★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

メランコリア

2012年02月20日 | ★★★★★

【MELANCHOLIA】2012/02/17公開 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 135分
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット・ランプリング、イェスパー・クリステンセン、ジョン・ハート、ステラン・スカルスガルド、ウド・キア、キーファー・サザーランド

世界が終わる。
その衝撃の瞬間をあなたは目撃する――。

巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティンは盛大な披露宴を催す。姉クレアの夫が所有する豪勢な屋敷での宴は盛況だったが、花嫁のジャスティンはどこか空虚な表情だった。披露宴を取り仕切った姉夫婦はそんな妹を気遣うが... (シネマトゥディより)


ラース・フォン・トリアー監督による世界の終わりを描いた作品。
どこかで『ツリー・オブ・ライフ』に似た感じと目にしたので絶対寝る!と思ったので土曜の2本立て候補からはずしたんですが...やっぱり世界の終わりが気になったんで観てきました。

んもぉ~映像が美しい、音楽が素敵、とにかく素晴らしい!!としか言いようがない作品。

やっぱり観て良かった!!!!!
世界の終わりをこんなに静かでこんなに美しく描くなんて素晴らしすぎます。
ラストはトリハダものでした~っ。終わり方も潔くて好き。
見終わった時、昨日の2本はぶっ飛びましたわ。今のところ、今年1番の作品かも。

お話は“序章”があって、その後“第一章 ジャスティン”“第二章 クレア”と2部構成。
序章はスローな映像と音楽のみで幻想的にかつアート的に魅了します。地球がメランコリアに飲み込まれていくシーンは怖いのだけれど、あまりにも美しい映像に引き込まれてしまいます。

第一章では、新婦ジャスティンと新郎マイケルの結婚披露宴の様子が描かれているのですが、ジャスティンの浮かない顔、そして母親のスピーチをきっかけに不安定だったジャスティンの心が壊れだして....。と、この第一章は長い、これは何の意味があるのかなーと思いつつ第二章へ。

第二章では、いよいよ惑星メランコリアは地球に接近してくる。最初は他の星と同じ大きさだったのが次第に月の大きさになり、じわじわと大きくなってくる。科学者たちは衝突はしないと言っているけれど不安は隠せない。空を見上げると美しい光景なんだけど世界の終わりへのカウントダウンがじわじわやってくる。これがリアル感あってドキドキものでした。

クレアが日に日に動揺していって、夫は妻をなだめながらいざという時のための準備、ジャスティンは運命を受け入れたかのように冷静...というか受け入れ体制。確かに何をしても逃れられないとしたら...ジャスティンの気持ちはよくわかる。それは昨年感じたから...。

第一章は何の意味があるのかなと思ったけれど、ラストのその瞬間が来た時意味なんてなくていいんだーと。それは恐ろしくもあり、なんと美しいものなのか...と、すっかりハマってしまいました。見終わったあとぼーっとしてしまいました。観たこの日(日曜の夜)は何もする気がしなくなりました、、、。
この作品のキルステン・ダンストはすごく良かった。第一章ではとてもキレイだったし第二章の後半ではどこか神がかった感じがしましたわ。
うーん、感想をうまく言葉にできないのが残念っ。

ネットやNASAは大慌てだっただろうな....

★★★★★☆

 

メランコリア [Blu-ray]
キルスティン・ダンスト,シャルロット・ゲンズブール,キーファー・サザーランド,アレクサンダー・スカースガード,シャーロット・ランプリング
ジェネオン・ユニバーサル

 

メランコリア [DVD]
キルスティン・ダンスト,シャルロット・ゲンズブール,キーファー・サザーランド,アレクサンダー・スカースガード,シャーロット・ランプリング
ジェネオン・ユニバーサル
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ものすごくうるさくて、あり... | トップ | マージン・コール »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
yukarin★ (mig)
2012-02-21 12:02:17
朝からアランリックマンのあらん、に笑ったよ★

これ最高点ね~、
オバ樣方はなにこれーとか帰り道ブーブーの声いっぱい聴こえて来たんだけど
世界の終焉、パニックムービーとは違うのこの監督ならでは。
観る価値ありだよね。
今のところ、今年1番 (まっつぁんこ)
2012-02-21 13:48:36
ドンパチの真逆なのにこれが一番ですか?
でかい惑星が接近してきたら、重力でモノがひきよせられて・・・とかつまらんこと考えちゃダメですね(笑)
Unknown (KLY)
2012-02-21 14:58:07
いずれにしてもトリアー監督の作品は好みが分かれますよね。私はなんとも言えず好きで、全く眠くもならず引き込まれる一方だったんだけど。
キルスティンとシャルロット、2年続けてのカンヌ女優賞ですからね、そりゃもう上手いはず。ただ何気にこの2人だけじゃなくて、披露宴のシーンとか結構有名な俳優が登場してるんですよね。
migさんへ (yukarin)
2012-02-21 15:08:28
朝からしょーもないことを、汗。
観る人を選ぶ作品なのかもねー。
なんかこの作品はひかれたのよ~。
こういう終わりもあるのかーと。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-02-21 15:19:54
あ、イタイところを!
今は余韻に浸ってる所なのでそのうちに...(笑)

でも、ああいうでかいのが迫ってきた時、お互いの重力関係が気になりますね。
KLYさんへ (yukarin)
2012-02-21 15:31:50
この監督さんの作品は独特の雰囲気がありますね。
私も眠くもならず最後までこの雰囲気に引っ張られてました。
さすが披露宴!?とばかりに有名な方多かったですね。
美しかったです (xtc4241)
2012-02-21 17:10:38
yukarinさん、こんばんは(いま2月21日5:00頃です)

僕もこの映画、ことしのNO1です。
キルスティン・ダンストもとても魅力的でした。
スパイダーマンのヒロインのときはなんでこの娘がと思ったモノでした。
でも、すこし気になった女優ではありました。
それがこの映画では
醜いと思わせたり、抱きしめたいと思わせたり、
聖母のように包み込まれたりしました。
トリアー監督といいコラボしてたんじゃないでしょうか。
とにかく、誰がなんと言おうとこの映画の美しさは
すばらしかったですよね!
PS)
よければ、僕のブログ観て下さい。
こんばんは。 (オリーブリー)
2012-02-21 23:14:59
yukarinさん、楽しめたのね~。
映像や雰囲気は綺麗で、言いたいことも何となくはわかるけど、私はダメだったわ…。
「ジャスティン」のパートで相当疲れた(苦笑)
xtc4241さんへ (yukarin)
2012-02-22 12:58:09
こんにちは♪
xtc4241さんもNo1ですか!
この作品のキルスティン・ダンストは今までと違いました。それほど意識した女優さんではなかったんですよ^^;

>とにかく、誰がなんと言おうとこの映画の美しさはすばらしかったですよね!
私も同じです!!本当に素晴らしかったです。

ブログにおじゃまさせていただきますねー
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-02-22 13:00:12
オリーブリーさんはダメだったんですね。
この作品は好き嫌いがありそうですよね。
確かにジャスティンのパートはちょっと長かったですもんね^^;
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-03-02 18:17:05
第一章は鬱病患者の精神状態、第二部は鬱病患者の秘めたる可能性を描いていると思いました。
精神的に辛い時期を過ごしたことのある方なら、監督が言わんとすることを理解できるような気がしましたよ。
おお満点! (rose_chocolat)
2012-03-03 08:56:48
エンタメなゆかりんさんにしては珍しい!
私、トリアー監督はあんまり好きじゃない方なんだけど、これはどういう訳かすとんと入ってきましたね。
何か知らないけどわかった(笑)
満点でもよかったくらいですが、あまりにも脳内な感じなんでそこだけ減点です。 惜しい~
けど美しかったよねえ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-03-04 20:27:57
こんばんは♪
深く考えずに観ましたが、そういうことなのですね。
rose_chocolatさんへ (yukarin)
2012-03-04 20:29:55
私にしては本当にめずらしいですよね。
なぜかハマりました(笑)
美しく幻想的な映像にやられました~
Unknown (SGA屋伍一)
2012-04-07 22:41:19
ブログの方ではお久しぶりです。これ、栃木の方では上映してたんですね。神奈川西部~静岡東部では結局やらないまま終わりそうです。ちなみにわたしはわざわざ渋谷で観ました
キルスティン・ダンストは『ジュマンジ』や『スモール・ソルジャーズ』の時は健康的でさわやかな美少女だったんですけどねえ(笑) いつの間にやらこんな汚れ役も似合うような女優さんになってしまったんだなあと(わはは)
でも子役でもてはやされて消えていく人が多い中で、カンヌ主演女優賞まで返り咲いた彼女はやっぱりすごいです
問題点があるとすればキルステインとシャルロットさんが姉妹というにはあまりにも似てないということでしょうか
SGA屋伍一さんへ (yukarin)
2012-04-09 15:00:37
こちらではお久しぶりでございます。
珍しくこちらでも上映してたんですよ~
渋谷まで!さすが!!
そこまでの気力がないです^^;
でも、この作品は絶対劇場鑑賞用ですねー。

子役の人って消えてく人多いですもんね。
いろいろ大変なことはあったんでしょうけど、しっかり第一線で活躍してるのはすごいと思います。

>問題点があるとすればキルステインとシャルロットさんが姉妹というにはあまりにも似てないということでしょうか
何となくとかそういうのもなくて、ホント似てない姉妹でしたね^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メランコリア/Melancholia (LOVE Cinemas 調布)
『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が描く地球滅亡の物語だ。主演は本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したキルスティン・ダストン。共演にシャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、...
メランコリア / MELANCHOLIA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなったの....
メランコリア~死に至る病 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Melancholia(鬱病)。「死に至る病」のキェルケゴールを生んだ国らしいデンマーク映画。ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲン ...
メランコリア (あーうぃ だにぇっと)
メランコリア@なかのZERO
メランコリア/キルステン・ダンスト (カノンな日々)
鬼才ラース・フォン・トリアー監督が惑星衝突による地球滅亡の危機を背景に世界の終わりに直面する姉妹の物語を描いた作品です。かなり抽象的ではありながらもあの予告編の映像に ...
メランコリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアーが、惑星衝突による地球の危機を背景に、ある姉妹の葛藤を描く。出演は「スパイダーマン3」のキルスティン・ダンスト(本作でカン ...
メランコリア (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ラース・フォン・トリアーが描く美しくもユニークな終末映画「メランコリア」。冒頭8分間の、プロローグの映像美に酔いしれる。ジャスティンは、姉クレアとその夫ジョンが所有す ...
メランコリア (映画感想メモ)
惑星衝突PV。 いい加減あらすじ ジャスティンは今夜、姉夫婦の家で結婚パーティー
メランコリア (心のままに映画の風景)
ジャスティン(キルステン・ダンスト)とマイケルの披露宴は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷で盛大に催された。 しかし、情緒不安...
映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...
ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』(Melancholia) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』出演はキルスティン・ダンスト(本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞受賞)、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、シ
「メランコリア」:静かな終末 (大江戸時夫の東京温度)
映画『メランコリア』は、今という時代(マヤ暦2012年に世界滅亡説?)にふさわし
メランコリア ラスト数秒のためにそこまでするのか・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=10 -0-】 いかんなあ~、サーフィンと映画だけのブログになっとるなあ~、社会保険労務士と労働組合のブログのはずやねんけど~o( ̄ー ̄;)ゞウーン  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティンは盛大な披露宴を催す。姉クレアの夫が所有する豪勢な屋...
メランコリア ラスト数秒のためにそこまでするのか・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=10 -0-】 いかんなあ~、サーフィンと映画だけのブログになっとるなあ~、社会保険労務士と労働組合のブログのはずやねんけど~o( ̄ー ̄;)ゞウーン  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティンは盛大な披露宴を催す。姉クレアの夫が所有する豪勢な屋...
メランコリア (pure\'s movie review)
2011年 デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイス作品 135分 ブロード・メディア配給STAFF監督・脚本:ラース・フォン・トリアーCASTキルステン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール アレキサンダー・スカルスガルド キーファー・サザーランド こちらも試写会....
ある終末の詩~『メランコリア』 (真紅のthinkingdays)
 MELANCHOLIA  豪華な披露宴の主役として、幸せいっぱいなはずの新婦ジャスティン(キル ステン・ダンスト)は、次第に憂鬱な気分に囚われ始める。姉のクレア(シャル ロット・ゲンズブー...
『メランコリア』 あなたが立つのはどちら側? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。  それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。  ラース・フォン・トリアー監督...
「メランコリア」 (或る日の出来事)
トリアー監督の悲観主義(?)は置いといて、それが映画になると独自のものがあって、おもしろい。
『メランコリア』 (こねたみっくす)
世界が終わる。そのとき全てから解放される。 長年散発的な鬱病を患ってきたラース・フォン・トリアー監督だからこそ描くことのできる、幽閉されていた心が解放されたときに見え ...
『メランコリア』 (2011) / デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ (Nice One!! @goo)
原題: MELANCHOLIA 監督: ラース・フォン・トリアー 出演: キルスティン・ダンスト 、シャルロット・ゲンズブール 、キーファー・サザーランド 、シャーロット・ランプリング 、ウド・キアー 公式サイトはこちら。 前作『アンチクライスト』は結構消化不良...
「メランコリア」 美しい破滅 (はらやんの映画徒然草)
予告編でのその美しい映像に惹かれ、絶対に観ようと思っていた作品。 気がついたら公
憂鬱な終末 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「メランコリア」を鑑賞しました。 監督はラース・フォン・トリアーということで 監督らしい作風で 全体にあるトーンが・・・ ラース・フォン・トリアーが描く終末モノなのですが 大きく分けて 前半と後半での構成 前半は結婚式から見える人間....
メランコリア (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的...
メランコリア (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的...
メランコリア (映画的・絵画的・音楽的)
 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。 ?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...
メランコリア (とりあえず、コメントです)
ラース・フォン・トリアー監督最新作のファンタスティックで救いの無いドラマです。 この監督の作品は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』しか観たことがなかったのですけど、 予告編を観て凄そうな作品だなあ…と気になっていました。 相変わらず観終った時に無言になってし...
瀬戸際の花嫁 ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 (SGA屋物語紹介所)
本日は第64回カンヌ国際映画祭でキルスティン・ダンストが主演女優賞に輝いたのに、
メランコリア (銀幕大帝α)
MELANCHOLIA/11年/デンマーク・スウェーデン・仏・独/135分/SFドラマ/劇場公開(2012/02/17) -監督- ラース・フォン・トリアー 『アンチクライスト』 -脚本- ラース・フォン・トリアー -出演- *キルステン・ダンスト『スパイダーマン3』・・・ジャ...