ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

イャッッホォォォオオォオウ!

2022-04-21 19:34:10 | Photo



さて、わたしゃ 清水の舞台から飛び降りたですよ。

その前に、カメラ自分史から入ります。<(_ _)>
私のカメラの出会いは、就職した1年目です。
そのころはバブルの名残があって、会社でハワイ旅行に行くことになりました。
それで、せっかく常夏の楽園に行くのであればカメラ必要だよね! となって。
当時人気があった、OlympusのIZM300というデザインがカッコいいカメラをボーナス払いで購入しました。(笑 さらに、父が闘病していて余命宣告されていたので、父との思い出の写真も撮りたいと考えた結果です。

このカメラ、初心者にとって使いやすくズームレンズもついていましたので、友達の結婚式やスポーツに大活躍でした。

そして、写真が面白くなってくると、物足りなくなってくるのです。

学生時代にミノルタのα7000のコマーシャルを見ていたので、
レンズ交換式カメラ、つまり一眼レフがほしぇー となります。(まだ 沼の入口)
なぜミノルタだったのか。理由は母が私の成長を撮影するのに使っていたカメラがミノルタでとても良く撮れていたという理由もあります。

α5700iというカメラを手に入れます。(本格的な沼へ)
標準レンズセットのモノを購入しました。
これが、良く撮れた、当時のαシステムにはイメージカードというのがあって、ポートレートや風景カードを使うと良く撮れました。
旅行や、家内のポートレート(当時は二人とも20代でしたので)、カモメの撮影に使用しました。
この頃から、風景写真にハマっていきます。
また、当時住宅会社に務めていましたので、頼まれて家の写真を撮って、施主に渡すような事もしていました。
住宅写真ですので、広角レンズを沢山使った覚えがあります。

α7700i
α8700i
α-7xi
α-9xi
α-707si
α-9
(ミノルタフィルカメラの完成形だと思っています。とにかくファインダーが素晴らしかった)


ここで、第一のパラダイムシフトが起きます。
そう、フィルムカメラからデジタルカメラへの技術の変遷です。

ミノルタもカメラ事業はCanonやNikonにデジタル一眼で先行され、だんだんジリ貧になっていきます。
その時に、コニカとの経営統合の話が出て、

コニカミノルタになります。
早くデジイチ出してくれよ~と 悶々とした日々を過ごします。
そこで登場!

α-7 DIGITAL
ボディ内手振れ補正を搭載しているので、ミノルタの過去のレンズが全て対応できるという良い商品でした。
ボディ内手振れ補正は世界初だったと覚えています。
でも、イメージセンサーが今一だったんですね。結局、カメラ事業はソニーに売却されてしまいます。

ソニーの商品は好きで音響の製品は沢山使っていましたが、ソニータイマーやどうせ売れなくなったらカメラ事業売却されるな。
と 思っていたので。どうしたものか。
カメラの資産はボディ、レンズ、周辺機器(フラッシュ、メーター、撮影備品など)です。
ボディを変えるという事は、これらの資産も購入し直しになります。

ソニーがカメラ事業を直ぐに諦めるという考えは、見事に外れるのですが。。。(>_<)

意を決して、Canonキヤノンに改宗することにしました。笑
フィルム時代も オートボーイや、視線入力(世界初)ができる、EOS5QDも使っていたので、
嫌いではアリマセンでした。

Nikonも家内が今でも持っていますが、Nikon35-Tiというフィルムカメラを使っていました。
これも写りがとてもよく、アナログチックな操作系がマニアの心をくすぐりました。
(実は、家内の父親がNikonでシステムを組んでいました その影響です)

9月のある日、紙袋3つを持ってマップカメラに行きました。
なんど、システム全部で50万円強の査定がでて、速攻で売却して、近くのヨドバシカメラへへGo!
査定で一番高かったのがα-9です20万円近かったです。

EOS 30Dを複数のレンズとともに購入して、Canonの歴史が始まります。

EOS 7D
EOS 5D Mark II
EOS 5D Mark IV

と変遷します。

ここで、第二のパラダイムシフト(セカンドインパクト
※にげちゃだめだ! にげちゃだめだ!

そう、ミラーレス機への乗り換えです。すでに、デジイチ以外ではミラーレス使っていましたが、
EOS 5DMark IVをミラーレス機に乗り換えるか決断しかねて迷っていました。

やはり、一眼レフのオールドファンは、光学ファインダーとシャッター音に惹かれており、簡単には乗り換えられないのです。
大枚はたいて購入したレンズ郡もまた買い替えになる?
うーん どうしよう。

ご存じのように、ミラーレスはソニーに先を越されていて、CanonとNikonは後発組になります。
なかなか、使用してみたいカメラもなく、コロナ禍でカメラを使用する機会も減り、興味が減退していたところでした。
ところが、
昨年、EOS R3というカメラが発売されます。 カッコよし、性能よし、値段高い という三方よしというカメラにはならなかったのですが、ずっと惹かれていました。
最大の難関は値段です。
カメラがメインの趣味の方は沼に飛び込むこともできるのですが、私は趣味が多すぎる。
綿密な金策を練らなければなりません!

・今、注文しても手に入るのは6カ月先
・その間にお金をもう少し貯めることができるかも。
・ヨドバシで買えば、ポイントもつくので一部のEFレンズを売って、RFレンズ買えるかも
・WRX S4撮影したら、チョー楽しいかも
・息子が鉄道写真に目覚め始めたので、このカメラ買っても起こられないかも。

と、「かも」が多いのは気になさらないでください。笑

同時にEOS R5も見当したのですが、
・R5は2000年発売だから、今手に入れても直ぐに新型がでるかも。
・R5を買っても縦位置グリップは必要なので値段そんなに変わんねーじゃん(いや全然高いっすよ)
・R5フルサイズで撮影したら、PCのディスクがどんだけ必要になるの。

と考えました。

とどめはフォトヨドバシ! R3のレビューに
画から感じる包容力でした。スピーディーな処理と出力で求められるサイズの落とし所で決まった画素数だろうと思いますが、それをこなすだけではなく、厚みの感じられる画を叩き出すところに感じ入りました。表現が難しいのですが、フィルム時代から慣れ親しんできた「写真らしさ」を感じる画です。このあたりを求めている人にもおすすめできると思います。
と。

いつもフォトヨドバシにはやられているの参考にしているのですが、今回もこのワーディングに止めを刺されました。。。

ここまで、冷静(?)に分析出来たら無双です! 笑
世界初の視線入力機能を持った、EOS5QD を使っていたのも何かの縁。笑

EOS R3 購入です。
※納期が6カ月以上先なので、正気に戻ることができたらキャンセルすればいいや~
※お金に困ったら、売っちまえばいいや~
と能天気に考えていることはナイショです。


一度ハマったら、抜け出せない沼の一つです。
※そして貴方も。。沼が沢山ある人は大変ですね! ( `ー´)ノ

合掌!

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

A型が試作機!?

2022-04-19 20:35:46 | WRX S4



自宅警備員で仕事の合間に、スバルのCB18エンジンの不具合が気になったので、
情報を得るためにいろいろ検索をして試してみた。
色々なところを見たのだけれど、検索結果に5chの書き込みの記事があって、
爆笑してしまった。

書き込みの内容は、

スバルA型は、試作機
B型は、先行量産機
C型で、初期型

したがって、D型以降(後期型)を買うべきである!

なんと、A型で終わっていないところがツボにはまり、思わず笑ってしまった。
正に、「言い得て妙」なのである。

スバルに乗るようになって、20年弱、自ずとA型は不具合が多いことを学びます。
最初に何よりも衝撃的だったのは、スバル車には年次改良があって、順にA型、B型と呼ぶことに驚きました。

最初の営業担当者に、スバルのA型は不具合が多いんですか? みたいな質問をしたら、
営業:「まぁ。そういわれていますけど、実は一番コストがかかっているのがA型なのです」
営業:「内装の部品やエンジンパーツも金属が多いですよね。なのでお金かかっています。」
それを熟成させて行って、パーツの見直しを行い取捨選択をするらしいです。笑
また、A型は、同型として一番長く乗れるので、それも良いですね。
と、
なんか、キツネにつままれたみたいですが、納得している自分がいました。

まじかでA型だったスバル車はレヴォーグ 2.0GT-S  VMG-A
確かに、エンジンのオイル漏れやダンパーの不具合、LEDライナーの錆問題、リヤゲートゴムパッキンのめくれ、リコールと一通りのことは経験しました。

ディーラーに行ったり、サービス担当者と調整するのが大変だったのですが、
不思議と、手にかかる子はカワイイ じゃないですが、満足していました。
そして、後期型のE型に乗り換えるのですが、確かに、不具合は少ない!(笑
色々なところが年次改良されていて、手がかからない優等生の様です。

しかし、今度の新しいWRX S4もA型です。。。。
何が起こるのか? 楽しみではあるのですが、不安がよぎります。(笑

スバル車を長く乗ることで、大体の傾向やトラブルには一通り経験済みです。
まぁ、心を大きく持って、優雅に構えたいです。
北斗神拳 無想転生 のように。笑


在りし日のLEVORG Type.A ギャラクシーブルー

いまでも十分カッコいいのである!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2代目レヴォーグがザワついている件

2022-04-14 20:02:41 | LEVORG



これはちょっと定かではないのですが、

2022年4月15日追記
残念ですが、本当でしたね。
スバル、主力3車種のエンジンに不具合 2カ月半ほど出荷見合わせ
4/14(木) 19:04配信 朝日新聞デジタル

二代目レヴォーグのCB18エンジンに不具合がある。
そのため新車の納期が数カ月遅れる。

という情報を目にしました。

原因はEGRセンサーらしい?
有名な女性のモータージャーナリストの2代目レヴォーグが首都高速を走行中にエンジンが反応しなくなり緊急停車の動画を、お友達から教わって拝見したのですが、それの対策のためとか。

首都高速なので路肩は全くなく、そんなところでエンジンが反応しなくって緊急停車。
絶対にしたくない体験です。
他のクルマに突っ込まれたら、それでおしまい。
さらに自分の子供も同乗していたらしく、気の毒でしかありません。

出荷を停止して対策を検討中らしいのですが、リコールの情報もメーカーからのアナウンスもないので「?」をつけているのです。

CB(コンセントレート・ボクサー)18の不具合だとすると、ほとんどのスバルのクルマに当てはまるので、
ただ事では済まないはず。
FA24のWRX S4を注文した身としては、新型エンジンの不具合なので飛び火しないか不安で仕方がアリマセン。

レヴォーグの1.8Lが発売されるときに、
「たまに高速道路を走らないといけない」というナゾ仕様があったのを思い出しました。

更にレヴォーグ1.8では、
ステアリングの不具合。
アイサイトEXの不具合。
など、A型とはいえ、心配をしていました。

電子制御で高度化すると少なからず、プログラムの修正が必要になります。
PCのOSの定期的なアップデートと同じです。
まぁ、PCの不具合で命を奪われることはないのと思うのですが、
クルマにであれば、不具合は事故に直結します。自分だけでなく他人を巻き込んでしまう事が一番怖いです。

私も、もっと情報を集めてみますが。

首都高速で緊急停止するレヴォーグの動画は本当の事なので、なぜそうなったのか原因を知りたいです。


記事とは関係ないけど初代LEVORG VMGのリヤ
コラゾンテールがカッコいいのである。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リフォームしてみた! しかしモノがない

2022-04-12 19:48:58 | Life

毎日 暑いよぉ~

息子の中学進学に合わせて、マンションのリフォームを決めたのが昨年の11月。
マンションを新築で購入してあっという間の築28年。
さすがに水回りも古くなり、息子に部屋に予定している洋間の壁紙もカーペットも大分傷んできている。

最初は息子の洋間(勉強部屋)だけをリフォームする予定だったのですが、
コツコツと貯めていた住宅財形も満額になったので、
台所、洗面所、浴室、洋間、和室の襖、など大きなリフォームになってしまいました。(>_<)
最初は全部を2週間かけて行う予定だったのですが、キッチンの部材が揃わないかもしれないということで、
3月の
第2週に、 洋間、洗面所、浴室
第3週に、 台所
と分けて実施する計画です。

