歩道を走る自転車のこども

題詠blog2015に参加しています。
ただし…めっちゃとろとろしておりますので
どんどん追い越してってくださいな~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

040:勉強(ワンコ山田)

2012-07-31 14:52:26 | 題詠100首2012

天使にも悪魔にもなれる生き方は勉強したの、いえ、恋をして 

Comment

039:蹴(ワンコ山田)

2012-07-31 14:44:17 | 題詠100首2012

週末の雨は遠出の先ですか聞けない飛べない水たまり蹴る

Comment

038:的(ワンコ山田)

2012-07-31 14:40:34 | 題詠100首2012

声だけの君文字だけの君なのに数的優位は保たれたまま

Comment

037:牙(ワンコ山田)

2012-07-31 14:38:58 | 題詠100首2012

痛い目をしてまで見たい見たくない毒牙の先の濡れているさま

Comment

036:右(ワンコ山田)

2012-07-31 14:36:49 | 題詠100首2012

右側に居た気配まだ覚えてて素直に右が向けないでいる

Comments (2)

035:むしろ(ワンコ山田)

2012-07-06 04:33:37 | 題詠100首2012

みっともない。むしろ痛ましい恋だ。頬のくすみが見えないからって

Comment

034:聞(ワンコ山田)

2012-07-06 04:31:04 | 題詠100首2012

今、わたし、君には何に見えてます?聞いても風よ見えるわけない

Comment

033:滝(ワンコ山田)

2012-07-06 04:29:33 | 題詠100首2012

<感情をコントロールする>七夕の短冊は泣く滝状の雨 

Comment

032:詰(ワンコ山田)

2012-07-06 04:24:01 | 題詠100首2012

息継ぎをしなきゃ詰めてちゃ喋れなくなる笑えなく泣けなくもなる

Comment

031:大人(ワンコ山田)

2012-07-06 04:22:13 | 題詠100首2012

年下のなぐさめ方が大人びている泣かされている今日もまた 

Comment