私も 一言 投稿用 (こんな話を聞きました)。

人間にわかる言葉で  ~阿弥陀さまの願い~

 教行信証の「教」というのは 何かというと、「大無量寿経」のことです。
この経はお釈迦様の言葉ですが 阿弥陀様の言葉でもあるのです。
阿弥陀様がお釈迦様となってこの世に現れてくださり、
私たちにわかる人間のことばに直して、 阿弥陀様のこころを
私達に説いて知らせてくださったのです。
それが大無量寿経というお経なのです。

 ですからこのお経はどこから出てきたかというと、お浄土から
出てきたお経なのです。 大無量寿経に このことが書かれています。
浄土の蓮華の華が、一つ一つの華が、それが一体一体の仏様となって、
そして十方の世界にかぎりなく開けていくというのです。

その仏様が、浄土の覚りの光が仏様となって、十方の世界に
あらわれてくるのがお釈迦様であり、十方の諸仏だというのです。
その仏様たちが、光の言葉を持って光の世界を人びとに説き、
人びとの暗闇のこころを明るく開いてくださる、それがお経なのです。

 だからお経となって仏様は届く、仏様というのはお経となって
届いていらっしゃるのです。

 私たちがお経を読誦する時は、お経本を頭の前にまず頂いて
拝読しています。
ただ本を読んでいるわけではないのです。
私の前に、私のわかる言葉で、仏様のおこころを知らせてくださっている、
仏様のお言葉であるということです。
そのお釈迦様の説かれた『大無量寿経』というお経が、
仏様の真実の言葉となって それが届けられているのです。

 その『大無量寿経』の内容を言いますと、「南無阿弥陀仏」という
名号を疑いなく受け容れてくださいと説いています。
疑いなく受け容れることを信心と言っています。

名号というのは仏様の名前で、「南無阿弥陀仏」という阿弥陀様の名前です。
「南無阿弥陀仏」は姿も形もありませんが、言葉だけがあるのです。
姿も形もないということはどういうことかというと、
私たちにはそれを見る眼がないのです。

これは眼を入れ替えなければならないのです。
仏様の言葉、如来様の世界を私たちが受け容れられる言葉となって、
言葉として私に届いてくださるのです。
言葉を超えた世界が、言葉となって響いてくるということです。

その言葉をとおして、私たちは言葉を超えた世界に気づかせて
いただくということが大切なのです。
そのために仏様は、名号となってあらわれてくださるのです。
名号というのは名前です。

「南無阿弥陀仏」という名前となって現れて、私に
呼びかけてくださっています。

     梯實圓師 「浄土から届く 真実の教え」 自照社出版

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る