ところが、
やはりキッチンのガス台が半導体不足やコロナ禍の影響で揃わないということで、
5月か6月に延期して施工することになりました。

リフォーム担当といろいろ建築資材の話をしたのですが、不足しているのは、
・フローリング材
・ガス台
・浴槽
・給湯器
・その他、細かな部材
すべてが不足気味であることを言っていました。
さらに、4月から建築資材は値上がりするとのことで、ますます懐が痛みますね。

このような状況は建築資材だけではなく、
・エアコン(家電)
・PS5(家庭用ゲーム機)

自分のWRX S4もそうですね。(平時に納期が4-5カ月かかるなんで考えられません)

そして、ロシアのウクライナ侵攻で、食品の値上がりや品不足も心配です。

コロナを境に、社会や生活環境が大きく変わりつつあるように思えてなりません。


本当に嫌な世の中です。
それでも人生は続きますので、どこかで折り合いをつけながら工夫して生活していきたいです。

(+_+)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WRX S4のエンジンがショートストロークだった件!!

2022-04-11 20:31:50 | WRX S4

4月なのにこんなに暑い。。。。

今頃そんなこと気が付くのかよ。という話でゴメンナサイ。
新しいWRX S4のエンジンはショートストロークエンジンでした!!


WRX STIのEJ20

・排気量:1,994cc
・ボア×ストローク(mm):92.0×75.0
・ボア・ストローク比:0.815

ショート・ストロークエンジンは、
ロング・ストロークエンジンに比べてストロークが短いため、中央付近の最高速度は遅くなります。
つまりショート・ストロークエンジンではピストンの平均速度を大きくせずに回転数を上げることができるのです。
エンジンの回転数が上がれば排気量あたりの出力が大きくなりますね。
でも、低回転域ではピストンのスピードは遅いため、出力が弱くなる。
つまり、低回転域のトルクが不足気味、回転数が上がれば高性能を発揮するという事になります。
EJ20の特徴をよく表していると思います。

ときて、

初代LEVORG  VMG

・排気量:1,998cc
・ボア×ストローク(mm):86.0×86.0
・ボア・ストローク比:1.000
スクエアストローク

300PSのエンジンでも、ショートストロークではなく、スクエアなんですね。
スクエアであることが、ある程度の経済性を発揮して、更に高パフォーマンスを発揮できるという事です。
こちらは、高パフォーマンスを得るための、ターボ過給であり直噴システムです。

WRX S4は、
CAFE法との関係もあるし、FA20よりもピーク性能が落ちているので、燃費を優先して当然ロングストークだろう
と勝手に思っていたのですが、

・排気量:2,387cc
・ボア×ストローク(mm):94.0×86.0
・ボア・ストローク比:0.92

という数値。ショートストロークエンジンなのね。(驚き)

でも
ストロークは86.0mmあるので、エンジンがこれ以上長くなると水平対向のため横に広がりフードに収まりにくくなります。
そこで、ボア径を拡大して排気量をあげています。
2.4Lあればショートストロークでもトルクを得やすいのでこのような型式になっているのではと勝手に思っています。

レブリミットもFA20の6,500rpmから6,000rpmと500rpm落ちています。
排気量があるのでそんなに回さなくてもパワーを得ることができるのだと思います。

CAFE法に適合させるため。
・燃費の経済性

環境適合性
・エンジン音の静粛化
などに対応させるために仕方が無いことです。

更にFA24は、 BRZと同じエンジンですが、
・BRZはNA、S4は過給エンジンでボア・ストロークのみ同じで他はほとんど別物。
FA20に対しては、
・燃焼室形状の専用設計
・エンジン全体で軽量化の達成
という事になります。


様々な自動車ジャーナリストの動画やテキストを読んでも、
FA20のような荒々しさは無いが、常用の速度域では断然早い。とコメントされています。

私は、ディーラーの周りを少しの時間で乗っただけですので、
動力性のがどれくらいのものなのかは分かりません。

納車されたら、燃費との関係や、速度域感触など感じたことを細かく報告したいです。

FA20エンジンに惚れこんでいたため、この部分はかなり心配な部分であるのです。

久々のLEVORGショット(やっぱカッコいいのである。)


では。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする