ben's camera note

写真日記

あの人に会えた

2019-04-06 | 写真

先日、会えた。

In The Soupというブログをされていた(現在休止中)sakura-blendさん。

このブログを始めて最初のころからのブログ繋がりのカメラオタク仲間(笑)

当時は北海道にお住まいで2012年に山口県の祝島にお引越し

ブログのお知り合いの方は何故かたいていは遠くにお住まいなので

だからたいていは特別アクションを起こさない限り一生会うチャンスはそうそうないのだけど

お隣の県に来られたのでもしかしたらお会いできるかも、

いや、その気になればいつでも会えるところに引っ越されてそんな期待をしたのを覚えている

このブログでの最後のコメントのやり取りは調べてみると2013年8月

あれから約6年

そうそう、今年に入ってから珈琲豆をお願いしたんだった

一人キャンプで珈琲豆を叩き潰して煮だして飲むという飲み方を愉しんだりしていて

そうだ!珈琲豆をsakura-blendさんに頼もうと連絡させてもらったんだった

で、そのあとライカな写真展があって見に来ていただいて

ついにお会いできた

嬉しかったね~

是非お会いしてみたかったので

お顔は時々ネットに出ていたので知ってはいたけど

実際お会いすると僕よりちょっと先輩のお洒落でカッチョエエおじさんだった

長い知り合いではあるけどお会いするのは初めて

だけど、何故かそんな気はしない

帰りの時間の関係で

30分くらいしかお話しできなかったけど

でも、お会いできた

そしてお話しすると想像通りのお人柄で

う~ん、こんな男になりたいなと思わせるようないいオトコでした

今度は是非一杯やりましょうと後ろ髪ひかれる思いでお別れしたけど

僕も自由の身になったら是非祝島に遊びに行って

しっぽりと一杯ご一緒させていただくことを楽しみにしておこうと思ったのでした

sakura-blendさんありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

嬉しそうに撮ってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テブレッソンでスンマセン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

タイチの部屋

2019-04-01 | 写真

2018年3月

NIKON F NIKKOR-UD Auto 20mm f3.5 acros



いつからこの部屋がタイチの部屋になったのかは覚えていないけど

家にいるときは中高の思春期をほとんどこの部屋で過ごしたのではないだろうか

同じ年頃のころの僕には自分の部屋というものがなかったので

ちょっと羨ましい気持ちだった

かもしれない


今気づいたのだけど僕は人のことを羨ましいとかそういう嫉妬みたいな感情はぼぼ持っていないのに

子供たちに対してはこの「羨ましいなあ」というような感情が存在するのは何故でしょう

たぶん子供たちにとってのいい状況を一緒に喜んでいるその感情が羨ましいという表現になっているのかも

と、無理矢理答えを出してみた


この写真を撮った日から程なくして

かみさんが容赦も未練もなく

ベッドやら机を解体してさっさと廃棄

ガラ~ンと主のいない寂しい部屋になり

そして今は僕のままごと道具の部屋となり

昨日からは

ここ最近花粉症のせいでデッカイいびきをかいてしまう僕は寝室から追い出され

かみさんの睡眠不足解消のために僕が独りで寝る部屋となっているのです

ただ、僕もかなり夜中に蹴りを入れられていたようなので

二人とも昨日から安眠できるようになったのでこの家庭内別居作戦?は家庭平和のために良かったのだけどね

こうやって家族のカタチって少しづつ変わっていくんでしょうね


そうそう、「平成」の次は「令和」に決まりましたね




 

コメント

父と似た自分を知って、

2019-03-30 | 家族のこと



そうそう、何日か前

珍しくタイチからラインが届いた

ライブの写真を撮りたいから余ったカメラがあったら貸してほしいと

なにやら軽音サークルのライブをスマホで撮ったら好評だったらしく今度から撮る機会があるやなしや

うちには余ったデジカメはないから中古で安いミラーレスか何か買えばいいじゃん

と返すと、フィルムカメラでライブ撮れないかと聞いてきた

むむむ???

聞けば先輩にカメラ好きな人がいて自分も興味が出てきたと

そーか~、そうなんか~

まさかタイチが写真に興味を持つとは。。。


小さいころキャノン7を持たせてマニュアル露出を教えて撮っていた時期があったけど ↓

東京ディズニーリゾートへ

それからは全く興味を示さず僕のことをカメラオタクとからかったり

カメラを向けると逃げ回ったり面倒くさがったりしていたので

まさか写真に興味を持つなんて思ってなかったのでちょっとびっくり


しかもフィルムカメラ

でも、普通にライブを撮ったりするならデジカメの方がいいだろうし

自分の息子が自分と同じものに興味を示すのはものすごく嬉しいんだけど

普通に今の時代のカメラを使って普通に写真をした方がいいんじゃないかなと

意外なことにそう思う自分もいて複雑な気持ちになった

なんだかちょっと前に書いた「写真」的要素がフィルムカメラには強いと感じているので

今から写真するのにはどうなんだろうなあと

普通に今風に写真した方が面倒なこと考えずに済むんじゃないかなんて

それにフィルムカメラで写真をするには今は色んな意味で結構ハードル高いしねえ。。。

いや、すごくうれしいことのはずなんだけどこの不思議な気持ちはなんなんでしょうねえ


それからいろいろラインでやり取りをして

普段使いとしてもフィルムカメラを使いたいようで

これはなんだかほんとにフィルムで写真を撮ってみたいんだなということがわかったので

それならどのカメラにしよかと候補のカメラの写真を送った

もう結構処分しているので今使えるのは

ニコンF2 ,F4 ローライ35、オリンパスXA、オリンパスペンS

今使っているベースギターも見た目で決めたので見た目で気に入ったニコンF2がいいというので

ニューニッコール35mm F2をつけて送ってやったのでした


そして、確かこの週末ライブで使うといっていたけどうまくいくかな。。。

と思いながらこのブログを書いているのだけど、


そういえば、この一連のやり取りの時、

今度新歓ライブで自分たちがやる曲で曲調も歌詞もいい曲だから聞いてみてと

タイチが送ってくれていたユーチューブ動画をその時はちらっとしか見てなかったので

今見てみると、、歌詞のなかで

「父に似た自分を知って嬉しと思った」

と歌っていた


まあ偶然なのかもしれないけど

僕もなんだかちょっと嬉しいと思ったのでした


SUPER BEAVER「27」LIVE MV





Leica M4 summicron 35mm f2 acros

タイチ初めての独り暮らし

これから初登校の朝




コメント

ちょっとだけ写真に帰ってきた

2019-03-28 | 写真

元安川

NIKON F NIKKOR-N Auto 24mm f2.8 acros

 

 

今年に入って突然に勢いで二つの写真展に参加したというのもあって

久しぶりに暗室やフィル現をやって

写真展で写真の話をしたりして

憑りつかれたように焚き火ばかりやっていた日々から

少し解放されたというか

ちょっとだけ写真に帰って来たかもという兆しが見え始めた

元来二つのことを同時に愉しむという器用なことが出来ないので

それがちょっとした悩みの種だった

よく言われたのは、

キャンプに行って山や川や鳥や自然、はたまた好きな焚き火でも撮ればいいじゃないということだけど

何度かやってみようかなと思ったことはあるのだけど

無理!

そもそも目的をもって写真なんか撮ったことがないので

さあ、自然を撮ろうなんて思うはずもなく

それが、今回の写真展をきっかけに焚き火と写真

もしかしたらいいバランスで愉しめそうな兆しがあるのです

そう、それにまた先日ちょっとした出来事があったのでますます追い風が吹いている今日この頃なのです

 

 

 

 

 

コメント

photograph

2019-03-09 | 写真

photograph=「写真」

としたことが日本人の写真感(観)、日本の写真界に与えた影響とかいうことはさておいて

そ~つぎょ~光画のあの人は~♪

なんてそんなあの人には会いたいとは思わないし

ふたりで~光画を撮ろう~♪

なんてなんだか変態プレイぽくて

やっぱり「写真」が良いよね~

我が国独特の写真文化もいいもんだよな~なんて。。。

 

外は最高の青空だというのに花粉が酷くて焚き火にも行けない

だから、

前出のブログで写真の記録性なんて書いてしまったものだからそんなことをふと考えたのでメモ

 

そうそう、エディション展の写真三枚、何を出したのか見に来れなかった写真友達が気になります

と言ってくれるので

 

一枚目はこれです

「新学期」

この写真はものすごいフレアなネガを見てビビった。

で、実際プリントも苦労したのだけど

この記事を見るまで確認してなかったレンズを見ると

ズマール!(笑)

しかも逆光!

なんでこんなレンズ使ったのかね~

 

 

で、二枚目三枚目の写真もこのブログで記事にしていると思いきや

探してもなかった。

あまりにもなんでもない写真だったから記事にできなかったんでしょう(笑)

この二枚です。

 

 

 2015年3月

 

 

 

 

 

2018年3月

 

 やっぱり、伸ばしてプリントして三枚並べてみることで意味が生まれる

細かく見えるし行間も読める

 

写真にこんなセンチメンタルな感情を乗せることができるのも日本的な「写真」感なのかも

僕は悪くはないと思っています

 

 

 

 

 

 

 

コメント