私も 一言 投稿用 (こんな話を聞きました)。

お念仏は 公の言葉  

 お念仏の教えは、簡単な教えですけれど、簡単であるから
誤解しやすいのです。
法然聖人の教えは、じつに簡単ですよ。これはどんな人でも
分かる、分かりやすい教えです。

法然聖人からどういう教えを聞いたかを、親鸞聖人は
ひと言で仰っておられます。(『歎異抄』)

 「親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまゐらすべしと
   よきひと(法然)の仰せをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり。」

と、仰ったのです。これだけです。
「お願いだから、どうぞお念仏を申して、お浄土に生まれてきてくれよ
 というのが阿弥陀様の願いだ」。
この願いのお念仏とは仏様の願いのお念仏です。
人間の願いの念仏とは違います。
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と称えて、仏様に何かを
お願いしようなんていうのは、大変愚かなことなのですよと。

「南無阿弥陀仏」とお願いするのは、私ではなく仏様なのですよ。
仏様は誰を願っているかというと、この私を願っているのです。
仏様は私を願ってくれているのに、私が仏様を願ってどうするのですか、
仏様の言葉を 私ごとに使ってはいけません。

 だいたい、仏様の言葉を私ごとに使うというのはおかしいですよ。
何でもそうでしょう。公の言葉は公に使わなければいけない。
お念仏は公の言葉です。「生きとし生けるすべての人に、
どうぞこの『南無阿弥陀仏』と申して、そしてお浄土へ生まれてきてくれよ」と
お願いくださるから、「有難うございます、仰る通りお念仏を申して
お浄土へ生まれさせていただきます」と言って、「南無阿弥陀仏、
南無阿弥陀仏」と、皆さんは仰っているのではないですか。違いますか。
もし違っておられたら今日限りあらためてください。
そうでなかったら浄土真宗の門徒ではないですよ。

 そういうことで、お念仏のお謂われというのは これだけのことです。
善人であろうと悪人であろうと、賢くあろうと愚かであろうと、
男だろうと女だろうと、如来様は分け隔てはなさらない。
戒律を保って清らかな生活をしていようと、ふしだらな生き方をして
それしか生きられなかった人であっても、如来さまの願いを聞き入れて
「有難うございます。それではとお願いを申して、あなたの所へ
  帰らせていただきます」と言ったら、如来さまは一番喜んでくださるのです。
 それだから法然聖人はお念仏申しなさいと言われるのです。

 法然聖人のもとに集う在家の信者の方々は、「私みたいなものに、
そこまで言われているのですか」と、出家、在家の区別なく、
聖人の温かいお念仏のお諭しにしばしば感激されていました。
そして法然聖人は、聖人のところからお念仏して帰る人の姿を
ご覧になって「ものもおぼえぬあさましきひとびとのまゐりたるを
御覧じては、『往生必定すべし』とて、笑ませたまひしを、みまゐらせ候ひき」
(『親鸞聖人御消息』『註釈版聖典』七七一頁)と仰っておられます。

 にっこりと微笑んで必ず浄土に生まれていく人だなと言われたのです。
田舎の爺さんがお念仏申しながら帰っていったら、法然聖人が喜んで
くださったということが書かれているのです。

         梯實圓師 「浄土から届く 真実の教え」 自照社出版

コメント一覧

aiueo678
そうですね
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る