★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版)

2014年02月09日 | ★★★★(4/5)

【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分
監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ

お前がいたから、強くなれた。

[Story]
性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む...
 

F1の世界で激しく競い合った宿命のライバル、ニキ・ラウダとジェームス・ハントを描いた伝記ドラマ。監督は『ダ・ヴィンチ・コード』『フロスト×ニクソン』などのロン・ハワード。

先行では時間が合わなくて土曜に観に行くハズが大雪のために断念して一日遅れで観てきました。時間の都合で日本語吹替え版。今回はKinKi Kidsの2人が吹替えに挑戦ということで、最初に字幕で2回目で観たかったんだけどな。

F1にはあまり詳しくないので、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの名前は映画になるまで知りませんでした。
ジェームス・ハント(響きがジェームズ・ボンドに似てる 笑)は自由奔放で女好き、ニキ・ラウダは完璧主義の頭脳派の全く正反対のタイプの2人。性格の違いが観ていて面白かったです。顔を合せればぶつかり合うんだけど、お互いを認め合ってるところがいい。こういうライバル関係って好きだな。

物語はラウダ側の視点から描かれていてわりと淡々としてたのでドキュメンタリー映画みたいでしたね。でも一見さんにはやさしい内容。レースの勝敗は知らないからわくわく感があったし、レース前の様子や心境も伝わってきたので緊張感もありました。レース前に吐いちゃうハントは意外に繊細な人なのね。

今回は大きなスクリーンでの上映だったので迫力あるレースシーンはテンション上がったー。
ドライバ目線でのカメラワークにエンジン音は臨場感ありましたね。音楽もよかった。
ただ思ったよりもレースシーンが少なかったかなと思ったけど、サブタイトルにもあるとおりラウダとハントのプライドと友情の物語なので仕方ないのかな。

それにしてもラウダのクラッシュシーンは助かるとわかっててもショッキングでしたね。
ちなみにあの時ハントが見ていたニュース映像は実際の映像なんだそう。
あの後、病院での肺の吸引とか火傷とか辛かった....よく助かりましたね。やはり生きようとする力は大きい。

最後は劇的に盛りあがって終わるのかと思ったら淡々として終わった感じがしました。ラウダの事故からの復帰までもあっさりしてました。もうちょっと感動的なものを想像してたんだけど...
クライマックスでの富士スピードウェイでのレースもえ?て感じだった。でもラウダ本人は、今でも当時の決断を後悔してないというから、時にはああいった決断をする勇気も必要なのかもしれませんね。

予告編で現在のラウダ本人しか出てなかったのでなぜ?と思ったら、お亡くなりになってたとは...45歳は早すぎた。
最後にご本人たちの映像があったけどそれぞれとても似ててビックリ。

吹替えを担当したKinKiの2人は客寄せの芸人やタレントより良かったかな。最初はフェラーリといえば光一さんよね〜と思ったけど、実際に見てみるとそれぞれ合ってましたね。光一さんは舞台の経験が活かされてる感じだったし、F1愛は相当なものなので台詞も自然に聞けました。剛さんのほうかやや力入ってる感じがしたかな。ナレーションも兼ねてて台詞も多かったからお疲れ様でした。

ラストにイメージソング♪Glorious Days 〜ただ道を探してる が流れるんですがこれが良い曲で、バックに映画の印象的なシーンが流れるのですが余韻に浸ってグッと来ちゃいましたよ〜。

★★★★.2

 

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]
クリス・ヘムズワース,ダニエル・ブリュール,オリビア・ワイルド,アレクサンドラ・マリア・ララ,ピエルフランチェスコ・ファビーノ
ポニーキャニオン

 

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース,ダニエル・ブリュール,オリビア・ワイルド,アレクサンドラ・マリア・ララ,ピエルフランチェスコ・ファビーノ
ポニーキャニオン

 

ラッシュ/プライドと友情 Blu-ray スチールケース仕様(4000個 初回限定生産)
クリス・ヘムズワース,ダニエル・ブリュール,オリビア・ワイルド,アレクサンドラ・マリア・ララ,ピエルフランチェスコ・ファビーノ
ポニーキャニオン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロスト・ボディ | トップ | スノーピアサー »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2014-02-10 13:06:14
私もF1には詳しくないのですが、
こういった“熱い”展開は好きなので、最後まで楽しめました♪

肺の吸引シーンはもう鳥肌が立ってしまって…
あんなの自分は絶対に無理です(汗)

カーレースシーンも迫力あり、
さらには人間ドラマも盛り上がり、良作でした。
こんばんは〜〜 (マリー)
2014-02-10 21:49:38
吹替えよかったんだ〜?
私は字幕で観て来たんだけど・・・
F1詳しくない私でも彼らの名前は知ってました。
でも、こんな壮絶な裏話があったとは驚いた!

しかもハントさんはそんなに若く亡くなられたなんて。
吐くシーンから見ても、本当は弱い繊細な人なんでしょうね。だからたくさんの女性との触れ合いに一時のやすらぎを求めたのかな・・・
エッチなシーンの時の光一さん、どうだった?(笑)
こんばんは〜。 (はるみん)
2014-02-12 00:36:40
キンキの吹替えはどうなの?って思ってたんですが、字幕吹替え両方見られた人が、お二人の吹替えピッタリだったと仰ってました。(^^)v
その人吹替え版を見る前は、不安に思ってたそうなんですが・・・。
私もDVDが出たらぜひ吹替え版で観たいと思ってます!
こんにちは (たいむ)
2014-02-12 09:21:32
KinKi Kidsの吹き替えだから狙って吹き替えにしたのかと思ったわ(笑)

壮絶というか凄い実話でしたね。
F1シーンも人間ドラマもとても良かったです。
BROOKさんへ (yukarin)
2014-02-13 11:23:35
こんにちは♪
“熱い”作品はいいですよね。
ドラマもレースシーンも良かったですよね。
あの肺の吸引シーンは同じく自分は無理無理と思いました。怖すぎます^^;
マリーさんへ (yukarin)
2014-02-13 11:28:59
こんにちは♪
本当は字幕のほうが良かったんだけど...
こんな裏話があるとは...映画化されるだけあるよね。

ハント...本当はかなり繊細な人なんだろうなと。
だから女性となんやかんやなんだろうなと思いましたわ。
ああ...光一さんねぇ、そんなに声出してなかったよぉ(笑)
こっちが照れた(笑)
たぶん相方の剛っさんのほうが照れたんじゃないかなぁ。
はるみんさんへ (yukarin)
2014-02-13 11:31:16
こんにちは♪
おー良かった。吹替えは酷いと言われたらどうしようとドキドキしてました。
私も心配してましたが思ってたよりも良かったので一安心しました。
時間があったら字幕版も観なきゃ!!
たいむさんへ (yukarin)
2014-02-13 11:33:22
いやいや、ここは映画ファンとして字幕で先に観たいものです。だって吹替えは声が気になっちゃいますからねぇ。
映画化されるだけある凄い実話でしたね。
安全運転 (iina)
2014-02-17 18:13:55
大雪のために一日遅れで鑑賞なんて、あのクラッシュを思えばなんでもありません。

地味だったラウダが、大事故の後はドラムチックに復活し、そのうえ饒舌になり笑いさえとるようになりました。
映画の最後に、ご本人たちの映像がありましたが、演技した俳優にとてもよく似ていて驚きました。
iinaさんへ (yukarin)
2014-02-19 12:39:00
それはそうなんですけどね、すみません^^;
ほんと、ご本人たちに似てましたよね。
Unknown (FREE TIME)
2014-02-26 06:23:05
自分は大雪の日に鑑賞してきました。
F1のようなモータースポーツは命の危険がある競技だけに、あのクラッシュシーンは凄絶でしたね。
吹替版は如何でしたでしょうか?
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2014-02-26 12:52:26
大雪の中、おつかれさまでした。
映画でわかっててもクラッシュシーンは恐かったです。
吹替版はKinKiの2人も思ってたよりもうまかったですよ。
評判も悪くないようでホッとしてます。
Unknown (ふじき78)
2014-02-27 04:36:59
ふっふっふ。
映画ファンならアメリカまで行ってまず、字幕なし版で見ないと。お、俺? 俺は映画ファンじゃないから、普通に字幕版で充分です。
ふじき78さんへ (yukarin)
2014-03-04 12:35:35
英語わかんないもーん。
あ、映画ファン失格かー^^;
レースカーに乗るが、図にも乗るぜ (zebra)
2015-11-04 09:14:45
うわ〜 クリボー(→クリス・ヘムズワース)Vsダニ二郎(→ダニエル・ブリュール)の対決やわな〜(いったい どういうあだ名の付け方じゃい)

正反対で反発しまくりやん(ライバル同士ならよくあるパターンやな)
お前がケーキなら 俺は饅頭じゃい みたいな(どんなたとえじゃい)

態度でッけえクリボー、 ダニ二郎を"ねずみ男"と こきおろすが すかさず
[わかっとるんか、われぇ~ねずみは嫌われるが 生存本能か優れてて頭もいいんじゃぞ ゴラァァ]とうまく切り替えすとは, 大人だねえ^_^(まっ、売り言葉に買い言葉だわなあ)

雨の状況を見て慎重なダニ二郎に 「フン、臆病者が」と挑発(男なら度胸だせよな、オイといわんばかりやわな)

 だった やったるわとレースに出たダニ二郎・・・(乗り気じゃねえのによぉ)

・・が クラァ〜ッシュ クラッシュ クラッシュ

 今まで 調子に乗って図に乗りまくってたクリボーが 自責の念だよ (こーゆーヤツって他人の痛みは他人の痛みと オレには知ったこっちゃないぜえと言いそうなのにな)

しっかし ここからダニ二郎の見せどころ すっげえ〜

 事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力

 これじゃあ、ねずみ やダニ じゃなくて ゴキブリみてえな生命力だわな〜(→失礼)

富士スピードウェイでの決勝も またしても豪雨だったので 今度は途中リタイヤ(同じ失敗は繰り返さんのじゃな)

でも・・・王座を手放したのはもったいない
で、クリボーの優勝か・・・心境は複雑だよな〜(ライバル同士って そうなのかもね)
zebraさんへ (yukarin)
2015-11-09 14:26:36
いつも楽しいコメントありがとうございます 笑
事故からの復帰期間が短いのはすごいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH (勝手に映画評)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」 (日々“是”精進! ver.F)
互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING...
ラッシュ/プライドと友情 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
450馬力のエンジンと機械式のサスペンションに衝突安全性に乏しいマシンで、ドライバーの腕だけでスピードを競っていた時代のライバル同士の争いを描いている。タイヤの破片が飛び散り、猛烈なGに車体が悲鳴をあげる。じゃじゃ馬みたいなマシンを操縦するのに冷静なラウダ...
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
RUSH / プライドと友情 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 F1レーサーのカリスマ2人がライバル同
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
映画『ラッシュ/プライドと友情』★雨とニキと、ハントの拳 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163063/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしてます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userr...
ラッシュ/プライドと友情 (あーうぃ だにぇっと)
ラッシュ/プライドと友情@よみうりホール
ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース (カノンな日々)
F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...
本当の勇気。『ラッシュ/プライドと友情』 (水曜日のシネマ日記)
1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの物語です。
[映画『RUSH/プライドと友情』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かったです!  F1レースの世界を舞台にした、定番のともいえる、天才(ジェームス・ハント)と秀才(ニキ・ラウダ)のライバル関係の物語。  舞台は、1976年、グランプリは熾烈を極め、二人は「デッドヒート」を繰り広げていた。  ロン・ハワード...
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
『RUSH プライドと友情』 (時間の無駄と言わないで)
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
『ラッシュ/プライドと友情』字幕 (pure breath★マリーの映画館)
   ジェームス・ハントVS ニキ・ラウダ 1976年F1グランプリ、大クラッシュが運命を分けた・・・               永遠に語り継がれる感動の実話     『ラッシュ/プライドと友情』 監督・・・ロン・ハワ....
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
ラッシュ/プライドと友情 (試写会) (風に吹かれて)
宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・
『ラッシュ/プライドと友情』 (2013) (相木悟の映画評)
宿命のライバル、その熱き勝負を体感せよ! 思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった。 自動車レースの最高峰F1(フォーミラー1)における名レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダが火花を散らした1976年。本作はそんな伝説の....
「ラッシュ プライドと友情」みた。 (たいむのひとりごと)
実在の天才ドライバー:ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いから、1976年のF1世界選手権にスポットを当てて描かれた作品。クリス・ヘムズワース目当てでの鑑賞というだけで、F1はほとんど興味がないので
ラッシュ プライドと友情 (花ごよみ)
監督はロン・ハワード。 1976年のF1世界選手権が舞台。 ライバル同士の天才ドライバー、 ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 二人の命を懸けてのタイトル争奪戦。 何もかもが正反対な二人の 熱い戦いと友情を描いています。 ハントをクリス・ヘムズワース、 ラウ...
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月11日(火) 20:20〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 「あなたの、生涯の1本を塗り替える。」なんて煽るもんだから。 『ラッシュ/プライドと友情?』公式サイト 期待度MAXだったのが残念。 レース・シーンも迫力あ...
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
クリス映画2本 (もののはじめblog)
肉体派男優クリス・ヘムズワースの主演映画が同時に2本封切されたので一緒に。 クリスの映画は、元気の出るクスリになる。 ラッシュ/プライドと友情  * モータースポーツの最高峰F1。その1976年シーズンの壮絶なチャンピオン争いに迫るヒューマンドラマ。 F1レ....
ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。...
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
ポールポジション〜『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
『RUSH プライドと友情』をトーホーシネマズ府中5で観て、ニキ・ラウダかっけーふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★やるべきことを黙々とやるニキ・ラウダに痺れる】    ロン・ハワードは器用だ。 『コクーン』 『バックドラフト』 『アポロ13』 『ビューティフル・ ...
ラッシュ プライドと友情 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
実話を元にした二人のF1レーサーの闘いを 描く映画「ラッシュ プライドと友情」が公開 されましたので観に行ってきました。 この日は東京で記録的な大雪、しかし映画館には それなりに人が入っていました、もっと空いている かと思っていたので意外、サービスデーだった...
『RUSH』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
F1レーサーのお話。 1970年代。流行っていたような記憶があります。中嶋悟さんと鈴木亜久里さん。 それから、セナさん・・・ 1976年に日本の富士スピードウェイであったのですね。 ニキ・ラウダが映画の中で20%は死ぬと何度も言ってましたよ。 ニキ・ラウダとジェ...
『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日...
映画『ラッシュ/プライドと友情』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-13.ラッシュ/プライドと友情■原題:Rush■製作年、国:2013年、アメリカ・ドイツ・イギリス■上映時間:123分■料金:1,800円■観賞日:2月9日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作:ロン・ハワード◆クリス・ヘムズワース◆ダニエル・ブリュール...
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
Blu-ray ラッシュ プライドと友情 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
4,000枚しかリリースされなかった初回限定盤を購入し損ない、Blu-rayをレンタルして鑑賞した「Rush プライドと友情」。言わずと知れたF1でのジェームズ・ハントのニキ・ラウダの関係を197 ...
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...