このごろの下島八段と大表四段と長徳三段

「へいちゃん」こと下島陽平八段と富山県出身の大表拓都四段、長徳徹志三段の活躍や富山の囲碁ニュースをお知らせします♪

NEWS!

7.30  44回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会 富山県予選・段級位認定大会をUPしました。
7.30  第30回富山県囲碁林間学校をUPしました。
8.27  第3回囲碁シニア八傑戦をUPしました。
10.2  第14回コーセル杯ビッグフレンズ碁 をUPしました。
10.2  第69回県囲碁大会をUPしました。
10.28  第28回県市町村囲碁交流囲碁団体戦(ビッグ碁)をUPしました。
11.4  第13回くらしき吉備真備杯こども棋聖戦富山予選をUPしました。
1.5  いしかわ百万石文化祭2023「アジア囲碁の祭典をUPしました。
1.19  群遊観戦ツアー 2023をUPしました。
2.3  第二回きときと若獅子八傑戦&ビッグフレンズ碁Winter 2023をUPしました。
2.3  第70期 北日本本因坊戦 予選をUPしました。
2.18  連合会総会をUPしました。

下島先生、大表先生、長徳先生に会いに行こう!(大会等のお知らせ)

◆内容: 富山県支部連合会総会
・日時:2024年2月11日(日)
・場所:富山県民会館 (富山市)

◆内容: 第50回北日本女流アマ大会
・日時:2024年2月12日(月)
・場所:北日本新聞社 (富山市)
★指導棋士:武田祥典 二段

◆内容: 下島陽平杯 囲碁の集い
・日時:2024年3月17日(日)
・場所:越中座 (富山市)
★3人1組の団体戦!みんなで盛り上がろう。

各種申込み・お問い合わせは←側のフレーム内「メッセージを送る」から連絡をお願いします。

富山のどこで囲碁が打てるの?

富山県内の囲碁が打てるところを紹介します!

[囲碁が打てる場所まとめ]

打てる場所一覧

[ここがおすすめ!囲碁スポット]

■席主は県内トップクラスの実力! 指導力に自信あり。初心者大歓迎♪
囲碁将棋サロン 大沢野(富山市)

■綺麗な碁会所!和気あいあい打ちましょう。駐車場も広いよ
囲碁サロン 爛柯(魚津市)


富山の囲碁スポットを紹介してくれませんか?
富山囲碁スポット報告書

お知らせ

お知らせはありません

第70期 北日本本因坊戦 予選

2024年02月03日 | 大会
1月28日、予選が行われた。県内トップを目指す人たちのあこがれの棋戦に22名の参加者が集った。

今回は、前本因坊の宮岸黎明さんが、お隣の石川で碁席をするため転居されたのでタイトルを返上された。
それで5組でリーグ入りの予選が行われた。
注目の抽選が行われ、組み合わせが決まり、早速、予選リーグ3局の対局が開始された。同星の場合は、
プレーオフを行い4局で決着する予定。





注目は、中学生の松田君と前君、二人は小学生のころから参加している。ともに無事に初戦を勝ち、期待が高まった。
そして勢いに乗り、前君は強豪を相手に3連勝!初めての出場を決めた。
おめでとう、今の気持ちはどう?「嬉しいです」
目標は?「3勝したいです」
3勝だとリーグから落ちちゃうから4勝かな「はい、頑張ります」
初々しいですね。順調に力をつけてきているし、これからの頑張り次第で、大表君や長徳君以来の中学生の挑戦者
そして本因坊も狙ってほしいと期待している。松田君も強敵の和田さんに善戦したが白番1目半負けだった。
二人そろってのリーグ入りはならなかったが、堂々とした対局ぶりは称えたい。

源さんが昨年負けた朝倉さんに勝ち、返り咲いたが、他の組はシード選手の壁が厚かったようだ。
リーグ入りされた5名のみなさん、おめでとうございます。



今年は本戦が70期目、他には夏に行われる県囲碁大会も70回目、それから北日本女流アマ囲碁大会も50回目とメモリアルな年。
今夏には、歴代の本因坊、それぞれの大会の優勝者のみなさんたちに一堂に集まってもらい、記念碁会を予定している。
まずは2月から始まる年4回、合計7局のリーグ戦で、どなたが内藤亮北日本本因坊に挑戦するか、楽しみである。



記事&写真: 風夢
編集: hide

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第13回くらしき吉備真備杯 こども棋聖戦富山県予選 2023

2023年11月04日 | 大会
9月30日に富山市の囲碁サロン天元にて、第13回くらしき吉備真備杯のこども棋聖戦富山県予選がありました。
今年は低学年1名、高学年3名が全国大会出場の挑戦にやって来ました。





対局の様子










休み時間 天元さんの周りはのどかな風景です。





<予選結果>
富山県代表:高学年 光地智彦(富山市)
富山県代表:低学年 永田正宗(黒部市)




全国から集まる子供たちとのふれ合いを楽しんで、練習成果が出せるよう思いっきり頑張って来てください。


<大会表彰>

高学年 優勝 光地智彦

    2位 北 皐生

    3位 永田武蔵




低学年 優勝 永田正宗
練習碁 北 千紘

 
天元の徳元さんはじめ、参加者、父母の皆さんありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第28回県市町村囲碁交流囲碁団体戦(ビッグ碁)

2023年10月28日 | 大会
9月9日、第28回県市町村囲碁交流囲碁団体戦(ビッグ碁)が行われました。
昨年、コロナを乗り越え3年ぶりに復活したこの大会。
ここ数年の開催は会場の関係から予選・決勝と2日に分けての開催で「集まりにくい」との意見が多数あった。
今年は開催場所を富山県総合運動公園陸上競技場会議室に移し1日で決勝までを打ち切る日程。参加者減少に歯止めをかけたいところです。
さて記事のほうは、今回も広田連合会会長に書いていただきました。写真と共にお楽しみください。



ここ数年と違い、予選と決勝日を分けずに一日で行われた。選手のみなさんにもとても好評だった。
棋力別に二部屋に分かれはしたが、やはり参加者全員が一堂に会して行われるほうが気持ちがよい。

それに対局場所は陸上競技場の会議室。窓ガラス越しに眼をやれば、一周400メートルのトラックがすぐそばに見える。
予定では開会式は競技場内と観客席を開放して行う予定だった。
が、あまりの日差しの強さに断念したのは残念だった。


場所は富山県総合運動公園陸上競技場のそば。きれいなグランドが見えます


下島八段、大表四段に来ていただけました


開会式の様子



今回はAクラス(無差別)が6チーム、Bクラス(四〜五段格)は7チーム、Cクラス(初〜三段格)は12チーム、
Dクラス(1級〜4級)は4チーム、Gクラス(段・級位混合)は6チーム、計35チーム、選手数190名の参加があった。
各クラスごとに総当たりのリーグ戦、あるいは予選リーグ3局、決勝トーナメント戦2局を行い順位を競った。


対局の様子











その昔、第一回には1000人を超える参加があったことを想えば、参加人数の減少は寂しいものがあるが、
それでもコロナ下では開催できなかったことを想えば、良しとしないといけないかもしれない。
今後はまた参加者が増えていくことを期待していたい。

ただし、対局が始まれば、眼の前の一局に全力集中あるのみ。
チームのためにも勝って白星に貢献したいところだ。


指導碁の様子



昼食休憩には、大表拓都四段と小林光一名誉棋聖との碁聖戦の一局を下島陽平八段とのダブル解説を堪能した。
数回の「次の一手」を出したりしながら棋士との交流を楽しんだ。
大表四段「この会場でなんとか昇段の報告ができないかと思っていました。で、(直前)四連勝して決めれてホッとしています。これからも頑張ります」
と決意を語り、みなさんから盛大な祝福を受けていた。


大会結果は、別表の通り。選手のみなさんは4局から5局、疲れも見せずに頑張りました。
悲喜こもごも、数々のドラマが生まれたようだ、団体戦は本当に楽しい。


翌日の新聞記事。入賞されたチームの方おめでとうございます


無差別クラスの結果。大沢野A 2連覇達成


記事&写真:風夢
編集:hide
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第69回県囲碁大会

2023年10月02日 | 大会
8月13日、北日本新聞社にて第69回県囲碁大会が開催された。
その模様を連合会会長である広田先生の記事でご紹介します。


長い歴史のある大会で、北日本本因坊戦と同じく69年続いている。
毎年多くのドラマが繰り広げられてきたことだろう。

今回は58名の参加があった。A組(五・六段)からE組(6級以下)まで、棋力に応じて、
ベースはトーナメント戦だが、クラスによってはリーグ戦で終日対局を楽しんだ。










中でもA組は18名の参加があり、表のように、中学生から80代のベテランまで、
そうそうたる強豪が集ったのでご紹介しておきたい。

決勝に進んだのは、昨年の優勝に続き、連覇を狙う丸吉さんと高校生の永田大和君。



丸吉さんは各大会で上位に進出している実力者。一方永田君も大会ごとに実力をつけてきており、
県代表クラスとも互角に戦えるような力をつけてきている。
果たしてどこまで戦えるか、楽しみな一戦となった。
序盤から終始難しい戦いが続いたが、各所でポイントを稼いだ丸吉さんが徐々に優勢を築いていった。
永田君も自分らしさを出し健闘したが結果は一歩及ばなかった。が、この敗戦を糧にして一層の飛躍を期待している。
二連覇の丸吉さんは「準決勝の川腰さんとの1局は納得いく碁が打てたと思います。疲れましたが、連覇出来てホッとしました」と喜びを語っていた。
B組以下のクラスの入賞者は下の表のとおり。みなさんまことにおめでとうございます。
来年は70回目の節目の年。より多くの参加者と楽しみたいと思っている。





左が連覇した丸吉さん 右が惜しくも優勝を逃した永田さん










記事&写真 風夢
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第69期アマ本因坊戦県大会

2023年06月24日 | 大会
第69期アマ本因坊戦県大会が5月28日に富山県民会館にて行われ熱戦が繰り広げられた。

大人15名、高校生1名、中学生2名の計18名が参加。

選手が注目する中、1回戦の抽選(パソコンを使用)が行われた。
なんとアマ名人戦の決勝と同じ組み合わせの山淵さんと丸吉さんが当たり、会場が一瞬ざわめいた。




また「終わった、、、」と嘆いているのは中学生の前君。
名人戦に引き続き、師匠格の谷村さんと当たったようだ。
抽選のいたずらといえばそれまでだが、勝ち進めばいつかは当たる。
前君にとってもいつかは乗り越えなければいけない壁だ、ガンバれ。




決勝は、山淵さんに雪辱して勢いの出た丸吉さんと、昔から序盤のカタツキが得意で「ようやく(AIのおかげで)時代が自分に追いついてきた」と豪語する和田さんの対局となった。



丸吉さんもどちらかというと中央重視の棋風で、波長が合うのか、序盤から難しい戦いが展開された。が、結果は和田さんが終始上手く打ちまわし勝利した。久しぶりの優勝おめでとうございます、8月の全国大会では和田流をいかんなく発揮し、頑張ってください。









★成績

1位 和田博司(高岡市)
2位 丸吉寿史(富山市)
3位 塚田 悟(砺波市)
4位 谷村康成(富山市)
5位 内藤 亮(富山市)
6位 蔵島大造(富山市)
7位 宮崎勇人(富山市)
8位 山淵素行(滑川市)

記事&写真:風夢
編集:hide
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする