ハレ替え本舗だより

広島県福山市の(株)渡邊畳店の三代目です
主に仕事に関係したいろいろな出来事や思いを書いています。

国産畳表

2009-03-31 16:10:37 | 日記
今日は8畳間の表替えをした。10年ほど前に裏返しをした畳だ。お客様に畳表を選んでいただくとき、国産(熊本)表と中国四川省の表を見比べていただいた。見た感じではほとんど違いは無く、多分、耐久性もさほど変わらないと思う。お客様は国産の表を選ばれた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

茶室の畳

2009-03-29 21:12:55 | 日記
昨日、今日と福山駅の北側にある、福寿会館で市民茶会が開催された。私も初心者ながらお手前をさせていただいた。畳は床から新しく入れ替えてあった。スタッフの人が「畳が硬くて、足が速く痺れる」と話していた。どうやら、従来の床は藁床で、今回の入れ替えでは建材床に変更したようだ。藁床と建材床、それぞれ一長一短があるが、茶室として使う部屋は藁床がいいと思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1枚でも

2009-03-25 16:29:32 | 日記

公務員宿舎を退去される方から畳の張替えの注文を受けた
「1枚だけなんですが・・・」
早速伺うと、16枚半の内でその1枚だけ傷で表に穴が開いている。
他の畳はもう結構日に焼けていたり、擦り切れているのに、そのままで何もしないらしい。
数年前から入居者が悪いところだけ直して退去する事になったらしい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダイケン 黄金白で表替え

2009-03-23 21:08:18 | 日記
今日は6畳間の表替を行った。日当たりの良くない部屋だそうで、カビの心配が少ないダイケンの表をお客様に勧めた。色は通常の畳表の色の銀白も良いが、意外と、この黄金白が部屋が明るく感じる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

休日出勤

2009-03-22 10:38:53 | 日記
20日の金曜日にお客様から表替えの依頼の電話があり、昨日6畳今日6畳する。
午後からは徳山でのヘイリーのコンサートに行くので、今日は朝早くから動いた。
畳のサイズは通称六一(ろくいち)と呼ばれる大きさだ。
縦六尺一寸幅三尺5分の縦の寸法からそう呼ばれている。
使用する表は中国、四川省で生産された表です。
一般に中国産は国産に比べ耐久性が低いと言われている。
しかし、この四川の表は国産と遜色ない耐久性を持っている。
また、経年変化による色あせ(日焼け)の状態も国産の高級品並みにきれいである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする