタクロースの衣装をまとった筆者が代役を務めてきました。

▽南三陸町立志津川保育所は来年2月から新校舎へ移転
 南三陸町立志津川保育所へうかがいました。同所のクリスマス会は20日に行われるとのことだったので、プレゼントのみお渡ししてきました。


 今年3月3日にオープンした「南三陸町さんさん商店街」に近い町立保育所は、この地に開設されて44年の歴史ある施設でしたが、来年2月から同町志津川小学校と同じ場所へ建設されている新校舎へ移られるとのことでした。所長に話を聞くと「震災以降、いつ避難勧告が出されるか心配で、子どもたちの昼寝の時間にパジャマへ着替えさせられなかった。移転先は高台にあるのでパジャマに着替えてゆっくりと休ませられるし、ボタンのつけはずしも教えられる」と語っていました。
 来年は新校舎への訪問となりますね。真実さん!


▽25人の園児は風邪もひかずに元気いっぱい!
 続いて、同町にあるあさひ幼稚園を訪問。園のクリスマスパーティーにゲスト登場させていただきました。

 筆者がサンタに扮して真実さんからのプレゼントを子どもたちへ手渡し。みんな「どうもありがとう」と大きな声でお礼を言いながら受け取ってくれました。お返しにと、「慌てん坊のサンタクロース」を合唱してくれて、メッセージカードまでいただきました。

 みんなありがとう!
(こせきかつや)
▽ふんばろうの支援スタイルに共感・熊谷真実さんの支援は続く
http://blog.goo.ne.jp/fumbaro2011/e/cc1aaf161b966ef83e71ae50f9303fc8
▽今年は真実さんと一緒にXmasプレゼント届けました!
http://blog.goo.ne.jp/fumbaro2011/m/201512
▽真実さんからのクリスマスプレゼント
http://blog.goo.ne.jp/fumbaro2011/m/201412


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「それぞれができる支援を続... | トップ | 少しずつでも前へ向かって進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事