★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

プリンセストヨトミ

2011年05月29日 | ★★★(3/5)

2011/05/28公開 日本 119分
監督:鈴木雅之
出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一

大阪全停止。
その鍵を握るのは、
トヨトミの末裔だった。

会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきた。順調に調査を進める中、不審な財団法人を見つけ徹底的に調査するが、変わった様子もなく引き上げようとしたとき、大阪国総理大臣と名乗る男が現れる。そして、大阪中を巻き込む思いも寄らぬ事態へと発展していき... (シネマトゥディより)

人気作家・万城目学原作の同名小説の映画化。
会計検査院による査察をきっかけに約400年もの間守られてきた秘密が明らかになり大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していくというお話。

予告編を見て、なんだか面白そうだったので観てきました。原作は相変わらず未読なり。歴史が絡んでくるけれど詳しく知らなくても全く問題なかったですね。登場人物のちなんだ名前にニヤリなのかも。

すんませぇん〜前半ちと意識が飛びましたっっ。舞台が大阪だからテンポよくチャっチャっと進むんかと思いきやスローテンポ。プリンセスが何をやってくれるのかと期待してたら...大阪国の人は誰なのか知らず、、、。プリンセス自体は特に活躍してない。

会計検査院の3人のキャラは個性的で良かったし笑えました。堤さん目当ての私としては、行きと帰りの新幹線でアイス食べてるし、大阪でもソフト食べてて、その姿がお茶目さんでした〜ツボ。一点集中で見てると微妙な表情が面白かったり〜。ラストで明かされるの父親とのシーンは涙しました。父と息子のお話にはよわいワタクシ。

やっぱり中井貴一さんの存在感は凄い。大阪国民の前で語る父と息子の絆のお話は説得力があるし、ぜひお父さんたちに観て欲しいような気もする。前半寝たけど、後半のひょうたんが出てきたあたりからテンポも良くなって最後は感動ものになってました。エキストラの数の多さに圧倒されました。

ひとつ疑問なのは、女の子の場合はどうやって教えるんだろう???

財団法人「OJO」のひょうひょうとしたオジサンの笹野高史さんはハマリ役!
玉木宏くんが大阪城公園でたこやき売ってるだけの役(笑)

あ〜大阪に行きたくなった!!!
串かつ食べたい、お好み焼き食べたい〜たこ焼きも。

★★★.3(0.3は最後の感動分)

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジャストメント | トップ | 失踪 »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-05-29 19:55:30
個人的にはラストで堤さんが食べているアイスが551のアイスキャンディーだったら、最高のオチだと思ったのですが、そこら辺までは鈴木監督も気が付かなかったのかな?
映画的盛り上がりには欠けていましたけど、それなりに楽しく見れましたよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2011-05-29 23:06:39
ん?551?と思ったら大阪のアイスなんですねーコレ。
せっかく大阪なんだから食べてて欲しかったですね。
今度行ったら食べます♪

ちょっと寝ちゃったけど決してつまらなくなかったし、私も一応それなりでしたよ〜。
Unknown (KLY)
2011-05-30 01:21:33
お姫様誘拐されてただけ?(笑)
とはいえ個々のキャラクターの設定の上手さが良かったです。そして何よりラストの真田のあの訴え!いやぁ、あの中井貴一だんの存在感ときたら!堤真一に攻め込む攻め込む。思わず泣けました。w
こんばんは (FREE TIME)
2011-05-30 22:54:05
自分も劇場での予告編を見て面白そうだったので期待していました。
やはり堤さんと中井さんの存在が光っていた映画でした。
そして、私もこの映画を観て大阪に行きたくなったし、お好み焼きなども食べたくなってしまいましたw
Unknown (マヤ)
2011-05-31 00:49:06
今日観てきました。
予告を観て→原作を読んで→映画でした。

