シェラブドール

創作人形作家です。

スーパーで購入の梅はどうなんだろう

2018-07-15 11:27:23 | Weblog

昨日友人にパンを頂いた。

なんてメルヘンなパン。

地元大阪のパン屋さんとのこと。



まぁ黄色いスイカと赤のスイカ。

テーストもスイカのエキスが入っているので
美味しかった。

でも食べるのもったいなかった~。



今年は久しぶりに「梅干し」を。

これはOKのスーパーで購入。
毎度はネットで「南高梅」を10キロほど購入して
漬けるけれど
時期が遅すぎてやむなくスーパーで。
どうなるのだろうか。

 

まぁまぁじゃない?

フルーツの香り

早速15パーセントの塩でつける。




こんな感じ、一週間ぐらいです

 



右の梅は福井県で購入した梅。
これは大失敗だった。とりあえずは「ましな」梅を半分
漬けて見た。


福井の梅の梱包がひどかった。

ヤマト便から手渡しに頂いたとき

「ゴロゴロ」と転がるような音が。

悪い予感。

あけて見ると

クッションが全くなく
箱の半分しか入っていない梅が
ゴロゴロ踊るような状態ではいっており

「しみ」と「傷み」損傷がひどかった。


写真をとり販売者にクレームをつけるつもりが

「写真が添付」出来ない状態であり

まぁ「まし」な梅を漬けて見た。

「おそらく途中でカビが発生するかも・・・」


しかし我慢がならす
販売者に長ながクレームのメールを入れた。


一日置いて販売者オーナーじきじきに連絡を頂いた。

本当に申し訳ない、と丁重に
謝っていただいた。

私も半分は漬けていたので
半分の2500円を返金していただくことで決着。


おそらく梱包はきっと「アルバイト」の方が
無責任な仕事をしたのだろう。

「え???クッション材はいっていなかったですか?」と
驚かれた様子。

そうだよね、基本中の基本だよね。
デリケートな梅ですよ。
でも福井のあの会社からは金輪際買わない!


と、あらためて今回の梅に関して購入者からの
レビューをみたところ、同じクレームが相次いでいた。



スーパーで購入した梅は今のところいい感じ




楽しみ、
土用丑の日あたりに天日干し、

何と言っても「添加物なし」「かつお風味」「蜂蜜付け」じゃない
これこそが

酒飲みにとっての最高の梅干し

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鳥に合う」ウメッシュのおじさん

2018-06-27 08:28:47 | Weblog

いつもいつも「気になっているCM」

「鳥に合う」と相楽樹さんが串をほおばりながら
ウメッシュを飲んでいるあ・の・CM

相楽樹さんとっても可愛い、
かなりお気に入りの女優。

それにしても「あの中年のおじさん」

本当に本当に気になった。
チョーヤの「問い合わせ」に思わずクリックしたよ。

まぁ冷静になってメールは出さなかったんだけれど。

 



誰だろう、誰だろう・・・・

何度も検索しても出てこない

出てくるのは「ナンパ目的のきもいおじさん」しか出てこない。


私はいつも主人に


「いるいるあのタイプ、危険だわ~~~」



観る度に言うものだから

「しつこいよ」と言われた


危険100%のタイプ
北海道の片田舎ににも間違いなく居た。

女性に対して非常にフェミニストで
それでいて危険度半端なく間違いない




やはり同じく興味をもたれた方が居るようで

彼は「監督の友人」と言うことでありました

そうか検索しても出てこないわけだ。


危険だけれど
嫌いなタイプではない。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤフオクで人形用乳母車を購入

2018-06-05 20:16:47 | Weblog

実は半月ほど前に
以前から、ず~と前から欲しくてたまらなかった

人形用「乳母車」を買っちゃった。

それも、それも「ヤフオク」で。


ステンドグラスのサイトを観ていると

ドーンとその横に「乳母車」があるのではないの。


なんでなんでステンドグラスの横にあるの???
ジャンルが違うではないの???


すぐに「クリック」

これよこれよ、私が求めていたもの、
出会い、出会い、このほかに何があるって言うの?

出会うべくして出会ってしまった・・・・・


開始価格が18000円。。。
う~~~ん、18000円。。。。。。

昨日は違う「雑貨」を購入、決して安くはなかった
で、今日も又・・・・・どうしよう

アンティーク物だから一点もの。
でも18000円はお買い得、かなりお買い得

冷静に、息を大きく吸って冷静に・・・
明日の時刻まで考えよう、即決ではないから
終了時間までは誰のものではない。

まてよ、まてよ

「早期終了」もあり、と。


私は翌日忘れない為にも冷蔵庫に終了時間を記し貼った。


その時間はやってきた。
パソコンの前に大きく息を吸って構える。

終了2分前に入札を入れましょう。
どうしても欲しかったら寸前に値段を上げよう


その心配も無く
落札できた。

まぁ・・・この様な趣味のものは「限られたマニア」の方のみが
心震える商品だ。

構えること自体が余計な心配だ。


それがこの「乳母車」です。


アンティークドールを置いてみた。

若干大きいので人形を創ろう。




(我が家の犬16歳、猫20才、そそうの為にマットを敷いている)
本来は無垢のフロアーの上におきたいのよ!


送られてきて箱をオープンした
瞬間に

「想像以上だわ」と心が高鳴った。

どこのダメージも無く素晴らしいアンティークの乳母車でありました。


「ヤフーかんたん決済」の「ヤフーマネー」の
使い方に知識がなく支払いが10日かかった。


その間出品者と落札者投稿の手段も
回数がマックスになり

最期私達は電話で連絡を取り合うことになった。

とても良い出品者でラッキーでありました。

古物商の資格をもつ彼女が言うには

この乳母車はプライスダウンしたとの事で

マーケットに出た場合は倍の値段はしますよ、と
お話してくれた。

私もそう思う。

本当にヤフオクもすてたもんじゃない。

ヤフーマネーは絶対お奨めしないけれどね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城みちるの歌声は変わらず~~~

2018-06-04 17:11:42 | Weblog

先日BSで久しぶりに歌謡曲を。

まぁ懐かしい~~~。

城みちる、いるかに乗った少年!

歌の上手な少年のイメージがあったわけですが


まぁ年齢と共に歌唱力も落ちたんだろうなぁ・・・


まあ~驚き。
その頃と変わらない歌唱力に思わず聞き入る。

声の伸び、当時の振りさへも変わらない。
歌詞を大事に歌っていて感激。

そこに「伊藤咲子」が。
そう確か二人は恋人だったが
当時は売れっ子二人は禁断の恋。
なくなく別れたと当時の芸能ニュースでありました。

彼女はとても歌が素晴らしく上手。

当時岩崎ひろみちゃんの全盛時代でありましたが
私は伊藤咲子ちゃんのほうが声の伸びには一目置いていた、

と、Youtubeでコメントしましたら

「歌のこと何も知らないくせに岩崎宏美のほうが断然上手」と
叱られた記憶がある。

優しく、踊るようなビブラートはやはり断然伊藤咲子!!!


コンサートなどで二人はステージに
立っておられる。

だからあの歌声が保つことができるんですね。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラスベガス化した日本のイルミネーション

2017-12-27 10:28:32 | Weblog

昨今のイルミネーション。

もう趣味が悪すぎ。

まるで風景全てに電飾するものだから
平坦な電飾の「絵」を見ているようだ。

趣味が大変悪いと思う。

まるでそれはラスベガスのネオンの様だ。


六本木の街路樹のイルミネーションはとてもエレガント。

それは暗闇の中にダイヤモンドをちりばめた様な
ルビー、アメジスト、エメラルドを散りばめたような

それはまるでロマンチック。


いつか

クリスマスのイルミネーションは
巨大化したアミュージメントの
賑やかな「電飾」だ。

サンタクロースも余りにもの
チカチカしたネオンに逃げそうだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スノードームとやらを作ろう。

2016-11-09 13:07:29 | Weblog

トランプショックからようやく立ち直る。
それにしてもどんでん返し、いやトランプが優勢だった。
やれやれ4年間、8年間我慢しなくてはならないのか。

時期がわるいなぁ・・・・・

ちょっと気分転換を図ってみた。



ペットボトルでスノードームらしきものを
創ろう~。

中身は白い教会を作ろう。
白い雪を埋もれさせよう。

海外のサイトで見つけて

あぁペットボトルの下を切って
ドームらしきものは出来る。

でも
ペットボトルは嫌だから
わざわざガラスのドームを取り寄せた

へ~5000円もするんだ。

 


けれど

本来のスノードームを作りたい。

結局このドーム型ガラスを購入。
なんと6000円。

そう思ううちに少々熱もダウン気味。

 

空き瓶で作ってみた。

 セリアで揃えた。

 

これはダイソー。
200円なんて許せないよ。
やはりダイソーは百均でなけらば。

 



スノードームって海外のはストリー性があって
結構なお値段。

百ドルぐらいするようだ。


これを作りながら
又フランスパンを焼いた

今回はクーペは多少上手く言ったような気がする。

30cmで切ると10センチぐらいある。
外はバリバリ、
中はもっちり。

パンつくりは楽しい。
好きだなぁ。。。


夜は「ピザ」に変身。

海外のサイトで見つけました。
シャドーボックスにこの手のプリントが有りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイドショー「ゴゴスマ」だけがお気に入り

2016-10-08 10:25:57 | Weblog

ワイドショーの事をあえて私は「情報番組」と言い換える。

どうしても

ワイドショーが好き、とか
今日のワイドショーはね~とか

私は妙なプライドを持っている。



実は実は。。。。

こっそりと観ているワイドショーがある。


それは。。。。ね。

TBSの「ゴゴスマ」だ。

 



石井亮二アナの隠れファンでもあるし
女性アナも凄くお気に入り。

彼の「ぼけたジョーク」が最高に「お気に入り」

なかなかセンスの有る切り替えし!

彼のトークはかなり面白い!

結構お腹抱えて笑っているのである。


ミヤネ氏の「それ」とは全く違う。



数ヶ月前に何気なく回したチャンネルに

あれ。。。こんなワイドショーがあるんだ

ミヤネ屋かグッディの2局と思っていた。




彼のトークの「つぼ」にはまってしまった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラシックリボンを創ってみた

2016-10-05 14:16:05 | Weblog

ポリマークレィがあったので
クラシックリボンを焼いてみた。




石塑の粘土ではこうゆう訳に行かない。

ボソッと切れてしまう。

焼いて色を付けて見た。




あっと言う間にクラシックなリボンが出来上がり。

なかなかこの様なフォルムは意外と難しい。



気をよくして大きなリボンを創ってみた。

これはなかなかの出来だと思う。
手のひらサイズより大きい。



まるで踊りそうなリボンだね。

今オーブンで焼いています。

色を付けたらとてもゴージャス。

アンティークショップでも結構値段がする訳だから
創れるなんて上機嫌だわ♪

 

これでオブジェを作ろうかな。

 

 

ハロウイーンの写真が出て来ました。
これは1990年。  10月31日。
アメリカ駐在時代のもの。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工芸あれもこれも

2016-09-24 10:22:42 | Weblog

昨日はステンドグラスのピースをグラインダーで
つるつるにした。


こんなだったら最初から小さめに切ればよかった。

この様な仕事は四角四面にしなければ
駄目な性分で疲れちゃう。
パッチワークの様に隅々鋭角にきれいに処理したい。

どうせ半田で隠れるのだから
なんて思えないんだ。
どうもステンドグラスに「はまりそうだ」

今楽しみにしているパターンがある。
これはオリジナル。
花とか幾何学的な模様じゃなくて
私一人の秘密にしよう

それはそれは思いを馳せた
ノスタルジックなデザイン。
はぁ溜息がでそう~~~~~~

猫がいるからホントやりづらい。
猫は私が仕事をするのが大嫌いだ。
仕事を止めるた瞬間私を見ながら
ルンルン、リズムカルに階段に誘導する。

19歳なのに足元軽やか
「いったいどこまで生きるんだい?」と本人に
尋ねたいところだよ。

あ!もしかしたら人生どちらが先に
「さよなら」するか判らないからネ!

あぁ全くどこが可愛いんだか?だよ。

私の「工房」は常に
このように中途半端の作品がごろごろしている。

 

結構この薔薇もお気に入り。
この薔薇で結構なポケットマネーが
出来ました。

帽子も沢山作りました。



そのポケットマネーで
海外のサイトで
この様なプチ買い物を致します。

スポード社のトレイ。



きりないきりない。

只今フランスパン発酵中
第2発酵に入ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの「ダンシングオールナイト」に痺れちゃった。

2016-09-23 09:35:32 | Weblog

昨夜は久しぶりに「昭和の音楽の世界」に。

大好きだった「ダンシングオールナイト」を繰り返し
聴いた。


このノスタルジックな曲
最高だ。
昭和55年ぐらいかなぁ。

そうそう「異邦人」が流行ったのも
同時期だった。

年末ごろのデビューだったので
「賞レース」から外れていた時期だった。



もんたさんも当時は童顔のハンサムだったが
あぁ・・・・そんなものだ。

彼の音楽を聴いて「昭和の音楽の
素晴らしさに気づいた」なんて
コメントがのっていました。


アデランスかアートネイチャーか

石野 真子 さんがCMに起用された。
え~~~当時と変わらない。
そんな馬鹿な。
彼女だって同じ年を重ねているはずだ。
それにしても可愛い。

考えたよ、勿論。

私は鏡をみた。
思い切って鏡をみた。

欠点を隠す方向にある鏡を選ぶ。

そして
そ~っと両手で頬にあてて
リフトアップしてみた。


ほらほら負けてはいない。
こうしたら誰でもが
暗示ではなく
「当時の私」に戻るのだ。

瞬間

「こんな私にもどれるのなら・・・」と考える。

いやいや「松田聖子」となると
わざとらしいし

あそこまでの「若返り」は
不自然そのものだ。


ふと疲れて両手を離すと

あぁ~~~~うんざりだよ



はるばる東京に移り住んで

幼き頃の友人も居るわけでもなく

私はふと主人に呟く。


「私の最も美しい時期を知っている
生き証人は貴方だけ!!!」

「あ・そうなの?はいはい」と
言われちゃうんだけれど


コメント
この記事をはてなブックマークに追加