ben's camera note

写真日記

photograph

2019-03-09 | 写真

photograph=「写真」

としたことが日本人の写真感(観)、日本の写真界に与えた影響とかいうことはさておいて

そ~つぎょ~光画のあの人は~♪

なんてそんなあの人には会いたいとは思わないし

ふたりで~光画を撮ろう~♪

なんてなんだか変態プレイぽくて

やっぱり「写真」が良いよね~

我が国独特の写真文化もいいもんだよな~なんて。。。

 

外は最高の青空だというのに花粉が酷くて焚き火にも行けない

だから、

前出のブログで写真の記録性なんて書いてしまったものだからそんなことをふと考えたのでメモ

 

そうそう、エディション展の写真三枚、何を出したのか見に来れなかった写真友達が気になります

と言ってくれるので

 

一枚目はこれです

「新学期」

この写真はものすごいフレアなネガを見てビビった。

で、実際プリントも苦労したのだけど

この記事を見るまで確認してなかったレンズを見ると

ズマール!(笑)

しかも逆光!

なんでこんなレンズ使ったのかね~

 

 

で、二枚目三枚目の写真もこのブログで記事にしていると思いきや

探してもなかった。

あまりにもなんでもない写真だったから記事にできなかったんでしょう(笑)

この二枚です。

 

 

 2015年3月

 

 

 

 

 

2018年3月

 

 やっぱり、伸ばしてプリントして三枚並べてみることで意味が生まれる

細かく見えるし行間も読める

 

写真にこんなセンチメンタルな感情を乗せることができるのも日本的な「写真」感なのかも

僕は悪くはないと思っています

 

 

 

 

 

 

 

コメント

第17回エディション展終了~!

2019-03-06 | 写真展

Leica M4 summicron 35mm f2 acros

2018年3月

タイチの学校のシャツを洗濯アイロンがけする日々も

終わりが近づいてきたある日の

写真

 

 

 

エディション展終了しました。

会場に足を運んで観ていただいた方、観に来られなかったけど気にしていただいた方。

ありがとうございました。

 

今回は参加しますとは言ったもののさてどうしたものか、、、

焚き火で一杯の脳みそからエディション展への切り替えはなかなか困難で

そんな感じでこのbens camera noteを見かえしていたら

ふと、子どもたちの写真を見る自分の目のほんのちょっとだけの変化、違和感に気付いたのです。

子どもたちの保育園時代からず~っと約15年その成長を記録してきたこのブログの写真と日記

この感覚は何だろうと考えると、その出来事、写真たちが自分の中でいつの間にか過去のものになってしまっていたということだったのです。

それはすなわち自分の子育て終了宣言でした。

所謂、面倒を見るという意味での子育ては小学生くらいまでだと思います。

中学生になると後は勝手に大きくなるものです。

先のブログで、出したいもの、テーマが降臨したと書いたけど

それがこの時感じた僕の「子育て卒業」の”思い”です。

 

選んだ写真は節目の三枚。

2012年3月、タイチ小学校卒業、ミサキ小学校4年生

2015年3月、タイチ中学校卒業、ミサキ小学校卒業

2018年3月、タイチ高校卒業、ミサキ中学校卒業

記念にマンションの下で撮った二人のスナップ写真。

 

自分の子育て終了を記念してのエディション展出展となりました。

ただ、いくら自分の中では大切な写真とはいえ、

一枚一枚見ると何のことはない、写真的要素のかけらもない家族のアルバムの中の一枚といった写真でした。

こんなセレクトの仕方は初めてでした。

 

撮影者として、もし、万一、この展示で観ていただくところがあるとすれば、

写真の写真たる所以ともいうべきところの「記録性」に

「思い」を乗っけたということ

この三枚を引き伸ばしてプリントして額装して三枚並べることの意味

自分の中で唯一長く継続して撮り続けるものだということを発見できたこと

もうそれだけですね。

 

ただ、三枚とも本当に写真的に見るべき要素はゼロのなんでもない写真

なのに、お世辞半分にしても思いのほか、今回のはすごくよかったね!

と、好評だったのにはちょっと意外でビックリしました。

そのように感じて共感してくださった方、ありがとうございました。

 

以前、ハービー・山口さんに、僕の写真を見ていただいて

「家族の写真がいいから撮り続けなさい」

と言っていただきました。

実はその時はそうかな~、、、と思っていたのですが

いま、わかるような気がします。

 

今回のエディション展を区切りに子育て写真は終了

これからは新たなというか、ちょっと違った気持ちで家族写真を撮り続けようと感じました。

 

で、早速実践したら家族にウザがられましたけどね~(泣)

 

 

 

 

 

コメント

第17回エディション展開催中!

2019-03-01 | 写真展

是非お出かけください!

出来ればギャラリートーク時に来られるのをお勧めします。

僕はどちらも出る予定です。

ただ、今回の写真は言うことがないようでその気になったらものすごくあるので

とても悩み中・・・

 

 

コメント

第17回エディション展

2019-02-25 | 写真展

 

久しぶりにエディション展に参加します

明日からです

今回もたくさんに銀塩モノクロプリントが並びます

近隣の写真好きな方

是非ともお出かけください

僕はギャラリートークの時は会場にいます

 

 

そして今回は目玉展示もあるようです

以下、フェイスブックよりコピペ

ここ数年、少しづつ表舞台にで始めた「主観主義」の作家の方々。主に中国・四国地方の方が多く広島にも何人もの作家が生まれてます。
エディション展では昨年出展された、大藤薫氏の出展が今年も実現します。
また、日本では無名ですがドイツ・ベルリンの老舗ギャラリーで専属作家として取り上げられている「原本康三」氏の展示も決まりました。
新山清氏を含め、三人の雄が一度に見れることは無いと思います。
この機会にどうぞご覧ください

ということですので是非!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ひさ~~~~しぶりの暗室!

2019-02-11 | 写真

いつ以来なのでしょうか?

本当に久しぶりに暗室に籠りました。

先日のライカな写真展の時にエディションの高田先生から

「エディション展間に合いますよ」

みたいな感じで軽ーくジャブをもらってつい売り言葉に買い言葉で(違うか(笑))

「あ、出します」

とは言ったものの結構あれこれバタバタだし

写真脳をどこかに置き去りにしているのにエディション展はだせんじゃろと

いったん白紙にしたのだけど

ライカ写真展の打ち上げのみの時にはOさんから褒め殺し攻撃にあい見事撃沈

これも何年振りかのエディション展出展となったのです

出展の決め手は

出したい!

というテーマというか写真が突然降臨したから

 

薬液高くなってるような、、、

薬液は使いかけが残っていて見ると使えそうな感じだったのだけど

今回出す写真はちゃんと焼きたい写真だったので新調しました

 

 

 

 

暗室作業は思った以上に難航

まず、引き伸ばし機の断線

薬液を準備する前に念のために試してみるとライトがつかない

マジか!

だったけど、配線を工夫してなんとか実家にもう一台の引き伸ばし機をとりに行かずにすんだ

準備も以前は30分くらいでやってたのに1時間以上かかったし

その後もいろいろ失敗やトラブル続出

現像したらなんかピンボケだなと思ったら違うネガ焼いていたり

え~!こんなアンダーネガのは選んでなかったはずと思ってよく見ると

全く焼く予定のなかったネガだったり

そして、三枚とも適正露出のネガがなく、アンダーネガとオーバーネガどっちもあるとう

久々に焼くには厳しい状況

こんなでは出展できないというレベルのプリントを見て愕然

時間は過ぎるし

これはもうドタキャンしかないと本気で思いました

そうそう、最初に苦労して焼いた逆行フレアの写真がよく見ると右上の方が微妙ににじんでいたので

イーゼルの押さえが悪いのが原因と考えて手で押さえてやってもやっぱりにじむ

仕方ないので次のプリントにかかってみると今度はにじまない

イーゼルの不具合ではないことがわかってまあ良かったのだけど

原因は。。。

そう、写真がイーゼルに微妙におさまってなかったという単純なミス

老眼で見えないのです。。。(涙)

一応残りの二枚をやって(これも苦労しました)

さて、一枚目どうしよう?

あの程度のにじみなら許せる範囲だけど。。。

ここで負けませんでした

やっぱり気になるふちのにじみ

焼き直しじゃ!

後の二枚でだいぶ感が戻ってきたので

ここは5号フィルターでガツンと攻めて決めに行こうではないですか

ということで無事、自分的になんとか出展してもいいレベルのプリントができました

いや~なんか達成感ありましたね

やっぱり暗室作業は愉しい

昼飯も食わず、お風呂暗室で冬の冷たい水で足を凍らせながら約4時間集中してへとへと

 

 

 

 

それと感じたのはしばらく銀塩写真に触れずインスタやらデジタル画像ばかり見ていたせいか

銀塩モノクロ写真の粒子というか久々に見て違和感がありました

やってくうちに戻ってきたけど

以前はデジタルの冷たいシャープさに違和感があったのに。。。

人間の目、脳って面白いなと思ったね

銀塩モノクロ暗室作業はやっぱり愉しい

この愉しさはなんなんだろう。。。

 

 

 

 

大きな満足感に乾杯!

向こうに変なの写ってますが

あのとおりミサキは相変わらずです

明日はバレンタインチョコ作りの助手を命じられているので外出禁止(涙)

 

 

 

調子に乗って飲みすぎてうたた寝

 

 

 

 

興奮していたのか朝4時頃からも目が覚めて

珍しくもう寝られないので起きてフラットニング!

こうなればもう巨匠の力をかりるべく写真集でフラットニング

 

フラットニング終了までまた一週間後に会いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント