★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

サラの鍵

2012年07月16日 | ★★★+

【ELLE S'APPELAIT SARAH】 2011/12/17公開 アメリカ 111分
監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ

ただ、伝えたい。
決してあなたを忘れなはしないと。

パリで夫と娘と暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは、ある日、自分たちのアパートにかつて住んでいた住人が1942年にフランス当局によるユダヤ人迫害事件によってアウシュビッツに送られたユダヤ人家族だったことを知ります。フランス警察による一斉検挙の朝、10歳のサラは弟を守るために納戸に隠し鍵をかける。すぐに戻れると思ったサラだったが、多くのユダヤ人たちとともに競輪場隔離され後、収容所に送られてしまう。弟のことが心配だったサラは収容所から脱走する...

 

タチアナ・ド・ロネによる全世界で300万部突破したベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。
ナチス占領下のフランスで起きたユダヤ人迫害事件を背景に、一人の少女が辿る過酷な運命を、事件の真相を追う現代のアメリカ人女性ジャーナリストの取材の過程を通して描く。
監督は『ザ・ウォール』『クラッシュ・ブレイク』のジル・パケ=ブランネール。

前に観た2作品は面白くなかったのですが、別人かと思うほど今回はとても良い作品でした。
もしかしてアクションとかホラーは合わない方なのかも。

ユダヤ人迫害というとドイツが浮ぶけれどフランスでもあったのですね。とすると、他の国でも同じようなこともあったのかもしれませんね。おはなしはジャーナリストのジュリアが事件の真相とサラの行方を追いながら、サラの過酷な運命を交互に描いていくというもの。

本当は一緒に連れてきたほうが良かったのかもしれないけれど。まさか収容所に送られるとは思わず、すぐ帰れると思ったからの行動だったわけですが、再びあの部屋に戻ってきて絶叫するサラに想像できるだけにトリハダが立ちました。

ジュリアが真実を追いかければ追いかけるほど周りの人たちを傷つけてしまうこともある。知らなければ知らないままのほうが良かったかもしれないけれど...。でも真実を受け止めて向き合うのも必要なのかもしれません。こういう作品は好きなんだけど、言いたい言葉が浮んでこないのが残念。

サラを追いつつ自分自身も変わろうとしていくジュリアを演じたクリスティン・スコット・トーマスがとても良かったです。
短い髪のほうが似合うなー。

★★★.9

 

サラの鍵 [DVD]
クリスティン・スコット・トーマス,メリュジーヌ・マヤンス,エイダン・クイン
東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スマホでびゅう」 | トップ | 顔のないスパイ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (maki)
2012-07-16 19:19:20
絶叫するサラの卓越した演技力とその気持ちにひきずられました
彼女はあのときに何か壊れてしまったんでしょう
ユダヤ人である自分、そのアイデンティティを絶対的に隠し通したのも、彼女の末路がああだったのも、それが原因だったのでしょうね
しかし、真実を受け止めて向き合った事で本当の意味で母との対面ができた息子…真実を伝える事は間違ってなかったと強く思います
サラ。力強い素敵な名前ですよね。
Unknown (つるばら)
2012-07-17 17:25:21
こんにちは。TBありがとうございます。
大変な社会情勢と、良かれと思ってした事に一生苦しめられて・・過酷な物語でしたね。
他の作品で目についた物に、こちらからもTBさせて頂きました。宜しくお願いします。
いい映画です。 (ボー)
2012-07-18 09:04:50
去年観賞の中のマイベストのひとつですね。
原作も読みました。
makiさんへ (yukarin)
2012-07-21 23:03:12
絶叫するシーンは今でも印象に残っています。
サラ役の子の演技はとても上手かったですね。
後の息子のことといい、やはり真実を伝える、知ることは辛いことだけれど間違いではないんですよね。
つるばらさんへ (yukarin)
2012-07-21 23:08:28
こんにちは♪
なかなか過酷なお話でした。
子どもだったらとはいえ、それが一生苦しめられるなんて辛いですよね。

いろいろTBありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
ボーさんへ (yukarin)
2012-07-21 23:10:34
みなさん絶賛されてる方が多いですよね。
相変わらず原作は未読ですが、忠実に描かれているのかなと思いましたが....

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サラの鍵 (いやいやえん)
フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユ...
サラの鍵/Elle s'appelait Sarah (LOVE Cinemas 調布)
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行し...
サラの鍵 (心のままに映画の風景)
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...
サラの鍵 (心のままに映画の風景)
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...
現在、過去、真実 ~『サラの鍵』 (真紅のthinkingdays)
 ELLE S'APPELAIT SARAH  1942年7月、パリ。フランス警察が何千ものユダヤ人を逮捕し、屋内競技 場に収容した日。少女サラは弟ミシェルを納戸に匿い、鍵をかけた。  2009年、夫と娘の3...
2011年9月19日 『サラの鍵』 赤坂区民センター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『サラの鍵』です。 【ストーリー】  1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴに連れてこられた人々の中に、少女サラはいた。それから60年後。パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・...
サラの鍵 (rambling rose)
夫と娘と共にパリに暮らすジャーナリストのジュリアは、自分達のアパートがかつて迫害されたユダヤ人家族のものだった事を知る・・。
サラの鍵 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。タチアナ・ド・ロネ原作、原題:ELLE S'APPELAIT SARAH(彼女の名はサラ)、英題:Sarah’s Key。ジル・パケ=ブランネール監督。クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ ...
サラの鍵 (映画的・絵画的・音楽的)
 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。  そして、そ...
サラの鍵/クリスティン・スコット・トーマス (カノンな日々)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェル・ディヴ事件」を題材にある家族にまつわる悲劇を描いた社会派のヒューマン・ドラマです。タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を原 ...
「サラの鍵」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Elle s'appelait Sarah」…aka「Sarah's Key」 2020 フランス ジュリアに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」「ずっとあなたを愛してる/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」のクリスティン・スコット・...
サラの鍵 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
サラの鍵 [DVD]クチコミを見る戦争中の悲劇をひも解く、ミステリー仕立ての社会派ドラマ「サラの鍵」。歴史告発というより、個人史として描いている。パリで暮らすアメリカ人ジャー ...
サラの鍵 ELLE S'APPELAIT SARAH (まてぃの徒然映画+雑記)
『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...
サラの鍵・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
歴史の狭間に消えた、一人の少女の語られぬ想い。 弟との約束を果たすために、一本の“鍵”を握りしめ大戦下のパリを目指すユダヤ人少女と、現在から彼女の消息を探すアメリカ人ジャーナリストを描くミステリ...
サラの鍵 /ELLE S'APPELAIT SARAH /SARAH'S KEY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 KLYさんのお誘いで公開前に試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供...
「サラの鍵」 (或る日の出来事)
心に響く物語。過去と今が鮮やかにリンクする。
『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしくて見応えのある作品でした。
『サラの鍵』 (ラムの大通り)
(原題:Elle s'applelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ....
サラの鍵 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  パリ住まいのアメリカ人女性記者ジュリアは、40代半ばで妊娠するのだが、喜ぶと思っていた夫の反対に失望する。そんなときにある取材がもとになって、1942年に起ったナチによるユダヤ人迫害事件に興味を持ちはじめるのだった。 また偶然にも、夫の父が...
サラの鍵 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞サラの鍵/ELLE S'APPELAIT SARAH 2010年/フランス/111分 監督: ジル・パケ=ブランネール 出演: クリスティン・スコット・トーマス/メリュジーヌ・マヤンス/ニエル・アレス...
やがて来たる者へ/サラの鍵 (あーうぃ だにぇっと)
やがて来たる者へ/サラの鍵@ギンレイホール
サラの鍵 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...
【サラの鍵】ヴェル・ディブ事件の爪痕を開く鍵 (映画@見取り八段)
サラの鍵 ~ ELLE S'APPELAIT SARAH ~ 監督: ジル・パケ=ブランネール    出演: クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、フレデリック・ピエロ...