★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

LIFE!

2014年03月23日 | ★★★★+(4.5/5)

【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分
監督:ベン・スティラー
出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン

この映画には「!」がある。

[Story]
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく...


ジェームズ・サーバーの短編を基にした『虹を掴む男』を、ベン・スティラーの監督・主演でリメイクしたファンタジー・アドベンチャー・コメディ。
雑誌LIFEの写真管理部で働く平凡で空想癖のある主人公ウォルターが、表紙に使用する写真のネガを探して世界中を巡る旅を繰り広げる。

久しぶりにTOHOシネマズ日劇の一番大きいスクリーンで観てきました!
これってリメイクだったとはまるっと知らなかった〜ので、オリジナルに忠実なのかそうでないのかわかりません。が、ウォルターが各地を旅をするシーンはド迫力のスクリーンでちょっとした旅行気分が味わえました。

ウォルターが空想するエピソードが笑える。駅のホーム待ちでのアクションシーンはテンション上がったわ(笑)。ベンのアクション映画も面白そう〜。
空想癖がいい味を出していてシェリルとのオチに効いてましたな。

お話はLIFEの最終号となる表紙を飾る写真のネガが写真家のショーンから送られてきたのだけれど、25番のネガだけがなくてその在りかを聞き出すためにショーンを追って冒険の旅に出るというもの。

肝心のネガは意外な所にあったというオチはありがちだけど、遠回りしたことで素晴らしい経験ができたことは素敵だなーと。ウォルターの真面目さがよく表れた内容で観終わったあとにじんわりいい気分になれる作品でした。

eハーモニーの電話の相手が笑える。やりとりが面白くてとてもイイ人。
ウォルターの旅先で出会う人たちも地味なんだけどみんなイイ人たち。
...と都合の良さもあるけどなんかイイ。

肝心の表紙も最初からこの人だとわかってたけど、どんな構図なのかな〜と楽しみにしてたら本当に素敵な写真でイッキに感動しちゃいましたわ。
ここでイッキに評価がぐわーっと上がった!!
ショーン・ペンがなかなか出てこなくて、やっと出てきたーと思ったら本当にちょっとだけ...でも存在感はバッチリ。姿は見えなくても周りの人達の台詞から行動が浮んできました。

シェリルのサンドピープル?という台詞に笑ったー。

私もたまにウォルターのように空想してニヤニヤすること暫し、、、 ←楽しい♪

★★★★.5

 

LIFE!/ライフ [DVD]
ベン・スティラー,クリステン・ウィグ,シャーリー・マクレーン,アダム・スコット,ショーン・ペン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ベン・スティラー,クリステン・ウィグ,シャーリー・マクレーン,アダム・スコット,ショーン・ペン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

虹を掴む男 [DVD]
デヴィッド・ラクシン
ジュネス企画

 

虹をつかむ男 (異色作家短篇集)
James Thurber,鳴海 四郎
早川書房
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Endless SHOCK 2014 ふたたび」 | トップ | ロボコップ(1987) »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2014-03-23 15:47:16
空想のガチンコバトルが凄かったですね。
特にスケボーとゴム人形のシーン(笑

ラストは表紙を見ただけで、涙。。。
えふさんへ (yukarin)
2014-03-23 22:46:22
空想のバトルはまるまる1本でみたいな(笑)
スケボーもすごいけどゴム人形は笑えたね。
表紙がバーンと出た時にはじわぁ〜ときたね。
こんばんは〜〜 (マリー)
2014-03-23 22:54:13
yukarinも妄想族だね?えへへ・・・

楽しかったね〜。
映画ネタも面白かったし〜風景には癒されたし・・・
大きなスクリーンだと迫力あったでしょ〜。いいな。

表紙の想像ついていたの?すご〜〜い。
素敵な写真だったよね。
ショーン・ペンは美味しいトコ全部持って行ったかも・・・
yukarin☆ (mig)
2014-03-24 00:10:02
意外とこれみるのは遅かったのね、
でも次々みてるもんねー
こうちゃんのもおつかれさま!
ベンの格好良さ、ズーランダーはみたよね
あれのブルースティールとか最高!
もう一度みたいけどDVD出るまで我慢だ★
サントラは普通に売ってるかなー

あ、マリーさんにもらった東方神起よく聴いてるよ♪
途中の曲3曲くらい苦手なのもあるけど
treeとかあと新曲のスリスリ、最高だね!
おはようございます。 (BROOK)
2014-03-24 05:48:28
人生を謳歌するような作品でしたね♪
どこに選択があるのか分からないけれど、
選んだ道は決して間違っていなかったという感じでしょうか。

広大な風景にも圧倒されっぱなしで、
スケボーのシーンは妙に感動してしまいました。

ラストの雑誌の表紙にはやられましたよ。
今までのことが一気に思い起こされました。
こんにちは。 (オリーブリー)
2014-03-24 12:11:32
良かったですねー!!
スタイリッシュな映像だし、突然の妄想で、いきなり派手なアクションとか、大自然の美しさとか、凄く楽しめました♪
ショーン・ペン、実は苦手なんですけど、この大人のクールさが半端なくカッコ良かったです(笑)
素敵な映画 (ノルウェーまだ〜む)
2014-03-24 17:56:32
yukarinさん☆
ほんとー旅行に一緒に行っているような気分になれて、すごく素敵な映画だったわ。
ラストは判っていてもとても良かったよね☆
ショーン・ペンも渋かったわ♪
マリーさんへ (yukarin)
2014-03-28 12:57:05
妄想しまくりよ(笑)
あれやこれやとニヤニヤしてる。

たまたま東京に行く用事があったからお気に入りの日劇で見られたんだけど大きいスクリーンはよかったわ。
広大な風景がどーんと!

表紙はウォルターだと思ってた。ただどんな写真か気になってたけど...いい写真だったね〜

ショーン・ペンはほんとちょっとだけなのにイイトコもってったよねっ
migさんへ (yukarin)
2014-03-28 12:59:46
平日初日だっから出遅れちゃった。
はい、こうちゃんもしっかり堪能したわ。

あっズーランダーは見てないかも...あわわ^^;
観る観る!
migさんが東方神起を聴いてくれてるのはホントうれしいわ。よろしくねっ
ナイスな映画 (iina)
2014-04-02 09:47:07
映画を観ていて「LIFE誌」は、実在していそうだなという気分でしたが、・・・どこかで見たように見なかったような・・・帰って、調べると実在してました。
時の著名人の顔を表紙にした写真雑誌でした。

この映画を2度見ましたが、冒頭のクレジット部分は巧妙に街の道路や壁等々に記されてましたから、洒落た演出をしていました。

SFXを多用する映画なので、スケボー・シーンも合成かなと思ってましたが、主役本人の得意なスケボーなのですね。
他の撮影では、スケボーで骨折したと報じられてました。
BROOKさんへ (yukarin)
2014-04-02 12:44:24
こんにちは♪
広大な風景...すてきでした。
スケボーのシーンも気持ち良さそうでした。
ラストの表紙にはじわ〜ときましたわ。
素敵な作品でしたね。
オリーブリーさんへ (yukarin)
2014-04-02 12:46:49
こんにちは♪
妄想シーンには笑えました。
あのアクションシーンはもうちょっと観たかったくらいです(笑)
風景といい物語といい素敵な作品でした。
ショーン・ペンは好きなほうなんですが今回は特に良かったです。あまり登場しないのがまたいいのかも?
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2014-04-02 12:48:33
大きなスクリーンだったのでかなり旅行気分を堪能できました。
ほんと素敵な作品でしたねー
長髪なショーン・ペン...渋くて素敵でしたわ^^
iinaさんへ (yukarin)
2014-04-04 18:19:23
あったような?くらいだったんですがちゃんとある雑誌なんですね。
そうそう冒頭のクレジットがいいですよね。
やはりスケボーは実際にやってたとは....
でも一歩間違えれば危険ですよね...骨折ですかイタタター
こんばんは! (ヒロ之)
2014-08-04 02:01:32
妄想世界の派手なアクションは楽しかったです。
個人的には現実の冒険には特にワクワクしたものが得られなかったです。
吹き替えに芸人使っている為に、かなり作品の質を落としていました。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2014-08-09 23:04:44
こんばんは♪
あのアクションシーンを1本の映画で観てみたいです。
吹替えは...あの方でしたよね 汗
やはり字幕で、大きなスクリーンで観ないとワクワク感がでないかもしれません。
こんにちは (maki)
2014-08-14 10:11:07
大好きなベン・スティラーがでているということもあり、
とても楽しみにしていた作品でした
うん、とっても良かった!
とても気分の良い映画ですよね
音楽も景色もごきげんで、ストーリー展開は思い切った捻りはないものの、生きている間に生まれ変われる…気がするというワクワク感もありましたねー^^

TB何故か失敗しちゃうので、後日再度チャレンジしてみます;
makiさんへ (yukarin)
2014-08-18 23:18:48
こんばんは♪
良かったですよね!
ベンもすごく良かったし、音楽も良かった。
なによりも景色が素敵でした。
捻りがないのもかえって良かったのかもしれません。

TB調子わるいのかな?
すみません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty (勝手に映画評)
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく....
LIFE!〜ひとりインセプション 5の3乗 (佐藤秀の徒然幻視録)
デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャ ...
『LIFE!』 (pure breath★マリーの映画館)
生きてる間に、生まれ変わろう。 『LIFE!』 監督・製作・・・ベン・スティラー 出演・・・ベン・スティラー、ショーン・ペン、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット、パットン・オズワルト、キャスリン・ハーン 他 ...
LIFE! (心のままに映画の風景)
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真...
LIFE! (あーうぃ だにぇっと)
LIFE!@よみうりホール
『LIFE!』 2014年2月17日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな まさか仕込みじゃないよね 【ストーリー】  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技...
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY (我想一個人映画美的女人blog)
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...
LIFE! (だらだら無気力ブログ!)
ラストと景色は良かった。
LIFE! (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 妄想だらけだった主人公が、ネガを無くし
[映画『LIFE!』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
試写会「LIFE!」 (日々“是”精進! ver.F)
人生って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/ 【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別) [CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WA...
LIFE! (本と映画、ときどき日常)
監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー     ショーン・ペン     クリステン・ウィグ 雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真のネガがみつからない。 その為、妄想癖のある写真管理部の主人公がそのネガを送ったカメラマンを探しに旅に出る。 俺....
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
LIFE! (試写会) (風に吹かれて)
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著
LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty (映画の話でコーヒーブレイク)
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し....
「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
「LIFE!」 ちょっとした新しいこと (はらやんの映画徒然草)
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで、現代的になっている。  雑誌そのもの...
LIFE! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
『LIFE!』 (時間の無駄と言わないで)
いや〜良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
【LIFE! 】 映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: ベン・スティラー    出演: ベン・スティラークリステン・ウィグシャーリ
「LIFE!」:もっと名作たり得たのでは? (大江戸時夫の東京温度)
映画『LIFE!』は、いかにも『フォレスト・ガンプ』的な名作狙いで、結局そのライ
『LIFE!』 (ラムの大通り)
(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・...
【 LIFE! 】世界を見よう!今を楽しもう! (映画@見取り八段)
LIFE!〜 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 〜     監督: ベン・スティラー    出演: ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルド 公開: 2014年3月19日 20...
LIFE ! (もののはじめblog)
きょうは、3ヶ月映画見放題パスポートの最後の日。この3か月間に、毎回の予告編に本作が案内されたのですっかり馴染んでしまった。 繰りかえされる予告編が、次のことばを繰りかえす。   □毎日毎日同じ同じ生活を繰り返していますか?   □仕事で大きな失敗をした...
『LIFE!』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショ...
LIFE! (こんな映画見ました〜)
『LIFE!』---THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY---2013年(アメリカ) 監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー 、クリステン・ウィグ、アダム・スコット 、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニ....
LIFE! (映画的・絵画的・音楽的)
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ....
LIFE!  監督/ベン・スティラー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・スティラー  ショーン・ペン  クリステン・ウィグ  【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見...
「LIFE !」 (或る日の出来事)
これは、すんばらしかったですね!
人生の真髄〜『LIFE!』 (真紅のthinkingdays)
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られて...
空想が現実に勝るとき (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
LIFE! (銀幕大帝α)
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
LIFE!/ライフ (いやいやえん)
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
LIFE! (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン....