横濱から発信☆ハイカラな美容の世界観

ブライズビューティ、着物、ヘアメイク、エステなど大人女性のレトロでモダンな美容の世界観をお伝えします。

花嫁の母は美しく

2012年05月20日 | 大人婚

Text by Mieko Ohoki
ブライズビューティ・ビーセレブ




結婚式で新郎新婦以外に目立つのが、お二人のお母様です。

わが子の最高に幸せなハレの日は、お母様にとっても何かと大変な日です。

ゲストの接客。お色直しでの花嫁の付き添い(お仲人がいたときはお仲人
の奥様が花嫁の付き添いでした)。

送賓のお礼の挨拶。 そして披露宴最大のイベントである花嫁からの手紙
と花束のプレゼントをゲストの前で受け取るという大役。

まさに結婚式の準主役なんです。

もちろん、新郎新婦はこんなに目立つ存在のお母様を、結婚式では美しく
振舞ってほしいと願っています。

自分を披露するのと同時に、ここまで育ててくれた両親も披露することに
なるのですから。

できれば見た目も素敵な親であってほしいですものね。

そこで、魅力的な花嫁の母になるためのポイントを幾つかあげてみます。

まず悩むのが何を着るか。

特にチャペルウェディングではドレスか留袖かで迷ってしまいます。

が、式の形態にかかわらず、ドレスよりも断然、黒留袖をおすすめします。

やはり日本女性の落ち着き、品格、美しさは着物に限ります。

次に美容は、当日のヘアメイクイ着付けの支度すべて、式場のプロの美容
師に任せると安心です。

花嫁の母の身だしなみは慣れている美容スタッフにお任せして、気持ちに
余裕を持つことがたいせつです。

事前のエステもこのごろでは花嫁とペアでされるお母様が多いです。

時々お見かけするのが、新郎新婦はとても華やかなのに両親があまりにも
地味すぎること。

そして、両家のご両親の見た目の不釣り合いさが残念な時ってあります。

両親の着るものは留袖、モーニングというように両家で相談して、合わせ
たほうがよいです。

それと美容衣装のお仕度で忘れてはいけないのが、新郎母が少し華やかに、
新婦母は控えめにするのが以前からの婚礼のマナーです。

結婚式などのフォーマルなときほどマナーが必要ですね。

きれいなお母様は新郎新婦のご自慢ですものね。

ブライズビューティ・ビーセレブ
コメント

新緑の鎌倉挙式

2012年05月18日 | 大人婚
ゴールデンウィークに鶴岡八幡宮で挙式されたお二人です。


当日は雨模様でしたが、そんなときこそ緑が濃くなり
白無垢とのコントラストがくっきりとして
素敵なお写真が撮れるようです。

優しく、やわらかな雰囲気のお二人。
和装がとてもよくお似合いです。

かつらには抵抗が。。。とおっしゃっていた
ご新婦様でしたが、まわりの方々からも
「可愛い!!綺麗!!」
との声がたくさんあがりました。
私も本当にそう思います。



お似合いのお二人ですね。

どうぞ末永くお幸せに。。。

ブライズビューティ・ビーセレブ
コメント

花嫁様のトータルパーソナルアドバイス

2012年05月13日 | 大人婚

Text By Mieko Ohoki
ブライズビューティビーセレブ






ビーセレブが行っているブライズビューティ・パーソナルアドバイス。

今話題のパーソナルカラー診断
自分が本来もっている肌の色や髪、目の色などから自分に似合うカラーを見つけ出す
カラー診断のことです。

パーソナルカラー診断を行い、自分のタイプを知ることによって洋服選びやメイクのカラー、
ヘアカラーなどに役立てている方がたくさんいらっしゃいます。

特にブライダルに関しては、パーソナルカラー診断がとても大切です。

結婚式では式場の雰囲気や新郎新婦の衣装などがトータルコーディネイトされていると最高
に美しく演出されると思います。

ところが現実にはこれほど大切なパーソナルコーディネイトが、なんとなく似合う感じで終
わっていませんでしょうか。

特に花嫁様は最初にドレスを決め、次にブーケや美容を決めることが一般的なのでパーソナ
ルイメージはドレス選びから始まります。

でも着たいドレスが似合っているかどうか不安になることがありますね。

それは自分のパーソナルカラーイメージがはっきりわかっていないからなんです。

本当に自分に似合うカラーや形はこういうスタイル、というきちんとした自分のイメージが
あれば衣装選びに迷うことも少ないです。

ドレスだけではなく、ヘアメイク、ブーケとトータルな美しさが演出ができると
失敗することなく素敵な花嫁様になれるのです。

本来美容師の仕事はその人の美しさを引き出し、形にしてあげるものなのに、美しさを引き
出し気づかせることより、希望された形だけ作っているような気がします。

花嫁様は自分の一生のうちで一番きれいな日。

ブライズビューティにとって最も大事なことは、好きなドレスを探すまえのトータルな
パーソナルアドバイスを受けて、自分らしい最高の美しさを演出することだと思うんです。

ブライズビューティ・ビーセレブ

コメント

花嫁様の地毛結い日本髪へのこだわり

2012年05月07日 | 大人婚

花嫁様の地毛結い日本髪へのこだわり。
Text by Mieko Ooki ブライズビューティ・ビーセレブ



今和装で結婚式をあげる花嫁様に話題をなのが、自分の毛でかつら
と同じ、文金高島田を結い上げる地毛結いです。

わたしには婚礼美容師として、どうしてもやりたいことが
ありました。

それは、日本女性の永久のあこがれ、文金高島田に白無垢の花嫁様
をつくること。

そして文金高島田はかつらではなく、花嫁様が婚礼の日まで伸ばした
自分の長い髪で高島田を結い上げること。

憧れの地毛結い日本髪は特に本物にこだわりました。

日本古来からある和ぐし、びんつけ油、元結、こてなど

レッスンにレッスンを重ねながら、やっと3年前ぐらいから
プロの仕事として皆様に喜んでいただけるようになりました。

和装で結婚式を挙げるカップルは以前よりもだいぶ増えてきています。

でもかつらは重い、似合わない、窮屈、高価という負のイメージで
だんだん敬遠されているようです。

それでも、かつらを選ぶ花嫁様はかつらに抵抗がなく似合う方か、
日本の伝統にそった結婚式がしたいと思っている方が大多数です。

以前は似合っても似合わなくても和装はかつらをつけるものという
選択肢しかなかありませんでした。

でも今の和装は今までのかたちにこだわらず、洋髪に白無垢、引き
振袖、色内掛けの和装花嫁様がだんだんふえてきています。

それは自分のイメージをこわさない、らく、リーズナブルといった
要素があるからです。

ただ、本物志向の大人の花嫁様が増えてきた昨今。。
婚礼を楽しいイベントとしてよりは、きちんと日本の伝統にもとづいた
セレモニーとしてとらえ、そのなかで最高に美しく自分らしくという
思いがあります。


かつらの文金高島田だけではなく、地毛結いの文金高島田
という選択肢、またフェイスラインだけ自分の毛で結い上げる
半かつらという選択肢もあります。


自分の毛で結い上げる日本髪は技術的にもかなり高度なものです。

だからこそ、花嫁様の一生に一度のはれの日を飾ってあげたい気持
ちでいっぱいです。

ブライズビューティ・ビーセレブ
コメント (1)

母の日はエステのプレゼントを!

2012年05月06日 | 大人婚


母の日はエステのプレゼントを!

5月13日は「母の日」ですね。

プレゼントはお決まりでしょうか。

資生堂Qiエステティクサロンビーセレブでは
毎年恒例の「母の日エステキャンペーン」を
行っています。

 お母様へ感謝の気持ちをこめてエステのプレゼント
 はいかがでしょうか。

 エステスタンダードコース(フェイシャル60分)
    通常 ¥8,400
         ↓
       ¥6,300
        (おでかけメイク付き)
 
プロのヘアメイクが、お母様に似合う素敵なメイクを
ご提案いたします。

いつもとは違うこのタイミングだからこその、スペシャルな
プレゼントとして是非ご利用ください。

ご予約をいただいた方にはエステチケットをご送付いたします。

ご予約期間 H24.5.31日

お問い合わせ、ご予約はメール又はお電話でお願いします。

 TEL 045-212-0509
 E-mail info@be-celeb.com

 エステティックサロン ビーセレブ

  携帯サイト
コメント