クイリングバー研究家・河内恵一

◎各種クイリングバー設計(ECONESSNET)、製作(カワウチ技巧)、販売(ECONESSNETショップ)◎

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中心穴の比較

2007年04月10日 | スタンダードバー

Blog1_151  スロットルタイプ(ミゾ付き)のクイリングバーはで、タイトサークルを作る場合、中心に穴ができます。一般的に、バーが細い方が完成度が高まります。

  写真左から、クイリングバーの径、1.8ミリ、1.5ミリ、1.0ミリ、0.7ミリで作ったタイトサークルで、中心穴の比較をしてみました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最極細クイリングバーの紹介

2007年04月08日 | スタンダードバー

Blog0jpg  今回紹介するクイリングバーは、先端にミゾの有るスロットルタイプす。スロットル部の太さは、最極細の0.7ミリです。 

 現在市販されているスロットルタイプのクイリングバーの太さは、0.8ミリ、1.0ミリ、1.4ミリ、1.5ミリ、1.8ミリなどが有ります。

 今回紹介するクイリングバーは、この中でも最極細の、0.7ミリです。

 もう一つの特徴は、先端のスロットル部分を脱着できる事です。例えば、クイリングバーを不用意に落として先端が破損しても、先端だけをを交換すれば、元通り使えますから、省資源なエコタイプです。

 これで、クイリングバー研究家として開発した、スロットルタイプの主なクイリングバーは次の通りです。

 0.7ミリ スロットル部脱着式。

 0.7ミリ スパイラル用。長さ20センチ。脱着式。

 0.8ミリ 特注製作販売品。

 1.0ミリ スタンダード販売品。

 1.0ミリ スパイラル用。長さ20センチ~30センチ。

 1.5ミリ スタンダード販売品。

   その他 2.0~20.0以上のクイリングバーも製作。

 各種クイリングバーは、「クイリングバー研究家」と、下記の提携サイトからも、紹介・販売されています。

 「クイリングバー」~クイリングバー・クイリングペーパーの紹介と販売。 

 「ホビー・楽しいクイリング」~クイリングの楽しい関連記事を掲載。

 「ECONESSNETショップ」~クイリングバー・クイリングペーパーの紹介と販売。

 「クイリングペーパークラブ・東京」~オリジナルクイリングペーパーの紹介と販売。

 上記サイトから発売されている、クイリングバーとクイリングペーパーは、全てクイリングバー研究家が介して製作した、国産オリジナル製品です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする