このごろの下島八段と大表二段と長徳初段

「へいちゃん」こと下島陽平八段と富山県出身の大表拓都二段、長徳徹志初段の活躍や富山の囲碁ニュースをお知らせします♪

NEWS!

3.28  囲碁将棋サロンオープン♪をUPしました。
3.28  長徳徹志さんを励ます集い会をUPしました。
4.16  第28回 富山県級位者囲碁大会をUPしました。
5.1  第5回下島陽平杯 囲碁の集いをUPしました。
5.10  第13回朝日アマ名人戦富山県予選&第30回フレンズ碁をUPしました。
5.20  大表拓都二段の激闘譜をUPしました。
5.20  長徳徹志初段の激闘譜をUPしました。
6.3  第64回アマチュア本因坊戦&第31回フレンズ碁をUPしました。

下島先生、大表先生、長徳先生に会いに行こう!(大会等のお知らせ)

●6月3日(日) 9時
 ★第39回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会富山予選(個人) 
場所 北日本新聞社 (富山市) 
詳しくはこちら

●6月9日(土)、10日(日)9時~
 ★高校選手権富山予選 
場所 高岡高校 (高岡市) 
 

●6月10日(日) 9時半集合 10時開始
 ★第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦
場所 高岡高校 (高岡市) 
  詳しくはこちら

●6月22日(金)14時~
 ★総合学習 日本の伝統文化 囲碁を学ぶ  
場所 比美乃江小学校(氷見市) 
 

●6月23日(土)13時~
 ★指導碁会(下島先生)  
場所 うみあかり(氷見市) 
 

●6月24日(日) 9時
 ★第37回世界アマ選手権富山予選 
場所 北日本新聞社 (富山市) 
 ★第32回フレンズ碁 
 ※同場所(隣) 同時間から
詳しくはこちら

 

●7月7日(土)、8日(日)
 ★第25回囲碁林間学校  
  (全国大会代表練習会)
場所 国立立山青少年自然の家 
詳しくはこちら
 

各種申込み・お問い合わせは←側のフレーム内「メッセージを送る」から連絡をお願いします。

長徳初段の抱負

4月から新初段になった長徳君にこれからの抱負を聞いてみました。

皆さま、こんにちは。4月から念願の棋士生活が始まりますが、僕が棋士になることが出来たのはたくさんの方に支えていただいたからだということを忘れずに
一局一局を感謝の気持ちを持って全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします。

地元の囲碁スポットを紹介してみませんか?

更新履歴
  2017. 5.8 囲碁サロン 爛柯

詳細は左のバーにあります

いつもお世話になっております。 管理人のhideです。 たまに県外の囲碁友達から「富山県のどこで囲碁が打てるの?」と聞かれます。 
地元であれば行く場所を決めておられる方も多く迷うこともないと思いますが、県外から来られた、また囲碁を覚えてさあどこかで打ってみたいという方は情報がとぼしく見つけにくいかもしれません。
  それもこれも囲碁が打てる場所、「囲碁スポット」の情報があまりオープンでないことが原因と考えられます。
そこで当ブログにて県内の囲碁スポットのまとめを作ってみようと企画しました。 碁会所だけではありません。 紹介範囲を地域の囲碁が打てる場所まで大きく広げます。
その場所、その場所の特徴をまとめ写真付きでアップしていきます。
私だけではまとめきれないと思います。 そこで紹介用の用紙として「富山県囲碁スポット報告書」なるものを作成しました。
  当ブログトップページの左下、富山の囲碁スポットバナー内の ”囲碁スポット報告書”をクリック、用紙を保存していただき記入の上、記載してあるメールアドレスに送っていただくか記載住所にまで郵送にてお送りください(質問等も受け付けます 15toyama@mail.goo.ne.jp まで)
私たちの囲碁サークル、集まりを紹介したいという方にはうってつけだと思います。 どんどんご紹介ください。 富山県内の囲碁活動が少しでも活発になるよう皆様の協力をお願いします。

長徳初段デビュー戦勝利!! 二連勝達成♪

2018年06月11日 | その他
本日6月11日は長徳初段の公式手合い、デビュー戦の日
なんと二連勝してくれました (午前に1局、午後に1局)

同じ予選の山にへいちゃんもいてお互い午前の対局勝てば初対局!と期待されていましたがへいちゃんは残念でした

長徳初段からコメントをもらっています

「とりあえず勝ててホッとしました。 自分の実力はまだまだなので慢心せず、これからも努力し続けます。
 応援よろしくお願いします」


近日激闘譜を紹介します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第64回全日本アマチュア本因坊富山県予選&第31回フレンズ碁

2018年06月03日 | 大会
5月20(日) 富山県民会館にて第64回全日本アマチュア本因坊富山県予選と第31回フレンズ碁が行われましたのでその様子をお伝えします。 
今回は本因坊戦は管理人hideも参加しましたので記事は私が、フレンズ碁のほうは廣田会長に書いていただきました。 会長の思いがとてもこもった記事に注目ですよ



第64回全日本アマチュア本因坊富山県予選



全国大会への切符を目指し今年もアマチュア本因坊富山県予選が開催され、強豪12名がしのぎを削りました。

各人挨拶








注目はなんといっても久しぶりの県大会出場で最年少の橋本光陽くんと北日本本因坊戦でも好調をキープしている大本命の内藤さん。
二人の戦いぶりに目が離せません
一回戦でいきなり激突。 内藤さんが貫録の勝利でした。 
私はというと・・・  やはり1局目はだめですね 笑







2回戦・3回戦と進み、全勝者の二人が4回戦で決勝戦を行いました。
勝ち上がったのは和田さんと内藤さん。 後半石の折衝から内藤さんが抜け出し勝利。 本因坊戦では初めての全国大会への切符を手にしました

内藤さん、全国大会でも力を出し切って頑張ってきてください



■ 大会結果

優勝  内藤 亮  (滑川市)
準優勝 和田 博司 (高岡市)
3位  竹宮 秀紀 (黒部市)


記事&写真 hide
編集 hide

----------------------------------------------------------

第31回フレンズ碁



5月20日に行われたフレンズ碁には、40名のジュニアが集まった。同じ部屋では、アマ本因坊戦の県予選が行われている。
今回は、たくさん集まってくれたので、棋力により、クラスを3つ(Aクラス9級〜有段、B10級〜19級、C20級以下)に分けて進行した。







フレンズ碁の特徴は、通常の大会と異なり、よりたくさんの対局を経験して、友達ができるきっかけにしてほしいことや、より碁を好きになってほしいと考えている。
そこで、順位は特につけずに、最優秀者1名、優秀者数名を表彰することにしている。


〇表彰の対象は、1最も多く対局した子 2最も多く勝った子 3挨拶など、対局態度が良い子 4 床に落ちている石を拾っている子などである。
友達に勝ったら1勝、大人に勝ったら2勝、下島八段に勝った時は3勝をもらえるので、多くの子供たちは、へいちゃん先生と打ちたがるのだ。彼らの期待に応え、ほぼ全員の子供たちがへいちゃん先生と対局している。
この日は、全国大会に繋がる少年少女大会も近づいてることもあり、みんな、元気よく打ち進めた。







対局することが面白くなれば、初めての人と対局することが楽しくなれば、負けた時の悔しさがバネになれば、勉強したことを生かせれば、新しい友達が出来れば、、、、
ほんの3時間の間でも子供たちなりに,いろいろ思い出に残ることもきっとあることだろう。「今度いつあるの?」とてもうれしい質問だ^^
最後は、へいちゃん先生のじゃんけん大会で大いに盛り上がり、そして初めて参加したジュニアたち10名にもそれぞれ認定証を贈り、無事に閉会した。みんな、次回は6月24日だよ、また会おうね。




表彰

Aクラス 最優秀賞 弥忠田煌希 優秀賞 松田彩聖、森隆生、大山遥暉、大山寛翔

Bクラス 最優秀賞 定司清之介 優秀賞 永田武蔵、坂井宗一郎、谷嶋清太、前林希胤、米田桜



記事 (風)
写真  M

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長徳徹志初段激闘譜紹介

2018年05月20日 | 棋譜
この春から、棋士としてデビューする、長徳徹志初段。
昨年の採用試験を10戦全勝で駆け抜けたことは素晴らしい、今後の活躍を十分に予感させることだ!


若干16才、(6月からの)公式戦が待ち遠しいことだろう。
これまでも、非公式戦や国際大会の予選に参加しており、すでに棋士としての対局を経験している。
今回は、週刊碁の「新初段シリーズ」の中から、蘇耀国九段の胸を借りた1局(互先)をご紹
介したい。「咲け!長徳」蘇九段とのツーショットの後ろには満開の桜が鮮やかだ。



●週刊碁から抜粋
蘇九段のコメント
「僕らの時代と違って今の若手は強い。今日は手合いのつもりで打ちます」
そして圧勝し、局後
「一所懸命打った。次はどうなるかわからない」と若者の力は認めていた。

長徳君のコメント
「ボコボコにされて、これからやっていけるのかと不安になりました」
「本気で打っていただいたということなので少し安心しました」

対局を通して、どれくらいの差があるのか、果たして追いつけるのか、実感できたの
ではないだろうか。(世界で活躍するという)目標に到達するためにも、きっとそう
遠くない時期に(胸を借りた)蘇九段のみならず、トップ棋士たちに追いつき追い越
してくれることを期待していたいと思う。


長徳君へのインタビュー

1どんな棋士になりたい?
「アマチュアの方に長徳の碁は面白いと言われるのが夢」

2どんな棋風?
「積極的に打つことを心がけている。工夫する碁、面白いと思われる碁を打ちたい」

3一日の勉強時間は?
「平均、6時間ほどです」

4今、想ってることは?
「まだまだ弱いので、初手合までに実力をつけたいです」

初々しさを感じるが、待ち望んでいた棋士としてのスタートラインに立った。これか
ら、どこまで高みに到達するのか、自分の描いている目標に向かって、突き進むのみ
だ。みんな応援しているよ。
(風)




棋譜再生

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大表拓都二段激闘譜紹介

2018年05月20日 | 棋譜
大表拓都二段の活躍

5月10日、阿含・桐山杯最終予選で、小林覚九段と対局し、見事に勝ち切った激闘譜を紹介する。

奇しくも、ちょうど2年前、彼が初段になった時に、新初段シリーズで小林九段に定先で教えていただいて以来の対局である。

果たして恩返しできるのか、実力がついてきているのか、あるいは、トップ棋士の牙城はまだまだ高いのか。注目の対局は、「幽玄の間」で放映されていたの
で、ご覧になられた方も多かったのではないだろうか。ハラハラドキドキ、終始戦いの連続、決して楽な展開ではなかったと思うが、最後は、見事に押しきり、本戦入り
を決めた。貴重な勝利おめでとう。デビュー以来、これまでも林海峰九段、坂井秀至九段、本木克弥八段など、ビッグネームを破り、実績を積み上げている。この1勝も
これから続く長い棋士人生の中でも、また忘れられない白星となったことだ。棋士は、勝つことで存在感を発揮していくことになるのだろう、これから
も眼の前の1局に全力を尽くすのみだ、これからの活躍を期待したい、ガンバレ。



大表君へのインタビュー

1今年の目標は?

「昨年達成できなかった、年間25勝することです」ここまでは(公式戦}10勝2敗!いけそうだ^^

2一日の勉強時間は?

「大体、8時間から10時間ほどです」すごいねぇ

3勉強の内容は?

「最近は(日本や中国の)AI(人工知能囲碁)と対局しています。」

4AIの強さは、どこにありますか。追いつけそうですか。

「特に、序盤が強いと感じます。そして、薄みを的確についてきます」

「(今は)自分の力では、追いつくのは到底難しいと思います」



AI囲碁の著しい進歩は、人間の技術の限界を示すものかもしれないが、それでも、自分の力を向上させるためにも、欠かすことができない格好の相手が出現したともいえる。この先、どうなっていくのか、何とも楽しい時代になってきたものだ。
「ただただ、囲碁が好きです、本当に面白い。」小さいときから、(ずーっと碁盤の前に座り続けているイメージがあるが^^)何にも変わっていない大表二段の今年の活躍を楽しみにしていたい。
(風)



棋譜再生
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回朝日アマ名人戦富山予選&第30回フレンズ碁

2018年05月10日 | フレンズ碁
5月6日(日)富山県民会館で第13回朝日アマ名人戦富山県予選、隣の会場で第30回フレンズ碁が開かれました。
GW最後の最後の日でしたが、子供達・パパママ約30名が参加してくれました。 へいちゃんも参戦してくれましたよ
なんと参加費は無料、弁当付きです。 (朝日新聞さんの後援をいただきました。)



■フレンズ碁会場


フレンズ碁の会場はいつものように和気あいあいとみんな楽しく打っていました


へいちゃん指導碁 4面打ち



川腰さん(北日本本因坊)指導碁


 
平ちゃん解説「次の一手」当てクイズ 賞品は13路盤 見事ゲットは宮寺奏和子さん  おめでとう





締めは恒例ジャンケン大会




〇成績
 ・Aクラス(有段〜9級)
   宮寺 奏和子 (黒部市)
   竹歳 創   (富山市)
   長谷川 槙士 (黒部市)
   安達 文世  (射水市)
   宮寺 誠   (黒部市)
 ・Bクラス(10級以下)
   川腰 彩葵  (富山市)
   新井 一恵  (砺波市)
   旭  龍哉  (富山市)
   長谷川 恒太 (黒部市)
   森山 歩   (富山市)


入賞の皆さま


------------------------

■朝日アマ名人戦

フレンズ碁会場とは打って変わって、真剣ムード。 県強豪16名が県代表を目指しました。

朝日新聞 富山支局 中川恒支局長挨拶
アマ名人戦富山県大会から,大表拓都さんがアマ名人に,そしてプロ棋士になった。
また長徳徹志さんが今年プロ棋士になった。富山県から続いてほしい。




平ちゃん挨拶
富山県の人は真剣に囲碁に取り組んでいて,県代表になるのは大変です。 3年間で二人もプロ棋士が誕生するのは大変なこと。
日頃の研鑽を発揮してください。







見事優勝に輝いたのは、代表常連の宮岸さん。(写真左)若手ながら圧巻の内容でした。 準優勝は内藤さん。(写真右)




〇大会結果
 優勝 宮岸 黎明 (黒部市)
 2位 内藤 亮  (滑川市)
 3位 竹宮 秀紀 (黒部市)
 4位 廣瀬 茂  (富山市)
 5位 朝倉 隆  (黒部市)
 6位 和田 博司 (高岡市)
 7位 蔵島 大造 (富山市)
 8位 原  洋一 (高岡市)
 9位 要明 英徳 (高岡市)
 10位 川原 岳史 (小矢部市)



記事・写真 (嫁さんの気性を予報できない)気象予報士
編集    hide


コメント
この記事をはてなブックマークに追加