今日も一日ありがとう♪

一番の幸せは美味しい食事。
一番の幸せは優しい心とのふれあい。
一番の幸せは・・・いっぱい。
そんな日々つれづれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010年05月31日 00時00分26秒 | 鑑賞(映画・コンサート)
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 2010年 5月29日(土) 錦織良成監督、中井貴一、高島礼子 舞台は山陰の出雲。 一人息子が東京の大学に進学し、そのまま就職。 母は、一人で農作物を育てて売って生活をしていた。 そんな息子も出世し、会社存続のために工場閉鎖を 同僚に伝える役目を担う。 会社のためと頑張ってきたけれど、自分のやりたいことって・・・ そんな時、田舎の母が . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

道の駅からり

2010年05月30日 00時00分39秒 | 身近なうんまいもの
まだまだ宇和の帰りの続き。 私が初めて「道の駅からリ」に来た時、野菜は生シイタケで いっぱいだったんよ。 それがまた立派で・・・安くて・・・美味しくて・・・ でもなかなかシイタケの季節に、タイミングが合わんのよね~。 前回、宇和島に行く途中に寄った時にはあったんだけど もう終わりかけ きれいなんがなかったんよ。 前回も買ったけど今回もイチゴを1箱お買い上げ~ もう甘くて美味しいのよ。 . . . 本文を読む
コメント

パーマネント野ばら

2010年05月29日 00時00分18秒 | 鑑賞(映画・コンサート)
パーマネント野ばら 2010年 5月25日(火) 西原理恵子原作、吉田大八監督、菅野美穂、江口洋介、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ 高知が舞台になってる映画。 だから全員が高知弁で・・・ちゅ~ちゅ~いっちゅうよ~ たぶん原作者の西原理恵子さんが高知出身なんかな 前の『女の子物語』も愛媛がロケ地だったもんね。 わざわざ北海道出身の人が四国をロケ地には使わんでしょうよ。 この映画ね . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

生命(いのち)の授業in松山南高校

2010年05月28日 00時00分46秒 | 伝えたいこと
2010年 5月27日(木) 今年度2回目の生命(いのち)の授業を松山南高校で行いました。 街のど真ん中にある高校です。 そして・・・県立中央病院がすぐそこに・・・ 以前ほど胸が締め付けられるような思いはないけれど ちょっとだけ8年10ヶ月前のことを思い出したりして・・・ 今日は、知らされてはいたけどマスコミがたくさん取材に来ていました。 私もピンマイクをつけたりして・・・ このピンマイク . . . 本文を読む
コメント (2)

書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

2010年05月27日 00時00分24秒 | 鑑賞(映画・コンサート)
書道ガールズ!!わたしたちの甲子園 2010年 5月24日(月) 猪股隆一監督、成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、小島藤小、金子ノブアキ また馬鹿にできない邦画があったぁ~ 私は愛媛県が舞台で伊予三島で撮影されたから見ておこうか なんて安易な気持ちで映画館に向かったけど大きな間違い 感動の内容だったわ。 全国の人が見ても感動すると思うよ。 ただ・・・ 伊予三島、川之江の人たちは本当にあ . . . 本文を読む
コメント (4)

レストランからり

2010年05月26日 00時00分43秒 | デザート関係
これも宇和の帰りのことよ。 用事は午前中に終わってここに到着したんが13時。 お腹の虫がグ~~~~~(笑) でも私は一人では食事系はよう食べんのよ。 ミスドとかマックとかスタバでコーヒーを飲むのは慣れたんだけど・・ やっぱりここでも食事はできなくて、ケーキセット。 中に入って食べるのは同じなのにどうしてかな~(笑) とくにここは副菜がビュッフェ形式でお皿を持って取りに行かんといけんのよ。 そ . . . 本文を読む
コメント (2)

追憶(午前十時の映画祭)

2010年05月25日 00時00分17秒 | 鑑賞(映画・コンサート)
追憶(午前十時の映画祭) 2010年 5月23日(日) シドニー・ポラック監督、ロバート・レッドフォード、バーブラ・ストライサンド 1973年アメリカ 大学時代からの知り合いのケイティ&ハベル。 学生運動に没頭するケイティ、全く興味のないハベル。 そんな二人が大学で知り合うけれども、お互いに気持ちを残したまま卒業。 時代は第二次世界大戦。 ケイティは相変わらず仕事をしながら政治活動に没頭し . . . 本文を読む
コメント

パン工房からり

2010年05月24日 00時00分21秒 | 身近なうんまいもの
宇和からの帰りに大洲内子インターで高速を降り、 しばしR56を走ると“道の駅からり”があるんよね。 いつも立ち寄るのは土・日だから、もう車がおけんほど いっぱいなんよ。 でも今日は大丈夫。 と言ってもガラガラじゃないんよ。 13時ごろに行ったけど売り切れのパンもあったみたいよ。 私の後で入ってきたおばあちゃんと店員さんの 『こしあんパンはどれですか』 「申し訳ありません、今日のは売り切 . . . 本文を読む
コメント (2)

マイレージ、マイライフ

2010年05月23日 00時00分00秒 | 鑑賞(映画・コンサート)
マイレージ、マイライフ 2010年 5月22日(土) ウォルター・カーン原作、ジェイソン・ライトマン監督、ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン この映画はエミフルでしか上映されてないんで、夫の昼ご飯を作ってから松前エミフルへ。 土曜日だというのに・・・朝の11時過ぎたばかりだというのに・・・ もう駐車場がいっぱいですがな。 映画館の側に入ったんが間違いか それほどの人なのに、市外の . . . 本文を読む
コメント

久々の揚げ物

2010年05月22日 00時00分26秒 | 手作りのうんまいもの
最近はこってりしたものを好まず、実にさっぱりとした夕食が多かったんよね。 でも、18日の夜に県外に住む息子からメールがあり、 『19日の夜に帰るけん、食事頼む』 この手のメールは嬉しいよね~。 普段は便りのないのが元気な証拠のごとく、全く音沙汰なし。 母の作る食事を楽しみに帰ってくる息子がいる・・それだけで 母親冥利に尽きるってもんよ。 トップ画像は普段、一人だからあまり食べないだろうと . . . 本文を読む
コメント (2)

生命(いのち)の授業in愛媛県立宇和高校

2010年05月21日 00時00分47秒 | 伝えたいこと
今年も生命(いのち)の授業が始まりました。 今年で3年目となります。 今日は中間テストの最終日(実際の日付は昨日) テストが終わってのびのびした時間に全員体育館に集まっていただいて 非行防止の時間になるんかな 私の生命(いのち)に対する思いを一方的に聞いていただきました。 私は講師という立場で伺っているわけだけど 紹介をされるときに『先生』と称されるのは苦手です。 なぜならば・・・私 . . . 本文を読む
コメント (2)

病と闘う女たち

2010年05月20日 00時00分28秒 | BOOK
私は8年前に娘を交通事故で失って生きる意味を自分自身に問うていた頃、 ネットを通じて同じ境遇の親たちと知り合いました。 だいたいがママが多いけど、中にはパパもいたんですよ。 たくさんの○○ママ&○○パパと知り合いました。 ○○の中には子供の名前が入るわけで・・・ 私は美香ママと呼ばれてました。 美香が生きていた頃、ママと呼ばれたことはないが・・・(笑) 名字なんてどうでも良かった。 同じ悲しみを . . . 本文を読む
コメント (4)

アンドリュー(DVD)

2010年05月19日 00時00分04秒 | DVD&TV
アンドリューNDR114 クリス・コロンバス監督、ロビン・ウィリアムス、エンベス・デイビッツ そう遠くない未来のある日。 郊外に住むマーティン家に届いた荷物は、 父親のリチャードが家族のために購入した家事全般全般ロボット “NDR114”だった。 最新鋭の機能を持ちながらも、礼儀正しく、 どこかアナログ感も漂わせるこのロボットは “アンドリュー”と名づけられた。 アンドリューの主な仕事は、 . . . 本文を読む
コメント

万寿庵

2010年05月18日 00時00分02秒 | ネットのうんまいもの
万寿庵 この名前だけ聞くと、まるで饅頭屋さんよね~(笑) ところがどっこい、ジェラード屋さんなんよ。 私がネットで見つけて買ってみたんだけどね。 アイスクリームは美味しければ美味しいほどに乳脂肪分が高くて ダイエットには大敵なんだけど ジェラードは・・・アイス&シャーベットの間のシャーベット寄りなんよ。 だから、それほどカロリーは高くないんよ。 ただし、食べ過ぎるとダメよ(笑) パッケージも手 . . . 本文を読む
コメント (2)

マザー・テレサ~神の愛した聖女~(DVD)

2010年05月17日 00時00分33秒 | DVD&TV
マザー・テレサ~神の愛した聖女~ ケヴィン・コナー監督、ジェラルディン・チャップリン、キーン・カーティス 1997年 1946年のカルカッタ。 独立を目前にしていたインドでは社会不安と混乱から暴動が起きていた。 若き日のシスター・テレサはロレート修道院で、懸命に傷ついた人々に 尽くしていた。 数々の困難や個人の力の及ぶ限界にも、希望を捨てず真の信仰を追及し、 その中で彼女は自分の生きるべき方 . . . 本文を読む
コメント