横浜 鶴見アトリエアリス〜制作風景〜日々のスケッチ

横浜 鶴見アトリエアリス 一般絵画教室の制作風景や作品を紹介しています

植物水彩スケッチ・ドローイング

2020-06-22 10:00:05 | Weblog

先日の授業にて、植物をスケッチされている生徒さんとお話をしていたところ、

水彩でにじみやボカシをした上に、花や植物などをいい感じで描いていくにはどうしたら・・・?と質問がありました。

 

5月末に行ったオンライン授業「ごちゃっとしたものを水彩で描く」でも少し触れましたが、

最初は薄く雰囲気を出し、徐々に濃度を濃くしていくと失敗しにくいです。

 

とは言え、それが難しい!という声が聞こえてきそうですので、解説していきたいと思います。

例えばこんなごちゃっとした多肉植物などを描く場合は、どこから手をつけてよいやら・・・とお悩みの方も多いかもしれません。

いきなり絵の具だけで描くのは少し勇気がいりますが、鉛筆で薄く下描きをしてから色をのせると、そんなに怖くはないと思いますよ。

 

【解説】

着彩というと少し肩に力が入ってしまいますが、「色で遊ぶ」と考えてみると気楽にできると思います。

 

そして、アトリエの多肉ちゃんは新芽ラッシュ!!

サボテン類も挿し芽や株分けをしたら結構な確率で成功し、アトリエの窓辺が鉢だらけになってきました。

とれてしまった多肉植物を並べて置いたところ、ぷくぷくと新芽を出しました。

生命力が強いですねー!

という訳でまた多肉が増えます・・・!!

サボテンも巨大化させてモチーフにする、という野望もありますので静かに見守っていただければ幸いです・・・・

コメント

梅雨は楽しく、植物と共に

2020-06-20 09:24:57 | Weblog

こんにちは!

関東地方も梅雨入りし、すっきりしないお天気が続いていましたが、今日は貴重な梅雨の晴れ間!

すっきりとして気持ちがいいですね。

 

そして毎年恒例のアトリエ菜園も順調です。着々と成長を続けていたトマトがついに食べごろになりました!

つやつやとしていて綺麗ですね〜。お味の方も適度に酸味がありとっても美味しかったです。

 

今回の品種は、ミニトマトと中玉トマトの間くらいの大きさの物だったようです。

トマトと言っても色んな品種があるんですね〜。

後続のトマトも沢山!!

今年の夏はトマトには困らなそうですね

 

私も自宅で姫リンゴを育てていまして・・・。

実を食べた後、試しに種を水にひたしてみたところ3つ中2つ発芽しました。

関東以南ではりんごの栽培は難しいようですが、神奈川ならなんとか大丈夫そう?ということで、実験がてら

育てています。

受粉がうまくいって実がなったらいいんですが・・・

現在はこんな感じですくすく成長中。

近々、一株づつ植え替えてあげる予定です。

コメント

6/1アトリエ再開と5/31 オンライン授業の様子

2020-06-06 11:40:53 | Weblog

こんにちは!ついに6/1から、アトリエでの授業を再開しました!

 

休校期間中、皆さまには大変ご不便をおかけしました。

オンライン授業もスタッフ一同、初めての試みでバタバタしてしまった場面も多々あり・・・。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました!

今後は5月中に行っていたようなレクチャー形式の授業は一旦無くなりますが、メール、LINEでの添削や、授業時間中にオンライン ビデオ通話での受講は引き続き行っております。ご希望の方はご連絡ください。

 

さて、5月最後のオンライン授業は、どんな様子だったのでしょうか・・・?

 

今回は吉川、田中、大窪の三講師による「ごちゃっとしたものを水彩で描く!」というざっくりした企画でした。田中先生は茅ヶ崎からリモート参加です!

んん?吉川先生の周りにある銀色の脚は・・・

実は、三脚なんです!

三脚にカメラをセットし、手元カメラとして使用していたんです。ですのでなんだか機材が目立ちますね・・・

描くモチーフは一つづつ描いていると時間がかかるもの という事で、吉川先生と田中先生は紫陽花を。

大窪は、空間に抜けが無い森を描くことにしました。

 

紫陽花というと花のシルエットなどを描きたくなりますが、花の中心の集まりを滲みをうまく利用して、雰囲気を出していますね。

一見すると不定形なにじみや、関連性がなさそうな色でも後々効果が現れたりしてきます。

こちらは大窪。

右の写真を参考に描いていますが、見るからに葉っぱが多く繁り、どこから描いていいの状態です・・・

が!!

まとまりがなさそうな森でもよくよく見ると幾つかのグループが見えてきますよ。

筆の動きを横に動かしながらなんとなくの明暗を作っていきます。光が差してきている場所は明るく残してあげると良いです。

一方、吉川先生は、周辺にガツっと明度の低い色をのせ、紫陽花のシルエットを浮かび上がらせていました!

先ほどのピンクや水色のにじみが、不思議と紫陽花独特のグラデーションを想わせます。

思い切り強い色をぶつけるというのはなかなか勇気がいりますが、明るく淡い色をより美しく見せるには効果的ですよ〜。

さあ、こちらは先ほどに比べると具体的に木々の様子が出てきました。

なんとなく置いた緑のにじみの隙間に幹を描いていきます。ここでも手前にある木は強めにいろをつけると、グッと距離感が出ます。

空気遠近法をうまく使うと良いでしょう。

幹の色は茶色でなくてもいいんです。絵の雰囲気や周囲の色などに合わせて、今回は少し寒色系の茶色にしてみました。

バーントアンバーに少し緑を混ぜたり、青系を混ぜたり・・・

そうするとクールな茶色になりますよ。

ここから更に加筆してもう少し濃くなりました。

(田中先生はリモートだったので途中経過がなくてすみません・・・)

三者三様で、こちらも楽しく絵を描くことができました。これから花や景色が鮮やかになる季節です。

水彩でスケッチ、みなさんもやってみてくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだこの先どうなるかわからない状況ですが、皆さまがアトリエで少しでも楽しく制作できるよう、心がけて参ります。

また、マスクの着用や常時換気などにより、皆さまにはご不便をおかけする事もあるかと思いますが、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

コメント

ハス日記 5/26

2020-05-27 17:21:49 | Weblog

ハスは日陰に入れてやっているのですが少し元気がないような・・・

栄養が足りないのでしょうか・・・?

今度、追肥をしてみたいと思います!

ミニトマトははち切れそうな実がどんどん付いています。

緑の時間が長いと皮が固くなってしまうようなので早く赤くなって欲しいですね!

背丈もにょきにょきと!あっという間にこの高さです。

コメント

5/24㈰ オンライン授業 

2020-05-24 16:11:43 | Weblog

こんにちは!

今回は吉川先生による水彩画のレクチャーを交えながらオンライン授業が行われました。

 

これは吉川先生の水彩道具です。

使い込まれていてかっこいいですね〜。奥に見える缶は筆洗です。

水彩画というと、淡い色や明度が高い色からのせていくのが一般的ですが、慣れてくれば背景の濃い色から描き始めるなんてこともできるんです。

下描きをしないで色をのせるのが不安な場合は、鉛筆で薄くモチーフを描いておいても大丈夫ですよ。

中明度の水色でモチーフのシルエットを浮かび上がらせます。

更に濃い青や紫などを部分的に入れました。

桜の花のがくの部分にはほんのり黄色、イエローオーカーを少し混ぜた黄緑を。植物の緑は原色のままのせない方が自然な印象になります。

最後に花びらのピンク、乾ききらないうちに少し濃いピンクを入れて完成です。

淡い色から濃い色へと描いていくと、少しずつ濃くなっていくので怖くはありませんが、結果的に濃い色を入れることができず、ぼんやりした印象になってしまうことがありませんか?

その点、今回の手法なら最初の段階で強い背景がのっていますので、中間から高明度の色を入れやすくなります。

単品のスケッチなどで試してみてくださいね。絵の具で遊ぶような感覚で面白いですよ。

 

来週は果たしてどんなオンライン授業になるのでしょうか!乞うご期待〜!

コメント

5/23 ハス日記

2020-05-23 12:22:04 | Weblog

さてさて、本日のハスです。

新芽もにょきにょき生えてきて順調に葉が増えてきていますよ〜!

元気元気!

ミニトマトはあれよあれよと花を咲かせ、実を付けています。

もうこんなに大きくなりました。赤くなるのが待ち遠しいですね。

3月に挿し芽をした多肉植物はすっかり根が付き、つややかです。

同じ種類だけでまとめるのもいいですね。

蘭も少し見ない間に花が咲いていました。植物が元気だとこちらも元気になります。

あ、あとアリスの名物 月下美人さんはものすごい葉を延ばし、背丈が窓の半分くらいまで達していますよ・・・・

コメント

5/17(日) オンライン授業開始しました!

2020-05-19 13:01:15 | Weblog

先日、一般絵画クラスのオンライン授業が開始されました!

 

当日は吉川先生による鉛筆デッサンレクチャー(今回はりんご)と、皆さんの普段の作品の講評、という形で進んでいきました。

 

手元カメラで描いている様子が映っていますね〜。

まだまだ、こちらもカメラのセッティングが不慣れなもので…途中で画像が反転したり直ったり…

「りんごは五角形なんですよ〜」

参加された生徒の皆さんもご自宅で一緒に描いていただきました。

一緒には描かずに見て質問をする、というのももちろんOKです!

ササササーーっと。

鉛筆デッサンとは言っても、様々な描き方があります。

今回は調子(色)をのせながら、消したり濃くしたりしてきますよ。りんごのイメージを少しづつ捉えていくような感じですね。

サラサラサラ〜

くぼみや、ヘタを濃くすると一気にりんごらしくなります。

りんごの背景により暗い色をぶつけると、シルエットが浮かびあがってきました。

輪郭を描かずとも、色面と色面の色の差がはっきりするだけでもこんな風に素敵な雰囲気でモチーフが描けるんですね。

ハイライトを練りゴムで入れて・・・

りんごですね〜!

デッサンというとなんだか堅苦しい印象もありますが、気軽に身の周りにあるものをスケッチしたりするなら、いい雰囲気のところで止めてもいいのです。

サラサラ、シャシャシャ〜っとトーンを使って描いて見るのも楽しいですよ。

 

ビデオ通話によるオンライン授業は1時間半ですが、あれこれとやっている間にすぐに時間が経ってしまいました。

HPにもオンライン授業の詳細が載っておりますので、ご希望の方は見てみてくださいね!

 

 

 

コメント

2020年 ハス日記 

2020-05-16 10:00:11 | Weblog

このあいだまで葉が開いていなかったハスですが、こんなに芽吹いて新芽が出てきました!

今年で3年目?あら?4年目?

よくわからくなってきましたね・・・。

毎年肥料も入れているのでなんとか生きているのかもしれませんが、今年こそ新しい家に引っ越しさせてあげたいと思います!

バケツじゃ情緒がありませんものね。

 

これからの季節はボウフラとの戦いも始まります!

こちらも恒例のトマトです。子供教室の先生が今年も植えてくださいました。

花がどんどん咲き、なんともう実ががつき始めました!早いですねー。

5月とはいえ、昨今は暑い夏のような日が続きます。心地のいい爽やかな5月はどこへ行ってしまったんでしょうかね。

また成長日記更新していきたいと思います〜!

 

コメント

オンライン懇親会を開催しました。

2020-05-12 17:05:56 | Weblog

オンライン授業の体験版として、5/10(日)にオンライン懇親会を開催しました!

皆さんのお顔が見ることができ、講師一同嬉しい気持ちになりました。

 

さて、肝心の懇親会の内容は・・・

 

各講師、現在に到るまでの経緯と作品をお話しました。

田中先生はご自宅の制作部屋からの参戦でした!リモート!

 

アリスではmeetというアプリを使っているのですが、画面上でチャットでお話ししたり、皆さんの質問に答えたりしながらあっという間に時間が過ぎていきました。

 

学生時代の作品について話す吉川先生↓

卒制の作品だそうですよ。

 

お次は私、大窪も・・・

画面に映っているのは油彩の作品です。水彩と油彩で制作しています。

 

田中先生は画面の左下におります・・・。↓

アトリエで直接皆さんにお会いできるのが一番ではありますが、オンライン授業の可能性も感じられた一日でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

●また、アトリエアリスではご自宅で講師の指導を受けたいという方に向けて、本格的にオンライン授業の準備を進めております●

LINE、メールでの添削、 ビデオ通話での質問や指導など・・・。

オンライン授業(講師によるイベントなど)の開催につきましてはその都度HPに掲載致します。

 

 

コメント

【スケッチ】  ペン画で描く 山の絵

2020-05-02 16:24:05 | Weblog

こんにちは!

 

またまた制作動画を作成してみました!

今回は細い黒ペンでの風景スケッチ動画です。

 

いつもならGWは長野や山梨まで遠征し、山登りをしているのですが…今は我慢。

ですので、もっぱら以前登った山の写真や動画を見返して、バーチャル登山をしています。

使用しているペンは、SAKURAの「PIGMA」という耐水性の黒ペンです。0.05mmや0.1mmなどかなり細いサイズがあり、

山に行く時はこのペンをお供にしています。

 

下描きはぜずに描いていますが、ちょっとそれは不安…という方は、鉛筆で薄くあたりをつけて描いても良いでしょう。

耐水性のペンですので、あとから絵の具で色をつけることもできます!

 

 

↓下記のyoutubeのリンクからご覧になってみてくださいね。↓

 

【スケッチ】 ペン画で描く 山の絵

https://youtu.be/bOovmfFcxSk

 

コメント