八雲神社(沢井)祭礼

2013-07-31 21:45:11 | Weblog

八雲神社祭初めてで感動、女性は小中生でした

コメント

中国の沖縄侵略

2013-07-31 09:29:45 | Weblog

 

       尖閣諸島や周辺 http://youtu.be/Exj2d7PfcbQ

コメント

御嶽

2013-07-31 06:04:12 | Weblog

コメント

奥多摩バイブルシャレー2

2013-07-31 05:53:22 | Weblog

 

 二人は16歳

コメント

奥多摩バイブルシャレー

2013-07-30 19:38:48 | Weblog

コメント

奥多摩から戻りました

2013-07-29 19:46:49 | Weblog

 

 英語を少し学び行き奥多摩へ 驚いたことにアメリカから 多数の16~20才位の学生が、各々単身で手伝いに来ていた、明日国元に帰るそうです小学生親子

コメント

中国艦が初めて

2013-07-26 01:41:38 | Weblog

 

 

政治中国艦が初めて日本列島一周 沖縄-宮古を5隻通過 防衛省 中国の活動拡大を警戒2013.7.25 22:59) 

18日、小笠原諸島・聟島沖の太平洋上で一列に並んで航行する中国艦艇(防衛省統合幕僚監部提供)

 防衛省統合幕僚監部は25日、中国海軍のミサイル駆逐艦やフリゲート艦など艦艇5隻が同日午後7時ごろ、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過したのを確認したと発表した。5隻は今月3日に対馬海峡を北上、14日には北海道の宗谷海峡を通過した艦艇で、中国艦として初めて日本列島を一周したことになる。

 24日には、中国軍用機が沖縄本島と宮古島の公海上空を通過し太平洋まで往復飛行しており、防衛省は中国の活動拡大に警戒を強めている。防衛省によると、5隻は18日には小笠原諸島・聟島の西約270キロで、艦艇を一列に並ばせ航行する訓練を実施。20日には沖ノ鳥島の北約400キロで5隻に含まれる補給艦を使い洋上補給した18日、小笠原諸島・聟島沖の太平洋上で一列に並んで航行する中国艦艇(防衛省統合幕僚監部提供)。宗谷海峡通過の前には、ロシアとの合同演習にも参加。平成20年10月に駆逐艦など4隻が、津軽海峡を通過し日本列島を周回するように航行したケースがある。5隻が25日に航行した沖縄本島と宮古島間の海域は、公海のため国際法上の問題はない。

 

 

コメント

29日まで、ブログ休みます

2013-07-26 01:30:09 | Weblog

 

 今日から29日まで、イングリッシュバイブルキャンプに行ってきます

   http://f.o-bc.net

コメント

7月24日検索

2013-07-26 01:27:37 | Weblog

 

   訪問者数   120

  閲覧数     249

  

コメント

世界が語る

2013-07-25 18:27:51 | Weblog

 

 世界が語る大東亜戦争と東京裁判 http://youtu.be/7tsyqPV5XoY

 東京裁判を批判したマッカーサー元帥の謎と真実 

                       http://youtu.be/udefXR2k3BE

コメント

メモリアルゾーン

2013-07-25 15:49:18 | Weblog

 

 

コメント

市ヶ谷台見学ツアー

2013-07-25 11:43:23 | Weblog

コメント

産経新聞

2013-07-25 09:18:39 | Weblog

 

 

政治【主張】南西諸島防衛 実効ある対応こそ重要だ

   
【主張】

南西諸島防衛 実効ある対応こそ重要だ

2013.7.18 03:41 主張

 安倍晋三首相が、沖縄県の石垣、宮古両島を訪問し、石垣海上保安部と航空自衛隊宮古島分屯基地で「領土、領海、領空を断固として守り抜いていく決意だ」と強調した。首相が自ら南西諸島防衛の最前線を訪ね、隊員、職員を直接激励したことを評価したい。

 中国は軍事力を背景に尖閣諸島(同県石垣市)の奪取をねらっている。首相の視察と激励は、そのようなことは断じて許さないという日本としての意思を、内外に発信する効果がある。自衛隊や海保の士気はもちろんだが、国民の国を守る思いを高めることにもつながる。

 石垣海上保安部は、尖閣周辺での中国公船の領海侵入に対処し、宮古島分屯基地は南西空域の警戒監視や電波関連情報の収集に当たっている重要拠点だ。

 石垣市内での街頭演説でも首相は、尖閣は日本固有の領土だと強調し、「私たちは一歩たりとも譲歩する考えはない」と訴えた。

 ただ、日本が中国の挑発を退けるには、尖閣をはじめとする南西諸島を守りきるだけの陸海空自衛隊や海保の態勢を構築し、法制度も整える必要がある。

 日本が安全保障上の努力を怠れば、中国との軍事バランスが急速に崩れることになり、領土、領海、領空の守りがおぼつかなくなることは明らかだ。

 そのようなことがないよう、首相は、国を守る決意の具体化に取り組んでほしい。南西諸島の防衛強化に加え、集団的自衛権の行使容認、領域警備法の制定なども急ぐ必要がある。

 領土、領海を守る権限が自衛隊に与えられていない。領域を警備する法制も整っていない現状では、日本の主権を侵害する外国の不法な行為を、領土や領海から排除することはできない。そのことをまずもって認識すべきだ。

 与那国島(同県与那国町)への陸自の「沿岸監視部隊」配置や、水陸両用車両の導入など、海兵隊機能の保有も欠かせない。

 海空自衛隊の対艦、対潜、対空能力のさらなる強化も望まれる。海自と海保が連携をいっそう密にすることに加え、数的に不十分な巡視船と乗組員でやりくりする海保の増強も急がねばならない。

 南西諸島の平和を保つため、思い切った予算上、法制上の措置を伴う、実効性のある対応こそがなによりも重要だ。

コメント

東京軍事裁判 米国弁護士

2013-07-25 02:25:38 | Weblog

 

   ブレークニー弁護士 http://youtu.be/gi-Zo4uqyq4

コメント

7月24日検索

2013-07-25 01:30:52 | Weblog

 

 訪問者数   88

 閲覧数   160

コメント