福岡市西区下山門のバイクサービス
MotorcycleService BrownDog



最近、ブログをさぼりがちですね~

すみません

実を言うと

ネタが無いのです。

今回、ネタが出来ました~

僕はモトクロスをやっているのですが

ほぼほぼ、簡易的な三角スタンドしか使ってませんでした。

でも~知人らが使っているオフロードスタンド使いたいな~

と思っていたのですが地味にお値段がします。

おっ!!

自分で作れるじゃん~と気付いてしまいました♪

おまけにブログのネタになるので一石二鳥!

そして、アルミの角材を購入

これ切ってますがかなり長いですよ。

で、途中経過飛ばして~の

完成

後は床にひいているゴムマットをカットして貼り付け。

結構頑丈で軽い

バイク乗っけるとこんな感じです。

なんかバイクがちっさい気がしますが気のせいです。

ではでは^^

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




やっと行くことができました。

ロードコースに

オートポリスです。

手首の骨折から色々とあり一年以上レースバイクに乗ってなかったのですが

相棒を載せて

過ごしやすい気温で天気も良く最高の走行日和

無料走行券も使ってなくポイントも期限切れまじかでしたので

この天気は運が良かったですね~^^

この日は午前中3本走れたので

1本目は様子見で走行

2本目3本目は身体がなれるように走行しましたが・・・

1000ccレーサーはレース合わせて4時間ほどしか走ってなく

オートポリスは今回の走行で2回目

いっやぁ~一年以上たてば頭の中がリセットされてますね~

ブレーキの利きと速さに慣れませんでした

ま~転倒もしてませんし

今回はポイント消費とリアサスのテストと

新しいエアバックの違和感が無いかのテストもかねてなので

全てミッション終了です!!

久々の走行は楽しいですね~

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回はちょっと前の原付スクーターでなっていた

スラッジ(燃えカス)噛みの事です。

良くなるのはスズキのレッツ(4スト)ホンダのToday、Dio

いずれもインジェクション車で本当は電子制御なので

完全燃焼しないといけないのですが・・

スズキに関してはエンジン洗浄剤を使っていれば

大体治ったりします。

ホンダに関しては

もう末期になると分解以外方法は無いです。

で。今回の画像は

ホンダのエンジンです。

スラッジ(燃えカス)噛みと言ってもバルブだけとは限りません。

ピストンリングにも入り込んで圧縮不良を起こします。

今回、分解したエンジンに関してはオイル管理が悪すぎでオイル食いが起こり

オイル迄燃焼室に入ってそれで不完全燃焼、エンジン不調、停止となりました。

ここまでくるとピストンは当たり前ですがシリンダー迄交換しないと持ちません。

ですので原付だからと馬鹿にせずにちゃんとオイル交換等メンテナンスをしてあげることをお勧めします。

メンテナンスを怠ると後々修理代が高くつきますよ~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




かなり前はちょいちょい走ってるのを見かけていたのですが

車両が古いだけに最近見かけない一台が修理に入ってきました。

ホンダの6気筒CBX1000です。

今回、初めて扱いました。

セルが回らなくなり乗らなくなって放置していたそうで

キャブレターもオーバーホールしないといけなくなりました。

・・・

この車両キャブレターを外すのにエンジンを前にずらさないといけない

マジか!!

って事で

エンジンを前にずらして

何故かポートがきれいにさらっていました。

加工してのかな?

キャブを外します。

キャブの配列も独特です。

そして、もう一つ厄介なのがセルモーターを外す事です。

今回はエンジンをずらす作業もしたので良かったのですが

セルモーターを外すのにエンジンを固定しているボルトを抜かないと取れません。

ここまで来るのにかなりめんどくさい作業です。

セルモーターを分解して結構内部に錆が見当たりました。

内部から焼けた匂いが・・・

いやな予感がしますが

錆びを研磨してブラシを交換して作動テストして車体に取り付けです。

無事に回りました。

が・・・

一時テストしていたら回らなくなりました。

やっぱり嫌な予感は的中しましたね

コイルまき直ししてくれる業者がいましたが4か月待ちとの事

こんなに待てません

そして、探しまくってたら社外品のセルモーターを注文することができ

無事にセルがシャンシャン回るようになりました。

旧車を持っている方は大事に保管しないでいっぱい乗ってあげてくださいね

それが機関良好につながります。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




バイクのリアサスペンションは普段

スプリングを外したりしないのですが必要に応じて

スプリングを外さないといけない時があります。

今まで汎用工具のスプリングコンプレッサー(スプリングを縮める)

工具を使っていましたが結構使うのが大変で苦労していました。

やっとやる気(作る気)になりました!!

ホームセンターで部材を買ってきて

切断、溶接

ほんで

十数年前にいらんのに買ったエアージャッキが転がってたのでそれも使用!

でできたのがこれです。

スプリング押さえはジュラルミンのスプロケットをリサイクル

環境に優しいですね~

かたちはまーきちゃないですけどね~

試しにZX-10RRのリアサスペンションスプリングを外して交換してみました。

いっやぁ~エアーでガンガン抑えられるので楽だし早い♪

これでレース用のスプリングも簡単に交換できますね~

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