fangle WORLD'S LIFETIME FITTINGS, GOODS & ORIGINAL ARTICLES
奈良でアンティークの家具・雑貨、古道具、オリジナルの鉄ものを扱うfangle。
 





Our Connection vol.2 終了しました。

2~3000年前のものから、Hunter's Bar グッズまで
ものが私たちに与えてくれるパワーを改めて感じた日々でした。

ものと人とのconnectionの場を作ってくれた
Sundries 髙野さん
Kit 椹木さん
Hunter's Bar 野田さん
枩邑さん
かっこいいDMを作ってくれたり手伝ってくれた鎌田くん

その他にも、たくさんの方々のご協力で実現した展示会でした。

杉田くん、西別府くん、志賀さんの展示作品も
常に進化し続ける彼らの「今」があって、唯一無二をつくりだせる彼らが羨ましかった。

私たちfangleとしては、
彼らのようにものをつくりだすことはできないけど、
fangleとしてこの十数年やってきたこと、そしてその原点というか初心を振り返り、
変わらない思いと、これからやっていきたい事を改めて再確認する機会ともなりました。

ものにはきっと、作り出す人のパワーが投影されているのも感じたし、
パワーあるものを手にする人も、やっぱりパワーがあるもので、
自分の好き、嫌い、がはっきりとしている人たちが集い、
面白いもの、面白い人、濃いもの、濃い人にたくさん出会えて、
またとない、本当に楽しい日々でした。

お越しくださった、多くの皆さまにお礼申し上げます。
ありがとうございました。





















【Our connection】 2年振りに再び、京都KITにて開催です。

南青山にあるSundriesには、
古物から近現代のアートや作家作品、美術品までもが
店主、髙野さんの視点で集められています。

今回は、髙野さんとその仲間たちによる展示2回目。
時代も場所も存在も異なるものが一堂に会し、
何だか雑然としてしまいそうだけれど、確実に connect しているものたち。
その connection が新たな息吹をもたらします。



2018/10/5 fri → 10/14 sun 12:00→18:00
 *5fri → 8mon Hunters Bar 
 *9,10,11日はclose

【会場】KIT access
【参加】Sundries, Hunters Bar, fangle, 町宿 枩邑
【協力】杉田明彦(漆), 西別府久幸(plants), 志賀裕明(漆)

   

   

今まで手にしなかったものに触れる機会となるでしょう。
新しい発見と出会いが訪れる事に、参加する私たちも今から楽しみにしています。

是非、期間中に京都のKITへ足をお運びください。

*期間中、奈良fangleは通常営業の予定です。→open calender









Our Connection at Kit support fangle 終了しました。

南青山Sundriesとの10数年に亘るconnectionを振り返りつつ、
これからのfangleのあり方を想う、
Sundries髙野さんのコレクションにあった2500~4000年前から繋がる
現代に残るもの、現代に作られるものの存在に思考を巡らす、
そんな機会となりました。
そして、またここから新たなconnectionが紡ぎだされようとしている、と感じました。

Sundries髙野さん、Kit椹木さん、髙野さんの元に集う方々のご協力に感謝です。
そして期間中、京都kitにお越しくださいました皆さま、ありがとうございました。









Our Connection Sundries at Kit support fangle



本日より始まりました。
Sundries髙野さんによって集められた時のかけらたちが、京都kitに集結しています。
美しいもの、愛おしくなるもの、笑みがでてしまもの、
3000年の時を経ているものから、Sundriesゆかりの現代作家さんのものまで。



西別府久幸さんのフレームに入った植物や、泥シリーズ
斎藤大地さんによる今回のDM写真のプリントもあります。

fangleのものも、所々で力添え。

Sundriesに集う人たちとものたちの世界に触れられる6日間、
是非、京都kitに足をお運びください。






 Our Conncetion Sundries st Kit support fangle 10月7日(金)~12日(水) 京都 Kit にて

 design: 鎌田充浩  photo:斎藤大地  plants:西別府久幸

何ともカッコイイ今回の展覧会のチラシです。
素敵なチラシを作ってくださった鎌田さん、斎藤さんに感謝です。
その彼らも、開場となる京都のKitの椹木さん、私たちfangleも
皆、南青山にあるSundriesに集う人の一人。

Sundriesには、古物から近現代の作家物、美術品まで
多岐にわたるものたちが店主である髙野さん独自の視点でセレクトされ集められいます。
そのSundriesワールドと髙野さんの魅力に惹きつけられて
現代作家や工芸家、クリエイターなども足繁く通うのでしょう。



思い返せばfangleとSundriesのコネクションは10数年に及びます。
fangle初めての展示会もSundriesでした。それももう10年前の事です。
髙野さんはモノの知識も然り、モノを通じてたくさんの事をいつも教えてくれました。
それは、私たちが奈良に来てからも変わらず。

そして今回、そのSundiresが京都のKitさんにやって来る。
私たちfangleもサポートすることになりました。

このような場をつくってくれた髙野さんやKitさんにも感謝しております。
良い展覧会にしたい。ちゃんとサポート役を務めねばなりません。

私たちも楽しみにしている展覧会、是非足をお運びください。

we dedicate this exhibiton to Mr.Matsumura





鎌倉のお隣、逗子の海岸で映画祭が行われています。
毎年この大型連休中に催されるこの野外型映画祭も今年で7回目!
今回もfangleはフレームや照明類を通して参加しています。

逗子の浜辺で、映画をメインに
ワークショップやバザール、フードが楽しめる。

年々、確実にそのクオリティーとバラエティーを増してるように思います。
映画祭を主宰する仲間たちの活躍が嬉しい。

関東の方、遠方の方も、逗子海岸映画祭を是非体験して頂きたい。
5/8sunまでです。詳細は ↓