見出し画像

筆職人の日常

当番楽しかった❣️

名古屋❣️

少し前の話になりますが
凛九で展示をさせて頂いた展覧会の当番を努めてきました。
『今、旬なクリエーターによる展覧会』 
と、いう展示会です。




今回は手仕事、伝統工芸だけでは無くて建築や映像クリエイター、商業デザイン、写真などなど色んな分野の展覧会となって沢山の刺激がありました♬





「旬なクリエイター」
だなんて、恐れ多いですが
お世話になってる方々、応援くださる方々にお会い出来てとても嬉しかったです。

受付の担当として入口にいました。
最初はただ、お客様に芳名録への記入のお願いをし、パンフレットを渡してただけなのですがそれだけじゃつまらなく感じて来て…(面白さを求めるのか!)

途中から

お帰りになられる際に様々なリーフレットなどを見てるお客様ならいいのかな?と、
「興味深い作品はございましたか?」
などと話しかけだしました。

そしたら割と私を怪しがる事なく
楽しくお話を下さる方々ばかりで嬉しかったです🥰





そのとき色々人とお話しできた中で興味深かったのは

バイオリンを背負って見に来てくれた方のお話しで
今までギターをずっとしてて、最近はバイオリンを始めたそうです。
バイオリンは一般的に難しい楽器とは言いますが同じ弦楽器だから少しは上手く弾けましたか?
なんて聞いたら、ギターとバイオリンは同じ弦楽器だけど音を出す仕組みが全然違うから苦労していると教えてくれました。

ほお🙁

ギターは弦を少しでも弾くと音が出るけど
バイオリンは弦を弓で擦る時に音が出るから弓を少しでも外したら音が止まるから
全然感覚が違う!
と、教えてくれました😮

確かに!
それは違う!

色々弦楽器きもあるんだなぁと勉強になりました♬

それを言うと、筆で言うと
書道や水彩画、水墨画の筆と
油絵やアクリル絵の具の筆も割と違います。

使い方が違うんです!

書道などの筆は毛に墨などの水分を含ませて書きますが
油絵などの筆は毛に絵の具を乗せて書きます。
油絵に関しては油を含ませる事はあっても水は一切使わないと思います。

なので、線を書く、絵を書く事は同じでも表現の仕方が違います。

似たような物でも用途が少し違うだけでも全然変わりますね!
なんて、異文化合流できたとても楽しい日となりました。

この展示会にお誘いくださり心より感謝申し上げます。

お越しくださった皆様もありがとうございました❣️





■国際デザインセンター設立30周年記念
『今、旬なクリエーターによる展覧会』
■2022年11/9(水)-11/14(月) 11:00-19:00
最終日は18時まで
■国際デザインセンター4F/デザインギャラリー
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル4F
■入場無料
■アクセスなど詳細
https://www.idcn.jp/archives/custom_event/30th_ccdo_221109




この写真、3人かと思いきや5人です♬
ラブ 凛九♡


fude_yuki2020さんの出品

他の出品作品をマルシェルで見る
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「イベント」カテゴリーもっと見る