歩道を走る自転車のこども

題詠blog2015に参加しています。
ただし…めっちゃとろとろしておりますので
どんどん追い越してってくださいな~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五首選会に参加させてください(わんこ山田)

2015-12-02 17:43:21 | 題詠blog2015

中村成志さん主催の五首選会に参加させていただきます(^^♪

 

自選五首『かっこつけた歌』

 

025:さらさら  「あいたい」の「あい」はどの字を使おうか口にする気はさらさらないが

051:緯     「なし崩し」それがもっとも端的な経緯残りは「ふたりの秘密」(経緯=いきさつ)

068:煌     「煌めく」と読めた私を褒めましょう口から出まかせだって実力 

082:佳     どうしても佳作止まりの人生で名前の「佳」の字のせいかと恨む

096:賢     賢明な対処ができる私たち険悪を避ける音は「しゅるり」だ                

 

今年は自選に格好つけた「括弧つけた歌」を復活。

五首選会に参加の皆さん、どうぞよろしくお願いします('◇')ゞ

題詠blog2015、わんこの100首はこちら

 

Comments (8)   この記事についてブログを書く
« 題詠blog2015 暴走の記録 | TOP |   
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
「食」五首 (中村成志)
2015-12-02 21:49:01
004:栄
頬ぶくろ言いたいことでふくらんで栄養不足に揺れる秋です

008:ジャム
トーストの上なるジャムの輝きを許せず齧る朝だってある

052:サイト
いつだって必殺技が出せるようおつまみレシピサイトを巡る

066:缶
さよならの代わり二人の真ん中のビールの缶を潰すぺこりと

090:山
くちびるを痺れさせたのはわたしよりさっきの麻婆豆腐の山椒


わんこ山田さんの「食」は、背後に右往左往する男女の姿が見えます。
ナイフを入れると匂いたつようなのに、その姿はどこか遠い。
触れられそうで掴めないもどかしさ。
二人のその後をずっと追っていきたくなるような。
その距離感を歌で提示するのは、実はとても難しいことなのです。
五首選 (しま・しましま)
2015-12-04 15:38:21
五首選
「水分」で選びかけたんですが、
わんこさんのお歌では、「水分」が感じられる歌よりも
そうじゃない歌の方に好きな歌が多かったので、
とにかく「好きな歌」です。


001:呼
仕事中ですね出るはずないことと呼び出し音がちいさくうずく

044:らくだ
なんというていたらくだろう「逢いたい」にとりみだすとはとりみだすとは

065:スロー
ああ転ぶああ倒れてくあああああ(映画だったらスローモーション)

076:舎
舎弟ならうんと良かった一身に可愛がっても憚られない

083:憎
連絡はもう知らんってタイミング憎めないけど切れていい恋

大人の女性ならではの恋愛のわちゃわちゃした感じが
もうすごく素敵でした。
五首選 (五十嵐きよみ)
2015-12-05 19:42:02
001:呼 仕事中ですね出るはずないことと呼び出し音がちいさくうずく

025:さらさら 「あいたい」の「あい」はどの字を使おうか口にする気はさらさらないが

054:踵 癖のあるすり減り方が微笑まし君の踵と歩き続ける

067:府 唯一の府を京都府に譲ったらあかんあかんって威張るんやから

087:当 ほどきたい当時の彼がまだ持っているらし初めて編んだマフラー

「お!」と思った表現のある5首を選ばせていただきました。

「001:呼」の歌は、下の句が「お!」でした。「呼び出し音がうずく」。自分ではちょっと思いつかなかった表現だし、それがどんな音(どんなふうに感じられる音)かも伝わってきて、いいなあと思いました。

「067:府」は、なるほど、大阪都構想にそういう反対の仕方もあるのかと、目からウロコでした。確かに、京都府は威張りそう(あ、私、京都府出身です~)。

「087:当」は、もしそんなことが実際にあったら、私も絶対にほどきたい! マフラーは編んだことがないですが、例えば手紙を取っておかれたりしたら、破り捨てたいです。こういうことって、ありえないことじゃないなあ…と初めて気づきました。ちょっとオソロシイ発見。どうか、誰も何も取っていませんように。
Unknown (東馬想)
2015-12-05 22:40:54
偉そうなことは言えない名曲を噛みしめただけ恋は独学


そう前置きをして山田先輩は、彼氏が欲しい!という私にこう言った。


精神的支柱じゃなくて精神的浴槽くらいの彼氏でいいよ


えっ、それって頼りになる人より抱擁力のある人のほうがいいってこと?


異星人めく恋人とことごとくかみ合わなくてきらめく会話


先輩のことばは謎めいている。かみ合わないのにきらめく?私のような初心者には今イチよく理解できない。ラブフェッショナルへの道は遠い。この際だから聞けることはなんでも聞いておこう。
彼氏が出来たと仮定して、こじらせてしまった時の対処法を尋ねた。


賢明な対処ができる私たち険悪を避ける音は「しゅるり」だ

しゅるり!?

先輩わかりません。教えてください!私にも使えるようになりますか?「しゅるり」のじゅもん?

「あのね、じゅもんだなんてそんな大げさなものじゃないのよ。今の彼と付き合いはじめた時に…」

なんでも山田先輩がカラオケで森昌子さんの越冬つばめを選曲して、「ヒュールリーヒュールリーララー」って歌うところを「しゅーるりーしゅーるりーららー」とおちゃらかけたら彼氏が大ウケしたんですって。で、今でもあっ、これはヤバいなという空気になったら必殺の「しゅるり」を繰り出すわけ。でもこれ、山田先輩オンリーの技じゃないかしら。だって、そんなふざけて人を笑わせるようには見えない先輩だからこそ、彼氏のツボにはまったんだと思う。

先輩が時計を見た。貴重な時間をさいて私につきあってくれた先輩に最後にもうひとつだけ質問。

男と女の距離感。

微苦笑を浮かべて先輩は自身の手帳に何やら文字を書いてその頁を切り取って私に。


温度角度湿度頻度すべからくはかりたくなるふたりのあいだ


「彼氏出来たら紹介してねU+FEB1A」

そう言って先輩は手を振って私の前から去っていった。居残り喫茶店。先輩の文字が書かれてある紙片を見つめる。

「温度角度湿度頻度すべからくはかりたくなる」わかります。「ふたりのあいだ」はふたりの間?それともふたりの愛だ?どちらにしても距離感をうまく保ってふたりのあいだ。

先輩ありがとうございます!
お言葉を胸にわたしは恋に走ります!
かわいい五首 (千原こはぎ)
2015-12-18 16:41:36
008:ジャム   トーストの上なるジャムの輝きを許せず齧る朝だってある
009:異     異星人めく恋人とことごとくかみ合わなくてきらめく会話
032:昏      もうずっと昏睡のまま生きている目覚めのキスは逢えない人で
040:清     真夜中に月を観たかと問うメール清く正しく狂おしく来る
044:らくだ   なんというていたらくだろう「逢いたい」にとりみだすとはとりみだすとは

わんこさんは年上の女性なので失礼かなと思いつつ、つい「かわいいな」と思ってしまった五首を選びました。

「ジャムの輝きを許せず」…発想が面白いです。
「きらめく会話」…かみ合わないことがきらめく、そんなポジティブ変換にやられました。
「昏睡のまま生きている」…すごいです…すごいです…早く目覚められますように…
「月を観たか」…ラストの「狂おしく」がいいですね(*´д`*)
「とりみだすとは」の繰り返しが感情を素直に伝えて素敵です。「らくだ」のお題をこう使うか!という驚きもありました。
五首選 (きむろみ)
2015-12-19 17:34:48
022:砕      粉砕じゃなくて玉砕ぶつかって飛び散るときに少し笑えば

025:さらさら  「あいたい」の「あい」はどの字を使おうか口にする気はさらさらないが

035:液      体液の流れのままに息をしてただ運命と明日を迎える

064:裕     お財布に少し余裕がある時の私をわたしは覚えていたい

084:錦     なにごとにおいてもサービス精神にあふれて錦糸卵がぶ厚い

うたの日でわんこ山田さんの評がいつか欲しい、きむろみです。五首選ばせて頂きました。
わんこ山田さんのうたの日でお見かけする歌は、柔和で恋心も見え隠れする明るいイメージが多いのですが。題詠百首を拝読するとイメージが変わりますね。地に足がついてる場面と恋や夢に走っている場面の歌との温度差が興味深いです。上記の五首は飲みものが入る前の器のような≪素のままの主体≫の歌を選びました。084はわたしの好み、錦糸卵は分厚いのが美味しいんです。
素のまま……などと書きましたが見当違いの読みでしたらすみません。。
Unknown (Unknown)
2015-12-19 17:37:16
こんにちは。いまだなつきです。
003:要      気が向けば返信くださいできるだけ必要事項をご記入のうえ 
004:栄      頬ぶくろ言いたいことでふくらんで栄養不足に揺れる秋です
045:売     売られたら買いたい喧嘩がありましてキバが触れますキスしていても
074:唾     脚本は天に唾してもくじけない設定でしたが今泣いています
085:化石    もうちょっと生ける化石として置いてときどきごろんと転げますけど

山田わんこさんの歌は、ですますの文体がすごく軽やかで心地よかったので、以上5首選ばせていただきました。
わんこ山田さんへ (中村成志)
2015-12-20 08:23:36
実のところ、「六歳の自分」というものをあまり覚えていなかったりします。うーん、何をやっていたんだろう?
でも、匂いだけはフラッシュバックのように突然浮かんできますね。
カレー・土・アスファルト・肉屋のコロッケ・母・父……
これからも頑張って五首選会を続けたいと思います。ぜひご参加くださいね。
ありがとうございました。

post a comment