ふんばろう宮城プロジェクト

東日本大震災から発足した「ふんばろう東日本支援プロジェクト」公認団体として2013年4月から活動する復興支援プロジェクト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホッキ漁が復活すれば雇用も増える

2013-11-25 16:53:50 | ふんばろうタイムズ
 約9カ月ぶりに訪れた山元町。平日の県道38号線は、防潮堤用の土砂を積んだダンプカーが数珠つなぎに往来していました。これだけのダンプカーが毎日通行すればアスファルトもデコボコに凹むだろうと思いながら、車を走らせると今年3月末で閉校となった山元町立中浜小学校の校舎が見えてきました。前回訪れた時とまったく変わらない姿で・・・。


 今回の支援は宮城県漁協山元支所運営委員会の岩佐敏副委員長を訪ね、磯浜漁港の作業用プレハブで使用する業務用ストーブを届けてきました。
 震災から1年後に建てられた作業プレハブには、漁師の方々が持ち寄った中古の石油ストーブで暖をとっていましたが、操業漁船も16台まで戻ったことや作業する漁師の方も増えてきたことから業務用の石油ストーブなど2台を支援させていただきました。以前この漁協で働いていた志小田恵子さん(かたくり舎織姫の会代表)が、「(寒さを)我慢すればいいっちゃ」という若手の漁師さんたちの姿を見て「何とか支援を」とふんばろう宮城のメンバーへつないでくれたのです。

※左が岩佐敏さん、志小田恵子さん
 宮城県南の漁業は三陸のリアス式海岸とは違い、養殖業にはあまり適さないため磯浜漁港では12月から翌年3月までホッキ漁、春先から7月まではさし網漁、9月から年末にかけて秋シャケの定置網漁が行われるのだそうです。震災前に約100名いた漁師の方々も現在は70名まで減ってしまいまったそうですが、ホッキ漁は従来の漁法だと1そうの船で最低2名は必要であることから、岩佐さんは「船も増えてきたし水揚げ量があがれば雇用も増えてくる」とホッキ漁の復活に期待を込めていました。

 地域で長年培ってきた産業が復旧、復興することで雇用が活性化し、町も元気を取り戻すのだと信じています。冬場の浜風は私たちの想像を超える寒さだと思いますが、少しでも作業部屋で暖をとっていただければと思います。

 ふんばろう宮城プロジェクトでは、全国の支援者からお預かりした支援金を原資に必要なところへ、必要なものを、必要な分だけ支援しています。被災された方々や地元産業の復旧のためにお役に立てればと考えています。(こせきかつや)
コメント

未来を担う子どもたちのために/渡波☆栄田まつり

2013-11-15 18:30:36 | 活動報告
 (もう1カ月以上前になってしまいましたが)残暑が残る9月22日、石巻市渡波地区で行われた「渡波☆栄田まつり」に参加してきました。
 天気はよかったものの強風に悩まされながら、 かき氷、牛タンつくね、やきとり、焼そばの販売を10人のボランティアスタッフと共に行ってきました(売上金は実行委員会へ寄付)。
 強風による寒さのせいでかき氷の売れ行きに不安はありましたが、コーラ味を何度も買いにきてくれた方もいました。やきとりは早々に完売、焼そばも長蛇の列ができるなど盛況のうちに終えることができました。

 今回のお祭りは昨年のような自治会主導によるものではなく、地域の有志が実行委員会を立ち上げるところから始まり、自治会やボランティア等の協力を得ながらすべての企画・運営を実行委員会のメンバーが中心となり開催されたものでした。
 キャッチコピーは 「創造しよう!輝く未来を!」。 未来を担うのは、子どもたち。子どもたちが前を向くならば、大人も一緒に前を向くしかない。前を向く大人が身近にいれば、こどもたちは自然と前を向く。子どもたちが笑うなら、大人は自然に笑顔になる。笑顔の大人が集まれば、こどもたちの笑顔は輝きを増す—そんな想いの詰まったお祭りです。

 企画された催しは自然と子どもたちが楽しめるもの、大人が笑顔になれるものばかり。子どもたちに描いてもらった石巻のきらきらした未来が散りばめられた「ぼくらの街の未来図」の展示や子どもも大人も乗れるミニSLの走行(これはこどもより楽しんでいる大人続出!笑)。 ポケモンカーをお招きしてのピカチュウとの触れあいとワークショップにカラフルなカッティングシートを使って傘や壁面を彩るワークショップ、ずらりと並んだハーレーにまたがっての記念撮影会など。
 ステージイベントも地元婦人会による仮装盆踊りやはねこ踊りや こどもたちが頑張る姿が凛々しい太鼓や獅子振りなど盛りだくさんでした。

 当日、私自身はふんばろう宮城のブースで焼きそば詰めに夢中だったので、会場を くまなく回れなかったのですが、会場全体が賑やかな喧騒に包まれていたことは肌で感じることができました。駆け回る子どもたち、子どもを呼ぶ大人の声、大人同士が朗らかに笑い合う声。あ日あの場所で生まれた笑顔や元気が、この地のエネルギーとなって この先の復興へ何らかの形でプラスとなれば素敵だなと思います。

 このお祭り、実は昨年もふんばろう宮城として参加させていただきました。その様子はこちらのブログで報告していますが、とにかく昨年は地元の方々が自身の手でお祭りを開催できた—ということだけで感慨深いものがありましたが、今年はコンセプトをはっきりと打ち出した「イベント」として、より一層地に足の着いたものとなったように感じました。 1年という時間の流れを感じます。

 最後に私事ではございますが、私自身、このお祭りの直後の10月1日より、東京勤務となり生まれて初めて宮城を離れて生活することになりました。
 震災後、2011年6月頃からふんばろう東日本支援プロジェクトに関わり、自身がやれる範囲内で細々とお手伝いをさせていただきました。宮城の復興のために遠くからお越しくださった多くの方がいることも、 ご自身も被災されながらも他の被災された方のために奔走された方がいたことも、目の前で見てきました。そんな中、自分の足場がブレない範囲内で出来ることがあればやる、という自分の身勝手なスタンスへの後ろめたさや無力さを感じながら、そでもナンダカンダで楽しみながら活動に参加させてもらっていました。
 あの日から目覚ましい勢いで取り戻したもの、あの日から少しずつだけど前に進んできたもの、あの日から何1つ変わっていないもの、じわりじわりと退廃しゆくもの・・・。見たくないものも含めて、地元にいればこの目で肌で感じられていたものが、遠くなってしまうことに不安もあります。でも、外から見なければ見えないものもあるのかも知れません。
 新しいナニカを手にして、また宮城に帰ってこれたらと思っています。居住地は東京となりますが、宮城県民として、これからも地元の復興を一緒に見ていけたらと願っています。(馬島実紀)
コメント