どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

Im Tae Kyung&Kim Dong Wan

 

サンユンさん写真 '귓속말' PD노트

2017-03-30 | イ・サンユン
サンユンさん出演の新ドラマ '귓속말(耳打ち)'
番組HP PD노트(PD NOTE)からの写真です~


スーツ、判事服どちらも似合うなあ ㅎㅎ




※コメント欄、外してます。。。




@'귓속말' PD노트













コメント

イ・ボヨン - イ・サンユンだけなのか’…'귓속말(耳打ち)'悪の勢力総整理

2017-03-30 | イ・サンユン
サンユンさん出演の新ドラマ、‘귓속말(耳打ち)’
サンユンさんを取り巻く敵方?の人物たちの記事です~


人脈が複雑でよく分からなかったのでこのような記事は
ありがたい^^ 何となく理解できました



※コメント欄、外してます。。。




イ・ボヨン - イ・サンユンだけなのか’…'귓속말(耳打ち)'悪の勢力総整理





‘귓속말(耳打ち)’だけ見ても私たちの社会悪が見える。

28日初放送されたSBS月・火ドラマ‘귓속말(耳打ち)’(脚本パク・ギョンス、演出イ・ミョンウ)はパク・ギョンス作家特有の現実比喩、痛烈で冷酷な批判
意識などをリリースして2回だけで'大韓民国の現実を反映した完成度高いドラマ'として確かな位置付けになった。特に上流層だと称する集団の隠され
た二重性と非道徳性に対する告発は視聴者に痛快さをプレゼントするという反応だ。

‘귓속말(耳打ち)’に登場する悪の勢力はチェ・イルファン(キム・ガプス役)とカン・ユテク(キム・ホンパ役)、キム・ジョンイル(クォン・ユル役)として代表
される巨大ローファーム‘テベク’の人物だ。イ・ドンジュン(イ・サンユン役)の父親イ・ホボム(キム・チャンワン役)もやはり、自身の富のために息子まで
売り飛ばす卑劣な悪人だ。

チェ・イルファンは巨大ローファーム‘テベク’の代表で悪の勢力の中枢だ。チェ・イルファンは防衛産業不正を取材したシン・ヨンジュ(イ・ボヨン役)の父
親を殺人者として操作して、判事イ・ドンジュンに請負裁判を提案するなど判決まで思うままにする。彼に法は定義を殺すことができる刃物だ。同時に
彼は法の上で法を知能的に利用して自身の利益を取る法匪(法匪:法を悪用した盗賊、権力無理)の核心だ。

カン・ユテクはチェ・イルファンと‘テベク’の共同代表であり不正を日常行う防衛産業業社のオーナーだ。彼は家の長男息子であるチェ・イルファンから
‘テベク’を完全に奪って息子カン・ジョンイルに抱かせる計画。国民年金理事長との電話一通でチェ・イルファンを簡単に撥ね退けて青龍電子の売却
件を再び息子カン・ジョンイルに引き受けさせるようにする。

この他にペク・サング(キム・レハ役)はカン・ジョンイルの汚い後始末を助ける組織暴力だ。カン・ジョンイルの指示で防衛産業不正を取材した記者を請
負人として殺した悪人だ。‘テベク’の弁護士チョ・ギョンホ(チョ・ダルファン役)は友人であるカン・ジョンイルを手伝い不法に足を漬けてそのドロ沼により
一層陥る俗物だ。

ソン・テゴン(キム・ヒョンムク役)はチェ・イルファンの秘書で、‘テベク’内でチェ・イルファンの門の取っ手をつかんでいる。誰も彼を通さなくてはチェ・イル
ファンに会うことはできない。過去の検査によるスポンサー事件で弁護士資格まで失ったがチェ・イルファンの犬として仕事をして富を維持する卑怯なエ
リートだ。チェ・イルファンの娘チェ・スヨン(パク・セヨン役)は特権意識でぎっしり埋まる名品女性で、自身をあざ笑う人々をかえって軽べつする低級な上
流層だ。

‘귓속말(耳打ち)’は法律会社‘テベク’を背景に敵で同志、結局恋人に発展する2人の男女が法匪を痛快に懲らしめる話。毎週 月・火曜日放送される。


@SBS funE

コメント

テギョンさん's 写真 @'2017韓国独立野球リーグ出征式'

2017-03-30 | イム・テギョン
'2017韓国独立野球リーグ出征式'という式に参加
してたテギョンさん写真です。


야구....Baseball....野球....(独り言です...)



※コメント欄、外してます。。。




@김정현 Instagram


@스포츠한국


コメント

‘귓속말(耳打ち)’イ・ボヨン、イ・サンユン態勢転換にも猛攻格&3回予告

2017-03-29 | イ・サンユン
昨日初放送のサンユンさん出演のドラマ、‘귓속말(耳打ち)’
サンユンさん記事と来週放送3回予告映像です~


会話がなかなか聞き取れなくて悪戦苦闘中ですが...


サンユンさんの演技がカッコいいので来週も見ます~


 
※コメント欄、外してます。。。





SBS [귓속말] - 3일(월) 예고





‘귓속말(耳打ち)’イ・ボヨン、イ・サンユン態勢転換にも猛攻格


イ・ボヨンが猛攻格に出た。

28日午後10時放送されたSBS ‘귓속말(耳打ち)’(演出イ・ミョンウ/脚本パク・ギョンス) 2回では法匪になってしまったイ・ドンジュン(イ・サンユン役)と
彼の態勢転換に当惑感を隠すことができないシン・ヨンジュ(イ・ボヨン役)の姿が描かれた。





シン・ヨンジュは自身の名前を捨ててテベクに秘書として入った。シン・チャンホ(カン・シニル役)の事件が起きた国道のCCTVを入手したシン・ヨン
スはこれをイ・ドンジュンに差し出した。事故が起きた日の現場にはシン・チャンホの車の他に一台の車両がこちらを過ぎて行った。シン・ヨンジュは、
“車両番号確認しました。この車、テベクで使う公用車です。調べてみます。その日明け方に誰がこの車を運転したのか私には難しいがあなたには
容易なことじゃないか”と言った。

イ・ドンジュンはこのようなシン・ヨンジュに、“言葉で洗おうとしました。申し訳ない。再採用で脱落して汚名で拘束されても、それでも戦ってみようか。
私は間違っていないと。あなたの父親のようにそうするうちに20年、30年過ぎても私もあなたの父親のようになればどうするだろうか?判事席弁護
士登用を全て捨てられるけど私の人生、私に残った時間は捨てることはできなかった”と訴えた。しかしシン・ヨンジュはイ・ドンジュンに、“あなたの
人生には関心がない”として断固たる姿を現わした。

圧迫に勝つことが出来なかったイ・ドンジュンはテベク内のCCTV映像を確保した。しかしこのCCTVには事件当日、該当車両に乗って建物に向かう
チェ・スヨン(パク・セヨン役)の姿がつけられていた。イ・ドンジュンとしては妻になったチェ・スヨンの殺人疑惑を明らかにするチョ・ガンスを置くことは
できない状況だった。

このような状況を分からないシン・ヨンジュは地下駐車場のCCTV映像を確保することができなかったというイ・ドンジュンの嘘にパク・サング(キム・レ
ハ役)のカードを差し出した。だが、イ・ドンジュンは他の部署で発令状を出す予定として冷静な姿を見せた。シン・ヨンジュが動画カードで脅迫をする
渦中にもイ・ドンジュンは、“どうなのか? シン・ヨンジュさん、私の他にまだいるのか? あなたの父親を救い出す人”と逆に脅迫をした。引き続き、“核は
保有した時恐怖を周知し使えばお互いが共倒れになるということよく分かるはずなのに、殺人犯追跡は止まります。2審で出来なければ大法院確定
判決の後に病気保釈で救い出します”と提案した。

シン・ヨンジュはイ・ドンジュンがパク・サング事件を受け持つことになったことを知って作業に出た。イ・ドンジュンの電子決済でパク・サングの事件を
否決させたシン・ヨンジュは彼の背後を明らかにすることに出た。イ・ドンジュンは一歩遅れてこの事実を知って走って行ってチェ・スヨンの存在が坦路
出るか気をもんだ。だが、意外にもカン・ジョンイル(クォン・ユル役)が約束場所に現れて状況はまた再び複雑に流れ始めた。


@헤럴드POP





コメント

テギョンさん's 写真 @芸能人野球大会(3/27)

2017-03-29 | イム・テギョン
27日 芸能人野球大会でのテギョンさん写真です。


http://www.hanstar.net/news/articleView.html?idxno=351233


テギョンさん、髪がだいぶ伸びたなあ...って感じ^^;



※コメント欄、外してます。。。




@한스타








コメント