中井さん素晴らしかったですね。
茶子は原作のイメージぴったりで良かった。

原作と映画では登場人物の性別が違っていてビックリでした(笑)
原作は先に読まないほうが良いですね(^_^;)
もちろん映画も楽しめましたが、原作がとても良かったので鑑賞後に読む事をオススメします!!
KLYさんへ (yukarin)
2011-05-31 12:57:52
キャラ設定は良かったですね。
私もラストの中井貴一さんの存在感には圧倒されましたし泣けましたよ〜。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2011-05-31 13:00:08
こんにちは♪
そうですね〜堤さんと中井さんは光ってましたね。
しばらく大阪に行ってなかったんですが、また行きたくなりました。
マヤさんへ (yukarin)
2011-05-31 13:04:29
内容によっては映画を観てから原作を読むほうがいい場合もありますね。
友人も原作は面白かったよと言ってました。
こんにちは (たいむ)
2011-06-02 22:08:01
エキストラの数、凄かったですね。
20世紀少年とどっちが多かったのかな?
まぁ、映像的にはどちらも割増だろうけど(笑)

玉木くん、なかなか似合ってましたよねw
お好み焼き〜 (マリー)
2011-06-03 20:00:39
こんばんは〜〜♪
あらら・・前半寝ちゃいましたか〜?
前半もあの3人に掛け合い?が面白かった。と思いました〜。

お好み焼きやたこ焼きが食べたくて食べたくて辛かった〜〜〜(笑)
久しぶりに大阪行きたくなった!大阪でお好み焼き食べたことがないんです〜。

お話は奇想天外ではあるけど、もしや?と思えそうな感じでしたね。面白かったです。
Unknown (えふ)
2011-06-04 16:18:39
私も堤さんがアイス食べてるのツボでした〜(笑
なんであんなに食べてたのかな〜?
串カツにお好み焼き、たこ焼き・・・
あんなにおいしい出張いいな〜と。(爆
Unknown (ふじき78)
2011-06-05 10:26:06
ずっと食ってる綾瀬はるかが可愛かったですね。

女の子の場合は街の中を乳を揺らしながら走って教えます(嘘)。
たいむさんへ (yukarin)
2011-06-05 23:12:39
そういえば20世紀少年も大量でしたねー。
割増じゃない数が気になります(笑)
マリーさんへ (yukarin)
2011-06-05 23:16:56
こんばんは♪
所々ではありますが^^;
3人の掛け合いの所はちゃんと見ましたよ。

これ観た後はお好み焼きとか食べたくなりますよね。美味しそうでしたー。
大阪行った時一応食べましたが、そういえばたこ焼きは食べてないかも〜。
えふさんへ (yukarin)
2011-06-05 23:19:19
アイスを食べる堤さんいいですよねぇ^^
なんか意味があるのかと思ってたんですがね。
あんなおいしい出張いいですね。
ふじき78さんへ (yukarin)
2011-06-05 23:21:03
ずっと食ってる綾瀬はるかよりも、
走ってる綾瀬はるかのほうが可愛いでしょ?
Unknown (Ageha)
2011-06-06 01:05:51
鳥居、旭の性別を逆転してしまったことで
小説ラストの話が映画ではできなくなった。
女はね・・っていう後日談。

父と子のええ話にポイントを絞らないと
映画にはまとまらなかった気がします。
その分そこに集約された思いは
堤さんと中井さんが
十分感動できる作品にしてくれたかな。
ただ、各キャラをほりさげることができなかったぶん
物足りないと感じる人は多いかもしれない、
本と両方で一つ・・じゃダメですからね。
Agehaさんへ (yukarin)
2011-06-06 13:31:43
ああ〜原作ではちゃんと女性に対してもお話があるんですね。
ま、堤さんと中井さんがそのぶんしっかりフォローしてくれましたね。
こんにちは^^ (みすず)
2011-06-20 13:05:38
楽しめたけど、こじつけ感があって、イマイチだったなぁ・・・
堤さん良かったよね♪
わたしもアイス大好きだから、嬉しくなりました^^
プリンセス、活躍なかったね^^;

松平親子の姿には涙でした〜〜><
Unknown (maki)
2011-11-23 11:06:08
こんにちは♪

そうそう、登場人物の歴史にちなんだ名前にニヤリでした☆
綾瀬はるかさんの胸には男性陣は釘付けだったみたいですね(笑)私は彼女のお好み焼きとかたこ焼きとかのほうに目がいってましたけど…
ミラクル鳥居のミラクルぶりは一度しか発揮されてませんでしたけど、原作だともっとミラクルだったりするんでしょうかね
面白くないわけじゃないのだけれど、もう少し盛り上がりがあってもいいかなって思ってしまう作品でした
みすずさんへ (yukarin)
2011-11-24 14:18:10
お返事したつもりが...反映されてなかった?
今頃気づきました、ごめんなさい。
とにかく堤さんが良かった!です。
親子のエピソードに(泣)
makiさんへ (yukarin)
2011-11-24 14:24:47
こんにちは♪
名前にニヤリとしちゃいますね。
綾瀬さんの胸は確かに目がいきましたけど、男性陣はかなり盛り上がってたみたいですね(笑)
私も面白くないってわけじゃないんですけど何か足りないような感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「プリンセス トヨトミ」 (日々“是”精進! ver.A)
大阪国が独立宣言・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24 万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08) 売り上げランキング...
プリンセス トヨトミ (勝手に映画評)
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事の...
「プリンセス トヨトミ」 父親と息子 (はらやんの映画徒然草)
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は? (映画のブログ)
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
『プリンセス トヨトミ』 (こねたみっくす)
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
プリンセス トヨトミ (とりあえず、コメントです)
万城目学著の同名小説を映画化したミステリーです。 原作が文庫化になったので買っていたのですけど、映画を観るまでは…と読むのを我慢していました(^^ゞ 物語が佳境になった時、予告編で観たとおりの無人の世界が広がっていきました。
プリンセス トヨトミ (佐藤秀の徒然幻視録)
大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
プリンセス トヨトミ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
(仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」荒唐無稽で壮大なホラ話系エンタテインメントだが、父と子の絆が謎解きの鍵。中井貴一の存在感が ...
プリンセス トヨトミ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月29日(日) 18:50〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 長い「世にも奇妙な物語」と言ったレベル。 万城目学の小説は、もっと面白いと思うのだが。万城目学の...
プリンセス トヨトミ (LOVE Cinemas 調布)
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務め...
映画「プリンセストヨトミ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。 作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品です。 TVドラマ&映画版「SP 警視庁警備部警護課第四係」シリーズで好演した堤真...
プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生 (カノンな日々)
人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...
プリンセス トヨトミ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月29日(日) 18:50〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあ...
プリンセス・トヨトミ (Akira's VOICE)
面白味に欠けるドラマが退屈・・・。
映画「プリンセス トヨトミ」 (FREE TIME)
映画「プリンセス トヨトミ」を鑑賞。
プリンセス・トヨトミ (★ Shaberiba )
大阪が全停止した。そこにある真実とは・・?
≪プリンセス トヨトミ≫ (烏飛兎走)
   ・・・・・そうだ、                       大 阪 行 こ う 。    
映画『プリンセス トヨトミ』  (よくばりアンテナ)
↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな〜と、愛情感じます(^^) ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます。 プリンセス・トヨトミ (文春文庫)(2011/04/08)万城目 学商品詳細...
プリンセス トヨトミ/PRINCESS TOYOTOMI (継続は力なり!なのか?)
派手さやインパクトのあるようなこともなく、会計検査院が検査先の企業を訪問し検査をしていくという、淡々としたストーリーが進んで行きますが、ある訪問先で奇妙な出来事が起こり、ストーリーが思いもよらない方向に進んでいきます。...
映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田大...
プリンセス トヨトミ(2011-035) (単館系)
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...
プリンセス トヨトミ (シネマDVD・映画情報館)
プリンセス トヨトミ 監督:鈴木雅之 出演:堤真一/綾瀬はるか/岡田将生/沢木ルカ/森永悠希/和久井映見/中井貴一 内容:このことは誰も知らない。7月8日の金曜日、午後4時のことである。大阪が全停止した。通常の街としての営業活動、商業活動は停止。地下鉄、バ...
「プリンセス トヨトミ」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は発売後直ぐに読了。(感想はこちら)読後感としては面白い作品だったが、「大阪全停止」なんて意味深な前置きに至るまでのグダグダにはイラっとするところもあって、特に好きという作品では無かったりする。逆
『プリンセス・トヨトミ』 (pure breath★マリーの映画館)
        大阪全停止。                         その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 『プリンセス トヨトミ』 監督・・・鈴木雅之 原作・・・万城目学 脚本・・・相沢友子 出演・・・堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ル....
プリンセス トヨトミ (ハリウッド映画 LOVE)
JUGEMテーマ:映画館でみました!
プリンセス トヨトミ (だらだら無気力ブログ)
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当たり...
「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 (オールマイティにコメンテート)
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】 ツイッター上で、 映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。 評判通りであった。 っつか、胸揺れみじけ ...
映画 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! (観劇レビュー&旅行記)
2011年6月1日(水)  この前の日曜日(5/29)、八代亜紀 絵画展覧会 から帰ったあと、 ひとつ前のブログ記事に書いた、【ブッダ】 を見て、引き続いて 【プリンセス・トヨトミ】 を見ました! ...
映画『プリンセス トヨトミ』 (健康への長い道)
 好きな作家のひとり、万城目学さんの同名原作の映画化ということで初日に鑑賞。地元大阪が舞台とあってか、TOHOシネマズ梅田のシアター1は、ほぼ満員でした。 Story 7月8日金曜日、午後4時 − 大阪全停止。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査...
プリンセス トヨトミ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★☆【2,5点】(10) 天然度数Maxの綾瀬さんが見られただけでOKとしておこう。
大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』 (真紅のthinkingdays)
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...
プリンセストヨトミ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
『プリンセス トヨトミ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
ひょうたんだよ!全員集合(んなアホな)〜「プリンセス・トヨトミ」〜 (ペパーミントの魔術師)
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)万城目 学 文藝春秋 2011-04-08売り上げランキング : 42Amazonで詳しく見るby G-Tools 物語の顛末を映画館でというのなら見てから読むべし。 若干説明不足の分、ひとによっては物足りなさを感じるかもしんない。 いつもなら原作読...
プリンセス トヨトミ (風に吹かれて)
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元
プリンセス・トヨトミ レビュー(ネタばれあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 方広寺の大仏殿に治める梵鐘に「国家安康」「君臣豊楽」の文字を刻
プリンセス トヨトミ (そーれりぽーと)
大阪市内大フィーチャー! 大阪市内のあちこちで撮影しまくった映画って意外と無いんよね。 という訳で特に期待せず、いつもぶらついてる街がいつの間にか撮影されてた映画を観ようという感覚で『プリンセス トヨトミ』を観てきました。 ★★ なんじゃこりゃ。 出てるだ...
プリンセス トヨトミ (映画的・絵画的・音楽的)
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...
プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本....
プリンセス トヨトミ (みすずりんりん放送局)
 『プリンセス トヨトミ』を観た。  【ストーリー】  7月18日金曜日、午前4時。大阪が全停止した。  遡ること4日前の月曜日。  東京から大阪に3人の会計検査調査官がやってきた。税金の無駄...
プリンセス・トヨトミ (充実した毎日を送るための独り言)
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...
詰めが甘い。【映画】プリンセス トヨトミ (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】プリンセス トヨトミ 人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を映画化。 【あらすじ】 会計検査院の調査官である松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、旭ゲーンズブール(岡田将生)の3人が、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にや...
プリンセス トヨトミ (いやいやえん)
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴...
プリンセス トヨトミ (食はすべての源なり。)
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつ...
『プリンセストヨトミ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
この作品を”和製『ダ・ヴィンチ・コード』”などと紹介していたのはどこの誰だ? ちょっと期待しちゃったじゃないか・・・。 東京から大阪へ3人の会計検査院調査官がやってきた。彼らは実地調査を進めるうちに、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に不審な点を...
映画 プリンセス トヨトミ (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた映画「プリンセス・トヨトミ」。なかなか面白そうだなと思いX95・・・ではなくtorneで録画してPSPにおでかけ転送して鑑賞しました。X95の録画をちょうど2本やっ ...