石長松菊園・お宿いしちょう 戦いと今

いきなりいしちょう首になった悔しさに裁判をしました!
職場復帰の約束を守ってもらえず、いきなり電話一本で首でした。

「黒魔術」    「物語」9

2020年04月04日 | 物語



横浜から来たと言う人に出会ったのは、京都の祇園にあるお茶やさんのやっているバーである。

たまたま、その時に水晶の話しになったのだが、誰も信じないので冗談や酒の上での話しだとみんなが考えていたのだろうとおもう、私は酒に酔った勢いで、一人を指さし、貴方の家の間取りを書いてみましょうと紙と鉛筆をもらうと、さらさらと書きだした。

みんながのぞき込む中で、ほぼその通りの間取りであることが確認されると、みんながなんで?!って言っては私に質問する、そして見せ物じゃないからと二度とほかの人の部屋をのぞくことをしなかった、たった一つ除いては。



その人は、同じように面白がってこの出来事をみていて、突然話しかけてきた。

「私の職業が分かりますか?」

「私は占い師でも魔術師でもありません、ただ感じる物をそのまま伝えているだけです、貴方の職業が何かは分かりません、ただ、感じる波長は人に言えない何か大事なことをお持ちで、貴方にとっては

それが大切な物であると言う位いで、あとは分かりません、すみません。」

「いいえ、試しているのではありません、貴方の水晶がすばらしい輝きを放っているので、貴方がどんな人かなと思って聞いてみました、気を悪くしないで下さいね。」

「分かりました、私に出来るかどうか分かりませんが、貴方のお財布に入っている写真が貴方の奥さんの物であること、ついでにお札が27枚合計で入ってること、なんて言うことでどうでしょうか」

「本当ですか。」

と、その人は財布をだそうと背広のポケットを探し出した、がない様子で、首をひねっている。

「財布は鞄の中にありますよ。」

と言って、見ていると、本当に出てきた、それからがみんながその財布に注目、中に入っている物が本当に今言った物かが、一点に集まったみんなの考えで、そのことが今一番この場では大切な事になっていた。

その人は、財布からまず、写真を取り出してみんなに見せた、確かにきれいな女性がそこに写っていた、「あたしの家内です、でも今まだ生きています、入院はしてますが・・・。」

「惜しいけど、はずれ!なんてね!」と誰かが口走った、「財布の中に札が24万3千円入ってます。」

「あたりーー!」

なんて言葉が飛び交って、ざわざわとした空気が部屋中に一杯になって、私に注目が集まってしまった。

「どうして財布の中身なんか分かるのですか?」

なんて質問をされてしまった、

「どうして分かるのかではなくて、貴方の波長を感じただけなのです。」

「それで何でも分かるのですか?」

「分かりません、私の波長と貴方の波長が合った時にしか、その波長が何であるか、どうしたら合わすことが出来るのか、それも分かりません。」

突然、隣の客が私の財布も当ててごらんよ、と言ってきた。

「ごめんなさい、私は超能力者でもないし、普通の人そんなにあっちもそっちもなんてできません。」

「残念だけど、仕方ないか。」

なんて事でおしまい。




でも、横浜からのお客様は(横山さんとあとで分かる)何かひっかかるものがあって、数日後携帯に電話が入った。

これから会えないかと言う電話で、場所を変えて合いたいとの事、いいですよの返事にその夜横山さんと再会する事になった。

「何のご用でしょうか?」

「実は私に言って下さった、大切な物と言うことに、貴方に伝えておいた方が良いような気がしました、そして、貴方の力を借りることになるかもしれないので、お会いして誤解のないように説明をしたかったのです。」

「とくに何のことかまだよく分からないので、とにかく聞きます。」

「実は黒魔術と言う物があるのをご存じですか?」

「はい、知っています。」

「実は、その黒魔術を私は信仰しているのです、本来信仰している事を他人に話すことは禁じられています、が、貴方にはこのことを知ってもらってからでないと話しが進まないので、打ち明けました。」

「それで、わたしに何をしろとおっしゃるのですか?」

「この間お見せした家内のことなのです、実は家内にも内緒でしたこのことは、何時しか家内はこの黒魔術の事を知る事になり、反対に興味を持ち、のめり込むように入ってきました、そしてある日突然意識がなくなり、眠ったままの状態になってしまったのです、何が原因なのかも分からず、入院の中で医師との話しでも原因が分からないままになってしまい、息子と娘が母親の様子を見ていてくれて、私は普通に仕事をしています、貴方には申し訳ないのですが、私との連絡は携帯のみにさせていただければありがたいのです。」

「それで何を私はすればいいのですか?」

「貴方のその波長を感じる力があるのでしたら、家内の波長を感じていただき、何がどうなったかしらべてほしいのです。」

「待って下さい、私にそんな大それた事出来ません、それに奥さんにお会いしたこともないのに。」

「いままで、色々な人たちにも頼んで、家内の事を探っていただきました、でも誰一人家内をもう一度元へ戻すヒントになるような事が聞き出せなくて、今に至ってます、是非貴方の力で見ていただきたいのですが。」

「どうして私に出来るかもと考えたのですか?」

「財布の中の家内の写真をなくなられた奥様と、貴方は言われた、そのとうりです、あの場ではなにもいえなかったのですが、その通り、死んだも同然なのです、そして貴方は人それぞれの波長を感じ取るとおっしゃった、寝ている人間でも波長はあるはず、何か分かるのではと考え、貴方にすべてをおねがいしてみようとおもったのです、病院の先生と相談しました、家内の脳は安定している、時折夢は見ている様だがどうして意識が戻らないか分からない、もし借りにこの波長を理解できるとしたら、なにかの解決のきっかけになるかも知れない、と言っておられたのです。」

「貴方のおっしゃることは分かりました。でも一つだけ問題があります、貴方の心です」

「心とおしゃっても・・・?。」

「貴方の心を無にして下さい。無です、そう座禅をくんで無の境地に近づく・・。あれです。」

「やってみますか、貴方のおっしゃるとうりにします、ですから何かのヒントでもおねがいします。」

「では、ここでいいですか、今から貴方を通して奥様の波長を感じて見ます。」

「・・・・・・・・・・。」




静かな時が流れて、山口さんから何かの波が伝わって来た。

それはまるでか弱い子犬が雨に濡れて弱り切っている悲壮な、悲しい波長で今から思えば何でこんな波長があるの?!なんて言うほど、悲しい波長でした、そして一つの波をつかまえました、それは弱い波長ですがはっきりと何かを訴えていました。

「山口さん、今貴方の意識が奥様に届くように波長を補足しました、そして今度奥様に会うときに、左手にこの水晶を握って、右手で奥様の左手の小指を握って下さい、貴方の思いが伝わり貴方は何かを感じる事ができるでしょう、それが答えかどうかは分かりません、あなた方二人夫婦の事ですから貴方がどれだけ奥様の事を愛していらっしゃるか試される事になるとおもいます。その覚悟があるなら本当に奥様の為にとお考えなら、この水晶を貴方に譲ります。」

と言って、大切にしていた水晶をテーブルの上に置いて差し出した。

山口さんはじっと見つめていて、水晶を手に取り、

「ありがとうございます、明日早速やってみます、何があろうとこのご恩は忘れません。」

「あんまりたいそうに考えないで下さいね、本当にどうなるかは貴方次第、それから答えが見つかるかも貴方次第、これからの夫婦の生活も貴方次第、何か問題があったときは水晶を握って今みたいに無になって下さい、何か反応があるかもしれません。」

「お礼に何かしたいのですが」

「お礼なんていりません、貴方にとってよかったと思っていただければそれが私のパワーとして戻ってきます、そのパワーを私は頂きそのパワーによって導かれて行くのです。

「では、何か私に出来る事があれば言って下さい。」

「今はないです、これから先にお願いしないといけない事が出来ると思います、貴方の知っている黒魔術を私の波長が呼び込もうとしています、ですからそのときに改めてお願いをするとおもいます、もちろん、奥様の事が何らかの改善がみられて、貴方がこの水晶を信じて下さってからでけっこです、もしだめなら送り返してくださっても結構です、水晶を処分していただいても結構です、水晶の一生がその時にきまります、大切に持っていただいても結構ですが、これから先何年かして、水晶からの波長を感じたときは、送り返して欲しいとお願いするかもしれません、それと一つ、あなたが感じる時ほとんど満月に近い夜に水洗いをしてあげて下さい、貴方の黒魔術にはなんの影響もない水晶ですから、お願いします。」



「あなたの言われたとおりにします、黒魔術はご存じだと思いますが、人を呪ったり、殺したり呪いをかけるものではありません、人を救い人を戒め、人を導く事が出来ます、キリスト教と全く同じです、でも違うのは本当に入り込むと自分に何がおこるのか、どうしてそうなるのかが分からなくなるときが必ずきます、そのときに、貴方が言った、無が必要なのだと思います、そして公然としての布教などありませんし、伝えられるのも今はなく、話しにある黒魔術でしかなくなってきています。

違う宗教を信仰しても同じだと思いますが、結局は自分自身の問題で、いかに自分を磨くかなのだと思います。貴方に会えてよかった、宗教でもない、信仰でもない、貴方は貴方でしかなく、因縁を絡ませた相手には本当に安らぎを与えてくれる、何が不思議な人ですね。早速家内のところでやってみます、そして何かヒントを見つけてみます、ありがとございました。」

と、別れて3日たったとき、突然今から合いたいと電話が入った。

仕事も一段落していたので京都駅で会う約束をして、約束の場所に向かうことに、そして一つの物語を知ることになった。

 



---------888 888-------888 888---------

きょうとユニオンはこんな所です。
職場で困ったときに、一人で入れる労働組合!
正社員でなくても、外国人でも、労働者であれば誰でも加入できます!
企業の枠にとらわれず、地域のつながりに力を求める労働組合です!
さまざまな団体が協力してくれます!
職場が変わっても、同じユニオンで活動できます!

困った?!
そんな時はお電話してみてください。

きょうとユニオン
(京都地域合同労働組合)
京都市南区東九条上御霊町64-1 
アンビシャス梅垣梅垣ビル 1F


TEL:075-691-6191 FAX:075-691-6145

---------888 888-------888 888-----




コメント

「自分流感覚の整理」   「物語」8

2020年03月26日 | 物語



いつ頃か、記憶をいくつもの部屋を作って入れておく癖がついた。

思い出を、出来事を、忘れるのではなく、部屋をいっぱい作って入れておき、必要なときに鍵を開けて取り出す、いまでは部屋が多すぎて、部屋ごと忘れ去った物も多い、でも今本当に必要な部屋なんて、3っつか4っつしかいらなくて、ある時、急にどこにしまったなんて事があるくらいで、本当は忘れていても良い事ばかりなのかもしれない。

30歳過ぎた頃から、こんな変な癖がついたような気がする、どうでも良いことを何時までも考えていても仕方ない、いやなことでも同じ事で、早く部屋に閉じこめてまた新しい事に挑戦した方が良いから、そんな、気持の整理の仕方を覚えたのかもしれない、特にそれからの私にとっては都合のいい考え方で、いやなことからの立ち直りに相当役にたった。

しばらくすると、何となく違う感覚がおそってきた、何か分からないので、また嵯峨野の地に足を踏み入れる事になった。

そこのは、以前の様な事前に溶け込んでたお寺はなく、マンションが無機質な肌を見せそびえ立っていた。

「・・・。」

行き場をなくしたようなこみ上げる感覚が、全身から力を奪い去った様な、そんな感覚がおそってきた。「どうしよう・・・。」

それだけだった、何も考えられなくなった頭の中に優しい波動が流れ込んできた様に思った。

何だろうと思い、感覚の中で必死に感じようとすると、逃げるように消えかける、どうしたことか今なら間に合うから行かなければ、と感じる様になるには少しの時間が過ぎていたのだろう。

一歩踏み出すことさえ、何故か出来なかった、どこへ行くのだ?

立ちつくす事になってしまった私は、見上げた空の青さに、自分の無能力を思い知らされ、帰るか?なんて思うようになったとき、誰かが呼んでいることに気がついた、どこだ。

どこから呼んでいる?

あちこち振り向いてもだめ、買い物帰りの親子連れや、三輪車であそぶ子供達だけで、誰もいない???

何か不思議な事ばかり経験する自分に改めて何でだろうと、思う気持ちが蘇ってきた。

そのとき、何かに引きずられる様な感覚、引っ張られると言うより、無理矢理に引きずられる感覚を感じた、流される事になれていたのか、無理矢理の方向に従って一歩を踏み出してみた。



おみやげやさんや民家の並ぶ町並みを過ぎ、竹林の中に進むにつれ、どんよりと空気が漂う場所に到着した、そしてそこが、京都の嵯峨野の竹林の一角で、普段なら観光客が楽しそうにおしゃべりしながら歩いていたり、TVのコマーシャルの一場面になったりしているところだと、自覚した。

向こうから歩いてくる人影を見つけたのはそのとき、確かにあのお坊さんである、感覚的に離れているけれど、伝わってくる波動が間違いなくそうだ、と言ってる。

ぺこりと頭を下げて、近寄って行くと、今から、旅に出るところで、もう二度と会うこともないだろうと言われてしまい、教えて欲しい事があると言う言葉もなしに、じっと聞いているだけで、最後の一言が私への戒めとなった気がする。

「無」「今」「智」「我」そんな言葉が自然に頭の中をよぎるのだった。

「南無阿弥陀仏」の言葉のおくにある、何かをやっと感じ取れたそんな気がした。

生きていることの大切さ、じぶんは生かされている、無には逆らうことすらできない。

そんな、一つ一つが頭の中をぐるぐる回って、何をするべきかがぼんやりながら分かってきた様に思えた。

それからは、合うことも噂を聞くこともなくなってしまったあの方は。



---------888 888-------888 888---------

きょうとユニオンはこんな所です。
職場で困ったときに、一人で入れる労働組合!
正社員でなくても、外国人でも、労働者であれば誰でも加入できます!
企業の枠にとらわれず、地域のつながりに力を求める労働組合です!
さまざまな団体が協力してくれます!
職場が変わっても、同じユニオンで活動できます!

困った?!
そんな時はお電話してみてください。

きょうとユニオン
(京都地域合同労働組合)
京都市南区東九条上御霊町64-1 
アンビシャス梅垣梅垣ビル 1F


TEL:075-691-6191 FAX:075-691-6145

---------888 888-------888 888-----




コメント

野良の「にいにゃん」見つけました!

2020年03月23日 | 日記

先日お話していたのらちゃん一家の中でも人懐こい子猫がいて、ページのイメージ写真にもなっている猫の「にいにゃん」(勝手に名前つけてるので本人は分かっていなしだろうな~)がふと通勤途中で見つけたというかであったというか、もうかれこれ1年半見ていなかったのですが、なんと出会ってしまいました!

小さいときは愛嬌があって思わず抱きしめてやりたいくらいの子猫でした。




少し成長すると少し生意気になって来て、良く向かいの塀からこちらを見ていましたが、この子のおとうさんと同じような座り方でにらんでいるので、思わず吹き出したこともありました。




お父さんですが、貫禄物です、でかいです🙇

それが立派な大人に成長しているので安心してみていたのですが、やっぱり野良猫と言われてみんなから嫌われているのだろうから、なんとか飼ってもらえるところがあればと思って、願ってはいたのですが、やはりそのままの野良で頑張っているのだと思うと、なんとかこんな生活を送らせないように、何とかしてやらないといけないと感じるのですが・・・。

ちなみに家に来ているというか、通り道になっているような感じで今はこの家系のお父さんとくろたんと言っているお母さんと子供のちびクロ、そしてトラ猫の虎次郎が主になわばりの関係でしょうか見ることがあります。

ちびクロは厚かましいのか何泊かしてプイ!とどこかへ行ってしまったりで、何とも捕まえて矯正や保護をと思ってやってはいるのですが、タイミングが悪かったり逃げられたりで、今のところ手も足も出ないのが現状です。

家内に言わすと「あなたより猫の方が賢いし運動神経が抜群なんだから、捕まりっこないわよ。」と言われています。



ということで「にいにゃんに出会った!」記録はここまで、何か変化あればまた掲載したいと思います。


立派になってました(^∇^)

ご購読ありがとうございました。

感謝

 

コメント

「感じ始める時」    「物語」7

2020年03月18日 | 物語

 

 

一週間ほどたった。

仕事の忙しさで何もするでもなし、流されていた。

気がついた事があった。

今日までの一つ一つに何か共通の物がある、何だろうかなんて考えていたら、なんとなく自分からの意志で、すべてが動いているのだ、あの人に会いたいななんて思っていると電話がかかってきたり、

ここで誰かに会うみたい、と考えていたらその人と出会ったり、こんな企画をしたいなと考えていると、誰かが出てきてうまく企画が出来上がったり、何がなんだか分からないうちに事が運んでしまっているなんて感じが、伝わってくる。  どうして???の雰囲気につつまれてしまう。

 

そのとき初めて水晶の事が気になりだし、真剣に手のひらで握りしめて、伝わってくる物が何か感じようとした、(ひょっとしておれは超能力者?!)なんて事も考えていたりしたが、いくら考えても、変なおじさんの領域からは抜け出られない普通の人、しかたない、もう何がなんだか分からない、どうにでもしろって考えて、ごろんと横になった、そのとき、頭の中に柔らかい様な感覚がよぎったと思うと、手にしていた水晶が段々と暖かくなるのを感じた、「ん・・・!」なんて感覚で感じるまま何をするでもなく、何を考えるでもなく、その感覚を楽しんでいた、どれくらいの時間がたったのか・・・。

 

突然むくっと、起きあがって思った事が、

「この水晶生きている。」確かに伝わる感覚、今この頃で言う波長が、鼓動が感じる、なんで?!

見る見る水晶が周りの空間からパワーを吸収しているのが分かる、手のひらで大きく膨らんで行く様な感覚が・・・。

気がついて見れば、なんとエネルギー充電120%!なんて、宇宙戦艦大和の台詞がよぎった、と、同時に不思議なことに、自分は何もしなくて良い、何も考えなくて良い、の言葉が思い出され、なすべき事をこなし、なすがままに身を任せていれば、人さえ思いどうりにうごき、なるようになっていく、そして人の波長を感じ取ってその人にあった波長を送ればそれでその人の運命、因縁、背後霊さえ感じることが出来るのだ、(背後霊ーこれは人が考えた物、人の後ろについているのではなく、人が生きる時に発散するエネルギーの波を人それぞれの融合された波長が複雑に絡み合い、織りなす人生の縮図を垣間見る感じで、感じる事の出来る唯一の生命の波動です)何を感じるべきなのか?!なんて考えていたらつぶされそうな自分がそこにいるのを実感した。

 

 

「なんなんだこれは?!」

って、叫びたかった、見知らぬ人の波動が容赦なく飛び込んでくる、ただひたすら耐えるだけ?

「?????」

 

ふと思い出した、何もしない、何も考えない何もない自分、そこにある自分は何もない「無」!

色々な感覚を揺るがすような感覚のなかで、とにかく、横になり、目を堅く閉じ、深呼吸をした。

感覚は、宙に浮く感じかな、兎に角、ふわーとした感覚で、鼻の頭に力を手中する事を覚えた、

そしたら何故か、今までの感覚が急に遠のいて、自分の事を見つめる自分がそこにいることに気がついた、自分を見つめる自分、もう一人の自分がそこにいる?

感覚の問題だと思うが、いまだによく分からないところがあるのも確かだ。

もう一人の自分が、自分に命令を出したりアドバイスしたり、 時にはしかったり。

 

二重人格なんて事がこのことかな・なんて思う気持ちになった事もあったが、ちょっと違う。

二重人格は人格が違う事、でももう一人の自分は何でも判断して、、自分にこうしろとか、こう感じろ、こうしたらよくなるなんてアドバイスをしてくれる。

なんか変?!

でも、そのもう一人の自分が出来たことで、自分を判断して、自分以外の人たちの事が感じられる様に鳴った、何の障害もなくね、自分をコントロール出来るようになった、水晶とも話しが出来るようになった、超能力なんて物じゃなく、自然を、波を、読む、感じる、そんなことが出来るようになった、不思議だ、本当に不思議だった。

そんな時に、吉村家の人たちの尋常ならぬ関わりを感じるようになって、何だろう?何だろうなんて感じるようになった、そした、やっと分かった、因縁、因果すべてを解き明かす今の関係を。

 

きっと、それが私に与えられた、人生の宿題なのかもしれない。

 

---------888 888-------888 888---------

きょうとユニオンはこんな所です。
職場で困ったときに、一人で入れる労働組合!
正社員でなくても、外国人でも、労働者であれば誰でも加入できます!
企業の枠にとらわれず、地域のつながりに力を求める労働組合です!
さまざまな団体が協力してくれます!
職場が変わっても、同じユニオンで活動できます!

困った?!
そんな時はお電話してみてください。

きょうとユニオン
(京都地域合同労働組合)
京都市南区東九条上御霊町64-1 
アンビシャス梅垣梅垣ビル 1F


TEL:075-691-6191 FAX:075-691-6145

---------888 888-------888 888-----




コメント

「巡り会い」   「物語」

2020年03月11日 | 物語

 

それからまもなく知り合ったのが吉村家の人たちでした。

最初は吉村さんに口癖のように「なるようにしかなりません。」ばかり言っていたので、きっと変わった人と思われていたと思います。

そのうちに、健康の為に水晶をなんて言っていたのでしょう。

そのころ吉村さんの娘のまいちゃんはヤンキーの見本みたいな女の子で、第一印象は、大丈夫かな?!でした。

何が大丈夫かは分かりませんが、向こう気のあらい気性で、何かにつけて質問と理屈をこね回す典型的な現代の女の子でした。

でも、何か私との因縁を感じたのも確かな事で、何だろう?なんて想いが横切った、吉村さんと合ったときにも似たような感じがあって、なんてすばらしい感性の持ち主なのだろうなんて感じたのは確か、でもちょっと因縁めいた物がどこかに潜んでいるよに思えて仕方ない様な気がして、何だろうか?なんて感じていました。

毎日がゆっくりと動き出し、月に何回かおじゃまして色々な話しを聞くように鳴りまし。そうこうするうちに、まいちゃんの、悪さや飛の悪さの話しが笛だして、???
でも、私にはどうすることもできないので、話しを聞くだけ担っていました。
そのころからかもしれません、水晶の力で何か出来ないか考え出したのは、そしてあのお寺に行くことになったのです。

 



よく晴れた日曜日、電車で嵐山へ、てくてく歩いて見覚えにある門の前にやってきました。

「ごめんください!」

なんて言って中に入っていったと思います。

記憶が飛んでいるので、事実関係は別にして、こうだっただろうと書きますが、許してください。

「どなたかおられませんか?」

「まあ、あがりなさい。」

突然、後ろから聞き覚えのある声がして、振り向くとそこにはあのお坊さんが立っておられました。

「おじゃまします今日は相談が合って来ました。」

「まあ、とにかくあがりなさい。」

「はい、」

 

また、差し向かえの前と同じ場所で座ることになり、何故か懐かしいものに似ている、暖かい物にふれたような感覚になり、心が落ち着くのが自分でも不思議なくらい分かるのです。

 

「今日は、水晶をどうすればうまく使えるのか、教えて欲しくて来ました」

「水晶で何をしたいのですか?」

「水晶はどんなことが出来るのですか・」

「何でも出来ます。」

「なんでもって言ってもどうすればいいのですか?」

「水晶を感じてご覧なさい、話しができますよ。」

「どうして話すのですか?」

「水晶のもつエネルギーを感じることです。」

「どうしたら感じるのですか?」

「無になることです。」

「無、ですか?」

「そうです、無になることが水晶に限らず、すべての物に対しての原点なのです。」

「???」

「今は分からないでしょう、でも、今から貴方の体験すること、貴方が本当に感じたことが、すべて無の中から生まれ育っているのです。」

「無、って何ですか?」

「無とは何もないことです。」

「何もなければ、何も起きないし、何も振り返らない、何にも始まらない、そんな感じがするのですが?」

「そうです、何も始まらないし、何も起きない、だから無、何もないのです。」

「何故無から水晶が感じられるのですか?」

「水晶は自分で生きている、水晶に限らずすべての物かこの世の中で何かのために生まれ育ち、そして朽ちてゆく、そして無になる。」

「では、一つだけ、もう一つだけ教えて下さい、その人生の時の流れの中では。逆らうこと出来ないのですか?自分で考え行動している事さえ決まっている定めなのですか?」

「今、わたしに分かる事は、人それぞれが生きている事、それぞれが因縁をかけていること、人それぞれがこの世に生まれて、それぞれが人生を歩く、その中で、本当に自分を見つめるためにどれだけの感覚を、自覚を、そして教えを身につけてかによって、生きる事に自分に自信を持つことが出来る、それが人生、生きる事なのです、そして水晶は、いやほかの物でも良い、それ自身が素直に生きておれば良い、素直に輝いていれば良い、そんな中で人に時の流れの中で生きる波動の中で同調できる物であれば、紙でも良いし、その人にとっては大切な人形でも良いのです、写真一枚でもその人に合う波がそこにあればそれで良いのです、そのことを貴方はやっと気ずいてくれた、そしてここにやってきた、だから今から、貴方は無を知ること、無を伝えること、無をいつでも自分の中においていくこと、そして一番大切な、自分を知ること、このすべてが、今貴方には与えられるチャンスが訪れているのです、だからここに来た、そして私は貴方に伝えるためにここにいた、それだけの事です、ばかげているなんて考える人がいたら、その人は救わなければいけない人なのかもしれません今貴方に伝えることは、貴方自身が本当に無を自分の物にして、そこからの始まりを感じて欲しいのです。」

「無なんて簡単に言っていますけど、どうすればいいか分かりません」

「貴方はもう無の見つけ方を心得ているはずですが、そのことを貴方は、理解しかけている。」

「・・・。」

会話は約2時間続いた後、帰り際に、なんだか頭の中が混乱している自分に気がついいた。

そして、また、元の生活に戻り時間に流されることに。

 

---------888 888-------888 888---------

きょうとユニオンはこんな所です。
職場で困ったときに、一人で入れる労働組合!
正社員でなくても、外国人でも、労働者であれば誰でも加入できます!
企業の枠にとらわれず、地域のつながりに力を求める労働組合です!
さまざまな団体が協力してくれます!
職場が変わっても、同じユニオンで活動できます!

困った?!
そんな時はお電話してみてください。

きょうとユニオン
(京都地域合同労働組合)
京都市南区東九条上御霊町64-1 
アンビシャス梅垣梅垣ビル 1F


TEL:075-691-6191 FAX:075-691-6145

---------888 888-------888 888-----






コメント