fangle WORLD'S LIFETIME FITTINGS, GOODS & ORIGINAL ARTICLES
奈良でアンティークの家具・雑貨、古道具、オリジナルの鉄ものを扱うfangle。
 







7(水)~10(土)は臨時休業です。
通常営業は14日(水)からとなります。

大岡弘晃 GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE
終了しました。

龍の眼 e7a781 : arche-type
that which allows me to keep moving forward

会期後半に出来上がったこの作品は
正に今回のテーマが具現化された作品だったように感じます。


【GOLD/ARCHE-TYPE】

2年程前の事だったか
大岡氏が金を使って円を描き始めた頃、
インドにおいて「同心円」がもつ意味を話した事があります。

ウパニシャッドの梵我一如の思想に始まり、
ヒンドゥー教、仏教、曼荼羅、ユングの話、
それにまつわるモノをあれこれ見せたりする中で
金の同心円は彼にとって「元型」の作用だと思ったし、
同時に普遍的な色形だと思いました。

そしてその時から、
今回の展示のイメージはできていたように思います。

【RUST/ARCHE-TYPE 】

4年振りに展示をしよう!と決めた時、
インクを作る為に
錆びとドングリの帽子(殻斗)を集めてほしい、と言われ
秋の毎週末、殻斗を集めて回りました。

錆はfangleの折りたたみスツールやテーブル、棚のメンテナンス作業から出たもの。

殻斗というのはドングリの実を成長させ、守る役割をもつ部分。

鉄錆は厄介な存在と扱われがちですが、
鉄は(元の鉄鉱石に戻ろうと)酸化して錆びを出します。

人間が呼吸をするように、鉄が空気に触れることで出るのが錆。

共に不用だったり、厭われたりする存在がインクになった時、
光の干渉によって刻々と変化する玉虫色を持っていた事がわかりました。


【GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE】

偶然のようで、必然だったような、
そんなGOLDとRUSTの色形が
「自分の元型」を想い、確認する曼荼羅のような存在の絵となっていたように思います。

そんな絵にしっかり向き合って見てくださる皆さんの姿がとても嬉しかった。

心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!







【通販・オンライン販売のお知らせ】

大岡弘晃
GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE
で展示中の作品(一部)を
期間限定で
通販・オンライン販売致します。

4月1日(木) 20:00〜4日まで
fangleホームページ
からどうぞ。

随時更新する予定ですが、
店頭での販売が優先される場合があります。
予めご了承ください。

ーーーーーーーーーー
100号もついに完成!
これを見に日曜日に来てくださった方々、すみませんでした。
本当に素晴らしいので、また足をお運びください。
明日からいよいよ公開です。

大岡弘晃 個展

〜4月3日(土)
12:00 - 19:00

@oo____ka








大岡弘晃 個展
GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE

会期も後半となりました。

奈良のどんぐりの殻斗と
鉄錆から生まれたインクと金の色が
fangleという場の光と呼応して色々な表情を見せ、

昼間、夕暮れ時といった時間帯や
角度の違いで
作品が放つ光と色、見えてくるものが変わります。

売約済の絵も会期中はご覧になれます。

お天気の良い日、雨の日、
明るい時間、夕暮れすぎ、それぞれの彩りを見に
是非何度でも足をお運び頂きたいです!

休み明けの31日には100号の大きな絵が追加される予定。

4月1日午後8時~4日まで
fangle HP のオンラインショップに今回の作品を掲載します。


---------------

~ 4月3日(土)
12:00 - 19:00
会期中 3/29,30 休み

@oo____ka

---------------
















大岡弘晃 個展
GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE

3月17日(水)- 4月3日(土)
12:00 - 19:00
会期中 3/29,30 休み

光の彩り、闇の彩り、
その狭間の彩りを捉える大岡弘晃。
fangleでは4年振りの展示。

---------------

GOLD 金
RUST 錆
is the
ARCHE-TYPE 元型

今回の展示は
光を集める金の色を駆使した作品、
ドングリの傘と鉄錆から抽出したインクを使った作品などを展示する。

不変の象徴である金
元来の鉱物へと戻ろうと鉄が出す錆
ドングリの成長を支え続けた傘

鉱物・植物・人を色に据えたら
それはどんな色彩となって眼前に現れるのか。

---------------

*ご入店の際は 検温・マスクの着用・手の消毒にご協力をお願いいたします。









Acchi Cocchi Bacchi

3月3日(水) ~ 14日(日)会期中無休
12:00 ~ 19:00


Acchi Cocchi Bacchi は
高橋彩子さんが世界中の布やパーツを組み合わせてつくる、
どれもこれも世界で一個だけ、
バッジの域を超えた「バッチ」です。

不意をつかれるユニークな形。
それが
見れば見るほど
あちこちに着けて共に過ごせば過ごすほど
愛おしくなってくる。

今回は、
これまでにfangleに集まった
アフリカやインドの他
アッチコッチの素材やパーツも「バッチ」となって転生します!

_________________
                              

高橋彩子によって
世界中の「アッチコッチ」の素材から紡ぎ出される「バッチ」

バッチのなかでは
世界や社会のあらゆる相似と相違が
凝縮してて主張してて
でもしつこくなくて、うるさくなくて
粋に、そして気高く一つにまとまっている。

こんな粋を「アッチコッチ」に纏ったら
「アッチコッチ」の次元に連れ立って歩んでくれる「バッチ」
貴方の日々に「アッチコッチバッチ」を!


*ご入店の際は 検温・マスクの着用・手の消毒にご協力をお願いいたします









1月20日から予定しておりました
大岡弘晃 個展 【GOLD / RUST is the ARCHE-TYPE】は
3月17日(水)~4月3日(土) に会期を変更しました。

一部の方には変更前のご案内状が届いているかと思います。
お間違えのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

よって
1月、2月は通常営業。
OPEN CALENDER

3月は
3日(水)~14日(日)【ACCHI COCCHI BACCHI】高橋彩子
17日(水)~4月3日(土) 大岡弘晃【GOLD/RUST is the ARCHE-TYPE】
を予定しております。



colors of rust and acorn cups could be seen in March







あけましておめでとうございます。

本日より 2021年の営業開始しました。
丑年。
牛のごとく、ゆっくりでもブレずに一歩一歩あゆんでいきたい。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーー

brass Nandin インド神獣(牛) ナンディン
bells for Nandin horns ナンディンの角飾り







fangleでは定番のフレーム、
やっとオンラインショップにあげました。

フレームのページを設けまして、
今回は小ぶりなSサイズをアップ。
小ぶりなフレームは、高さや間隔を変えて何枚を壁に飾るのも面白い、
季節や気分でフレームインする内容を変えるのも楽しいです。

木枠のフレームには
石膏で模様が施されているものもあり、
その模様が好いように剥がれてたり、
背板に鉄板やブリキの板が使用されているものは
背板自体も表情があるので、
あえて小さなものを入れても面白いし、
フレーム自体がおごまかしくなったりしないのがよいところ。

お部屋の壁に、
ちょっとしたスペースに如何でしょうか。

次回はMサイズをアップする予定です。


【年末年始の営業について】
年末は26日(土)まで。
年始は6日(水)から営業いたします。
check this OPEN CALENDER










オンラインショップに商品をアップしました。
今回は deya 灯火器がずらり。

インドでdeyaと呼ばれる灯火器。

小さいものは各家庭の祭壇で灯されます。
床置きで腰の高さほどあるdeya等は、火を灯す箇所が5つや7つのものも。
大きいもは大体、寺院などに設置されています。
五大思想の地・水・火・風・空の5。
チャクラの数7。

使用する油はインドではギー(バターオイル)が一番神聖、といわれているけれど
日本では古くから菜種を初めいろいろな植物油が灯火器には使用されていて、
ちなみにfangleの店でいつも灯しているdeyaは菜種を使っています。
食用油であればオリーブ油でもサラダ油でも、
油を器に入れ、綿製の芯を浸して火を灯すことができます。
使用イメージ

deyaの灯は蝋燭の灯とも一味違った趣があります。
一日の中でdeyaの灯とともに過ごす一時、是非お試しください。

各種deyaはこちらから










商品アップしました。

今回のメインは石と鉄。

南インドは石の産地で、幹線道路を走っていると石切場があちこちに見られます。
日常道具も石製のものが結構あって、
石のプレートは本来フライパンとして窯の上に置かれ、
チャパティ(インドのパン)を主に焼いていたもの。
煤で黒く、そして経年により艶が出ている箇所と
枯れたような粗さが表面に出ています。
飾り台や燭台に。

鉄のものはムガール時代のもの。
ざっとムガール時代といっても、
ムガール帝国は1526~1858年まで続いていたのでバラつきはあるし
イメージがつかないかもしれないけれど、
かの有名な「タージ・マハル」がつくられた時代です。
ムガール建築の特徴にも見られるデザインが鉄の道具にもあって、
どれも鉄味が良くて、
貴族や名家から出て今日まで存在しているものは
鉄なのに、すごく細やかな模様が施されていたり状態も良い。

是非、オンラインショップでも見てみてください。
ONLINE SHOP Ⅰ GENERALS

そして実店舗にお越しの際はオープンカレンダーをご確認ください。
10,11月は通常通り、水~土の12:00~19:00オープンです。
LOCATION / OPEN CALENDER

instagram → @fangle.t
facebook → @fangle.japan





« 前ページ