どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

PHANTOM & GENTLEMAN's GUIDE

イム・テギョン、今日(31日) プサン公演最後に2015年フィナーレ

2015-12-31 | イム・テギョン
今年最後の今日は、テギョンさんのプサン公演~~


テギョンさんもコンサートを見に行かれる方々も楽しんで、
素敵な年越しの時間を過ごして欲しいなあと思います


テギョンさん、ふぁいてぃん~




※コメント欄、外してます。。。





イム・テギョン、今日(31日) プサン公演最後に2015年フィナーレ





イム・テギョンが今日(31日)、 KBSプサンホールで開かれる全国ツアー'그대의 계절(クデエ ケチョル)' プサン公演を最後に2015年を終える。

イム・テギョンは去る10月ソウルを始め、テグ、コヤン、クリ、スウォンまで盛況裡に公演を進めて '名品ボーカル'の存在感を表わしたことが
ある。

今回のプサン公演では去る18日に発売されたミニアルバム '순수의 시대(スンスエ シデ)'の収録曲中 '너를 새긴다(ノルル セギンダ)' を
初めてリリースする予定だ。新曲'너를 새긴다(ノルル セギンダ)'はシンガーソングライターKyo(イ・ギュホ)が作詞、作曲した曲で、愛の傷を
イム・テギョンの雄壮ながらも叙情的な声で見事に表現した曲だ。

また今回のプサン公演は既存の曲などと一緒に正統声楽舞台を他の声楽家たちと一緒にする特別なイベントが共に用意されていて音楽的
魅力が凝縮された公演になる展望だ。

一方、イム・テギョンは来たる2016年にも時々新曲作業を併行してミニアルバム活動とコンサートで活発な活動を続けさせる予定だ。


@엑스포츠뉴스



コメント

テギョンさんインタビュー記事 @プヨ新聞コンサート(11/21)

2015-12-30 | イム・テギョン
11月21日に行われた、부여신문(プヨ新聞)コンサートの
テギョンさんインタビュー記事がUPされました~(今頃・・


テギョンさんのご両親がこの地域のご出身みたいで、インタビュー
最後の言葉がテギョンさんの人柄を凄く表してるなあと思いました



※コメント欄、外してます。。。





必ずまた公演したい

‘プヨ’21世紀プヨ新聞創刊11周年記念‘イム・テギョンコンサート インタビュー’






“また呼んで下さるならば幸せな気持ちを抱いてひと足に駆け付ける”

Q.) 400席規模の小さい田舎の公演会場でコンサートを持つようになってさらに負担が大きいことと思いますが。地方の小さい農村地域であり
百済(ペクチェ)歴史が生きて呼吸する歴史性を持つプヨでのコンサート所感は?

A.) 歴史的由緒深いところであってそのためか何か落ち着いていて暖かい感じであって負担になるというよりは安らかに公演しました。

Q.) 1時間余りの間ひとりでコンサートを満たした。コンサートが終わってもファンたちは余韻が長く残ったようで席を簡単に離れことが出来な
かった光景も見えた。公演後の感じは?

A.) 終わってみると事実100分を公演しました。それだけ公演の雰囲気が良かったということでしょう。再びまた来てし終えることができなかった
音楽疎通をさらに交わすという話がひとりでに出てきた程すっきりした公演だと感じました。





Q.) 全国ツアー中なのにこのように小さい所だがそれでも百済(ペクチェ)の歴史と象徴性があるプヨで特に、忠清(チュンチョン)圏での単独コン
サートが初めてであると知っているけれど... 忠清道(チュンチョンド)は格別な愛情があると知っている。このように小さい農村地域でも今まで知ら
ないファンたちがいるという事実を直接確認したがその所感は?

A. )音楽人の間で忠清(チュンチョン)圏での公演は少し格別な心がけを持たせます。もともと地域の方たちが物静かかどうか、公演会場の体感
温度が少し冷たいほうという先入観ができるほどだったんです。どうしても舞台では人々は観客の表現に鋭敏にならざるを得ません。それで忠清
(チュンチョン)圏に多数のファンの方々がおられるという事実を十分知っていても容易に忠清(チュンチョン)圏での公演を決定できなかったのが
事実です。けれど何年か前からはこのような先入観が消えています。多くの方々が文化生活を思う存分楽しまれることになられたようで幸せです。

Q.) コンサート挨拶の言葉でプヨで残りの歌を歌うことで約束した。今後プヨでの公演をまた考えるのかどうか...

A.) 公演の時も申し上げたし、上部でも再び言及しました。また呼んでいただけるならば幸せな気持ちを抱いてひと足に駆け付けます。





Q.) プヨ地域の近隣、忠清道(チュンチョンド)のファンたちに感動を与えた舞台であった。先立って話したようにプヨと関連した公演やプヨ地域の
ファンたちに最後に一言お願いしたい。また、21世紀プヨ新聞を通して読者の皆様にもごあいさつしてほしい。

A.) 私もやはり両親が忠清道(チュンチョンド)が故郷だから私にも忠清(チュンチョン)の血が流れると言うことができるでしょう。故郷の知り合いの
皆さんのように親しみが感じられます。21世紀プヨ新聞といつも幸せになられるように祈ります。


@e부여신문



@e부여신문



コメント

イム・テギョン ライブ コンサート♪ @NAVER MUSIC

2015-12-29 | イム・テギョン
テギョンさんのコンサート映像がNAVER MUSICにUPされてます~


http://music.naver.com/todayMusic/index.nhn?startDate=20151229


임태경 - 'White Christmas' (라이브 01)

임태경 - '사랑의 찬가(愛の讃歌)' (라이브 02)

임태경 - 'Lune' (라이브 03)

임태경 - '옛 친구에게(イェ チングエゲ)' (라이브 04)




映像付きの歌が見れて凄く嬉しい


来年発売予定の'特別限定版アルバム'も楽しみです~ラブラブラブラブ



※コメント欄、外してます。。。






임태경 라이브 콘서트(イム・テギョン ライブ コンサート)


http://music.naver.com/todayMusic/index.nhn?startDate=20151229


임태경 - 'White Christmas' (라이브 01)

임태경 - '사랑의 찬가(愛の讃歌)' (라이브 02)

임태경 - 'Lune' (라이브 03)

임태경 - '옛 친구에게(イェ チングエゲ)' (라이브 04)







ミュージシャンとしての情熱を見せているボーカリスト イム・テギョン

イム・テギョンは数多くのミュージカル舞台経験と声楽で鍛えられた堅実な基本技で初めての全国ツアーコンサート(2013~2014)を成功裡に
終えて、俳優とジャンルに限定されなかった幅広い音楽性と人気を誇示してきた。成功裡に終わった初めての全国ツアーだったが本人の
単独コンサートだったのでイム・テギョンはミュージカル俳優でない歌手として音楽に対する真剣な悩みとぶつかることになったし、ミュージカル
ナンバーと歌謡とポップ、声楽曲のカバー作業による活動より本来の歌手活動に対する欲求で自然に移動、デビュー以後最も活発な音楽活
動でファンたちに近付いている。








あなたに送る慰労と感謝のメッセージ "그대의 계절(クデエ ケチョル)"

去る10月10日ソウルを始め成功裡に進行中である全国ツアーコンサート"그대의 계절(クデエ ケチョル)"は2時間余りの公演時間、イム・
テギョンの多様なレパートリーと優れた歌唱力により増した情熱と表現力でドラマチックで美しい舞台の真髄を見せている。イム・テギョンは
特有の高級な感性と堅実な発声で大衆性までより増した舞台で観客のモール入道を最高潮に作る。





今までテグ、コヤン、クリ、スウォンで公演を終えて、2015年の最後の公演をプサンKBSホールで準備中だ。特に、去るコヤン公演からは12月
18日発売されたミニアルバム '순수의 시대(スンスエ シデ)’に収録された新曲舞台を追加して新曲発表で会う大衆との初めての接点を公演
会場に訪ねるというファンたちとの約束を守って行っている。また、全国ツアー過程を総網羅した実況などと新曲、そして彼が歌った愛唱曲を
収録した特別限定版アルバムを全国ツアー最後の公演日に正規アルバムで発売する予定だ。




ライブ収録曲紹介


1.ネイバーを通してだけ電撃公開されるイム・テギョンの「Season's Greeting」 'White Christmas'

クリスマスキャロルの中で最も多く聞いて歌う歌のひとつで1942年製作されたミュージカル映画’Holiday Inn'の主題歌だ。アーヴィング・バー
リンがクリスマスに似合う歌詞とメロディを作ってビング・クロスビーという偉大な歌手が歌ってアカデミー主題歌賞を受賞して空前のヒットを
記録した。


2.'사랑의 찬가(愛の賛歌)'

シャンソンの全て、フランスを代表する歌手エディット・ピアフの代表曲で東西古今を通じて数多くの歌手がリメークする名曲だ。生死を超越
して永遠に結ぼうとする愛を歌っているが、当時飛行機事故で亡くなったボクシング選手でありピアフの恋人だったマルセル・セルダンを追慕
するためにピアフが直接書いた曲だ。


3.'Lune'

ミュージカル'ノートルダム ド パリ'に出てくる歌で解説者であるグランゴワールがカジモドの悲しい愛を'月'と遠回しに言って歌った叙情的な
曲で、ミュージカル舞台を通し見せてくれたイム・テギョンだけの感性を確認させる舞台だ。


4.'옛 친구에게(イェ チングエゲ)'

8,90年代を代表したグループ ヨヘンスケッチの代表曲中のひとつで、見た公演を通じて魅力的なモダンロックに変貌した曲でイム・テギョンの
幅広いボーカル スペクトルをよく見せている。



コメント

イム・テギョン スウォンコンサート成了…並外れた訴える力 起立拍手は当然

2015-12-28 | イム・テギョン
26日に行われたテギョンさんの全国ツアーコンサート 그대의 계절
(クデエ ケチョル) スウォンコンサートの記事です~


twitter写真はUPして下さった写真をお借りしました


プサンコンサートを終えた後、来年はミニアルバムの活動と新曲発表、
そしてコンサートもまだまだ控えてるみたいですね


来年のテギョンさんの活動も楽しみにしてます~


今回のスウォンコンサートも日本人の方々が行かれてたみたいですが、
31日のプサンコンサートも多くの方々が行かれるといいなあと思います。




※コメント欄、外してます。。。






イム・テギョン スウォンコンサート成了…並外れた訴える力 起立拍手は当然





ミュージカル俳優兼歌手イム・テギョンの2015年全国ツアーコンサート'그대의 계절(クデエ ケチョル)' スウォンコンサートが去るクリスマス
連休である26日土曜日、スウォン室内体育館で盛況裡に終了した。

最近のツアーコンサートのうち最も多い曲でスウォン室内体育館に殺到した2000余ファンたちにうなずく返事をしたイム・テギョンは、特有の
ドラマチックな唱法とジャンルを行き来する訴える力で150分間ずっと観客から熱い歓呼を受けた。

イム・テギョンは最近発売したミニアルバム'순수의 시대(スンスエ シデ)'に収録された新曲を含む、季節と時期に合う新しい編曲でミュージ
カルとポップ音楽、ラテンとシャンソン、歌謡など多様なレパートリーをリリースして2000余ファンたちの起立拍手を引き出した。

イム・テギョン全国ツアー'그대의 계절(クデエ ケチョル)'は31日午後8時プサンKBSホールで最後の舞台をお目見えする予定であり、来る
2016年には最近発売されたミニアルバムの活動と続く新曲発表とコンサートで活動を続けさせる予定だ。


@스포츠투데이



@Ami님 twitter




コメント

イム・テギョン全国ツアーコンサート"クデエ ケチョル" スウォン、セットリスト

2015-12-27 | イム・テギョン
昨日行われたテギョンさんの全国ツアーコンサート 그대의 계절
(クデエ ケチョル) スウォンコンサートのセットリストです~


私は留守番組なので・・・行かれた方から教えて頂きました。


聴きたい曲ばかりでセットリスト見てるだけでも涙がでてくる・・


31日はプサンコンサート テギョンさん、ふぁいてぃん~




※コメント欄、外してます。。。







テギョンさん's コンサート(スウォン) セットリスト


O Holy Night

Your Song (原曲 - エルトン・ジョン)

연가(ヨンガ) - 서편제(ソピョンジェ)OST

사랑이야(サラギヤ) -  황태자루돌프(皇太子ルドルフ)OST

Lune

One Last Cry (原曲 - Brian Mcknight)

내마음 갈 곳을 잃어(ネマウム カル ゴスル イロ)

사랑의 찬가(愛の賛歌)

살아가는 일(サラガヌン イル)

순수의 시대(スンスエ シデ)

옛 친구에게(イェ チングエゲ)

첫눈이 온다구요(チョッヌニ オンダグヨ)

Hey (原曲 - フリオ・イグレシアス)

토요일은 밤이 좋아(トヨイルン パミ チョア)

Hound Dog (原曲 - エルビス・プレスリー)

Panis Angelicus

생명의 양식(センミョンエ ヤンシク)

사랑(サラン)

그대의 계절(クデエ ケチョル)


~アンコール~

Adagio

Perhaps Love

Time To Say Goodbye

날 시험할 순간(ナル シホムハル スンガン) -  황태자루돌프(皇太子ルドルフ)OST



@Jay Factory Instagram



コメント