このごろの下島八段と大表三段と長徳三段

「へいちゃん」こと下島陽平八段と富山県出身の大表拓都三段、長徳徹志三段の活躍や富山の囲碁ニュースをお知らせします♪

NEWS!

6.4  第68回 毎日アマ本因坊戦 県大会をUPしました。
6.11  第43回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会 富山県予選・段級位認定大会をUPしました。
6.24  大表三段対長徳三段ハッピ―バースデー二番勝負をUPしました。
7.24  第29回富山県ジュニア囲碁林間学校をUPしました。
8.5  第2回囲碁シニア八傑戦をUPしました。
8.27  第43回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会 全国大会をUPしました。

下島先生、大表先生、長徳先生に会いに行こう!(大会等のお知らせ)

◆内容:ビッグ碁 団体戦
・日時:2022年8月21日(日)A,B,E,F,Gクラス予戦、2022年9月11日(日)C,Dクラス予選、2022年9月25日(日)決勝
・招待棋士: 下島八段、大表三段、長徳三段
・場所:速星公民館(婦中町)

◆内容:下島八段 指導碁会
・日時:2022年9月24日(土)13時~
・場所:囲碁サロン とんぼ

◆内容:ジュニア棋聖戦富山県予選
・日時:2022年10月1日(土)13時30分~
・場所:囲碁サロン 天元
■県代表 低学年・高学年 各1名

◆内容:県支部連合会主催 名古屋 [群遊] 観光ツアー
・日時:2022年11月18日(金)~ 20日(日)

各種申込み・お問い合わせは←側のフレーム内「メッセージを送る」から連絡をお願いします。

お知らせ

①第1回ネット囲碁きときと名人戦開催(無事終了しました) (2022年1月~4月)

大会内容・対局結果の詳細はコチラ 熱戦譜 公開中!!
NEW!! 更新日 2022/5/1

第2回囲碁シニア八傑戦

2022年08月06日 | 大会
第2回囲碁シニア八傑戦の予選が6/26に、順位決定戦が7/3に行われ熱い熱戦が繰り広げられた
26日の予選には32名が参加。

今回の特徴は、大会方式が関心を呼んだか、レジェンドと呼ぶにはまだ若すぎるが
県代表クラスの強豪たちが多く集まったことだった。
喜ばしいことだが、次回は、低段者にも多く参加してもらいたいし、棋力別に二クラスに分けることも検討したいと考えている。











初日に予選リーグ3局が行われた結果、8名が翌週の順位戦に進出した。
そして3日に同じく3局の順位戦が行われ、以下の方々が入賞した。

優勝 四十物栄(黒部市)

二位 蔵島大造(富山市)

三位 松島和夫(富山市)

四位 山根 清(滑川市)

五位 滝田義正(射水市)

六位 菊地一秋(高岡市)

七位 吉村健治(南砺市)

八位 野坂義信(富山市)






また、当大会は11月に開催予定の「ねんりんピックかながわ」の県代表決定戦も兼ねており、蔵島さん、松島さん、山根さんに決定しました。
入賞そして代表になられたみなさん、まことにおめでとうございます。





今回も、いろいろな交流やドラマがあり、みなさんには有意義な時間を過ごしていただいたようだ。
が、何といっても圧巻は、天野光正さん97才!の参加だった。第1回から、欠かさず連続出場を続けており、近年では全国大会に出場されると、いつも最高齢選手として各地で表彰を受けられていたほどだ。
今回は、大会が近づいても申し込みの連絡がなかったので、お電話すると、たまたまご在宅だったが、翌日には病院に戻らないといけないとのこと

「ながく出場を続けたが、どうにもどの医者が許してくれなくてね。今回は諦めます」そうですか、これまでも何度も病院から参加されていたのだがさすがに難しそうだ。

「残念ですが、では今年は休んでいただいて来年の参加を目指しましょう。」しかし奇跡が起きた。翌日天野さんから

「医者の許しをもらいましたよ。迷惑をかけるかもしれないが、よろしく頼みます」おお、天野さんの熱意が主治医を動かしたようだ。

「わかりました、では対局を存分に楽しんでください。」

で、考えた。天野さんの想いに応えるべく何かできないかな。

そこで、開会氏の席上で、特別表彰・感謝状を贈ることにした。審判長の下島陽平八段にも事情をお話しして色紙をお願いすると「青春常在」としたためてある。なんてステキな今の天野さんにぴったしな言葉だろう。





ご挨拶いただいたのだが、これが素晴らしかった。

「長いシベリア抑留から戻り、32才で碁を覚えて楽しんできたが碁は人生を豊かにしてくれた。人間は生きている間は人の役に立てるようしっかりと働かなければいけない」数十年前の天野さんがお元気で活躍されてる頃が浮かんでくるようだった。そして

「最後にもう一言だけ。みなさん、奥さんには互先でも絶対勝てっこないのだから、大事に大事にしなければいけませんよ」圧巻とはこのことか、我が意を得たとばかりにうんうんうなずく参加者のみなさんのひときわ高い拍手が会場を包んだ。ある方は「挨拶を聞けただけでこの大会に参加した意義があるよ。来年は天野さんと対局させてもらえないかな」と大変喜んでおられた。



天野さん、ここまできたらぜひ区切りよく100才での参加を実現させていただきたいです。60代・70代はまだひよこ、80代でもどうだかな、との天野さんの声が聞こえてきそうな気がする。これからも後に続く愛好家のみなさんの希望の星であるようにお元気で囲碁を楽しんでいただきたいものです。


記事・写真:廣田 徹
編集:hide
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

43回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会 富山県予選・段級位認定大会

2022年06月11日 | 大会
令和4年6月5日(日)見事な晴れ空



北日本新聞社にて、第43回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会 富山県予選・段級位認定大会が開催されました

県代表選抜戦、全国大会出場をかけて、中学6名、小学3名が参加。
段級位認定戦に17名が参加。







<全国大会県代表を決める選抜戦>

小中共、リーグ戦を行いました。

レベルの高い中学生


小学生も負けていません


小・中学校 各2名が代表となります。






代表の皆さん、全国大会頑張ってください。



<段級位認定戦>


A・B・C・Dクラスに分かれて対局します。置碁です。







各クラス、認定状は学校を通じて授与されます。


お世話してくださった、北日本新聞社、関係者の皆様、ありがとうございました。



<結果>

中学生の部(富山県代表)

優勝・・・・前 景陽

準優勝・・・松田 彩聖

初学生の部(富山県代表)

優勝・・・・北 皐生

準優勝・・・前林 希胤 


記事・写真: (剱連峰)
編集: hide
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第68回毎日アマ本因坊戦富山県大会

2022年06月04日 | 大会
5月29日、富山県民会館で第68回毎日アマ本因坊戦富山県大会が開催されました。
参加者14名によるスイス方式のリーグ戦の結果は




3勝対決。宮岸VS谷村






優勝は大本命、宮岸黎明さん(黒部市)でした。
毎日新聞社 立松(たてまつ)富山支局長より表彰
「去年,全国大会では予選リーグで敗退でした。
今年は予選リーグを勝ち抜き最低ベストエイトを目指します。
更に上のベスト4を,ついでに優勝を狙いたい」


◆入賞結果



2位 要明 英徳 (高岡市) 写真左
3位 谷村 康成 (富山市) 写真右
4位 野坂 義信 (富山市)
5位 前  景陽 (富山市)
6位 和田 博司 (高岡市)
7位 宮崎 勇人 (富山市)
8位 安達 保志 (射水市)


記事・写真 (嫁さんの気性を予報できない)気象予報士
編集    Hide
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第30回 級位者大会・段位獲得戦

2022年04月16日 | 大会
4月10日(日) 富山市の速星公民館で第30回級位者大会と、段位獲得戦が行われました。

2年ぶりの開催に、約70名の方々に参加していただきました。
場所は連合会主催の大会としては初めて使用する速星公民館。
広い 公民館というより体育館ですね
使い勝手がいいので今後よく使用するかも








★今日は広田会長不在のためスタッフ一同、ワンチームで大会をサポートします!
受付スタッフ ・廣瀬副会長挨拶・ルール説明 要明さん・司会進行 塚田さん








★下島先生も駆けつけてくれました いっぱい指導碁お願いします
 先生の開会宣言で対局開始



■大会の様子

★級位者大会

AクラスからDクラスまでに分かれ、4or6名の組で予選を行い
その後決勝トーナメントを行います。(C・Dクラスは人数の関係で合併してCクラスへ)








★段位獲得戦


今年は、初段、二段、三段戦を行いました。
優勝者はなんと段位認定賞を無料でプレゼント (2位は半額で進呈)
みんな熱が入っております。
こちらも4or6名の予選の組に分かれそのあと決勝トーナメントで優勝者を決めます








★下島先生指導碁


手空きの方や、惜しくも予選で負けてしまった方のために
下島先生の優しい指導碁 今日もいっぱいの方と打っていただきました。




★お昼時間もやっぱり囲碁


囲碁好きはお昼休憩もやっぱり囲碁! 
去年まで下島先生が出演していた囲碁フォーカスやNHK杯を見てます。
こんな和室もあるのですね・・・




予選、決勝トーナメント 計5局を打ち切り、優勝に輝くのは誰なのでしょうか?

■対局結果


★級位者大会


Aクラス
優勝: 中道優駿
2位: 前林希胤 
3位: 林昇
4位: 塚本恵太



Bクラス
優勝: 櫻永輝
2位: 蓑輪剛志
3位: 島田竜誠
4位: 酒井敏男



C・Dクラス
優勝: 塚本悠太
2位: 服部紗英
3位: 永田正宗
4位: 延澤蒼真



★段位獲得戦

三段戦
優勝: 石灰憲博
2位: 中田敏久
3位: 広田勉
4位: 米田有佑



二段戦
優勝: 要明快成
2位: 日下守
3位: 大浦孫裕
4位: 長徳外次



初段戦
優勝: 内正人
2位: 坂井宏輔
3位: 新井悟志
4位: 塩谷ゆう香




参加された皆様を始め下島先生、スタッフの方々、お疲れさまでした。
進行具合に少し課題が残りましたので次回以降改善してより良い大会を目指します!


記事・編集 : hide
写真: Kさん
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第48回北日本女流アマ囲碁大会

2022年03月21日 | 大会
2月27日(日)に第48回北日本女流アマ囲碁大会がありました。
Aクラス5名、Bクラス5名、Cクラス4名が参加され、若い人の参加が多い印象です。😊
Aクラスの上位2名は3月に行われる全日本女流アマ選手権大会の出場資格が得られます


参加者は前に集まって、和やかな雰囲気で大会スタートです。





Aクラス注目の大一番、7連覇中の森川さん(左)と北信越高校チャンピオンの坂井さん(右)の対決。
さすがの打ち回しで森川さんの快勝でした。





重鎮同士の対決は、youk^o^さんに軍配。
対戦相手の橋場さんは僕の亡き母と同い年で、昔からのお知り合いです





Bクラスに出場した佐藤さん(左)はニューフェイス。
ネットでのオンライン囲碁教室で腕を磨いたそうです。5級だそうですが、石の形がすごく綺麗でした。





小5対小6の対決は小6の桜ちゃんに軍配。
いや〜、若いっていいねぇ〜  中学校に行っても碁は続けてほしいなぁ〜





Cクラスは13路盤
ちゃんと最後まで打てました。(^ ^)





もぐもぐタイム
今年もケーキをプレゼント
美味しくいただきました





お父さん同士の対局もあり!
娘さんと碁を打てるなんて、羨ましい限り。😆




午後から、かじろー兄さん(大表プロのお兄さん)が登場して指導碁。




楽しかった一日も終わり、成績は以下の通りでした。


【Aクラス】
   優勝   森川 紗衣(小矢部市 五段) ※県代表辞退
   準優勝  坂井 綾花(高岡市 四段)  ※県代表
   三位   朝倉 洋子(黒部市 二段)  ※県代表



【Bクラス】
   優勝   畠山 琳 (滑川市 4級)
   準優勝  佐藤 菜笑(富山市 5級)
   三位   米田 桜 (黒部市 1級)




【Cクラス】
   優勝   川崎 彩愛(富山市 10級)
   準優勝  服部 紗英(富山市 11級)
   三位   川崎 楓愛(富山市 10級)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする