★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

顔のないスパイ

2012年07月18日 | ★★★(3/5)

【THE DOUBLE】 2012/02/25公開 アメリカ 98分
監督:マイケル・ブラント
出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック、クリス・マークエット、テイマー・ハッサン、マーティン・シーン

ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説のスパイ“カシウス”の名前が浮上してくる。そこでCIA長官ハイランドは、かつてカシウスの追跡に実績を残した元CIAエージェントのポール・シェファーソンを呼び戻し、大学でカシウスの研究をしていたFBIの新人捜査官ベン・ギアリーと組ませて捜査に当たらせる... (allcinema ONLINEより)

3時10分、決断のとき』『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントの監督デビュー作となるスパイ・サスペンス。若いFBI捜査官と引退した元CIAエージェントが手を組んで、死んだはずの旧ソ連伝説のスパイ“カシウス”を追うおはなし。

地元MOVIXでも上映してたんだけど都合がつかなくてスルーしてしまった作品。リチャード・ギアが出てるから大作っぽいのを期待してしまうけれど、内容的にはややB級がかった感じでしたね。でも好きです。ギア様がかっこいい♪

ソ連の伝説のスパイ“カシウス”は誰なのかを追うお話ではなくて、かなり早い段階で“カシウス”の正体は観る側にわかってしまうのでサスペンスものとして物足りなさはありますね。じゃあ、どうすんのーと思うのですが、ものすごい展開が待ってるとかではなかったです、、、。でも最後のちょっとしたオチはへぇ~そうなんだ~と思った。

見所はギア様。
強くてカッコいい。
しかも必殺仕事人みたいにピュッと仕事をすませる姿は素敵♪

そんな作品でした(笑)
....これと言って言うことがあまりない、、、

★★.9
★★★.7 リチャード・ギア


よろしければポチッとお願いします♪

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラの鍵 | トップ | サルベーション(ピアーズ・ブロ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小米花)
2012-07-20 22:54:04
今晩は~。
そう、言うことがあまりない、、、映画でした(笑)。

でも、ギアさまがカッコよかったので、それでヨシ!
小米花さんへ (yukarin)
2012-07-21 23:40:21
こんばんは♪
そうなんです....特にないというか(汗)
そうそうギア様がカッコ良かったからいいかーと。
Unknown (たお)
2012-07-22 23:00:47
ホント、内容は全くもって記憶に残らない作品でしたけど、“殺害現場に必ずいるから犯人”って理屈が通ると、名探偵コナンは連続殺人鬼いということになるなぁと思った次第で^^;
たおさんへ (yukarin)
2012-07-23 12:48:09
もう忘れ掛けてます^^;
ははは、名探偵コナンは連続殺人鬼に笑っちゃいました。
確かにそうですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
顔のないスパイ/The Double (LOVE Cinemas 調布)
『3時10分、決断のとき』や『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントの初監督作品。20年前に死んだソ連のスパイを追いかける元CIA職員とFBI捜査官のコンビを描いている。主演は『HACHI 約束の犬』のリチャード・ギアと『スパイダーマン3』のトファー・グ...
『顔のないスパイ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
ロシアとの繋がりが深い上院議員が暗殺された。その手口は、死んだとされている旧ソ連伝説のスパイ”カシアス”に酷似している。冷戦時代に”カシアス”を追い続けていた元CIAのポールは長官に呼び戻され、修士論文のテーマに”カシウス”を選んだほど彼を研究していた...
顔のないスパイ (だらだら無気力ブログ!)
リチャード・ギアは渋くてカッコいいものの、盛り上がりに欠ける感が。
『顔のないスパイ』 2012年2月17日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『顔のないスパイ』を試写会で鑑賞です。 犯人は誰だ 的な発想で途中で止めて犯人当てクイズがありました いや~犯人は想像ついたけど、動機が不明なんで見事に外れました 【ストーリー】  ある晩、ロシア寄りのアメリカ上院議員が暗殺され、その手口からすでに死んだ...
顔のないスパイ  THE DOUBLE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
リチャード・ギアとのトファー・グレイスの共演で、非常に難しい映画だった。もう20年前に死んだはずのソ連のスパイの正体に迫る元CIAエージェントと若きFBI捜査官が出てくる。伝説のスパイの正体はすぐにわかるけど、なんだか複雑な話だった。
顔のないスパイ/THE DOUBLE (いい加減社長の映画日記)
リチャード・ギアが好きだし、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」の純愛も、いい加減食傷気味だし・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ワシントンで起きた上院議員殺害事件。 その手口から捜査線上に浮上したのは、すでに死んだと思われ....
『顔のないスパイ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「顔のないスパイ」□監督・脚本 マイケル・ブラント □脚本 デレク・ハース □キャスト リチャード・ギア、トファー・グレイス、テイマー・ハッサン、スタナ・カティック、       スティーヴン・モイヤー、マーティン・シーン、...
顔のないスパイ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE DOUBLE。マイケル・ブラント監督、リチャード・ギア、トファー・グレイス、マーティン・シーン、オデット・ユーストマン、テイマー・ハッサン、スタナ・カティ ...
顔のないスパイ / The Double (勝手に映画評)
ワシントンでロシアと密接な関係にあると言われている上院議員が殺害される。その殺害犯は、伝説の暗殺者“カシアス”なのか・・・。 冷戦終了後のアメリカ。そのアメリカには、冷戦時代の10倍ものロシアのスパイが潜んでいると言う“設定”になっています。“設定”と記...
顔のないスパイ/リチャード・ギア (カノンな日々)
どうしても恋愛ドラマのイメージが強くなってしまうリチャード・ギアですけど『クロッシング』の警官役もなかなか印象的で、ワタシ的には恋愛絡みじゃないリチャード・ギア好感度 ...
顔のないスパイ (心のままに映画の風景)
ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。 CIA長官(マーティン・シーン)は、かつてカシウスの追跡に実績を残した元エージェ...
顔のないスパイ (こんな映画見ました~)
『顔のないスパイ』---THE DOUBLE---2011年(アメリカ)監督:マイケル・ブラント 出演:リチャード・ギア 、トファー・グレイス、マーティン・シーン ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説の....
「顔のないスパイ」 凡百のスパイ映画に埋もれていく作品 (はらやんの映画徒然草)
スパイものというジャンルは好きなんですよね。 敵味方の心理戦、正体がばれてはいけ
顔のないスパイ (The Double) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ブラント 主演 リチャード・ギア 2011年 アメリカ映画 98分 サスペンス 採点★★ 相変わらず“予測不能のラスト!”みたいな謳い文句のサスペンスって多いですよねぇ。まぁ、ビックリさせるだけで何の辻褄も合わない、“どんでん返ししてみただけ...
顔のないスパイ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
顔のないスパイ '11:米 ◆原題:THE DOUBLE ◆監督:マイケル・ブラント ◆出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック ◆STORY◆ワシントンで起きた上院議員殺害事件。その手口から捜査線上に...
映画 顔のないスパイ (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     正体がわからないロシスパイを追いかける2人のアメリカのスパイ。   実は、追う側の1人が追われる者で、もう1人が追うものを消す   役目だった。ダブルエージェントものとしては、...