スロバキア、タトラ山脈の麓より

スロバキア人の夫と2人の娘たちと私の生活

春の街で見かけたもの 2

2018-04-17 | ポプラド・タトラ山脈/Poprad
先日、町の広場でアイスを食べているときにこんなものを見つけました。


小さな本の家

ずっと前からあったのか、最近設置されたのか、しばらく街をのんびり歩くこともなかったので全く気付きませんでしたが、いつの間にかこんな小さな本の家が置かれていました。
図書館の本の返却箱かなと思ってよく読んでみると、街の数か所にこの小さな本の家が設置されているようで、中に入っている本は自由に借りることができるのだそうです。読み終わった本はその数か所のうちのどれか一つの家に返却するか、もしその本が気に入って手元に置いておきたかったら代わりに自分の持っている不要な本を入れれば良いとのこと。素敵なアイデアですね。以前の古いパンが新鮮な卵に変わるアイデアもそうでしたが、こういう循環する仕組みのアイデアって好きです。

市といくつかの団体の協賛で運営されているようで、その内のひとつは町の老舗の本屋さんでした。

CHRISTIANIAという本屋さんで私の大好きな本屋さんです。
最近は町のショッピングセンターに入っているカフェ併設の大手本屋さんに押され気味ですが、この小さな本屋さんの雰囲気もなかなか素敵です。狭い店内の床から天井までびっしり並ぶ厳選された本。スロバキアへ来た当初、唯一この本屋さんにだけ外国人向けのスロバキア語学習本と練習問題があり、購入しました。私が幼いころ好きだった「がまくんとかえるくん」のスロバキア語訳の本をネルカに買ってあげたいなと思ったときもここにありました。
外国で本屋さんてなかなか入ることもないかもしれませんが、タトラの麓にいらしたら、ここでスロバキアの素敵な写真集などお土産に見つけてみるのはいかがでしょうか。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

春の街で見かけたもの 1

2018-04-12 | スロバキア2018
夏時間になったのに加え、日々、日が伸びてきているので、家に帰るのも日に日に遅くなってきています。暗くなるのが早いだけで時間は同じなのに、冬は早く家に帰らないとと思うから不思議。今週は毎日家の前で子供たちは自転車に乗っています。

昨日、学校帰りにアイスを食べながら歩いている子を見かけて「私も食べたい、アイス買って」と子供たちは大騒ぎ、用事があったのでアイスは買わず用事を済ませて家に帰ると、食後にマルツェまでもが「アイスを食べよう」と言うので冷凍庫の奥からアイスを出すと残念、賞味期限が過ぎていました。

そこで今日こそは!と子供たちと幼稚園と学校の後、町の広場に行ってみたら開いていました、アイスクリーム屋さん!


アイスクリーム屋さんと言えば共産主義のころからバルカン半島が有名だそうで、今でも町のアイスクリーム屋さんの半分くらいは夏の間だけ営業、クロアチアなど旧ユーゴスラビアの国から来るアイスクリーム屋さんです。

小さめの1スクープ、50セント(60円ちょっと)です。味はまぁまぁなので私は我慢(子供たちは我慢できずここで食べました)、帰りにスーパーでアイスを買って帰りました。

買ったのはこちら。


自宅で食べるならこちらがお勧めです。もともとヨーグルトの会社なのですが、数年前からアイスも出てそれがとても美味しく、それ以来ずっとこのアイスを買っています。一番好きなのはチョコレートですが、バニラやレモンも捨てがたい。牛乳の味が苦手な私はバニラのアイスを滅多に好んで口にすることはありませんがこのバニラのアイスは美味しいです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Vylet/お出かけ

2018-04-09 | スロバキア2018
先週のイースター休暇の4連休、1日目大洗濯と大掃除、その後3日連続来客であっという間に終わってしまいました。せっかくの連休でしたが雪が降ったり天気も悪く、お出かけするどころでもなかったので来客で楽しく過ごせて良かったです。

今週は久しぶりのお出かけです。スロバキア語で旅行やお出かけのことをVylet(ヴィーレット)と言います。サクルカに「明日はVyletに行くよ」とマルツェルが言うと幼稚園の遠足(これもVylet)と勘違いしていたようなので、私が「ヴィソケー・タトリにお散歩に行くんだよ」と言うと、今度は近所の散歩と勘違いし、おもちゃのベビーカーとお人形を持って行くと。車に乗ってお出かけするからベビーカーは持って行かないよと言うと、またもとの遠足と勘違いしていたようで、到着したらフラヴィア(幼稚園のお友達)も来る?先生も来る?と聞いていました。4歳児、色々理解できているかと思えば、なかなか説明が難しいこともあります。


少し曇り気味で肌寒かったけれど、気持ちの良い散歩でした。



シュトゥルプスケー・プレソの湖を一周一時間、ベビーカーにソリに赤ちゃんの時から何度も散歩に来ていますが、子供たちもこれくらいの距離は難なく歩けるほど成長しました。まだ所どころ雪が残り、湖はまだ凍っていましたが、さすがにもう気温が上がってきているので、湖の上でのスキーはもう終わったよう。森の中だけスキーの跡がついていました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

個展ーNAJ-ART

2018-04-06 | スロバキア2018
先週ネルカとサクルカのお絵描き教室の先生が子供たちの作品と一緒に個展を開いてくださいました。
お絵描き教室は子供たちの大好きな習い事で、ネルカはかれこれ3年通っています。
本当は5歳からのこの教室にネルカは仲良しのお友達が通うからということで一年早く4歳から、サクルカに至ってはネルカが通ってるので一緒にどうぞと3歳から特別に通わせてもらっています。
毎回子供たちの楽しめるレッスンをしつつ、しっかり美術の基本も教えてくれている、私とマルツェルの尊敬する先生の一人です。

今回は先生と子供たちの作品を町の画廊を借りて展示してくださいました。
先生の挨拶の後は生徒(お孫さん)のフルートの演奏、会場にはケーキや飲み物も用意してくれていて本格的なものでした。
個展名のNAJとはスロバキア語の最上級です。最もとか一番とか、その名前にサクルカを心に置いてくれたようです。一番小さなアーティスト、と。なんだかとても嬉しいです。

さて、ネルカの作品は一番上の右から2番目、抽象的ですが、お花だそうです。クレヨンで熱いアイロンに色を付け、それを紙に押しつけて描いたのだそうです。サクルカは左下、ニワトリとヒヨコだそうです。いつも迎えに行くと恐竜の絵ばかり描いていたのですが、いつのまにかニワトリも描けるようになっていました。


写真(https://www.facebook.com/Atelier-Popprat-481879318853566/?hc_ref=ARR2dce_MellGdtxFJyX6PIPjEWuV2WaBIdhLlpBmi6nSisZewgpRfKa6yU6v3ak8i0&fref=nf)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ちょうど良い

2018-03-22 | スロバキア2018
先日のスロバキアのニュース、個人的な意見も、感想も抜きで本当に本当にサラッとニュースの抜粋だけを書きましたが、書いてやっと前に進める(次のブログを書ける)気持ちになりました。事件、そしてスロバキアの立ち上がる人々を見てどうしても色々と考えさせられることがあったので。

今週は日曜日からずっとサクルカが義父母のところにお泊りしているので、マルツェルとネルカと私の3人、毎日がとても穏やかです。そういうとサクルカがとても手のかかる子のように聞こえますが、ネルカがお泊りでサクルカだけが家にいてもやはりとても穏やかなので、たぶん二人一緒にいると喧嘩も多くてうるさいんでしょうね。それにしてもサクルカ、「ちょっと咳が出るので幼稚園を休ませたら?」と義母が言ってくれ、「どうせ休ませるなら朝連れて来るのも面倒だろうし、泊まらせていいわよ。」と言ってくれたのが日曜日、それ以来迎えに行っても帰ってきません。たくさん、遊んでもらえるし、嫌いなものは食べなくて良いし(とはネルカの言葉)、楽しいんでしょうね。今日で5泊目、こんなに長いこと一人でお泊りできるなんて大きくなったなぁと思いますし、孫にこんなに尽くしてくれる義父母にも感謝です。

今日は仕事の話でも。あまり書くほどのこともないのでいつも仕事の話は全くブログには登場しませんが、私が誰かのブログを読むときに興味を持つことのひとつです。この人はどんな暮らしをしているんだろう?(仕事をしているとわかれば)どんな仕事をしているんだろう?と。

私は地元の小さな会社の社長アシスタントとして働いています。(どうやって職についたかはコチラをどうぞ)社長のアシスタント→社長秘書(!?)と言えば非常に聞こえはいいですが、雑用係です。若く精力的に活動する社長の思い立った色々をサポートしています。「来週はドイツに行く」と言えばドイツ滞在中の予定を埋めます。どこからか新聞記事や動画を見つけてきて、「これについて調べてみて」と言われたらそれについて調べます。「契約書を読んでおいて」と言われれば契約書にも目を通します(本当に目を通すだけですが)。「求人広告出しておいて」と言われれば求人広告を出して面接をアレンジします。これまでと全く違う職種(日本では経理一筋)で、色々なことに関わらせてもらっているのでビジネスの流れを見れるという点ではこの仕事はとても面白いです。

最近同僚たちにポソッとフルで働くつもりはないの?と聞かれます。仕事、仕事と偉そうなことを言っていますが、雑用係な上に、私は実は半日勤務です。社内で半日勤務をしているのは私だけ、家族構成(子供の年齢)が私と同じような人でもみんなフルタイムで働いています。私のように半日勤務はここスロバキアでも例外ですから。ときどき、そろそろフルで働いても大丈夫かな?と思うこともありますが、でも働き始めたころ、サクルカは幼稚園に通い始めたばかりで風邪を引きがちだったし、今年はネルカが小学一年生になり、毎日宿題に付き合うとなると半日勤務が私にはちょうど良い。

フルタイムで働けばもちろん収入は良いけれど、でも今の条件でもそう悪くはないです。健康保険を払ってもらい、年金をかけてもらい、何より家族以外の社会との接点が少々あるって良いですね。サクルカですら、幼稚園という彼女だけの社会があって、ときどき幼稚園であったすごくおかしかった出来事を笑いながら話しているのを聞くと、「あぁ、こんな小さな子にも親の私も知らない世界があって、そこで笑えることがあったなんて」となんだか不思議で良い気分になります。同様に私がその日、同僚たちと大笑いした雑談を家で話しているとマルツェルに「会社勤めするっていいことだよね」と言われます。やっぱり私がサクルカに感じる思いと同じものを持ったのでしょうね。

働き始めたころから、今も変わらないこの職への思いはこれぐらいがちょうど良い。少々、社会との接点があり、少々収入があり、家族との時間があり、自分の時間も少々、これぐらいがちょうど良い。そしてこういう環境にめぐり合えたから、ここ(スロバキア)が私にとってちょうど良い。


Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加