生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

「営業レターの準備とやり方」【 驚くほど、生命保険営業で成功する! 営業手法】

2015年02月25日 09時41分00秒 | 保険マーケティング
★見込み客開拓メールマガジン
生命保険営業メルマガ(いい保険プロサポート)登録は

http://bit.ly/1L1AS0t

で、お願いします。



★営業手法  営業レターの準備とやり方



名刺交換して、定期的にメールや手紙を出して、
見込み客にするためには、文章の中身を
準備している必要があります。



まず、
名刺から見込み客化への手順は、
名刺交換をした後、お礼状を出します。



そして、
名刺には名刺交換した日付やその時の
状況などを書き込みます。



名刺交換先にお礼状を出したら、
名刺をエクセルに転記してデータ化、
そして、リストを作成します。



リスト化したものは、ハガキやFAX、
メールなどを出すことができます。



メール配信システムにメルアドを登録して、
定期的にメールでお役たち情報を


送ることができるようになると、
お客さまとの接点が増えていきます。



ある時、
お客さまから返信が来ますが、
そのときには電話をしてアポをとりましょう。



さて、
名刺交換をした後にお礼状を
ハガキで出すのですが、



お客さまはハガキで連絡してくることは
ほとんどありません。



お客さまが私に連絡してくるのは
メールなのです。



そこで、
お礼状を送ったら、お客さまに
メールでもお礼を伝えます。



これでお客さまに「私のメールアドレス」が
届くことになります。



このメールのあいさつ文は
ワードで作成して、体裁を整えて
メールに貼り付けて送ります。



そして、
このワードは日付を入れて
保存しておくのです。



これでメールの雛形が出来上がります。



毎回、同じことを繰り返すことになるので、
過去の雛形を編集して使うと効率が良いのです。



また、
このメールの中には、お役たち情報を
お送りすることを承諾、または予告しておきます。



今後、毎月や定期的に送るメールについてです。



お客さまの接点を多く持つためには、
定期的なアプローチメールが有効です。



そこで、
定期的に送ることができる
「お客立ち情報」やイベント、



記念日に送る「年賀メール」
「暑中見舞いメール」「誕生日メール」などを
用意しておくと、



お客さまと接点が継続的に
保つことができます。




さらに、
ここから返信をもらうためには、
すこし工夫が必要です。



そこで、
レスポンスメールを用意します。



例えば、
勉強会、相談会の案内などです。



お客さまが反応しやすいものを
用意するのです。



また、
イベントなどを企画して、そこに招待する
というやり方もあります。



その中にはセミナー開催も含まれますが、
あなたが講師のセミナーを開催すると


お客さまの評価が上がり、面談できる
可能性が増します。



また、
動画セミナーにご招待する方法もあります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・【本文終わり】・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【編集後記】


今朝は3時に目が覚めて
そのまま起きました。


この原稿を書く前に
Facebookでいろいろな方と
やり取りしたのですが、


優秀な人は朝が早い。これは本当。




○●○━━━━━━━━━━━━━━━━●○●





経営者・アントレプレナーのためのマーケット開拓コンサルティング
【イーエフピー株式会社】 代表取締役 花田敬  

1993年、ライフプランナーとしてソニー生命保険入社。
2週間で挫折し、出社拒否。
1994年、業界初の保険セミナーを開催し、セミナー営業手法を開始。 
1994年、95年連続社長賞受賞。3年連続九州NO1。
1996年、ソネット九州(株)(保険代理店)を設立。 
1997年、上京。 保険代理店ソネット5社を合併し
保険会社30社以上の乗合保険代理店エフピーステージへ社名変更。創業メンバー。
1997年にCFP取得
MDRT6年連続継続中の99年生命保険募集人資格を返上。
1999年、イーエフピー(株)を設立し、社長に就任。
2000年、業界初の生命保険比較サイトe‐hoken.com を立ち上げ。
2000年、業界発の営業メールシステムを開発。
大手生保などメールシステムの開発コンサルテングを開始。 
2007年にCFP返上している。
2010年4月~関東学園大学 経済学部 講師。
一般教育科目で「営業手法」について授業している。

【営業コンサルティング】
96年、業界初の「保険会社に保険の売り方を教える」という考えで、
損保系生保に1泊2泊のロープレ研修を開始する。
現在は中小企業への営業コンサルティングや営業コンテンツ提供なども行っている。


◆関東学園大学 講師 (通年、営業の授業90分) 
◆(社)営業人材教育協会 理事 (営業教育の普及)

ビジネスの基本を
「金銭教育、営業教育は社会貢献!」を掲げている。

【著書】10冊

http://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/bf53aa6c9ad497988982c7ca7a849cbd


☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
★講演、研修、セミナー、のご依頼は

https://global-ssl05.jp/m.e-hokenpro.com/inquiry_logs/apply/00056
(受付中)
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

★保険営業で成功のための【公式メルマガ・いい保険プロサポート】★
登録は→ http://m.e-hokenpro.com/mces/index/00270
(お知り合いにこのアドレスを伝えていただけると幸いです)
コメント   この記事についてブログを書く
« 税理士・法人見込客がこれ以... | トップ | 不動産、住宅ローンから生命... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

保険マーケティング」カテゴリの最新記事