★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜

2013年11月28日 | ★★★(3/5)

【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分
監督:ベン・ザイトリン
出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク

あたしは強くなる

[Story]
長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ、通称“バスタブ”。自分には動物と会話できる特殊な能力が備わっていると信じる6歳の少女ハッシュパピーは、飲んだくれの父親ウィンクと暮らしながら、バスタブの仲間たちと活気にあふれた毎日を送っていた。その一方で、自然界は繊細な秩序で守られていると考える彼女は、秩序の崩壊によって獰猛な伝説の巨獣オ―ロックスが復活するとの言い伝えに怯えていたのだった。そんな中、100年に一度の大嵐が平和なバスタブに襲いかかろうとしていた...


無名の新人監督で数々の映画に輝き、アカデミー賞でも作品賞を含む4部門にノミネート、主人公のハッシュパピーを演じたクヮヴェンジャネ・ウォレスは史上最年少の主演女優賞ノミネートになり話題になったファンタジー・ドラマ。

う....ん、なんか...普通でした。

様々な賞を受賞してアカデミー賞でもノミネートされた作品だからと観てみたのですが、私が感情が欠落しているのか感動...とはいきませんでした。
でも、クヮヴェンジャネ・ウォレス(長いっ)ちゃんは可愛らしくて目力のある子で良かったですけどね。

“バスタブ島”で過酷な現実を逞しく生き抜く姿を描いている....というけど、後半で巨獣オ―ロックスとやらとの睨めっこが出てきてちょっと冷めた、、、。
ずっと暮らしてきた島から離れたくないのはわかるけど、大嵐がきてえらいことになってるのに住み続けるのはどうなのか。しかもその後爆弾を仕掛けて破壊されちゃってたし...。

リアルな現実とファンタジー....私にはあわなくて...ごめんなさいでした、、、

★★★ クヮヴェンジャネちゃんにおまけして...


 

ハッシュパピー バスタブ島の少女 [DVD]
クヮヴェンジャネ・ウォレス,ドゥワイト・ヘンリー
東宝

 

ハッシュパピー バスタブ島の少女 [Blu-ray]
クヮヴェンジャネ・ウォレス,ドゥワイト・ヘンリー
東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インポッシブル | トップ | 劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (maki)
2013-11-28 18:24:56
私も感動しませんでした(笑)
結構そういう方多いみたいですヨ
肩透かし…というんでしょうか、
アレ?これ面白かった?と
見たあと疑問に思えてきちゃいましたもん
makiさんへ (yukarin)
2013-11-29 23:47:42
こんばんは♪
makiさんもですかー
よかった。
アカデミー賞でもノミネートとかあったから余計に期待した人も多かったでしょうね。
観終わって.....なんでノミネートされたんだろう?と考えちゃいました^^;
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-11-30 23:21:27
描いていることは家族のことなのでいい内容なんですが、それが映画を見た感動に繋がらないのが残念なんですよね。
もう少し分かり易い映画にしても良かったのではないかと思いましたよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2013-12-03 11:53:03
こんにちは♪
みなさん感動まではいかなかったようですね。
ちよっと安心しました^^;
折角の家族のお話なのに残念に思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (いやいやえん)
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも...
ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました〜 若干29歳...
ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
地球温暖化のティッピングポイント 公式サイト。Beasts of the Southern Wild ルーシー・アリバー原作、ベン・ザイトリン監督、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー。本作で史 ...
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 2013年3月27日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 を鑑賞しました。 主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんとゲストで芦田愛菜ちゃんでした。 9歳と8歳とのことでしたが、クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんと並ぶと大きさが全然違ってましたw ちょいとおませな子供というのは...
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(10) 雰囲気は『ジェヴォ-ダンの獣』&『ヴィレッジ』?
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (あーうぃ だにぇっと)
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜@スペースFS汐留
ショートレビュー「ハッシュパピー バスタブ島の少女・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
楽園からの旅立ち。 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」という柔らかい邦題よりも、「Beasts of the Southern Wild」という原題の方がしっくりくるパワフルな作品だ。 主人公の少女、ハッシュパピーとワイルドなオヤジ、ウィンクが暮すのは、大河の河口にある小さな...
ハッシュパピー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。  本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。  主役は、6歳の女の子のハッシュパ....
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜/クヮヴェンジャネ・ウォレス (カノンな日々)
第85回アカデミー賞では史上最年少で主演女優賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスが話題を集めたこの作品。世界のはずれの小さな島で暮らす少女の目線を通して映し出す社会 ...
「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ! (はらやんの映画徒然草)
無名の監督、そして6歳の少女の主演であるにもかかわらず、アカデミー賞にノミネート
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (悠雅的生活)
地球とおしゃべり。目覚めたオーロックス。小さなかけら。
『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』 (こねたみっくす)
親は子に「強く生きろ」と願い、子は親に「長く生きて」と願う。 わずか200万ドルで製作したインディ作品がオスカー候補になっただけでなく、主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスが ...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...
映画:ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild  尽きない生命力を体感せよ!  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
どんな時代なのか(現代? 未来?) どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?) そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。 何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。 凄いパワー! これに圧倒されているうちに、す....
映画・ハッシュパピー バスタブ島の少女 (読書と映画とガーデニング)
原題 BEASTS OF THE SOUTHERN WILD 2012年 アメリカ 地球温暖化により水没の危機に瀕している「バスタブ島」 手つかずの自然に囲まれた島で父親と二人で暮らす6歳のハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス) 彼女は「この自然界は繊細な仕組みを持ちなが...
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (とりあえず、コメントです)
2012年度のアカデミー賞を賑わした少女クヮヴェンジャネ・ウォレス主演のファンタジックなドラマです。 あの世界の全てを睨みつけるような表情に惹かれてチャレンジしてみました。 予想以上に過酷な運命の中で真っ直ぐに前を向く彼女の姿に、大きな何かを貰った気持ちにな...
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (心のままに映画の風景)
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘンリー)と暮らしている。 ある晩、100年に一度の大嵐が平和...