ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

あれから1週間~ Enjoy LEVORG Driving! 2018 秋合宿

2018-11-18 15:32:58 | LEVORG 走行会



2018年の秋合宿から1週間経ちました。
日にちが経つのが早いのは、いつもの事ですが。(笑
改めて、2日間、タップリとクルマと向き合う時間は楽しい物だと思いました。
昨日の、洗車でやっと旅の汚れを落とし切り、気分もスッキリ! 頂いた参加者の写真を見ながら振り返りたいと思います。

道の駅川根温泉

撮影(bbw1150さん)


なんか集まって、何か始まろうとしています~
そう、男気じゃんけん です。次の区間のトップを決める、おなじみの光景。
みんな2番目か3番目くらいに勝てればいいや~ と考えています。(笑
私は、ぐー、ちょき、ぱー の最初に何を出すかちゃんと考えています(^^)/
じゃんけんは、マスターヨーダ(yohda60さん がトップに決まります。


撮影(yohda60さん)

下道の場合は、ドライブ区間は道の駅までというパターンが多いです。
さすがにレヴォーグ6台で走っていると、道の駅に入る時も、出るときも、けっこう注目を浴びたりします。(ジロジロ見られますね。)
手前から、KENKEN号(ブラック)、Daishi号(ギャラクシーブルー)、ak号(WRブルー)、yohda60号(ダークグレー)、bbw1150号(ホワイト)、ぐっさん号(スティールブルー)の順です。


浜名湖 レヴォーグトレイン

撮影(ぐっさん)

信号待ちでのトレイン。多分先頭はDaishi号 左は浜名湖
6台位がちょうど良いと思っていても、注意しないと信号で途切れます。
以外とトレインの長さがあるので、途切れずに走るのは難しいですね。

撮影(Daishiさん)

私がトップ走っていますので、Seg.3 浜名湖までの道です。
コース設定者が道を間違えるのはよくある事。
本当はカーナビに覚えさせてはダメだからね。!
今回は詳細図は作らずに、交差点と道路番号のみの表記だった。
男気じゃんけんを面白くするための工夫も、改良を加えないといけない。と思いました。


御前崎
御前崎の灯台に到着したのが、16時過ぎ、日は沈みはじめ夕闇が辺りを覆う頃です。
皆さん、ここでの写真が多いのは、意外とマジックアワーだったので良い写真が撮れると考えたからデスネ。

撮影(bbw1150さん)

私のレヴォーグのフロントをアップで撮影してもらった、左ライト部分に夕日が写っている。ピントはSTIバッジ、もらったサイズで見ると凄いのが分かります。
ありがとうございました。


撮影(bbw1150さん)

夕日の雰囲気が出ていて、良い写真ですね。


撮影(Daishiさん)

少し上から撮影してくれました。
6台が並んでいる様子です。太平洋の海が写っているので、より海辺であることが分かり雰囲気が出ています。
私も、ココから撮影すればよかった。


撮影(ぐっさん)

上の写真とは構図が違う、下で撮影。
レヴォーグが並んだ記念写真。
薄暗くなってきましたが、色(ボディカラー)がかすかに分かりますね。


三保の松原

撮影(yohda60さん)

富士山を撮りがちになりますが、海にはたくさんのヨットが出ていました。
逆光のシーンですが、人がシルエットになっているので風景画のようです。
三保の松原 良いところでした。
カメラで撮影だけで、もう一回行ってみたいです。


箱根 大観山

撮影(yohda60さん)

今回は、土日にも関わらず、並べて駐車することが多かったような気がします。
国道1号から、箱根に上る区間の最後の大観山駐車場にて、
KENKEN監督! ここでドローン飛ばせばよい画が撮れたのではないでしょうか。笑(他のクルマもいなかったし、でも、風が少しあったのかな。)

撮影(ak)
最後の撮影はこのPicでした。40mmレンズで大きく撮影しました。
このレンズ2万円ちょっとで買いました。とても良く写るので重宝しています。
手前から
クリスタルブラック、ダークグレー、スティールブルーグレー、WRブルー、ギャラクシーブルー(ちょとしか写っていないけど)、クリスタルホワイト
全部色が違う!


今回は、走る距離が長かったので、撮影する時間があまり取れませんでした。
にも、関わらず、皆さんから写真をいただき紹介することができました。
旅のイメージをして頂ければと思います。

私の走行距離
2日間:688km  11.5km/L 山登りしたのに、意外と燃費が良かった!

コメント

Enjoy LEVORG Driving! 2018 秋合宿 Day2

2018-11-13 19:31:31 | LEVORG 走行会

おっといけねぇ~ うなぎの写真を忘れた!(写真追加)
※はじめに
最初にDay2のトップを飾ったDaishiさんに謝らなければなりません。
最初の交差点、「左ですよね」と言ったのを「右だよっ!(ボーっと生きてんじゃねーよ! チコちゃんばりに)」と言ってしまいましたが、
私が配布した、地図は左に曲がっていました。テキストのコースは右折なのですが、
全ての責任は間違って配った私にあります。申し訳ありませんでした。<(_ _)>
さぁ、反省ネタが出来ましたよ! 飲み会では土下座させていただきます。


こんな素晴らしい写真を撮ってもらいながら、ううっ。。。( ノД`)シクシク
「富士山に向かうWRブルー」原題ママ 撮影:Daishiさん


これは、額に入れさせて頂き飾らせてもらいます!



それでは、Day2の はじまり~

11月11日(日)Day2

広大な太平洋を望む御前崎、私は6時に起床しました。
昨日の山間部アタックでホイールハウス内が泥だらけだったのを思い出し、その部分だけ洗車しようと宿の駐車場に向かいました。
ホイールハウス内を掃除していると、海に続く道の真正面から朝日が昇ってきました。
うーん 素晴らしい!。私も太平洋の海辺の町で育ちましたので海から登る朝日は珍しくはないのですが、何度見ても見とれてしまいます。
今日も晴天で幸先が良いです!!

撮影(yohda60さん)素晴らしい日の出の写真です!


Seg.6
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:Daishiさん 2番手:KENKENさん 3番手:bbw1150さん 4番手:yohda60さん 5番手:ak 最後尾:ぐっさん

民宿なかにし さん出発

県道240号線 途中Y字路を右方向へ 県道241号線

県道241号線

地頭方交差点を右折 国道150号線へ

国道150号線

木屋川橋交差点 左折

国道150号線

中島交差点 右折

国道150号線

三保の松原 羽衣公園へ 休憩

証拠の地図(最初に左曲がっとる)

コメント
初日の先頭は、またしてもDaishiさん。
私は5番目、朝一のトップバッターは不安そうにしていたので、大丈夫後ろからLINEトークで指示するから。と、
しかし、実家から電話が入って、LINEトークは途中切れてしまいます。
流石に、ここから実家に帰るのは夕方になってしまうので、途中離脱は無理。。。
お願いしている看護師の方に母の対応をお願いしました。
気分は一気に現実に戻り、あれこれ考えていたのですが、窓の外を流れる、海岸線の眺めを見ていると気が晴れてきました。
三保の松原に至る、清水バイパス辺りは素晴らしい景色が続きました。
三保の松原では、富士山も見えて興奮状態です。
天女の話が観光施設の看板に絵付きで語られていましたが、「結局、下着泥棒の話だろう」と冗談交えて言葉を発したら、
聞いていた、仲間が笑っていました。( ^∀^)
富士山をバックに皆で記念写真を撮るべきでした。(それだけが後悔です)
動揺していたのか、三島のうなぎを早く食べるために焦っていたのか 忘れてしまいました。(笑


清水バイパスにて、前車はyohada60さんのSTI Sport

三保の松原公園入口を右折 右折しているのは先頭のDaishi号 ギャラクシーブルー 道の向こうには富士山が見えて期待が高まります!

三保の松原から400mmで富士山をとらえてみた。左が松林、右に清水港から出た船 さすが世界遺産ですぅ。

撮影(bbw1150さん)皆さん撮影に夢中でした。 「盗撮するヒトを盗撮の図」 笑 akを盗撮するDaishiさんを盗撮するbbw1150さん あははは
ちゃんと間に富士山を入れているのが、bbさんらしいですね!



Seg.7
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:KENKENさん 2番手:ak 3番手:yohda60さん 4番手:bbw1150さん 5番手:Daishiさん 最後尾:ぐっさん

三保の松原公園

国道150号線へ戻る

国道150号線

巴川を渡ると 国道149号線へ

国道149号線 入船町交差点 左折

国道149号線 万世町交差点 右折

清水駅前交差点 左折 国道1号線へ

国道1号線

江尻大和交差点 右折 県道54号線へ

県道54号線

清水IC西交差点 右折 国道1号線へ

国道1号線を少し走ったら右側 東名高速道路 清水ICへ

東名高速道路 東京方面へ

EXPASA富士川 休憩


コメント
ちびまる子ちゃんで有名な清水市街地は、混んでいて、所々渋滞が発生していました。
そんな中をレヴォーグトレインで走行するのは不可能ですから、バラけて清水インターを目指します。
清水インターに乗ってしまえば、東名高速道路はまだ空いていて順調に距離を稼ぐことができました。
Day2の最初に掲載した写真のような光景でレヴォーグトレインで走ることができたので楽しかったです。



Seg.8
ボーナスステージ
先頭はak 昼食の場所 三島のうな繁さんまで誘導


うな繁さんの「うな重」お値段3500円 おいしくいただきました。


コメント
沼津ICから昼食の場所、三島 うな繁 さんまでは、akが先導で案内します。
うなよし、桜屋 さんが有名ですが、レヴォーグを駐車することを考えると国道1号により近い うな繁さん になりました。
13時ちょっと前に到着しましたが、運良く待たずにうなぎを食することができました。
昨今のうなぎの不漁で、価格は毎年上昇して、もう庶民の食べ物ではないです。苦笑
私は、うな重をいただきました。とても美味しくて幸せでした。



Seg.9
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:ぐっさん 2番手:yohda60さん 3番手:Daishiさん 4番手:bbw1150さん 5番手:KENKENさん 最後尾:ak


国道1号線へ戻る

箱根峠交差点 右折 県道20号線へ

県道20号線

アネスト岩田ターンパイク箱根 湯河原峠料金所へ左折

ターンパイク箱根

箱根芦ノ湖口 県道75号線へ

県道75号線(椿ライン)

箱根大観山口 左折 アネスト岩田ターンパイク箱根へ

アネスト岩田スカイラウンジ 休憩


コメント
昼食後、国道1号線に戻り、箱根まで山登りです。
やはり、レヴォーグでの山登りは楽しいです。
昨日のように1車線で路面が悪い状態ではないので、スイスイ登っていきます。
ここで念願の先頭に立った、ぐっさんが水を得た魚のような走りを見せたことを記載しておきます。(笑
途中、三島スカイウォークの辺りが混雑しました。

ここができるまでは、茨城の竜神峡の吊り橋が日本一だったのに残念なことです。
KENKENさんとbbw1150さんは、竜神峡 一緒に行っています。

みんなと信号ではぐれてしまって、一緒に走ったのはKENKENさんです。
いろいろ話をしながら登れたので楽しかったです。
先頭集団の状況は、Daishiさんが逐一アナウンスしてくれたので聞いていて面白かった。
女を乗せてイチャイチャしている86の話など、そんなん見えるのかい!とツッコミを入れたくなりましたが、
話が面白いので爆笑でした。

大観山駐車場にて 後ろは芦ノ湖
左から、KENKEN号、yohda60号、ぐっさん号、ak号、Daishi号、bbw1150号 色が全部違うツーリングは19回目で初めてです。

左から40mmレンズで煽って、


Seg.10
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:ak 2番手:Daishiさん 3番手:KENKENさん 4番手:yohda60さん 5番手:bbw1150さん 最後尾:ぐっさん


コメント
東名高速が混む前にという話がでいたことと、家のことがあったので、最終セグを予定変更。
アネスト岩田スカイラウンジ〜料金所〜小田原厚木有料道路〜東名高速道路 海老名SA
に変更。
男気じゃんけんは私が勝って先頭!
ターンパイクの下りは空いていて面白かった。後ろのDaishi号が百太郎ばりにぴったりとついてきた。(笑

有料道路では、Daishiさんから「小田厚は狩場なので速度注意だがね」と注意アナウンスがあったので、
注意して走っていると、その横をDaishiさんとぐっさんが追い抜いて行って、先頭を走ってくれたので、私は楽チンでした。
東名が渋滞が始まっていたので、海老名SAに入るのに時間が少しかかりました〜 

海老名SAでは、別れの挨拶を交わして解散です。
私は夏合宿に参加することが出来なかったので、1年ぶりの参加でした。
とても楽しむことができました。参加されたみなさんに感謝とお礼を申し上げます。


そして、気になる復路のポイントは
Daishiさん、KENKENさん 13point  復路優勝
yohda60さん 11point
ak 10point
bbw1150さん 8point
ぐっさん 5point

トータルは
ak 29point 総合優勝! って俺が優勝じゃつまらないの。。。。 笑
yohda60さん 26point
KENKENさん 24point
Daishiさん 23point
bbw1150さん 20point
ぐっさん 13point



最後に、みなさんへ
参加されたみなさん、今回もいろいろとありがとうございました。
2日間とても楽しく、あっと言う間で終わってしまいました。
終わってみると、会の楽しさを改めて再認識する次第です。
ですが、今回、いつもと同じように私がいろいろ決めさせていただいたのですが、
家族の事情もあるので、一人で仕切るのはさすがにしんどくなってきています。
今回も直前でキャンセルの可能性がありましたが、調整をしてやっと参加できた次第です。
協力できる部分は進んで協力しますので、行く場所の確定や宿泊場所を進んで調整してくれる方がいると助かります。
よろしくお願いいたします。


見て頂いた方は、ドライブの参考ルートになればと思います。

それでは、また逢う日まで。

ak

コメント (12)

Enjoy LEVORG Driving! 2018 秋合宿 Day1

2018-11-12 15:31:16 | LEVORG 走行会

写真を加えて再編集しています。(2018/11/12 21:15)

今回の合宿参加者は、

KENKENさん
 VM4 STI Sport D型 クリスタルブラック
Daishiさん VMG GT-S A型 ギャラクシーブルー
bbw1150さん VMG GT-S A型 クリスタルホワイト
ぐっさん VM4 GT-S A型 スティールブルーグレー
yohda60さん VM4 STI Sport C型 ダークグレー
ak VMG STI Sport E型 WRブルー

の6台になります。


11月10日(土) Day1


東名高速道路 海老名サービスエリア 下り 8:00集合

前夜に早めに備えて早々に寝たが、息子の咳で寝つきが悪く、結局、午前3時起床(夜中だっ!)
4時前に荷物をレヴォーグに積み込んで4時過ぎに出発~
夜来の雨は上がっていて、天気予報は土日は晴天となっていて気分上々。
約1時時間で集合場所に到着。
当然1番乗りかと思いましたが、KENKENさんの黒いレヴォーグが闇夜に紛れていました。(笑

気合を入れるため、朝ラーを食べます。
気合どころか、歳のせいで体に悪いだけです。
でも、美味しかったですよ。(目を覚ますために胡椒を多めに)


合宿に参加予定でしたが、予定が入り不参加となった やし さんが見送りに来てくれました。(ありがとう!)
皆さんと話しているうちに、Daishiさんが7時10分に到着~ (集合時間50分前に来ているのに遅刻感満載なのは、いつものこと)
7時30分には、海老名SAを西に向けて出発です。

海老名~御殿場~新東名~NEOPASA駿河湾沼津

は、フリー走行になります。
途中トレインを形成したり、高速道路のスピードに慣れる いわば準備運動のようなものです。

空には雲が少し残っていて、霧が発生していました。
男気じゃんけんで勝ったDaishiさんが、これからの走行に備えてコースをチェック中。どなりはぐっさんのレヴォーグ。



Seg.1
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:Daishiさん 2番手:ak 3番手:KENKENさん 4番手:yohda60さん 5番手:bbw1150さん 最後尾:ぐっさん

新東名高速道路 NEOPASA駿河湾沼津 下り 休憩

島田金谷IC 下りる 国道473号線へ

国道473号線 川根本町 川根温泉 方面へ

国道473号線

川根交番西交差点 右折 県道63号線へ

県道63号線

道の駅 川根温泉 休憩


コメント
本日の宿泊場所が、御前崎なのに反対方向に山に向かって走るのがLEVORG合宿らしさです。(笑
この区間は、国道473号線で大井川本線に沿って、山々の色づいた紅葉、大井川を左手に見ながら走る景観を楽しむことができました。
ステアリングを左右に切って走行するのが楽しく、1年ぶりの合宿で感極まりました。
途中、川根交番西交差点を右折して、道の駅 川根温泉 で休憩です。


さすが、静岡県は暖かいのか、紅葉もまばらでしたが、晴れ渡り澄んだ空が最高にキレイでした。

撮影(bbw1150さん)今回は道の駅、サービスエリアで比較的並べて駐車することができました。
紅葉は斑という感じでした。暖かいからでしょうか。

大井川鉄道が走っているのを見たかった。


Seg.2
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:yohda60さん 2番手:ぐっさん 3番手:bbw1150さん 4番手:ak 5番手:KENKENさん 最後尾:Daishiさん
※超難関。酷道を走るコース、だがめちゃくちゃ楽しかった。レヴォーグの性能を再度認識しました(笑

道の駅 川根温泉

県道63号線 笹間川ダム湖を左トンネルへ 県道77号線

県道77号線 下泉付近を直進 県道263号線

県道263号線 突き当りT字路を左折 国道362号線へ

国道362号線

道の駅 いっぷく処横川 休憩



コメント
国道362号線が楽しかった。ほとんどが1車線の区間で、昨日の雨の影響で路面はウェット、落ち葉が沢山積もっていました。
そこに暮らしている人の生活道路になりますので、当然クルマとクルマのすれ違いがあります。
上りでは先がある程度見渡せるのですが、高低差が無い場合でブラインドコーナーでは細心の注意を払います。
全体的には交通量が少なかったので、とても走りやすかったです。
私は4番手だったのですが、前のbbw1150号の巻き上げる落ち葉、木々からひらひらと降ってくる落ち葉の光景が印象的で、
辺りの紅葉と相まって見とれてしまいました。
酷道ではありましたが、とても楽しく走行することができました。

道の駅 いっぷく処横川では、地元の名産品である椎茸の網焼きがサービスで配られていました。
肉厚でとても美味しかったです。
他のメンバーは しいたけソフトを食べていました。(V)o¥o(V)



Seg.3
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:ak 2番手:bbw1150さん 3番手:KENKENさん 4番手:ぐっさん 5番手:yohda60さん 最後尾:Daishiさん
※浜名湖まで南下するコース。トリッキーな交差点も多く往路では一番の難関。
私が引き当てた。。。。(@_@)

国道362号線のトレイン1 撮影(Daishiさん)最後尾からの撮影ですね


国道362号線のトレイン2 撮影(Daishiさん)


道の駅 いっぷく処横川

国道362号線

山東交差点を左折 国道152号線へ

国道152号線(秋葉街道)

双竜橋 交差点を右折

国道152号線

根樫交差点 右折 国道362号線へ

国道362号線

藤渕橋交差点 左折

国道362号線

清水橋交差点 左折

気賀四ツ角交差点 右折

国道362号線

下気賀交差点 右折

国道362号線

都築交差点 左折 県道310号線へ

県道310号線(浜名湖レークサイドウェイ) レストランハマナコ


コメント
早速、双竜橋交差点の手前で右折してしまい、トレインを間違った方向へ。(笑
直ぐに戻ることができたので減点なーし。(笑
コース作った本人が間違えているので重罪なのだが。。。。
このコースは天竜浜名湖線に沿って走るコースで、途中電車が後ろを走行してきて、
誰かが、本物のトレインとレヴォーグトレインが並走! みたいな旨い事を言っていました。(*^^)v
浜名湖が見えてくると、その広さに圧倒されました。レイクサイドを走るコースはとても気持ちよかったです。
この区間のゴール、レストランハマナコ辺りで停車して、名産品の三ケ日みかんをお土産に買いました。

駐車場で気が付いたのですが、みなさんのレヴォーグのホイールハウスがとんでもないことに。
前走の山道走行で濡れた落ち葉を泥がびっしりで茶色になっていました。(笑


Seg.4
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:Daishiさん 2番手:ak 3番手:KENKENさん 4番手:yohda60さん 5番手:bbw1150さん 最後尾:ぐっさん


レストランハマナコ辺り

県道310号線を直進 瀬戸トンネル南交差点を左折 国道301号線へ

国道301号線

五田橋交差点を 左方向へ

国道301号線

清源坂交差点 左折

国道301号線

泉町交差点 左折

国道301号線

弁天島 舞阪港和彩旬鮮 浜菜坊


コメント
浜名湖のレストランハマナコ辺りに到着したのが13時前、事前に昼食は浜名湖弁天島の浜菜坊と決めていたので、
お昼の時間をずらした方が待たずに食べられそうと考えていました。
ところが、Daishiさんが、「たいへんですぅ~ 本日の営業時間はヒトヨンマルマルあとあります。」
と情報をくれて、急いで向かいました。
実はコースを作る時に、昼食は、道の駅 いっぷく処横川でのそばか、浜名湖で食べるか迷いました。
いろいろ調べて、浜菜坊さんに決めたので、料理を食べるまでは不安があったのですが、
やはり評判通りメニューも豊富で、浜名産の魚介を使った料理もたくさん用意されていました。

私が食べたのは、白魚のかき揚げ丼
ど~ん
iPhone8で撮影。ちとボケてる。。(笑

これとても美味しかったです。
喉が渇いたのでオールフリーと一緒に。


Seg.5
男気じゃんけん(先頭5ポイント 以下4,3,2,1,0)
先頭:yohda60さん 2番手:ak 3番手:bbw1150さん 4番手:ぐっさん 5番手:KENKENさん 最後尾:Daishiさん


弁天島 舞阪港和彩旬鮮 浜菜坊

国道301号線に戻る

国道301号線 浜松バイパスを 国道1号線へ(篠原交差点方面へ)

国道1号線

石原町交差点を右折 国道150号線(掛塚街道へ)

国道150号線 御前崎まで直進(途中 道の駅 風のマルシェ御前崎 あり)

牛飼交差点を右折 県道240号線へ

県道240号線

御前崎灯台 海岸 見学 御前崎・遠州灘県立自然公園 駐車場


コメント
遂に本日最後のセグ。すでに走行距離が、みなさん400kmを越えてきているのでガソリン給油が必要になります。
翌日は日曜日なので、本日中に給油しておくと安心ですね。(実際は国道沿いにスタンドが沢山あるので給油には困らないのですけどね)
夕暮れが近づいてきて肌寒くなるかと思ったのですが、窓を開けて気持ちよく走る事が出来ました。
国道150線沿いは海側に沢山の風力発電を見ることが出来て、まさしく風の谷のような風景でした。
遠州灘は風が強く、風力発電に向いているのですね。
午後4時過ぎに本日の宿泊場所、御前崎の灯台に到着です。
夕暮れの灯台、海がとてもキレイで皆さん写真撮影を楽しんだようです。

夕闇迫る御前崎の灯台


夕日にレヴォーグを並べて

望遠で切り取ってみた。

撮影(bbw1150さん)夕日に映えるレヴォーグがキレイです。ダークグレーメタリック yohda60さんのレヴォーグですね。
サスガです!
遠くにボケて写っているのは、私とDaishiさん(笑

撮影(KENKENさん)今回もドローンで上空から撮影してもらいました。
風が強く、安定して飛ぶことができるのか心配でしたが、慣れたもんです。レヴォーグの集合写真を撮影してもらいました。
このほかの場所で、進行の関係でなかなか時間が取れずドローン映像はこの場所のみです。

左からak、Daishiさん、ぐっさん、bbw1150さん、yohda60さん




今夜の宿泊場所は、

宿泊場所 民宿なかにし さん
静岡県御前崎市御前崎8-1
0548-63-2020

にお世話になりました。
合宿は、クルマ一人1台でおじゃまする事になるので、宿を決めるときに最初にすることはGoogle Mapで宿の駐車場を確認することです。(笑
次に評判、料理のおいしさ情報です。
地元の魚を美味しくいただけるとのことで、こちらの宿に決めました。
若女将と旦那さんで切り盛りする民宿でとても感じが良くて、心地よく過ごすことができました。
ありがとうございました。

女体盛り 船盛
サザエ、かんぱち、かつお、イカ、とれたての白魚、あじ、イセエビ
イセエビはこの後、みそ汁にしてくれてご飯と頂きます。
金目の煮つけをおかずに美味しくいただきます。

そして、夜は、まいどの酒盛り。
ちょっと考えて、余興をと思ったのですが、結構まじめな話になってしまって。笑えない。(@_@)
気を悪くされた方がいましたら、申し訳なかったです。

夜は更け、

今日の男気じゃんけんのポイントを集計すると

1.ak 19point
2.yohda60さん 15point
3.bbw1150さん 12point
4.KENKENさん 11point
5.Daishiさん 10point
6.ぐっさん 8point

コース作った人がトップでつまらないのであーる。

Day2.へつづく。。

お世話になった 民宿なかにし さん
スバルのクルマばかりで驚いていました。(笑
撮影(bbw1150さん)

(・ω・)ノ つづく

コメント (16)

LEVORG Train SIX Stars

2018-11-09 16:47:42 | LEVORG 走行会

ここ最近、SUBARUに良いニュースがないが、
LEVORG 秋合宿は例年通りに開催。

2日間、静岡県を堪能しつくします。

6台のレヴォーグトレイン Six Stars!

見かけたら、スバルサインください!

それでは、いつものように~

天気よし!、準備よし!、レヴォーグよし!

コメント (2)

リコール当たった!スバルしね!!!

2018-11-08 21:09:07 | LEVORG



スバルの不正が発覚して約1年。まさかもう心を入れ替えて全社を挙げてブランドの信頼回復に力を入れているだろう。と思っていた。
甘かった。。。。

今年の8月にレヴォーグをおかわりして、STI Sportに乗り換えました。
その、まさかの新車E型レヴォーグが、今回リコールの対象。。。。
私のSTI Sportもビンゴ! なのである。

スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで 2018年11月8日(木)15時11分 Respons

これは、もう笑えないのである。
問題は経営陣ではなく、社員一人一人の意識である。
危機感が全くない。度重なる不正とリコールの嵐で感覚がマヒしているのだろうか。
あまりにも一般ユーザーをなめすぎ。
ブランドはすでに地に落ち。販売も一時の勢いは無いと聞いている。

そんなこと、言われなくても分かっている?

いやー、だったらこんなに同じ問題を繰り返さないで、きちんと対応してほしい。

私の場合は、A型レヴォーグもその対象だったのだが、
スバルのホームページに、なんだかよく分からないお詫びの記事が載ってそれで終わり。
ディーラーからも、お詫びも連絡も一切なかった。
あっ、富士重工からハガキが送られてきた。そんなもの読まない。笑

社長は繰り返し、
「消費者にご迷惑をお掛けして、申し訳ない。」と頭を下げるけど、どこに向けて頭を下げているのか一切伝わらない。

いっそ、消費者、スバルーユーザーを集めて、どのように対応したらよいのかヒアリングをかけて、顧客対応を教えてもらえ。
本当にそう思う。

コマーシャルの「安心と安全をスバル」って、高度なギャグなのか、一つも分からない。もぅ笑うしかない。

結局、
消費者やユーザーに見放された企業は、無くなるだけ。
スバルを取り囲む環境は、EVにしろ、北米の環境にしろ厳しさは増すばかりだ。

近い将来、トヨタに吸収なんてこともあるだろう。

その時に、反省してみても遅い。

吸収合併された会社の多くの社員は惨めな思いをするだろう。

もう、残された時間は少ないと思う。

スバリストを舐めるな!、いつまでも応援しているわけではない。
甘えるのもいい加減にしてほしいものだ。

コメント (8)