歩道を走る自転車のこども

題詠blog2015に参加しています。
ただし…めっちゃとろとろしておりますので
どんどん追い越してってくださいな~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

打ち上げ会場、設営中~

2006-10-27 18:24:24 | 題詠100首2006
続々と100首詠み終えた皆さんがゴールに駆け込まれております~

ゴールテープを切って完走報告が終わると
「完走おめでとうケーキ」が届きます~~
花火もドーンとあがります!
そして、シャンパンも~~~
ワンコなどビール好きは「ビールかけ」を楽しみました~

その後は豪華温泉旅館を借り切っておりますので
ラストのランナーさんが到着するまで、温泉でのんびりしていただけます。
温泉、ビリヤード、ボウリング、卓球・・・

11月1日、0時になるまでゆっくり疲れを癒してくださいね~
締め切り時間がきたら、ゴールした人もまだの人も沿道の方も
スタッフの方も「打ち上げ」ですよ~
8ヶ月に渡るイベントの労をねぎらいましょう~

あと4日・・・只今下っ端力士たちが会場を設営中です~
ご馳走もあるよ~~~

Comment (1)

題詠100首

2006-10-26 11:28:25 | 題詠100首2006
ばらばらになりたがるそれぞれのお話を持った100の子たちです。
タイトルはつけられません。
お化粧してあげたいところもあるのですが
ここには生まれたままの姿そのままで。
一人ひとりのお話はまたの機会に・・・

001:風   
初めての首輪を待って風はらむふわり仔犬のかしげたあたり

002:指   
べったりと指紋をつけて返された小さなかがみ胸に一枚

003:手紙  
「雨待ちの傘です」手紙に書きました臆病者の片思い 晴れ

004:キッチン 
キッチンは西向き一方通行でケンカはたぶん禁止事項で

005:並   
まっすぐに並んだ文字が書けなくて個性だアートだ爆発だって

006:自転車 
「もう一人あとで来ます」とつぶやいて今日もまちぶせ自転車置き場

007:揺   
振動が激しくなってすっと逝く洗濯機って揺れて生きてた

008:親   
夕日浴び「親分、月が…」ようしきた!地ならし部隊、はしごを掛けろ!

009:椅子  
不器用な椅子職人の遺作には二匹寄り添う風邪ひき猫が

010:桜   
泣かせてね。男の声で『桜』ってどの歌だって女にしみて

011:からっぽ
からっぽの鳥かご夜毎(よごと)水を換えナイチンゲールの帰る日を待つ

012:噛   
齧る噛む齧られ噛まれお互いに傷の一つも無い愛おしさ

013:クリーム 
身代わりは両手捧げた僕でいいソフトクリーム君の騎士(ナイト)だ

014:刻   
刻まれる覚悟して脱ぐ初恋の殻指を刺す固ゆでたまご

015:秘密  
魔法瓶のぞけば光るいびつな目秘密を知った僕を見上げる

016:せせらぎ 
ちかづけぬ君せせらぎの乱反射まぶた閉じても来るなと脅す

017:医   
有能な外科医Bにもやっかいな失恋患部に埋まるペリカン

018:スカート 
おんなって忘れたい日にスカートがチェーンを噛んで思い知らされ

019:雨   
駆け引きも天気雨降る浜辺なら前を歩いて素足見せつけ

020:信号  
信号が点滅すれば立ち止まる初めての人君の手をとる

021:美   
微熱持つ額に頬に美意識のかけら押し当てクールダウンし

022:レントゲン 
胸いっぱい吸えば吐き出す許可を待つレントゲン室たしかな被爆

023:結   
男との約束ゆるめがいいじゃないすぐに解(ほど)けるちょうちょ結びで

024:牛乳  
牛乳を温めるのが下手な人に私はあっさり温められた

025:とんぼ 
地の果ての何も無い空つながったとんぼになって終わるのもいい

026:垂   
うな垂れてパンク自転車押す夜は一人暮らしの鎧が重い

027:嘘   
素粒子を説くきみの口嘘をつく聞く振りぼくの眼も嘘をつく

028:おたく 
そらうみのあおがすきってきいたあときみのめのあおたくらみのいろ

029:草   
ランドセル投げて預けたれんげ草あっちゃんの帽子どこに隠した

030:政治  
じっちゃんの政治経済5時限目両手頬づえすべる頬ぼね

031:寂   
アジアから骨除かれて漂着し魚類寂しく「無せきつい」と書かれ

032:上海  
囚われの桜散り初め夢を見る低く身の上海燕(うみつばめ)飛び

033:鍵   
身支度を整えて発つきみが置く謎解きの鍵もう使わない

034シャンプー 
クマちゃんもシャンプーしましょ明け方の腐りかけてる月抱いたでしょ

035:株   
極東で育てています(wonder)も株分けをしてひみつの花園

036:組   
ベッドにも組み立てキットぶちまけて想う人から離れた暮らし

037:花びら 
花びらは最期に飛べと言われてた上昇気流を待ちすぎていた

038:灯   
窓ごとに夕日のゆくえ案じつつ灯ともしごろは華やいでゆく

039:乙女  
乙女座の星の仲間になりたくてどこで死ぬのが近道なのか

040:道   
寄り道の三叉路の先たんぽぽの綿毛は噂ばなしが好きで

041:こだま 
君の声熱持つ耳にこだまする伝えられない伝言ゲーム

042:豆   
怠け者ジャックが登る豆の木は雲からめとる邪悪な肢体

043:曲線  
感情の揺らぎあらわな曲線を眉に描きあげ鏡から出る

044:飛   
ハルジオンに触れても引火する過敏詰め込みわたし飛行船となる

045:コピー 
おおやけのこっぷのあらしコピーするりゅうしゅつさせるおおやけにする

046:凍   
熱くなる直前気づく臆病に初恋いくつ凍らせたっけ

047:辞書  
オオバコの相撲は嫌い2歳から僕の辞書には(勝)の抜けている

048:アイドル 
アイドルになれない肩とひざ小僧もとより秘密の線の内側

049:戦争  
簡単だ。リセットできる僕たちの愛し合ったり戦争したり

050:萌 
「ブーランコ、ワンワンコワイ、カーシャンモー」ちっちゃな声に詩歌の萌し

051:しずく 
濾過されて溶け合うことを拒みます蒸発しますしずくのままで

052:舞 
舞台から降りてどこかへ逃げたっていいよと誘う夏至の黒点

053:ブログ 
死んだ子の吐き出した息ウェブログで呼吸続ける 37℃

054:虫 
柔らかな羽もつ虫の水葬を送る紫陽花雨にかしいで

055:頬 
右頬でばかり噛むって見破られ「キャッチボールは左」と嘘を

056:とおせんぼ 
記憶よりちいさな父のとおせんぼ「嫁に行くな」に抱かれたくなる

057:鏡 
色彩の薔薇危うくて万華鏡囚われ人の飛び出しそうな

058:抵抗 
行商のうさぎが見せた三日月は摩擦抵抗無しとの噂

059:くちびる 
木の葉だかボートだったかくちびるはかわいいコックの器量のはじめ

060:韓 
株守る蚊や蛙見て韓非子に聞きたいことを抱えて帰る

061:注射 
注射器に空と稜線映しこみ夏の予感のワクチンが待つ

062:竹 
こんちきちん 竹の硬さを滑り行くついてくるなと角度鋭く

063:オペラ 
甦る『オペラ座の夜』フレディに抱(いだ)かれ触れた背に翼あり

064:百合 
初めての待ち合わせ場所白くなる百合の花咲く浴衣現われ

065:鳴 
サルビアの蜜 逃げ水の先の雲 蟻の葬列 雷鳴を呼ぶ

066:ふたり 
9時過ぎは未知の領域ペディキュアのつま先ばかり見ていたふたり

067:事務 
事務服のままで窓から見上げては右側涼し打ち上げ花火

068:報 
ミサイルは飛び出す準備しずしずと報道官が舌を噛む朝

069:カフェ 
待ちすぎた女が組んだ脚にあざ オープンカフェによどむ約束

070:章 
八月の日差しが重い泣きそうで喪章喪服の波にまぎれる

071:老人 
ばあちゃんは歩いてお嫁に来たそうな老人泣かせの坂の町です

072:箱  
悪魔学大全(持ち出し不可)抱いて百葉箱の蔭に隠れて

073:トランプ 
一人っ子私が遊ぶトランプは4人の私を見分けて並ぶ

074:水晶 
水晶体すら操縦しアリバイの傷をナノまで見透かす業を

075:打 
血の煮える音するあざも飼ううちに打ちつけた日の記憶薄まる

076:あくび 
私小説書く勇気なく昼下がり犬のあくびに付き合っている

077:針 
くるりくる定まらぬ風身に受けて磁石の針に逆らうばかり

078:予想 
台風の進路を予想する記事の半日遅れを責める雨樋

079:芽 
食虫花その芽を私の髪・爪を伸ばす犠牲に生命(いのち)いくつか

080:響  
距離感をつかめぬ二人魂の響きを聴くか少し触れるか

081:硝子 
ビール瓶やってた頃は何人か傷つけたかい 波間の硝子

082:整 
整髪の香り大人っぽくまとい級友を避け走るいがぐり

083:拝 
「拝」の字に手を合わす癖3歳のひいばあちゃんとの葉書の記憶

084:世紀 
今世紀終焉までを見届けた地球(ほし)は一面水の青です

085:富 
富士山に雪 不器用な指急かし訳有りコートのボタンを替える

086:メイド 
僕たちはわざとでこぼこつけられた神の手によるハンドメイドで

087:朗読 
奥付に「みち子5才」と添えてある柔らかな紙 朗読も吸う

088:銀 
探偵と助手がすべてを見抜いてた凶器が銀の燭台の頃

089:無理 
「君のそこ」誰か貶せばわたくしは褒める「そこ、ここ」無理にも探す

090:匂 
凶暴で哀しき秋の捕らえ方しとめた後の火薬の匂い

091:砂糖 
「あーんして」うつろにひらく微熱の子氷砂糖に冷たさを待つ

092:滑 
ぶら下がる滑車もヤツも重すぎる「考えないものとする」はずの

093:落 
お砂場へ落下傘部隊つぎつぎと一年生の黄色遅れて

094:流行 
感染とおでこに出たら休めます 進化型流行性感冒は

095:誤 
ニュースには誤爆ばかりが報じられ「正爆」なんて検索したり

096:器 
肉体は哀しき器壊れゆくただ輪郭は少女と呼ばれ

097:告白 
中庭の桜 告白するあいだ黒板消しは叩かれていた

098:テレビ 
柵越しに足元煙るテレビ塔ニュースも煙(けむ)に巻け麒麟草

099:刺 
かあさんの手編みと見てか集まってひっつき虫はわざとトゲ刺す

100:題 
100の子はひとつまとめの題名を嫌がり散って歩き始めた


Comment

完走報告(ワンコ山田)

2006-10-17 14:50:31 | 題詠100首2006
おかげさまで題詠100首、完走することができました。
貴重な体験をする機会を与えてくださった五十嵐さん、
本当にありがとうございました。

最初は参加するつもりではなく、お友達の伴走をして
ブログのタイトルのように
「マラソン大会でトップランナーの横を自転車で走るがきんちょ」になって
ついていけるところまで走る予定でした。
それがいつしか・・・
おとくにすぎなさんが「沿道から乱入したら?」って誘ってくださるのに
調子づいて、ワンコ山田なんて新しい(変な)名前でエントリーすることに。

煮詰まって足踏みするお題もたくさんありました。
また、失礼なことにばらばらに解体してしまったお題もありました。
山あり谷ありの100首でしたが、
すぎなさんが絶妙なペースメーカーになって走ってくださったので
10月もあと少しのゆとりをもってゴールできました。
ありがとうございました。

ごーふるたうんのお友達にも本当に励まされました。
5首ごとに目標をと思って、作ったイベントで無邪気に遊んでくださって
ありがとう~~~
(この後、ビールかけやります~~花火と温泉もまってます~
 ゴールがまだのお友達がゴールのたびにドンちゃん騒ぎをしますよ~)

また、鑑賞でお声をかけてくださった皆さんには前進する勇気をいただきました。
思いがけなく選んでくださっていてびっくりしました。
たくさんの歌に目を通していただき、感想を書かれている作業には
頭がさがります。
本当にありがとうございます。

さあ、これを書き終えて・・・
最後の一首、「詠み逃げ100首」のうちの詠み逃げ大賞「題」の歌を
アップすることにします。
ありがとうございました。
                         ワンコ山田(ちはる)拝
Comments (14)   Trackback (1)

100:題(ワンコ山田)

2006-10-17 14:45:32 | 題詠100首2006
100の子はひとつまとめの題名を嫌がり散って歩き始めた
Comment

099:刺(ワンコ山田)

2006-10-17 11:53:23 | 題詠100首2006
かあさんの手編みと見てか集まってひっつき虫はわざとトゲ刺す
Comment

098:テレビ(ワンコ山田)

2006-10-17 11:45:50 | 題詠100首2006
柵越しに足元煙るテレビ塔ニュースも煙(けむ)に巻け麒麟草
Comment (1)

097:告白(ワンコ山田)

2006-10-17 11:17:02 | 題詠100首2006
中庭の桜 告白するあいだ黒板消しは叩かれていた
Comments (2)   Trackbacks (2)

096:器(ワンコ山田)

2006-10-16 13:38:52 | 題詠100首2006
肉体は哀しき器壊れゆくただ輪郭は少女と呼ばれ
Comment (1)

095:誤(ワンコ山田)

2006-10-13 12:00:42 | 題詠100首2006
ニュースには誤爆ばかりが報じられ「正爆」なんて検索したり
Comment (1)   Trackback (1)

094:流行(ワンコ山田)

2006-10-12 11:16:09 | 題詠100首2006
感染とおでこに出たら休めます 進化型流行性感冒は
Comment

093:落(ワンコ山田)

2006-10-10 23:33:07 | 題詠100首2006
お砂場へ落下傘部隊つぎつぎと一年生の黄色遅れて
Comment

092:滑(ワンコ山田)

2006-10-06 22:48:43 | 題詠100首2006
ぶら下がる滑車もヤツも重すぎる「考えないものとする」はずの
Comments (3)

091:砂糖(ワンコ山田)

2006-10-05 13:09:33 | 題詠100首2006
「あーんして」うつろにひらくお熱の子氷砂糖に冷たさを待つ
Comment

090:匂(ワンコ山田)

2006-10-04 11:05:34 | 題詠100首2006
凶暴で哀しき秋の捕らえ方しとめた後の火薬の匂い
Comment

089:無理(ワンコ山田)

2006-10-02 23:10:49 | 題詠100首2006
「君のそこ」誰か貶せばわたくしは褒める「そこ、ここ」無理にも探す
Comment