将棋おたくのつぶやき

主に将棋中心のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋ソフトカンニング疑惑について(続報)

2017-05-27 13:18:27 | Weblog
 以前にも書いた内容ですが、おそらく一段落したようです。

 会見で象徴的だったのは「今回はお互い傷を深く負ったという話を私からしました」という一言かと思います。
 話した相手が(一部で言われているような)悪意の扇動者であれば、こういった発言はしないかと思います。(せいぜいが「将棋界のためを思ってのことでしょう…」くらいでしょう)
 真相はわかりませんが、そのお二人はおそらく本当に傷つかれたのであろうなと思いました。

 以前の記事では白黒という表現をしましたが、そこを度外視してどのように処理するか、という問題がより本質的だったのだなと思います。
 「真実を明らかにしろ」という言葉は傷つくものですが…当然のことながら「真実」を全て明らかにすることはできませんし(最も守らなければいけないのはスポンサー=読売新聞であり、その不利益になるような情報は連盟は出せません)(そもそも告発者たる某雑誌が情報を明らかにしない限り不可能です)、またその状態で処理するということは非常に難しいことだったろうと思います。
 多くの人は、出せない情報を、あるいはじっと耐えるしかない場面を、能力を超えた問題を、任された経験はしているものと思います。
 関係者の心中を深くお察ししますが、ごく一部の心無い声に負けることなく、前に進むことを願ってやみません。
コメント

理化学研究所の研究について(続々報)

2017-05-27 11:02:21 | Weblog
Neural encoding of opposing strategy values in anterior and posterior cingulate cortex
Nature Neuroscience 18, 752–759 (2015)
攻撃・守備の戦略を司る脳部位について。
特定の局面で、攻撃すべきか守備すべきかの2択、もしくは最善手の4択を選ぶ施行で、どの脳部位が働くか?という研究です。
攻撃を選ぶ場面では帯状回後部が、守備では吻側帯状回前部が働くとともに、いずれにも前頭前野背外側部が働く。選択を司るというより選択の重みづけに関与しているようです。
結論としてはそうで、攻撃・守備という複雑な概念をいかにデータに落とし込むか、また他の概念では説明できないデータであることをいかに証明するか、ということで複雑な解析もしているようで、全ては理解できていないのですが。サルの実験でも似たデータ(危険回避実験と表現するのが良いでしょうか)が出ているようです。



The Neural System of Postdecision Evaluation in Rostral Frontal Cortex during Problem-solving Tasks
eNeuro 9 August 2016
意思決定後の評価を行う脳部位について。
詰将棋の図面を見せて初手を答えさせて、「そのあとに」問題を考えているときにどの部位が働くか?という研究です。
外側前頭頭頂皮質を含む吻側前頭皮質が働く。
図面を見せてすぐ答えさせる、図面を見せて数秒考えさせる、のほかに、一度見せた図面を考え直させる施行をするのがポイントのようです。
脳は安静時にも様々な活動をしている(デフォルトモードネットワークとか)ので、その影響をどう否定するか、などの検討がたいへんそうです。
その脳活動じたいは将棋を覚えてしばらくすれば出現してくるので、それが人間の思考発展の出発点…といえるのかもしれません。



また続報があったら読んでみたいですが、やはり基礎的な知識がないとなかなか難しいですね…。
コメント

将棋ソフトカンニング疑惑について

2016-10-22 13:28:06 | Weblog
想像される流れを時系列にまとめました。想像ですけどね。


・カンニング疑惑が棋士間で噂になる
・マスコミも情報を収集しはじめる
 (某メディアの取材もこのころから?)
・スマホ持ち込み不可を棋士会で採択
・その後の対局で疑惑が再び出現

・某メディアが某棋士に、「独占告白」を条件に情報を提供
 ※ここがポイント。どこまでの情報をもち、どこまでを提供したか?
  確たる証拠は提示せず、「だがまだ情報はある」とほのめかす展開が、
  最も疑心暗鬼にさせ混乱させる。
 (某メディアは同時に某新聞社へも情報提供)

・某棋士が理事に相談、臨時の会議を開く
・当事者とも相談するが、連盟側は確たる証拠がないため玉虫色の決着を目指すしかない
・当事者が正式に反論
・それを待って某メディアが記事に起こす
・他メディアも追随 代理戦争の様相を呈する
 (それとなく真実を伝えようとぎりぎりの表現をしているメディアも)


実際のところは白黒どちらなのか想像がつきません。

真実を知らないままでは連盟側がうまく対応できないのもやむをえない?
コメント

理化学研究所の将棋関係の研究について(続報)

2015-02-14 17:30:02 | Weblog
 2014年のscientific reportsに掲載されています。http://www.brain.riken.jp/shogi-project/press/release_140804.html

 プロ棋士とアマ(有段者レベル)、将棋を指さない人の比較実験。EEGにより、将棋の配置を見た際の波形変化を、よく見る配置(囲いなど)と、ランダムな配置で比較した。
 200ms後に側頭~前頭のθ波の出現、700ms後に頭頂、側頭、前頭のδ波の出現。よく見る配置に特異的だったのは前頭のθ波で、プロ以外では前者の変化は認めず。
→仮説として
 200ms:前頭で大雑把な空間認識、意味記憶につなげる(前頭)、詳細の把握(側頭)
 700ms:情報の統合(先行研究からは楔前部?)、また次の手を帯状回で検討

 H23のrikenchannelで触れられていたEEG研究成果の一部と思われます。
 徐波の出現は珍しいかどうかというより、脳活動を表しているものといえそうです。
 「序盤型と終盤型で異なる頭頂部の徐波」というのはないので、まだデータはありそうです(論文となりうるものかは不明ですが)。
コメント (1)

電王戦

2013-04-07 08:42:03 | 将棋
 よくコンピュータを車に例えられます。
 そのときに人間はオリンピック選手に例えられますが、飛脚や駕籠に例えるほうが適切な場面もあるかもしれません。

 他の身近な例ですと、町の小さな商店街近くに、大型ショッピングモールが出店。
 モールの担当者と商店街の人たちの話し合い。
「商店街の魅力が損なわれることはないですから」
どちらからかそんな言葉が出てくる。
 発せられる意味も受けとる意味もそれぞれ。
 商店街が実力で勝つことも確かに不可能ではない。
 負けた人の悲痛な慟哭。軽い気持ちで受け取って欲しくない。
 きっと真っ向勝負での勝利だけが勝利ではない。

 ただ、将棋だけでなく、あらゆる分野で人間はいずれ負けるのでしょう。
 プログラムを組むことすら、ルーチンで簡単な作業になったりして。

 そのとき人間に、存在する必要性はあるのでしょうか。
 もともとないのでしょうか。
コメント

第10回詰将棋解答選手権 第2ラウンド

2013-04-04 14:39:28 | Weblog
コメント欄に。
コメント (1)

第10回詰将棋解答選手権 第1ラウンド

2013-04-03 19:31:28 | 将棋
 今年の問題公表は早いですね。例年1~2週後だったと思いますが。
 記念すべき第10回はいかがだったでしょうか。管理人の感想はコメント欄で。
コメント (2)

第10回詰将棋解答選手権

2013-02-19 17:53:10 | Weblog
いよいよ来月ですね。

詰将棋、解いてません。
練習するか、わかりません。
出るか、わかりません。

ともかく楽しみます。

東京会場は亀戸。
お昼どうしましょうか。
コメント

理化学研究所の将棋関係の研究について

2012-12-31 12:49:17 | 将棋
 何度調べても難解なので、書いて整理していくこととしました。

H23 プロ棋士の直観は、尾状核を通る神経回路に導かれる http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2011/110121/detail.html
 プロ棋士とアマ有段者の比較実験。詰将棋における直観的思考(1秒)とコントロール課題の比較が主体。
 プロ棋士にのみ、尾状核の活動が優位に出現。
 「集中した長時間の練習を通して、初めは大脳皮質内の神経回路だけで行われていた将棋の思考過程が、大脳皮質の楔前部と大脳基底核にある尾状核を直接結ぶ神経回路に埋め込まれていくのではないか、と研究グループは考えています。」

H24 素人でも訓練によりプロ棋士と同じ直観的思考回路を持てる http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2012/121128/detail.html
 将棋初心者が集中的にミニ将棋の訓練をした実験。
 実験終了時には、H23プロ棋士の研究でみられたような、尾状核の活動が出現。
 「プロ棋士が持つ直観的思考回路は特別なものではなく、地道な訓練によって養われることを示しました。」

rikenchannelに発表されたH23シンポジウムより http://www.youtube.com/user/rikenchannel
 上記に発表されていない研究として、H23研究における脳波所見(論文未発表?)。
 プロ棋士12名のうち、6名に出題後0.6sの時点で頭頂部に徐波が出現。
 各6名の違いは「序盤型か終盤型か」。


疑問として(多くは自分の知識が乏しいこと)。
・直観は尾状核の活動と密接に連動していると考えてよいか。その他根拠となる研究は。
・尾状核は具体的に何をしているのか。思考を直接制御しているのか、間接的にか(ノイズの処理など)。
・徐波の出現は珍しいことなのか。

・プロとアマの違いは、実力と、純粋に経験の多さ、の二つがある。いずれをより見ているのか。
・この場合の「直観」には明らかに誤っているものも含まれると考えてよいか。
・その場合、直観の質を見分けることはできるか。
コメント (1)

AKBじゃんけん選抜2012

2012-10-14 08:22:45 | Weblog
 将棋ネタではありません。


 やすすのコメントでも繰り返し出ています。
 「同じグーでも意味は違うんだ」
 確信をもって決断する、後悔しないことの重要さを伝えてきたと思います。

 今大会のキーパーソンは仁藤でした。
 準々決勝の篠田戦がハイライト。理由は言うまでもなく。
 ここを突破すると、準決勝で岩、もとい内田を撃破。
 なんと優勝者を連覇した勢いで決勝に進出します。

 ここまで仁藤はすべて一発で勝っています。それもパーで。
 大会後、仁藤は「一瞬グーが見えたけど」パーを選択します。
 異様な雰囲気の中、後悔したくないという思いがあったのでしょう。

 そして「シナリオどおり」負けてしまいました。
 視聴者にもわかるシナリオで。
 もしプロデューサーが作ったのでなければ神が作ったシナリオで。


 人間が必死で考え決断したことも全て神の手の中で転がっている


 ラプラスの悪魔というやつですね。
 プロデューサーには抗えても神には抗えない。
 越えられない壁を見せつけられたような、そんな決勝でした。

 もしそんなふうに運命を信じられなくなったらどうしましょうか。
 じゃんけんなんて何出しても一緒。
 一周ぐるっと回ってそこに行きつくのかもしれません。


 なお大会のもう一つのツボ。
 総監督の大会総括という、一見厳粛な場面。
 やってきたのが茨城のヤンキーみたいなあんちゃん。
 その後ろにちょこまか走る岩。

 ほどよいしょーもなさがよかった。わらた。
コメント